2017年10月18日 (水)

(S122)音威子府駅

戻る

宗谷本線 宗谷ラッセル撮影ガイド 音威子府駅

Dsc_7999x
 2016/1/23

 2016年冬までは音威子府駅では雪372は1時間半近く停車して雪362として名寄に向かってました。2017年冬からはダイヤがかわり音威子府駅の停車時間が短くなり、構内で撮影しながら名物の駅ソバを食べることはできなくなってしまいました。2018年冬のダイヤはいかに??
 
Dsc_8003_01_01x
 2016/1/23 

 音威子府駅に43年ぶりに来ました。43年前は宗谷本線にC55を追いかけて、塩狩、名寄、智東、抜海、稚内と並んで懐かしい撮影駅です。 

_20160207

 懐かしい硬券の入場券です。
 
Dsc_7990x
 2016/1/23 

 乗務員さんも皆降りて昼食です。 

Dsc_8839_02
 2016/1/24 

 音威子府駅名物の駅の立ちそばです。殻ごとひいた黒い蕎麦が最高にうまいです!窓の向こうのラッセルを見ながら天玉そば520円をいただきました。お客さん全員鉄ちゃんですが平均年齢若いですね?!

Dsc_7984_01x
 2016/1/23 

 この跨線橋は昔ながらのものでした。

Dsc_7986_02x_01
 2016/1/23 

 SL現役時代の広い構内を知っている者にとっては寂しい構内です。

Dsc_7993
 2016/1/23 

 DE15とラッセル部分をつなぐ面です。

Dsc_8005x
 2016/1/23 

 今日は雪は少なかったですが下回りにはびっしり雪が!

Dsc_8008_01x
 2016/1/23 

 天北線が廃止された今、3番線に入るのはこのラッセルだけなのなのでしょうか... 

Dsc_8009
 2016/1/23 

 駅の待合室付近には天北線のメモリアルコーナーがあります。今や宗谷本線そのものも存亡の危機かもしれません...   

Dsc_8010
 2016/1/23 

 懐かしい写真が飾ってあります。

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

宗谷ラッセル撮影ガイド(上り)

下りへ 撮影ガイドトップへ

 宗谷本線の上り宗谷ラッセルの撮影ポイントです(クリックで撮影ガイドに)。 

稚内
  ↓
南稚内 (S100)南稚内駅
  ↓  (S105)抜海駅先 
  ↓  (S106)抜海駅先築堤
  ↓  (S107)勇知跨線橋
  ↓  (S108)勇知駅手前
勇知
  ↓
徳満
  ↓
豊富
下沼
  ↓  (S111)下沼跨線橋 
幌延
  ↓
上幌延
  ↓
南幌延
  ↓
安牛
  ↓
糠南
  ↓
問寒別
  ↓
歌内
天塩中川
  ↓  (S119)旧神路駅手前
  ↓  (S120)筬島駅手前
筬島
  ↓  (S121)音威子府川橋りょう
音威子府 (S122)音威子府駅
  ↓
天塩川温泉
  ↓
豊清水
  ↓
恩根内
  ↓
紋穂内
  ↓
初野
  ↓  (S124)美深北IC
  ↓  (S125)美深のSカーブ
美深
  ↓
南美深
  ↓
智北
  ↓
智恵文
  ↓
北星
  ↓  (S126)東恵橋
日進
  ↓
名寄
  ↓
東風連
  ↓
風連
  ↓
瑞穂
  ↓
多寄
  ↓
下士別
  ↓
士別
  ↓
北剣淵
  ↓
剣淵
  ↓
東六線
  ↓
和寒
  ↓
塩狩
  ↓
蘭留
  ↓
北比布
  ↓
比布
  ↓
南比布
  ↓
北永山
  ↓
永山
  ↓
北旭川
  ↓
新旭川
  ↓
旭川四条
  ↓
旭川
 
 上りは南稚内から名寄までが昼間撮影可能区間です。南稚内から幌延までは意外に積雪が少なく、なかなか豪快な排雪シーンを撮ることが出来ません。音威子府から名寄の間は山岳地帯で積雪も2mを超える場所もあり、直前に降雪がなくても排雪シーンが期待できます。
 南稚内から雄信内俯瞰の間は利尻富士をバックに撮れる場所がいくつかありますが、冬季はなかなかその全貌を見せてくれることがありません。また南稚内から抜海の間のオホーツク海をバックに撮れる往年のお立ち台付近は、冬季は国道に駐車スペースがなく、立入禁止の場所もあり撮影は難しくなっています。
 
Dsc_9847
 2017/2/12 天塩中川→佐久 琴平のカーブ

下りへ 撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

(S123)音威富士スキー場下(音威子府→咲来)

戻る

宗谷本線 宗谷ラッセル撮影ガイド 音威富士スキー場下
 
Dsc_8088x_01
 2016/1/23 


 音威子府駅先の音威富士スキー場下からは、駅を出発しカーブする姿を撮ることができます。このあたりは宗谷本線でも最も積雪の多いところで、雪の壁も高くなりますが、スキー場から雪かきした雪山が線路際にあり、その上から撮ることができます。

Dsc_8032
 2016/1/23 

 まずは上りキハ54単行です。
  
Dsc_8043x
 2016/1/23 

 次は下りキハ54単行です。太陽バックでよい感じです。 

Dsc_8045
 2016/1/23 

 お尻には巻き上げた雪が...

