« ばんえつ物語(2012/7/29下り) | トップページ | (411)早出川橋りょう手前の築堤(猿和田→五泉) »

2012年7月30日 (月)

(319)早出川橋りょう(猿和田→五泉)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 早出川橋りょう

Dsc_8952
 2017/5/21


  上りの早出川橋りょうは上流側が順光になりますが、下りは下流側になります。下流側は柵、風速計、電線、土手の車と障害物が多いですが、100年の歴史を持つ橋りょうに加えバックの山、夕日のギラリ、川の段差、河原で遊ぶ人たちと題材は色々ありいろんなシーンが楽しめます。

【春】

Dsc_2949
 2017/4/2 
 
 赤紫色の夕陽の残照は夏にはない色ですね。煙も出てなんとか水鏡も写り満足なシーンでした。 

Dsc_2989
 2017/4/2 
 
 茜色の最後のシーンです。

Dsc_2564
 2016/4/3 
 
 雨模様の一番列車です。

Dsc_7500x
 2024/4/7 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 既に日没ですが、西の空に茜色が残りました。

Dsc_0400_10003
 2011/4/10

 残雪が残る春先が一番好きです。土手の車は仕事ですから...

Dsc_4451_03
 2017/4/22 
 
 馬下でのギラリを横目に早出川橋りょうに来ました。着いた時はまだ夕陽があったのですが、1分のところで完全に日没になってしまいました。日没なら河原から撮ったのですが、中途半端な写真になってしまいました...
 
Dsc_3775_04
 2016/4/29 

 風がビュウビュウで荒れた1日でした。今日の締めは雲の間に残る夕陽をバックにヤマニンジンを入れて撮ってみました。

Dsc_1527_01
 2018/4/29 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  

 ようやく早出川も夕陽が間に合う暦になりました。
 
Dsc_1534
 2018/4/29 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  

 それにしてもこの陽気のなか煙が出すぎですね...

Dsc_6763_01
 2017/5/4 
 
 太陽の水面への映り込みが1分前まではあったのですが...

Dsc_6778
 2017/5/4 
 
 雪解け水で増水した早出川で、夕陽に向かう最高のシーンでした。

Dsc_6792_01
 2017/5/4 
 
 このシーンが好きです!

Dsc_0640_10002
 2011/5/5

 春先は山に霞がかかる日が多いです。

Dsc_7269_01
 2017/5/7 
 
  今日は4日よりだいぶ日が高くなるだろうとまた来たのですが、あまり変わらず宿題だった太陽の映り込みは僅かで、罐の水鏡も波紋で揺れてしまう始末、しかも煙は殆どなしで、リベンジどころか撃沈でした...

Dsc_7290_01
 2017/5/7 
 
  更に河原が水没しているので自由に動けず夕陽が木にかかってしまいました...

Dsc_6699x
 2021/5/8 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ヤマニンジンと夕陽のコラボです。やはり夕陽があると違います。

Dsc_3303_01
 2018/5/13 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 ヤマニンジン尽くしの締めは早出川橋りょうです。ヤマニンジンはこんな雨降りの夕方が似合います。 

Dsc_3309_01
 2018/5/13 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 この天気で上流側は誰もいません。ここのヤマニンジンはもう終期ですが、旅情溢れるシーンとなりました。

Dsc_7558_04
 2017/5/14  
 
 夕陽は残念ながら本番直前に厚い雲の中に隠れてしまいましたが、ヤマニンジンを入れて太陽の隠れた雲を撮ってみました。

Dsc_0287_20002
 2011/5/15

 夕日にあたってナンバープレートが輝きます。

609
 2013/5/18 

 今日は夕日が弱くてギラリになりませんでした。

Dsc_8312_01
 2017/5/20  
 
  今日は夕陽+ギラリ狙いです。堰の流れを入れてみました。

Dsc_8323
 2017/5/20  
 
  橋りょうのだいぶ向こうで罐が輝きました。

Dsc_8955_01
 2017/5/21 

 何度も撮っている早出川のシルエットですが、今日は最高の水鏡でした。

Dsc_6109
 2015/5/31 

  C61ばんえつ物語の締めくくりは早出川のギラリを狙ってみました。まずはデフが輝きます。

Dsc_6112_01
 2015/5/31

 太い罐が輝きました! 

Dsc_6143
 2015/5/31 

 ひと月あまりのC61ばんえつ物語は多くの感動を人々に残して走り去りました。またいつの日にかこの磐越西線での再会を願います!

【夏】

Dsc_9775_03
 2017/6/4 

 橋りょう中央部がかなり広い範囲でギラリになっています。

Dsc_9780
 2017/6/4 

 早出川では奇跡の夕陽が出て鱗雲の下ギラリが実現しました。もうこの時期は太陽が高くて茜色は出ませんが、青空のギラリと違って味があり感動ものでした。

Dsc_9785_02
 2017/6/4 

 罐と客車が輝きました。太陽はさすがに飛んでしまいました...

Dsc_0149
 2012/6/3

 夕暮の列車は哀愁があります。

Dsc_7688
 2017/6/10 

 一筋の煙が欲しかったです...

Dsc_2770x
 2022/6/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 早出川では水鏡もなく、夕陽も雲に出たり入ったりしていましたが、結局本番は雲の中...苦し紛れに流木を入れてみましたが、なにもかも中途半端で...

Dsc_6199
 2018/6/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 早出川の水量が少なく堰には水がありませんでした。ギラリにしましたが、かなり手前ですね。
 
Dsc_6218
 2018/6/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 夕陽を入れたシーンも客車しかギラリにならず、やはりこの時期は雲がないと駄目ですね...

