2019年5月23日 (木)

SL現役時代のアーカイブ(石北本線その9)

Untitled-13_01
 1975/3/15 石北本線 金華→常紋信号所 D51444 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 1975年3月の最後の北海道撮影で一番のハイライトはこの常紋の金華側の三角山俯瞰です。あとひと月足らずで無煙化される直前に間に合いました。ここ三角山の俯瞰は当時は人気でしたが、以前の写真はあまり見ないのでちょうど伐採があったのでしょうか?
 この日の貨物は荷が軽くて短編成でしたが、おかげでDE10の補機が付かずにD51が単独で登る姿を収めることができました。

05203-2
 1975/3/15 石北本線 金華→常紋信号所 D51444 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 1時間ほどかけて三角山を登りましたが、当時は雪の装備も甘く、スノトレの中に雪が沢山入りながらはいつくばって登ったと記憶しています。頂上には7、8人のファンがいました。

05203-3

05203-4

05203-5

05203-6

05203-7

05203-8

05203-9
 1975/3/15 石北本線 金華→常紋信号所 

 午後の光線を浴びてできた罐の影が面白いです。

05203-10

05203-11

Untitled-39

Untitled-40_1

Untitled-42_1
 1975/3/15 石北本線 金華→常紋信号所 D51444 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 最後に見えなくなるまで何分かかったのでしょうか?!現役蒸気機関車の写真で1回で一番多くシャッターを切ったシーンでした。
 
 そして44年後、「蒸機感謝で鉄道楽」の2015年7月26日にアップされた「三角山俯瞰」を見て驚きました。なんと同じ日にこの三角山で同じ列車をお隣で撮っていました。しかも当時私は気が付かなかったのですが、さらにお隣には広田先生がおられたのです。今でも時々お隣にお邪魔して撮らしていただいていますが、2歳下のガキが隣にいたのは覚えておられないでしょうが...そういった意味でもこの三角山俯瞰は私の原点かもしれません。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

 

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

SL現役時代のアーカイブ(石北本線その8)

Untitled-6
 1975/3/20 石北本線 美幌→緋牛内 貨1594 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 C5833の走行写真です。美幌から緋牛内の峠は2時間近く歩かなければならない距離ですが、苦労してたどりついて33号機が来た時の感動は忘れられません。

Untitled-7

Untitled-8

Untitled-9

Untitled-10

Untitled-21x_01
 
 斜面に長―い影を落として33号機が走ります。

0520-21

 ようやく事実上最後の現役蒸気機関車撮影となった1975年3月の北海道のネガが順番に並べられ、撮影日や列車番号がわかってきました。一度も写真に焼かれたことのないネガが沢山あり、それらを見返しているだけであっという間に時間が経ち、寝不足の毎日が続いています?!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (4)

2019年5月21日 (火)

SL現役時代のアーカイブ(石北本線その8)

Untitled-25
 1975/3 石北本線 網走駅 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 石北本線のC58の人気はなんたって急行「大雪」崩れとJNRをつけた門デフのC5833号機でした。私も33号機はお気に入りだったらしく写真が沢山ありました。今回はバルブの夜景シリーズです。
 まずは網走駅に到着した1529列車です。遠軽から北見まではD51が牽き、北見でC58に交替する列車でした。
 構内を歩く作業員のカンテラの光が面白いです。
 
Untitled-11
 1975/3 石北本線 網走機関区 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 その後、網走機関区で給炭中の33号機です。

Untitled-12
 1975/3 石北本線 網走機関区 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ゴーストいっぱいですが、門鉄デフのJNRが輝いています!
  
Untitled-14
 1975/3 石北本線 網走機関区 C5833 

 C5833は6月に廃車になり、斜里郡に保存されています。
 
Untitled_1
 1975/3 石北本線 網走機関区 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 なんとこのシーンはカラーでも撮ってました。現役時代に唯一カラーで撮ったバルブ写真です。しかも一眼レフじゃなくてオリンパス35RCですから、撮れただけでも奇跡的ですね。グリーンぽい色は実物では違ったでしょうけど、なんとしても33号機を撮ろうという執念でした。

Untitled-2_1
 1975/3 石北本線 網走機関区 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 闇に輝くテールライト、噴き上げる蒸気、そして門鉄デフのJNRと役者が揃った写真に我ながら感動しました?!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ


 

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

SL現役時代のアーカイブ(夕張鉄道その4)

Untitled-37
 1975/3/21 夕張鉄道 新二岐ー錦沢 25+26 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 以前にも書きましたが私はさよなら列車の写真はほとんど撮ってませんが、夕張鉄道のさよなら列車だけは予定を変更して撮りに行きました。

Untitled-38
 1975/3/21 夕張鉄道 新二岐ー錦沢 25+26 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夕張鉄道の重連のさよなら列車運転の噂を聞きつけて多くのファンがこのポイントに集まりました。

Untitled-23_02
 1975/3/21 夕張鉄道 新二岐ー錦沢 25+26 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 一番のシーンはカラー写真です。この最後の75年3月北海道のカラー写真最後の1枚です。というか私の現役蒸気最後のカラー写真です。

Untitled-40
 1975/3/21 夕張鉄道 新二岐ー錦沢 25+26 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 長いセキを牽く飾り気のない9600重連は素晴らしい最後を飾ってくれました。

Untitled-41
 1975/3/21 夕張鉄道 新二岐ー錦沢 25+26 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 こうして再びこのシーンに巡り合えたことは幸せです。