Dsc_8076x
 2016/1/23 

 いよいよ本番です。元気よく排雪してきました。雪の壁があると迫力出ます。

Dsc_8098
 2016/1/23 

 街中なので家は仕方ないです。

Dsc_8105
 2016/1/23 

 DCで練習していたのに太陽を入れそびれました...

Dsc_8705
 2017/2/11 

 積雪はありますが、最近雪が降らないので回雪です...

Dsc_8714
 2017/2/11 

 やはり掻いて欲しいですね...

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

(S125)美深のカーブ(初野→美深)

戻る

宗谷本線 宗谷ラッセル撮影ガイド 美深のカーブ
 
Dsc_7875
 2017/2 /10  


  美深駅手前の高速道路高架下あたりからSカーブをくる姿を撮ることができます。手前の踏切付近からの撮影は高架の下を撮るので800mmほどが欲しい場所です。
 途中高速道路の影が気になりますが、一番美しくSカーブを撮れる場所です。
 
Dsc_8119x
 2016/1/23 

 Sカーブの向こうから雪を巻き上げてやってきました。
 
Dsc_8150x
 2016/1/23 

 300mmでは足らなくて障害物のない右側を入れてみました。Sカーブ好きにはたまらないシーンです!
 
Dsc_8157x
 2016/1/23 

 やはり迫力ある排雪シーンは最高です!
  
Dsc_8181x
 2016/1/23 

 積雪が多くないので枯草があるのと、足場が悪く角度的に枝が入ってしまいました。

Dsc_8203x
 2016/1/23 

 このあたりは高速道路の真下で影になりますが、なんとか迫力あるシーンを撮ることが出来ました。

Dsc_7880_01_3
 2017/2/10 
 

 昨年より雪が少ないですね。ウイングは閉じてます。500mmです。

Dsc_7910
 2017/2/10

 やはりウイングを閉じていると...  

Dsc_7916
 2017/2/10 
 
 カーブの遠心力で内側に傾いてフランジャーが当たります。

Dsc_9941
 2017/2/12
 
 今日もなんとかカーブの傾きで...
 
Dsc_9966
 2017/2/12
 
 ウイングが開いていると違います。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

ばんえつ物語(2017/10/14上り)

 10月14日、今日は鉄道の日です。上越のDD51重連の旧客には後ろ髪を引かれながらも「ばんえつ物語」にやって来ました。この週末も夕陽は望めそうもなく、1年で一番季節物も少ない時期ですが、狙いはどうしましょうか...


今日の1枚

Dsc_6441_01
 2017/10/14 五泉→猿和田 早出川橋りょう

 今年の悪天候を象徴するどんよりとした雲の天気の中、スカスカで来ました...


Dsc_6417
 2017/10/14
 猿和田→五泉 早出川橋りょう

 新津から沿線をロケハンしますが、季節の撮りものはセイタカアワダチソウぐらいです...柿もまだ葉っぱがついていて絵にならないと思っていたら、ここに葉が落ちた柿がありました。

Dsc_6427
 2017/10/14 猿和田→五泉 早出川橋りょう

 どんよりとした空で逆光側からでも撮れます。

Dsc_6454_02
 2017/10/14 五泉→猿和田 早出川橋りょう

 いよいよ本番ですが...ご夫婦も一休みして汽車を見送ります。

Dsc_6460
 2017/10/14 五泉→猿和田 早出川橋りょう

 柿はよかったのですが...

 ところがここで急に野暮用が出来て、完全に消化不良の中これで今日はおしまいです...トホホ。最近浮気するとろくなことなかったんだけど、今日は...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

宗谷ラッセル撮影ガイド(下り)

 この冬の宗谷ラッセルの運転を願って撮影ガイドにしてみました。(今冬の運転を確証するものではありません)