Dsc_0096
 2012/7/21

 真夏の橋りょうもバックの山がいいです。

Dsc_2487
 2017/7/22 
 
 夕陽はないので雨で増水した堰の水で撮ってみました。

Dsc_2496_01
 2017/7/22 
 
 川の中の青いのは映り込みでなく水中に沈むブルーシートです。先日の大雨で木の根も流れてきて橋脚に引っかかっています。

Dsc_9992_02
 2016/7/23   

 津川あたりは雲が多く太陽も隠れていましたが、ギラリを信じて一気に早出川に来ました。今日は三脚は1本もなかった早出川で、到着時は半分諦めムードだったのですが、本番10分前に夕陽の光線が強くなりギラリになりました!

Dsc_0007_04
 2016/7/23 
 
 しかしこんなに雲の多いギラリも初めてですが、奇跡的に地平線近くは雲が薄かったです。

429_02_01
 2013/7/28 

 逆光側からシルエットにしてみました。煙がほんの少しでもあればよかったのに...

Dsc_2730
  2019/7/28 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 本番前に夕陽は厚い雲の中に...馬下では夕陽が間に合ったそうです。残念ながら普通のシーンになりました... 

Dsc_2736_03
 2017/7/30 
 
 夕陽はなかったですが久しぶりの茜色がありました。増水した早出川の水に綺麗な水鏡が写り、満足な1枚となりました。

Dsc_1051  
 2016/7/31 
 
 厚い雲の下から夕陽が顔を出して、ギラリも狙えるぐらいの強い夕陽となりました。
 
Dsc_1066
 2016/7/31 
 
 雲と夕陽の組み合わせが素晴らしかったです。
 
Dsc_1083
 2016/7/31 
 
 夕陽と罐と煙の組み合わせが素晴らしかったです。

640
 2013/8/4 

 やはり少しでも煙があると違います。曇りの日は逆光の上流側も柵がないのでいいです。

Dsc_9123_02
 2015/8/8  

 ギラリの予想場所がわからなかったのですが、もうちょっと横から撮るべきでした...

Dsc_9126_2
 2015/8/8 

 夏場はスカも多いのですがなんとか煙も出て夏の一枚となりました。

Dsc_9135_3
 2015/8/8 

 夕陽は哀愁があります。

Dsc_3365_01
  2019/8/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます    
 
 早出川では久しぶりに夕陽のギラリを撮ることが出来、夏の夕暮れのシーンを堪能できました。 

Dsc_1890
  2016/8/13   

 ギラリ狙いのファンの列を横目に狙いの誰もいない河原の水辺に来ました。明日は天気が悪そうだし、来週からはもう日没になってしまい、今日は今年最期のチャンスです。夕陽と列車の水鏡を狙いますが、残念ながら風で水面がざわついていました。そして本番が日没に間に合うか気が気ではありません!
 
Dsc_1910_01
  2016/8/13   

 いよいよ本番です。夕陽を浴びてやってきました。僅かながら煙もあります!
 
Dsc_1921
  2016/8/13   

 当初のしゃがんだ位置ではもう夕陽は隠れてしまい、背伸びしてなんとか夕陽を入れることができました。夕陽と列車の水鏡は失敗しましたが、狙い通りのシーンに大満足です!

Dsc_1930_01
  2016/8/13 

 水鏡が残念でした... 
 
Dsc_1938_01
  2016/8/13   

 夕陽のシーンは旅愁を感じさせます。

309_01
 2014/8/16 

 夕暮れのお散歩もいつもと違う役者にびっくりかな?!

Dsc_0225
  2012/8/25

 夕日のギラリを狙いましたが日没になってしまいました。ここはお盆までです。

【秋】

Dsc_4699_01
 2017/9/2 
 
 今週からもう五泉では日没に間に合いません。茜色が残る早出川橋りょうです。

Dsc_4444_03
 2016/9/3 
 
 
夕陽の残照を狙ってみました。かなり日が沈んでしまい、水鏡も風でぶれてしまいましたが、なんとか旅情あふれる最後の夕陽のシーンを撮ることができました。

Dsc_4449
 2016/9/3 
 
 
やはり水辺のシーンは良いですね。

415
 2013/9/7 

 もう真っ暗でシルエットでなく夜汽車になりました...

Dsc_5110
 2016/9/10 
 
 
水面を逆にしたような雲が美しかったです。
 
Dsc_5123
 2016/9/10 
 
 
客車の室内灯が暖かいですね。

Dsc_5721
 2016/9/11 
 
 
昨日のようは美しい雲はなく、厚い雲に覆われていて、完全に夜汽車でしたが水鏡だけが救いでした...

Dsc_5741
 2017/9/16 

 早出川についた時は予期しない夕陽の残照で西の空が紫色でしたが、10分経った本番では殆どなくなってしまいました。

Dsc_6240_01
 2016/9/17

 さすがに雨の中完全に夜汽車で光量不足でした...キャブの中が明るいですね。

Dsc_1699x
 2021/9/19 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 茜色の残照は僅かになりましたが、ブルーアワーの美しい紺色の空に浮かぶ罐が美しかったです。

戻る

|

« ばんえつ物語(2012/7/29下り) | トップページ | (411)早出川橋りょう手前の築堤(猿和田→五泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (319)早出川橋りょう(猿和田→五泉):

« ばんえつ物語(2012/7/29下り) | トップページ | (411)早出川橋りょう手前の築堤(猿和田→五泉) »