2018年11月21日 (水)

紅葉ばんえつ物語(2018/11/4下り安座川橋りょう)

 野沢の停車で追い越して、次は上りで気になっていた安座川橋りょうで、ちょうど日没の時間です。


 
今日の1枚
 
Dsc_0388
 2018/11/4 野沢→上野尻 安座川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 橋りょうの手前岸辺りは見事な色付きでした。

Dsc_0386_01
 2018/11/4 野沢→上野尻 安座川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 野沢付近の阿賀の川支流は、長谷川、四岐川、安座川と深い渓谷になっており、橋りょうの風景に味があります。ここ安座川橋りょう付近では夏はアカショウビンも鳴きます。右手が色付いていなかったのが残念でした...
 新しいカメラはISO3200にしても全く問題ないですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

紅葉ばんえつ物語(2018/11/4下り山都のSカーブ)

 一の戸橋りょうの次は久しぶりに山都のSカーブです。


 
今日の1枚

Dsc_0343
 2018/11/4 山都→荻野 山都のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 割と紅葉が綺麗だったので、黄昏にせずに明るく撮りました。

Dsc_0338
 2018/11/4 山都→荻野 山都のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 お立ち台にはなんとか間に合いましたがが、不思議と一人しかいません。
  
Dsc_0347
 2018/11/4 山都→荻野 山都のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 白煙があったら黄昏風に撮るのですが...
 
 しかし第二エンドのヘッドマーク直付けは、やはりあまりかっこよいものではないですね...
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

紅葉ばんえつ物語(2018/11/4下り一の戸橋りょう)

 紅葉ばんえつ物語の下りをすっかり忘れていました...下りは黄昏の紅葉を狙いますが、まずは一の戸橋りょうで夕陽狙いです。


 
今日の1枚
 
Dsc_0268_01
 2018/11/4 喜多方→山都 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 一の戸橋りょうの夕陽は少し雲を被り、夕陽にしては赤くなく、シルエットにしては弱いという中途半端になってしまい、ススキを入れて撮ってみました。

Dsc_0139
 2018/11/4 喜多方→山都 一の戸橋りょう
 
 下りは一の戸橋りょうでシルエットを狙ってみることにしました。皆さんギラリ狙いですが、毎度書いたようにDE10のギラリはいただけません...また一の戸橋りょうのギラリは10月中旬から下旬がシーズンです。
 1時間前のDCです。この時は太陽は強かったのですが...
 
Dsc_0204_01
 2018/11/4 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 喜多方交換のDCです。太陽はちょうど列車の上で良い感じです。20分後はどうなるのでしょうか?!
 
Dsc_0278
 2018/11/4 喜多方→山都 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 太陽は橋りょうよりも下になりました。ススキを入れて秋の夕暮れのシーンにしたかったのですが、もうひとつでした...
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

SL現役時代のアーカイブ(宮崎機関区)

Img_0009
 1971/12  宮崎駅 C5692
 
 宮崎駅ではC56が入れ替えをしていました。C5692はこの後2回もお召列車を牽引するという幸せな罐です。ブルトレを入れ替えしているシーンも撮ったはずですが...
 さてC56が入れ替えしている客車はスハフ43ですね。それも純正の1~3です。大井川鉄道に2が残っていますが、展望車がない「かもめ」用にわずか3両作られ、その後「はつかりに」使われました。編成表で見ると大阪から来る日南に使われていたようです。当時はなんとも思わず没写真とした1枚ですが、今見ると感慨深いですね。 
Img_0011_2
 1971/12  宮崎駅 C57112
 宮崎機関区は扇形庫がなかったので、罐はホームの近くで並んで休んでいます。C11、C56、C57、C61とC型機の天国でした。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

SL現役時代のアーカイブ(鹿児島機関区(その2))

Img_0004x
 1972/7 鹿児島機関区 B2010

 ようやくB20の写真がありました。3重連の日の前後、鹿児島機関区は開放され近隣の罐が集められていました。既に休車でしたが、この日の為に休車解除で火が入りりました。
 
Img_0003
 1972/7 鹿児島機関区 C11189 C5820 C5739

 汚れた写真ですいません。C11189は志布志で日南線を走っていた罐です。C5820は遠江二股から志布志に来た罐で、なんか九州の罐と違いますね。C5739も梅小路から鹿児島に来た罐です。この頃は全検が残っている罐は日本各地に転属して最後の奉公をしていました。
 
Img_0007
 1972/7 鹿児島機関区 C56156

 C56156は一生を吉松で過ごした罐です。この時は既に休車でした。
 
Img_0005
 1972/7 鹿児島機関区 C5042

 C5042は上諏訪から来た罐ですが、これも既に休車でした。
 
Img_0006
 1972/7 鹿児島機関区 D51567

 C型機関車のメッカだった鹿児島機関区ですが、D51がいました。南延岡の罐でこれまた休車です。日豊本線は北の方はD51でしたが、南のC型機の魅力に押されて一度も行きませんでした。
 
Img_0008
 1972/7 鹿児島機関区 C12287

 C12287は純正の鹿児島機関区で指宿線で活躍していました。
 
 こうやって見ると蒸気天国のように見えた鹿児島機関区も、C5721のような往年の名機はもう残っておらず、流れ者たちが最後の奉公をしていたのですね。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