上りへ 撮影ガイドトップへ

 宗谷本線の下り宗谷ラッセルの撮影ポイントです(クリックで撮影ガイドに)。 

旭川
  ↓
旭川四条
  ↓
新旭川
  ↓
北旭川
  ↓
永山
  ↓
北永山
  ↓
南比布
  ↓
比布
  ↓
北比布
  ↓
蘭留
  ↓  (S001)蘭留跨線橋
  ↓  (S002)塩狩峠俯瞰
塩狩  (S003)塩狩駅交換
  ↓  (S004)塩狩駅先
和寒
  ↓  (S005)和寒跨線橋
  ↓  (S006)和寒町日の出
東六線
  ↓
剣淵
  ↓
北剣淵
  ↓  (S007)南郷跨線橋
士別
  ↓
下士別
  ↓
多寄
  ↓
瑞穂
  ↓
風連
  ↓
東風連
  ↓
名寄
  ↓
日進
  ↓
北星
  ↓
智恵文
  ↓
智北
  ↓
南美深
  ↓
美深
  ↓
初野
  ↓
紋穂内
  ↓
恩根内
  ↓
豊清水
  ↓
天塩川温泉
  ↓
咲来
  ↓
音威子府
  ↓
筬島
  ↓
佐久
  ↓  (S008)天塩中川跨線橋
天塩中川
  ↓  (S009)天塩中川駅発車 
歌内
  ↓
問寒別
  ↓
糠南
  ↓
雄信内 (S010)雄信内駅通過
  ↓
安牛
  ↓
南幌延
  ↓
上幌延
  ↓
幌延
  ↓  (S011)下沼跨線橋
下沼
  ↓  (S012)秋葉跨線橋
豊富
  ↓
徳満
  ↓
兜沼
  ↓
勇知
  ↓
抜海   (S013)抜海駅通過
  ↓
南稚内
  ↓
稚内

 こうしてみると宗谷本線廃止された駅も多いですが、まだまだ駅が沢山ありますね?!撮影した場所はほんの僅かでおこがましいですが...

 下りの昼間撮影可能区間は旭川から士別の間です。有名な塩狩峠は国道沿いには駐車スペースが全くなく、側道も除雪されていないので、塩狩駅付近以外は撮影が難しいです。
 和寒の先は平坦地が続き、2月は夕陽のポイントとなります。

 下りは12月~1月は和寒から先は夜となります。オーバークロスは別として線路際の夜間の撮影は十二分に注意してください。また降雪時は夜間の車の運転は控えたほうがよいでしょう。
 国道40号線、特に音威子府から北の天塩川沿いの区間は積雪も多く、冷え込みも厳しいので夜間の運転はなるべく避けてください。稚内行の定期バスでさえも夜行便はこの区間を避けて海岸沿いを走ります。
 天塩中川の宿に泊まれば、深夜にはなりますが、レトロ風な駅舎で夜景を楽しめます。

Dsc_9017
 2017/2/12 天塩中川駅

上りへ 撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

  

  
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

(特集)太陽を撮る(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 太陽を撮る

Dsc_9036_01
 2016/10/16 山都→喜多方 一の戸橋りょう 上り


 下りのシルエット狙いの時は夕陽を入れることもありますが、上りの高い位置の太陽はなかなかチャンスはありません。夏期の昼の太陽は光線が強すぎるので、これから晩秋にかけてが、光線が優しくなりチャンスです。高い場所にある太陽の場合は、少し雲があって光線が弱い方が撮りやすいですね。
 下りは夕陽と区別がつきませんが、茜色がないのがこちらということで?!

Dsc_4472
 2016/12/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう 上り

Dsc_4928x
 2017/4/23 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車 

Dsc_3806_01
 2016/8/28 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車
   
Dsc_4569_01
 2017/9/2 野沢→上野尻 明神前 
 
Dsc_1867
 2015/9/20 喜多方→山都 慶徳の田園 
 
Dsc_6174
 2017/10/1 尾登→野沢 山基踏切  

Dsc_8488_02
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう

  あまり光線が強いとフレアーが出たりしますが、夕陽のようなロマンはないですが、成功した時の醍醐味はひとしおです!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

(番外編)JR北海道への期待

Dsc_6916_03
 2017/1/28 東釧路→釧路

 まずは昨冬は「SL冬の湿原号」スタート直後に思わぬ動輪の傷で、DLにバトンタッチしてしまったC11171です。もう再起不能と思われていたのですが、先月苗穂工場に入院して修理中だそうです。クラブツーリズムのツアーでは「SL冬の湿原号」と明記されたツアーが1月末から募集されているので、復活は間違いないと思われます。昨冬の40年ぶりの釧網線での感動を来年も楽しめそうです。

Dsc_8154
  2017/2 /10 和寒→東六線

 そしてもうひとつがいつ終了してもおかしくない宗谷ラッセルです。ハイモの試運転や経費節減のための昼間ラッセルの中止の声明もありましたが、なんとか旭川のDE15も生存のようで、毎年ラッセルツアーを開催している地元名寄の宿泊設備さんも昨冬と同じダイヤでの運転を予想されていてます。西はキヤ143の新製であっという間にDLラッセルが淘汰されてますが、資金不足のJR北海道はこの冬はまだDE15の活躍が見られそうですね。あまり豪快な排雪シーンは撮っていないだけに今冬に期待したいです。

