« ばんえつ物語(2012/9/22下り) | トップページ | (334)長谷川橋りょう(尾登→野沢) »

2012年9月23日 (日)

(323)舞台田踏切(喜多方→山都)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 舞台田踏切
 
Dsc_0103
  2012/9/29


 喜多方を出発した列車は濁川の橋りょうを渡り舞台田の田園地帯を築堤で真っ直ぐに突っ切り左にカーブして松野踏切方面に進みます。この辺りは正面に日があたり,進行右手は陰になってしまいますが磐梯山、雄国山をバックに雄大なスケールで爆進する姿を撮ることができます。また10月下旬より濁川堤防付近から築堤のギラリを狙うこともできます。
 尚、車は舞台田踏切付近は農道で駐車は邪魔になるので必ず側道等に置いてください。

【春】

243_2
 2015/5/2 

 道路からちょっと斜面を下りて少し見上げるように撮ってみました。磐梯山をちょこんとバックに怒涛の勢いでやってきました。

249_01
 2015/5/2 

 なんとかC61の迫力を表現できました。

453
 2013/5/5 

 春先の築堤はすっきりしてます。

【夏】

Dsc_4392
 2018/6/2 

 田んぼの畔に咲く除虫菊で撮ってみました。青空の雲が綺麗だったので汽車ピンです。煙のような雲になってしまいました...
 
Dsc_4417
 2018/6/2 
 
 青空の雲だけで絵になりますね。
 
Dsc_5390_01
 2018/6/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 

 なんとか煙ももってくれました。
 
Dsc_5403_01
 2018/6/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 

 初夏の田園の風景です。
 
Dsc_5407
 2018/6/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 

 タチアオイもこの色が一番好きです。
 
Dsc_0590x_20220618225701
 2022/6/18 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 咲き始めです。

Dsc_9086_01
 2016/6/25   

 濁川橋りょうの河原もアカシアの木が払われ、橋りょうがすっきり撮れるようになりました。

Dsc_9106
 2016/6/25  

 舞台田の立葵も盛期でした。バックの影絵のような山、緑一面の水田と梅雨の美しい景色でした。

Dsc_9116_01
 2016/6/25   

 汽車ピントです。赤、ピンク、白と揃い咲きです。

Dsc_1340
 2017/6/25 
 

 沿線一のタチアオイですが、梅雨の花の通り小雨模様になってしまいました。山も本番時には隠れましたが、この梅雨空がタチアオイには似合うのかもしれませんね。  

Dsc_1363_02
 2017/6/25 
 

 たなびく煙が良かったです。

Dsc_9481
 2016/7/2 許可を得て撮影  

 まずは花ピンで。
 
Dsc_9485
 2016/7/2 許可を得て撮影  

 次は汽車ピンです。どちらも良さがありますね。山が霞んでしまったのが残念でした。

Dsc_1086x
 2022/7/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 青空が奇麗です。

Dsc_1907
 2017/7/8 
 
 タチアオイも終期です。濁川橋りょうの塗装工事も山都よりは完了です。

Dsc_2737x_20220804132501
 2022/7/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 舞台田で緑の水田を撮ってみました。 

Dsc_2749x
 2022/7/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 舞台田の築堤は綺麗に草が刈られているので流してみました。

369_01
 2013/8/4 

 磐梯山は霞んでいましたが田んぼの緑が綺麗です。

386_01
 2013/8/4 

 手前では流してみました。宙を飛ぶようなシーンです?!

396_01
 2013/8/4 

 この築堤は四季楽しいです。

Dsc_0027
 2012/8/5

 磐梯山、雄国山をバックに喜多方を出発して濁川橋りょうを渡ってきます。

Dsc_0037
 2012/8/5

 風の日は煙が流れますからご注意を!