Untitled-42
 1975/3/21 夕張鉄道 新二岐ー錦沢 25+26 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 この後追分機関区で撮ってますが、現役蒸気最後の走行写真であったかもしれません。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ


  

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

SL現役時代のアーカイブ(石北本線その7)

  Untitled
 1975/3 石北本線 美幌→緋牛内 C5898 + C58395 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 C58は1975年3月は既に釧網、根室本線もなく、北海道では石北本線の北見⇔網走間が最後の活躍の場となりました。
 美幌⇔緋牛内の区間は変化に富み、勾配もあり好きな場所でした。重連のC58貨物が来たときの興奮は忘れられません。

Untitled-2

Untitled-3

Untitled-4

Untitled-5

Untitled-89

Untitled-19x_01

 見せ場はカラー写真なのですが、35mmで広角過ぎます...ここは凍った川沿いだったのですね。

Untitled-90

 一時期煙が流れたのが残念でしたが、また立ち直りました。3枚目の写真は私の部屋にずっと張られてたお気に入りです。是非大画像でご覧ください。 
 C5898は75年7月に最後のC58として廃車になり、深川に保存されています。C58395は戦後生まれでテンダーが98号と違います。こちらは6月に廃車され東京都で保存されています。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

SL現役時代のアーカイブ(帯広機関区)

Untitled-21
 1975/3 帯広機関区 59690 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 広尾線の後は帯広機関区に来て9600を撮っています。帯広機関区はこの時が最初で最後です。当時帯広は広尾線と士幌線の9600が10両ほど配置されていました。広尾線で撮った59690は50年以上新得、帯広で活躍した罐で翌4月に両線がDL化され5月に廃車になっています。

Untitled-23
 1975/3 帯広機関区 59611 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 59611も北海道で一生を送った罐で、4月に士幌線のさよなら列車を牽き、6月に廃車されましたが、広尾線沿線で保管されています。

Untitled-20
 1975/3 帯広機関区 59611

 帯広の9600も煙室扉や前端等がトラ塗でしたが、廃車寸前でみな汚れてトラ塗が目立たないですね。
 また形態的にも切り詰めデフ、シールドビーム無しでおとなしい9600でした。
 零下30度にもなる北の大地で最後まで活躍した罐たちでした。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

 

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

(ニュース)「祝」SLばんえつ物語復活発表される!

Dsc_7055
 2018/7/7 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 JR東日本から「夏の増発列車のお知らせ」が発表され、SLばんえつ物語が7月27日から運転とあります。8月18日までは客車6両の運転ですが、大宮工場のSL出場の遅れから危惧されていたよりはるかに速い出場のようで、嬉しい限りです。
 昨年7月の故障以来、全検を経て1年ぶりのC57180で、もう遠い昔のようにさえ感じます。なんとか馬下、早出川の夕陽にも間に合い既にワクワクです?!とりあえず五泉のホテルを予約しました!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (2)

SL現役時代のアーカイブ(広尾線その3)

Untitled-16
 1975/3 広尾線 忠類→上更別 59690 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 広尾線の上りです。平らな十勝平野を走る広尾線でしたが、忠類→上更別に峠がありました。遠く忠類のスキー場をバックにやってきました。
 
Untitled-17x
 1975/3 広尾線 忠類→上更別 59690 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 良い煙でモノトーンの世界が美しいです。

Untitled-18
 1975/3 広尾線 忠類→上更別 59690 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 カーブを回ってきます。
 
Untitled-2_01
 1975/3 広尾線 忠類→上更別 59690 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 一番の見せ場はカラーで撮ってました。35mmです。落葉しなかった広葉樹がモノトーンの世界に色を付けます。

Untitled-19
 1975/3 広尾線 忠類→上更別 59690 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 広尾線はこの最後の1回だけでしたが、ここは良いお立ち台でした。駅から遠かったですが、どうせ1日1往復なので...
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

SL現役時代のアーカイブ(広尾線その2)

Untitled-15
 1975/3 広尾線 幸福 59690 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 広尾線ではまずは当時人気の幸福駅です。当時は「幸福⇔愛国」の切符がブームで、広尾線では「大樹⇔新生」なんてのもはやっていました。私も帯広駅で購入したのでどこかにはあるはずですが...
 幸福駅はカラ松並木の綺麗な駅で、多くのアベックや鉄が訪れて盛況でした。「ワムフ」の石炭ストーブの煙突が面白いです。この下りは朝の7時前で、上りが来るまでは6時間あまりありましたが、幸福駅ではこの1枚しかシャッターを切っていませんでした。
 59690は帯広の罐で3月は最後の活躍でした。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

SL現役時代のアーカイブ(石北本線その6)

36x
 1975/3 石北本線 常紋信号所 D51444

 現役時代はタブレットは当たり前でしたが、タブレットの受け渡しは意外に撮ってなく、この常紋信号所でのシーンは貴重なものとなりました。昨日アップした貨物と下り貨物が信号所交換になるので、致し方なくて撮ったのかもしれませんが...

01xxx
 1975/3 石北本線 北見駅? D51444

 その後北見駅に行って撮ってます。このD51444は73年秋に鷲別から北見に来た罐で、最後は滝川に行きましたが、北見で保存されています。
 幌内線から天北線、そして石北本線と3日間1枚のkonipanで撮っています。デジカメの連写の時代と違って、1枚1枚が熱くて良い時代でした!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

 

 

 

| | コメント (0)

«SL現役時代のアーカイブ(石北本線その5)