Dsc_7669_01
 2017/1/29 細岡―釧路湿原
 

 JR北海道さんの窮地は理解しますが、冬の北の大地は他にはない独特のロマンがあります。是非今冬も老兵達の活躍を期待したいものですね。当サイトでも途中で挫折していた宗谷ラッセルを再開します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

(特集)川吉の魅力(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 川吉の魅力
 
197_01
 2015/7/18 川吉のSカーブ手前 上り 


 川吉の魅力はなんたって連続するS字カーブを爆煙で編成をくねらして走る姿です。いわゆるサミットである慶徳トンネルにむけて4つのSカーブが連続します。川吉の魅力をまとめると
 
(1)なんといっても上りの爆煙
(2)連続する4つのS字カーブ
(3)踏切付近の桜
(4)紅葉
(5)俯瞰
 
 こんなところでしょうか?川吉のストレートから慶徳トンネルまで1.5kmぐらいのドラマです。

(1)爆煙
 
Dsc_3282
 2017/4/9 川吉のSカーブ手前 上り
 
202
 2015/7/18 川吉のSカーブ手前 上り 
 
Dsc_0237
 2014/5/18 川吉のSカーブ手前 上り 
 
Dsc_9056_01
 2016/6/25 川吉のSカーブ手前 上り
 
Dsc_0189
 2012/8/11 川吉踏切先 上り 
 
Dsc_9649_02
 2016/11/3 川吉のSカーブ手前 上り
 
146
 
2013/11/4 川吉の第三Sカーブ 上り
 
Dsc_4712_6
 2016/12/4 川吉のSカーブ手前 上り
 
Dsc_0323_01

 2011/12/11 川吉踏切 上り 
 
(2)S字カーブ

284

 2013/6/1 川吉の第一Sカーブ 上り
 
Dsc_1239
 2017/6/25 川吉のSカーブ 上り 


Dsc_0201

 2012/11/17 川吉の第二Sカーブ 上り
 
355

 2013/3/19 川吉の第三Sカーブ 上り

Dsc_4633

 2015/11/29 川吉の第四Sカーブ 上り
 
(3)桜
 
Dsc_1401

 2014/4/26 川吉踏切 上り
 
282

 2014/4/29 川吉踏切 下り

Dsc_2914_01

 2016/4/16 川吉踏切 下り

(4)紅葉
 
Dsc_0650_01
 2016/11/12 川吉踏切 上り

Dsc_3867

 2015/11/14 川吉のSカーブ手前 上り 

Dsc_4391

 2015/11/15 川吉のSカーブ手前 上り 

Dsc_0209

 2012/11/17 川吉の第二Sカーブ 上り

Dsc_0162_1

 2012/11/23 川吉の第三Sカーブ 上り
 
Dsc_2627
 2016/11/23 川吉のSカーブ手前
 
Dsc_0140

 2012/11/24 川吉の第四Sカーブ 上り
 

  (5)俯瞰

174
 
 2016/4/30 川吉のSカーブ俯瞰 上り 
 
203_01
 2016/4/30 川吉のSカーブ俯瞰 上り
 
 
Dsc_4330_02

 2016/5/8 川吉大俯瞰 上り 
 
 昨年から桜と紅葉以外の季節物が少ない川吉は頻度が下がってしまいました...
 
 爆煙あり気で来てますから煙が少ないと溜息が出てしまう川吉です。
 馬下、利田、川吉と俯瞰できるのも素晴らしいことですね。
 やはりスケールでは利田より上ですね!失礼しました...
 
撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

(特集)ばんえつ物語の四季(秋)(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ばんえつ物語の四季(秋)

Dsc_5240_01
 2016/9/11 咲花→東下条 東下条のカーブ


 秋口は実りだけではありません。光線も優しくなり沿線の様々なj風景を楽しめる季節です。ススキとコスモスは派手さはありませんが、紅葉までの秋の風景を盛り上げてくれます。

Dsc_5266_01
 2017/9/1 五十島→三川 五十島駅先(許可を得て撮影)

Dsc_4670
 2017/9/2 三川→五十島 五十島橋りょう先

Dsc_4291_01
 2016/9/3 野沢→上野尻 野沢駅発車

Dsc_4325_02
 2016/9/3 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう

Dsc_4820_01
 2017/9/6 五十島→三川 五十島駅先(許可を得て撮影)

Dsc_5121_04
 2017/9/6 三川→五十島 五十島橋りょう先(許可を得て撮影)