SL現役時代のアーカイブ(日豊本線三重連)

Img_0001_02
 1972/7 日豊本線 国分→霧島神宮 C612+C57199+C5557

 鹿児島鉄道管理局が鉄道100年を記念して西鹿児島→都城で3重連が走りました。真夏の暑い日でしたがすごい人だったのだけは覚えています。もうちょっと手前で斜め前から撮った写真があるはずなのですが...
 三重連やはりC55まで写したくて、横からになると構図的に上が空いて難しいですね。
 
Img_0002_01
 1972/7 日豊本線 C612+C57199

 三重連の帰りの回送です。C5557は都城から吉松に帰ったのでしょうか?今考えると美しい南九州の罐も厚化粧で客車も12系だったのが残念ですね。C612もこの後梅小路に旅立ちました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

SL現役時代のアーカイブ(日南線)

 段ボール箱にゴミのように入っている写真ですが、すべて線区がわかり分別できてしまったのには驚きましたが、さすがに撮影場所が不明な写真も多いです。当時はトリミングすると高くて小さな名刺サイズの写真も多いです。

Img_0001_01
 1972/12? 日南線 大津堂→油津 C11
 
 前回は日南線の写真はなかったのですが、この1シーンが出てきました。トンネルを出た罐に日が当たってよい感じです。
 
Img_0023_01
 1972/12? 日南線 大津堂→油津 C11
 
 さてここはどこなのでしょうか?油津付近のお立ち台だったと思いますが、全く記憶にありません。最近の写真を見てもこの場所がないのも不思議です??もしかして今は埋め立てられてマリーナになっている場所でしょうか??
 
 日南線はC11だったこともあってかこの1度だけしか訪れていません。C11重連のお召列車が走ったりもしましたが、当時は情報が殆どありませんでした。
 
 当時の日南海岸は新婚旅行のメッカで、京都から宮崎行の臨時急行「ことぶき」はオールA寝台の新婚旅行専用列車でした。中学一年の私はいつかこれに乗って大淀川のホテルフェニックスに泊まって、日南海岸に行くのを夢見てたガキでした...
 
 P.S. マイオさまの貴重な情報でやはりここは現在は海岸線が埋め立てられてマリーナになっていることがわかりました。マイオさまありがとうございます。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

SL現役時代のアーカイブ復活します!

Img_0002
 1971/12 佐土原 C6120
 
 11日の日曜日は久しぶりに両親のいなくなった実家に行って、倉庫の整理をしているとSL現役時代メインのフエルアルバムはなかったものの、貼ってなかったゴミ写真やベタ焼きが段ボール1箱出てきました!何故か九州の写真が殆どですが、全廃直前の最後のSLとなった追分の9600の写真も出てきたのが嬉しかったです。なんせ中学生が撮った写真ですから出来よりも懐かしいネタを楽しみたいと思いますので、ボチボチとアーカイブシリーズを再び始めます。なんか落ち込んでいたテンションが上がってきました?!
 
 まずはC6120です。あれ復活後の写真?と思うようなシールドビームとスノープロー付きです。奥羽本線時代は間に合っていませんので、まだ秋に大舘から宮崎に転属したばかりで、シールドビームやスノープローが外される前の貴重な姿ですね。自分でもいつの写真?と疑いましたが、後ろのツムで間違いないですね。C61走行区間は佐土原と高鍋駅しか降りていないのですが、たぶん佐土原でしょう。
 復活後外せないスノープローは悪評ですが、現役時代も付けっぱなしだったのですね!
 駅撮りで没になってアルバムに張られなかったのが幸いで、47年後に陽の目も見るとは夢にも思わなかったでしょう?!中学1年生のバカチョンカメラよく撮りました!
 
 P.S. 先輩方の写真をググっても宮崎のスノープロー付きのC61の写真は見かけませんでした??どなたか経緯をご存知ですか?
 
201
 2015/5/16 尾登→荻野 利田踏切手前 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り塩川)

 上りの締めの電化区間はこの晴天ですから飯豊山か磐梯山狙いです。磐梯山はまだ冠雪していないので、美しく冠雪した飯豊山を狙います。


 
今日の1枚
 
Dsc_0100
 2018/11/4 塩川→笈川 塩川国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 冠雪した飯豊山は雄大で美しかったです。

Dsc_0106
 2018/11/4 塩川→笈川 塩川国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 飯豊山狙い場所を考えましたが、塩川大橋は残念ながら間に合わないのでマイナーな場所ですが、国道オーバクロスの下で撮ってみました。枯れたススキとセイタカアワダチソウが晩秋を語ってくれました。
 
 上りは前半戦はよかったものの、後半戦はもうひとつになってしまいました....
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

紅葉ばんえつ物語(2018/11/4上り川吉)

 尾登の失敗の後は一の戸か川吉になりますが、一の戸も紅葉のシーンはなく、川吉に来ました。しかしピーカンの日には川吉はここしかありません...


 
今日の1枚
 
Dsc_0059_01
 2018/11/4 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 残念ながら川吉の紅葉はまだ早かったです...

 
Dsc_0065_01
 2018/11/4 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 ここの紅葉の盛期は10日過ぎですね。
 
Dsc_0069
 2018/11/4 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 手前は針葉樹になってしまいます...
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«北しなの線(2018/11/10講和橋)