Dsc_0036
 2012/7/28

 真横から流してみました。

Dsc_1000
 2015/8/30 

 雨でも絵になるのが稲穂です。舞台田では頭を下げ始めた稲穂の向こうをよい煙をたなびかせてやってきました。

Dsc_1009
 2015/8/30 

 この築堤はバックが空になるのが良いですね。

Dsc_1010
 2015/8/30 

 この築堤晩秋のギラリが楽しみです。

【秋】

Dsc_1484x
 2021/9/19 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 彼岸花と黄金の稲穂は夕陽を浴びて美しかったです。この花はやはり花ピンですね。

Dsc_1495x
 2021/9/19 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 棚引く煙に青空もあり、満足なシーンとなりました。

362_01_2
 2014/9/20 

 大きな雲の下を走ります。

371_01
 2014/9/20 

 颯爽と走ります。

380
 2014/9/20 

 慶徳峠を目指します。

Dsc_0105_20004
  2012/9/22

 雄国山、磐梯山をバックに黄金が美しい場所です。

Dsc_0113_10004
 2012/9/22

 このあたりの山はよく積乱雲がかかります。

Dsc_0125_10004
  2012/9/22

 光線状態も最高です。

Dsc_0129_10004
 2012/9/22

 夕日の光線になってきました。

Dsc_9161
 2016/10/16 
  
 
4年ぶり舞台田で干してある稲藁を撮ることができました。山々をバックに築堤を行く姿は日本の秋です! 

Dsc_4105x
 2020/10/31 クリックすると大画像で見ることが出来ます    
 
 向こうの空も青く理想的です。まだギラる前ですがこれはこれで美しいです。

Dsc_4125x
 2020/10/31 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 白い杭の場所が一番ギラリます。

Dsc_4137x 
 2020/10/31 クリックすると大画像で見ることが出来ます  
  
 
 ちょっと太陽はまだ高かったですが、美しいギラリに満足です。

304
 2013/11/9 

 門鉄デフは空に抜くこの角度がいいですね。

311
 2013/11/9 

 門鉄デフが輝きました!

314
 2013/11/9 

 申し分ないギラリでした!

332
 2013/11/9 

 客車もギラリです!

054
  2013/11/16 

 今日は先週より離れて流してみました。

079
 2013/11/16 

 流しだと罐が浮いて見えます。

081
 2013/11/16 

 この瞬間がたまりません!

094_01
 2013/11/16 

 夕陽にグリーン車は似合います!

104
 2013/11/16 

 大勢のファンが待つ舞台田踏切を通ります。

【冬】

Dsc_3920_01
 2016/12/3 


 磐梯山も雄国山から顔を出し、夕陽の光線を浴びて濁川橋りょうを来ました。

Dsc_3927
 2016/12/3 
 日没直前のタイミングでしたが、夕陽が強く素晴らしいギラリになりました。12月にこんなギラリを撮ったのは初めてです。

Dsc_3931
 2016/12/3 

 テンダーが輝きます。

Dsc_7564x
 2020/12/6 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 完全な夕陽ではなかったですが、空に抜いた門鉄デフがギラりました。

Dsc_7567x_20201210160401
 2020/12/6 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 2020年有終の美を飾るギラりでした。

戻る

|

« ばんえつ物語(2012/9/22下り) | トップページ | (334)長谷川橋りょう(尾登→野沢) »

コメント

こんにちは!
今月29年12月2日(土)に磐越西線を撮りに行きます。
このページがわかりやすく参考になります。
ありがとうございます。
冬もいいけど春の桜の時期や田植えシーズンもいいのですね。
なかなかこんなにうまくは撮れませんがデータがあって本当によかったです。

投稿: 千葉 直江 | 2017年12月 1日 (金) 10時41分

千葉さま
クリトレは土曜日雪景色、日曜日は夕陽のギラリが期待できそうですね。特にギラリの時はファンが集まりますので早めに行くことをお勧めします

投稿: 堤防 | 2017年12月 1日 (金) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (323)舞台田踏切(喜多方→山都):

« ばんえつ物語(2012/9/22下り) | トップページ | (334)長谷川橋りょう(尾登→野沢) »