Dsc_4950
 2016/9/10 尾登→野沢 山基踏切

Dsc_5025_01
 2016/9/10 鹿瀬→津川 津川駅進入

Dsc_4995
 2016/9/10 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう

Dsc_5112
 2016/9/10 猿和田→五泉 早出川橋りょう

185
 2014/9/13 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入

534
 2014/9/13 津川→三川 75kmポスト

068
 2013/9/14 咲花→東下条 東下条のカーブ

Dsc_5631_01
 2017/9/16 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう

Dsc_5896_01
 2016/9/17 上野尻→野沢 野沢国道オーバークロス

Dsc_5931
 2016/9/17 野沢→尾登 西会津中学

Dsc_6706_02
 2016/9/19 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過

483
 2014/9/20 野沢→上野尻 上野尻駅進入

530_01
 2014/9/20 日出谷→鹿瀬 当麻橋りょう

115_01
 2014/9/23 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入

156
 2014/9/23 上野尻→野沢 上野尻のカーブ

208_01
 2014/9/23 尾登→荻野 荻野駅手前

204_01
 2013/9/23 山都→喜多方 小布瀬原

300_2
 2013/9/23 喜多方→山都 第二舞台田踏切

352
 2013/9/23 野沢→上野尻 上野尻駅進入

535_01
 2014/9/23 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

443
 2013/9/23 津川→三川 75kmポスト

026_01
 2014/9/27 五十島→三川 五十母川橋りょう

086_01
 2014/9/27 尾登→荻野 鳥屋山俯瞰(尾登)

293
 2014/9/27 鹿瀬→津川 津川駅進入

307
 2014/9/27 鹿瀬→津川 津川駅進入

421_01
 2014/9/28 喜多方→山都 松野踏切

472
 2014/9/28 鹿瀬→津川 鹿瀬のストレート

553_01
 2014/9/28 津川→三川 津川漕艇場

161
 2013/9/29 三川→津川 三川俯瞰

210
 2013/9/29 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ

289
 2013/9/29 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

Dsc_7864
 2016/10/2 尾登→野沢 山基踏切

119
 2013/10/13 鹿瀬→日出谷 平瀬当麻俯瞰

Dsc_8488
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう

Dsc_8663
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入

Dsc_9007
 2016/10/16 荻野→山都 荻野漕艇場

Dsc_9036_01
 2016/10/16 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_9219
 2016/10/16 尾登→野沢 山基踏切

 やはり秋は秋晴れが欲しいですね!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日)

(247)新関駅手前(東新津→新関)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 新関駅手前 

Dsc_5897_01
 2017/10/1 


 新関駅手前では線路は県道から少し離れますが、間は水田や畑となり、県道から列車を撮影することが出来ます。バックは山となり家も入らないので意外に絵になります。県道の脇にはタチアオイやコスモスが咲くので絡めて撮ることが出来ます。

【秋】

Dsc_5890_02
 2017/10/1 

 このあたりは新関駅の対向のDCの遅れ等で、徐行となったりダッシュしたりで、煙があったりなかったりします。

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

(特集)ヒガンバナを撮る(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ヒガンバナを撮る

Dsc_5875_02
 2017/10/1 新津→東新津 東新津駅手前


 その名の通り秋の彼岸の頃に田んぼの畦道に咲く「彼岸花」ですが、磐越西線沿線では西日本のようにあちこちにあるわけでなく、民家の庭にはありますが、線路際には新津と舞台田の限られた場所にしかありません。しかし黄金の田んぼの景色にはよくマッチする花です。
 我々の年代では山口百恵の歌った「曼珠沙華」の名前がピントくるかたも多いと思います。

〇東新津

 裁判所踏切近くの切通の線路の土手から上の道端にかけて咲いてます。雑草に埋もれているので撮りにくいです。

Dsc_5850_01
 2017/10/1
 新津→東新津 東新津駅手前 

Dsc_7468
 2016/10/2 新津→東新津 東新津手前

〇舞台田

 濁川橋りょうと舞台田踏切の間の道路沿いに咲いてます。ここは道路脇の斜面の途中に咲くのでアングルファインダーがないと寝転んで撮ることになります。

Dsc_6041
 2017/10/1 山都→喜多方 慶徳町走下り

Dsc_6054_01
 2017/10/1 山都→喜多方 慶徳町走下り 

Dsc_6148_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

Dsc_6149_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

Dsc_6160_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

〇第二学校踏切

 2017年には発見できませんでした。ここの民家も空き家になってしまったようです。

Dsc_1327
 2015/9/19 笈川→堂島 第二学校踏切 

 他に咲く場所を知っておられる方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

(特集)はざ掛けを撮る(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド はざ掛けを撮る

Dsc_9161
 2016/10/16  喜多方→山都 舞台田踏切 


 稲刈りのシーズンになると刈り取った稲をつるして干す「はざ掛け」や稲藁を集めて干してある水田があります。黄金が終わった後の秋の風物詩で昔はどこでも見られましたが、現在でも磐越西線沿線では山間部に僅かに残ります。また会津地方を中心に稲藁を尖がり帽子のように干してある水田も散見されます。特に「はざ掛け」は人気の風物詩でファンが集まります。
 
○深戸
 
 深戸橋りょうをバックにするこの水田ではおばあちゃんが手で稲を刈り、はざ掛けをします。光線によって稲の色もずいぶんかわりますね。

Dsc_4678
 2016/9/10 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう   

Dsc_5604
 2016/9/11 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう 

Dsc_5969_01
 2017/10/1 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

○平瀬
 
 平瀬踏切を過ぎて日出谷のカーブの手前に「はざ掛け」があります。ここは立派な稲木があります。

Dsc_5837_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ

Dsc_5853_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ

○干した稲藁
 
 会津の荻野から電化区間にかけては、ところどころで田んぼに刈った稲藁が干してあります。 

343_01
 2014/9/28 姥堂→会津豊川 姥堂 

Dsc_0103
  2012/9/29 喜多方→山都 舞台田踏切

Dsc_6090
 2017/10/1 笈川→堂島 第二学校踏切

Dsc_7801_01
  2016/10/2 姥堂→会津豊川 姥堂

276
 2
016/10/15 山都→喜多方 小布瀬原踏切先
 
Dsc_9007
 2016/10/16 荻野→山都 荻野漕艇場 

Dsc_9069
 2016/10/16 笈川→堂島 第二学校踏切 
 
 44年前の高森線です。昔は藁ぶきの農家も多かったので、稲藁は干して大切に保管していたのでしょう。いつの間にか消えた日本の田園風景ですね。

_20150106_3
 1972/12 高森線

撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

(246)慶徳町走下り(山都→喜多方)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 慶徳町走下り

Dsc_6054_02
 2017/10/1 


 舞台田踏切と濁川橋りょうの間の築堤は、田園風景の中、すっきりと抜け絵になる場所です。この区間は下りが人気ですが、道路側は上りの光線のほうが良いです。
 道路脇の斜面には磐越西線では貴重なヒガンバナが咲き、黄金の景色にマッチします。斜面の途中に咲くのでアングルファインダーがないと寝っ転がって撮ることになります。道路反対側の今は空き家の民家の庭にも咲きますので、ここで増やされたのだと思いますが、沿線では最大規模のヒガンバナです。
 尚、ヒガンバナの時期は稲刈りの忙しい時期でもあり、車道には駐車しないでください。

【秋】

Dsc_6041
 2017/10/1 
 
 舞台田踏切まではたなびく煙があったのですが、次第に薄くなってしまいました。

Dsc_6058
 2017/10/1
 
 
 彼岸花には黄金が似合いますね。日本の秋の風景です。 

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

(番外編)フルムーンは何処へ

Dsc_6403_01_2
 
 所用で妻と一緒に九州に行くことになりましたが、検討の結果「フルムーン夫婦グリーンパス」を使ってみることになりました。
 1980年台に上原謙&高峰三枝子のCMを見て、羨ましいと思っていましたが、現実になる日が来てしまいました。そもそも意外に貧乏性の私はグリーン車というものは普通列車で数回使ったことがあるだけで、優等列車のグリーン車は生まれてはじめて乗ります?!
 計算してみると九州の往復だけでも、2人分の自由席の乗車券と特急券の料金と同じで、「のぞみ」と「みずほ」に乗れないのがたまにキズですが、もっと使われてもいいですね。
 
Dsc_6405_01
 
 長野から「しなの」で名古屋に出て、「ひかり」で新大阪に、「さくら」で久留米まで行きます。帰りは新大阪から「サンダーバード」で金沢に、「かがやき」で長野に行きます。グリーン券が沢山あるだけでなんか幸せな気分ですね?!
 
 さて1泊は日奈久温泉に泊まりますが、日奈久から肥薩線って意外に近くですね。半日空白の時間があるので密かに狙ってますが、いつ妻に切り出すかです?!
 
_20150108_2
 1973/12 湯前線 人吉駅 48679
 
 最近浮気しようとすると天罰が下ってますが、44年振りの86との再会が果たせるのでしょうか?!
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

SL福が満開スタート号(2017/10/1下り)

 下りの頃には午前中の秋晴れはすっかりなくなり曇りになってしまいました...舞台田のヒガンバナで今度は煙有のシーンを狙いますが...


今日の1枚

Dsc_6276_01
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

 またかと言われそうですがここのSカーブの光るレール+爆煙は最高に楽しいです。


Dsc_6149_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り 

 たなびく煙がもう少しあれば文句なしでしたが...

Dsc_6160_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

 下りに煙を期待したのに上りと同じ煙でした...舞台田踏切を過ぎると松野に向かって煙は出始めましたが...トホホ

Dsc_6174
 2017/10/1 尾登→野沢 山基踏切

 尾登のコスモスはもう光線が悪いのでパスして山基踏切に来ました。ここは太陽を入れたりギラリも撮れて好きな場所です。雲の向こうに太陽が何とか見えます。

Dsc_6184_01
 2017/10/1 尾登→野沢 山基踏切

 もう少しススキを強調したかったのですが...

Dsc_6196_01
 2017/10/1 野沢→上野尻 明神前

 ススキを入れてみましたが、ファンの車がありました...

Dsc_6221_01
 2017/10/1 野沢→上野尻 明神前

 白煙は綺麗だったのですがススキがパラパラで...

Dsc_6235_01
 2017/10/1 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過

 ススキが消化不足だったので、ここに来ればススキ野原のはずときたのですが、ススキは何故か殆どありませんでした...今年は悪天候でススキも不作なのでしょうか?! ようやくヘッドマークの文字が読めましたが写真写りの悪い色ですね...

Dsc_6269
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

 今日も夕陽の残照は望めないので必然的にここに来ました?! 闇にススキが光ります。

Dsc_6274_01
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

 Sカーブの向こうから顔を出し、徐行が終了して爆煙となると痺れます!

Dsc_6298_03
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

 両側の森で線路が暗くなり、上部だけが明るく煙を演出してくれるこの地形は素晴らしいです。

Dsc_6301
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

 しかもSカーブに爆煙ときてます!

Dsc_6313
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

 近づいて線路が光らなくなると面白くないですね。

Dsc_6326
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

 このあたりはうっそうとしていて、猿のねぐらがあるようで森の中からは不気味な声が聞こえてきて、これ以上暗くなると一人は怖い場所です。

Dsc_6344
 2017/10/1 咲花→馬下 咲花のSカーブ

 次のSカーブのここに来ましたが、もう完全に闇でカメラを向ける方向さえわかりません...光るレールは撮れますが、完全に闇になると煙が写らないで面白くありません。

Dsc_6397
 2017/10/1 新関→東新津 新関駅通過

 締めは明かりのある新関駅で流しです。斜め流しになるので難しいですね...

 舞台田のヒガンバナ、ススキも消化不足でしたが、また闇鉄を楽しんで元はとれた今日の下りでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

SL福が満開スタート号(2017/10/1下り速報版)

 下りは上りで撮った舞台田のヒガンバナで今度は煙有のシーンを狙いますが...


今日の1枚

Dsc_6149_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り
 
 たなびく煙がもう少しあれば文句なしでしたが...


Dsc_6101
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

 ここは上りは常連が何人かいらっしゃいましたが、下りは何故か不人気でした?!そして下りの頃には午前中の青空が全くなくなり、太陽も雲の中に入ってしまいました...

Dsc_6148_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

 いよいよ本番ですが濁川橋りょうから煙がどんどん消えてゆきます...

Dsc_6160_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

 下りに煙を期待したのに上りと同じ煙でした...舞台田踏切を過ぎると松野に向かって煙は出始めましたが...トホホ

Dsc_6274_01
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

 その後煙だけはここでリベンジできましたが...

 舞台田のヒガンバナは残念でしたが、黄金とヒガンバナを撮れただけでヨシとし、また来年の宿題となりました...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

SL福が満開スタート号(2017/10/1上り)

 はや10月となり、今日は「ばんえつ物語」でなく「SL福が満開スタート号」ですが、何かいいことあるのでしょうか?!秋本番となりこの時期の風物詩は...


今日の1枚

Dsc_5897_01
 2017/10/1 東新津→新関 新関駅手前

 ダイヤ乱れで撮れたついでの1枚でしたが、バックの山や黄金も良く気に入りました。ラッキーです!


Dsc_5875_01
 2017/10/1
 新津→東新津 東新津駅手前

 スタートは東新津で今日のお題のヒガンバナです。久しぶりの秋晴れとなりました。既に盛期は過ぎて白くなりはじめていましたが、なんとか今年も撮れました。

Dsc_5890_02
 2017/10/1 東新津→新関 新関駅手前

 東新津から来るとばんえつ物語はなぜか能代川橋りょう付近で停まりかけていて、ここで撮ることが出来ました。今日はダイヤ乱れで対向のDCが遅れて徐行となったようです。

Dsc_5918_01
 2017/10/1 五十島→三川 五十島駅先(許可を得て撮影)

 キバナコスモスで狙ったのですが、爆煙で狙いがわからなくなってしまいました...

Dsc_5969_01
 2017/10/1 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

 秋の風物詩のここにはファンが集まっていました。

Dsc_6000_01
 2017/10/1 上野尻→野沢 上野尻のカーブ

 上野尻のコスモスは倒れているのが多く、煙も出ず失敗です...

Dsc_6016_01
 2017/10/1 尾登→荻野 尾登駅通過

 ここも煙が薄くて中途半端になり失敗です...

Dsc_6041
 2017/10/1 山都→喜多方 慶徳町走下り

 下りのポイントですが、今日のお題のヒガンバナを撮りにここに来ました。僅かに煙も出ていたのですが存在感がなかったです。

Dsc_6054_01
 2017/10/1 山都→喜多方 慶徳町走下り

 それでも秋の風景に満足でした。

Dsc_6090
 2017/10/1 笈川→堂島 第二学校踏切

 締めの電化区間では刈り取った稲が干してあったのでここで撮ってみました。

 今日はお題のヒガンバナをはじめ、はざ掛けやコスモスを楽しめ、秋本番に満足でした。下りは慶徳で煙のリベンジです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

(特集)阿賀野川支流を撮る(会津編)(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 阿賀川支流を撮る(会津編)

Dsc_8488
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう 下り


 阿賀野川には多くの支流があり、本流に合流するあたりで磐越西線が橋梁でまたぐことが多いです。本流は大きすぎますが、支流は清流が多いので絵になります。会津地方では山間の為、谷が深く水面が見えない川も多いです。

○小玉川

 国道脇なので皆さん橋りょうは知ってると思いますが撮る人は少ないです。水面はかなり下です。

Dsc_9240_01
 2017/5/28 上り

261
 2013/9/29 上り

○安座川

 ここも国道脇で気になってる人は多いと思います。

159
 2014/8/17 上り

Dsc_9558_01
 2016/11/3 上野尻→野沢 安座川橋りょう

○四岐川

 この川は深い渓谷になっていて水面はもとより橋りょうもなかなか見えません?!幻の橋りょうのようです。

098
 2013/4/14 下り

○長谷川

 この川も谷が深いですがミニ一の戸橋りょうと水面を写すことができます。

Dsc_0182
 2012/11/18 上り

Dsc_5358
 2017/9/16 上り

○利田川

 木々に囲まれているので撮りにくい橋りょうです。水面はまずは見えません。 

Dsc_4864_01
 2015/12/5 上り 

○大谷川

 景色は最高ですが橋りょうが底になっているので、煙が出ないので有名です...
 

269
 2013/6/1 上り

Dsc_0681_2
 2017/6/18 下り

Dsc_3230
 2016/11/26 下り

○一の戸川

 説明するまでもない人気場所です。 

Dsc_8023
 2017/6/11 上り

113
 2016/8/13 上り

○原川

 立派な7連ガーターですが全景を撮るのが難しいです。水面もだいぶ下です。

Dsc_0253
 2014/5/18 下り

Dsc_9295_01_2
 2017/5/28 上り

○濁川

 広い河原を持つ大きな川です。 

Dsc_3466
 2015/5/17 下り 

Dsc_9086_01
 2016/6/25 下り   

○田付川

 以前はのどかなガーター橋だったのですが... サイドから撮れないし、どう料理したらよいのでしょうか?!

184
  2013/7/28 上り 

○日橋川

 田付川と並んで上部ガーターで料理しにくい橋りょうです...

Dsc_2814
 2016/4/16 上り

250
 2013/9/23 上り

 阿賀野川支流編いかがでしたか?意外に水面を入れて綺麗に撮れる場所は少ないですね。しかし四季や天候によって大きく表情が変わりますので皆さんも是非狙ってみてください。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

(特集)阿賀野川支流を撮る(新潟編)(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 阿賀野川支流を撮る(新潟編)

Dsc_4472
 2016/12/4 早出川橋りょう 上り


 阿賀野川には多くの支流があり、本流に合流するあたりで磐越西線が橋梁でまたぐことが多いです。阿賀野川本流は大きすぎますが、支流は清流が多いので絵になるポイントも多いです。尚、能代川は信濃川の支流です。

○早出川

 今更説明するまでもない人気の場所です。この川はここで専門に鮭をとってる漁師がいるぐらい綺麗です。上流側は堰があるため静かな水面となり水鏡が狙え、下流側は堰から落ちる水の流れが絵になります。また上り下りともに太陽を入れて撮ることのできる貴重な場所です。

031
 2013/4/28 上り

038
 2013/9/21 上り

Dsc_9868_2
 2016/11/5 上り 

Dsc_2949
 2017/4/2 下り 

Dsc_6763_01
 2017/5/4 下り 

Dsc_8312_01
 2017/5/20 下り  

Dsc_8952
 2017/5/21 下り 

Dsc_2496_01
 2017/7/22 下り 

Dsc_1930_01
  2016/8/13 下り

Dsc_5110
 2016/9/10 下り
 

○五十母川

 上り下りともに橋りょうでは一番煙が期待できる場所で、川の中からも撮ることが出来ます。上流側が順光ですが手摺があります。下流側は手摺がなくすっきりしてますが、バックに高速道路橋が入ります。
 
Dsc_3572_01
 2016/8/28 上り

045_02
 2014/8/31 上り

049
 2013/9/1 上り

Dsc_2833
 2017/8/5 下り

○実川

 ここは意外に撮る人が少ないですが手軽に撮れます。 実川は写りませんが阿賀野川が入ります。
 
Dsc_8289
 2016/6/12 下り
 
○馬取川

 国道から見えないのであまり撮る人もいませんがお勧めです。

Dsc_3208
 2017/4/9 上り
 

Dsc_0321
 2015/8/29 上り 

374
 2013/9/7 下り

 やはり橋りょうは水面を入れて撮りたいものですね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«(特集)水田の四季(2017年版)