« ばんえつ物語(2012/10/27下り) | トップページ | SL只見線奥会津号(2012/10/28下り) »

2012年10月28日 (日)

(351)一ノ戸橋りょう(喜多方→山都)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 一の戸橋りょう
 
Dsc_8488_02
 2016/10/15 


  一ノ戸橋りょうの下りは普通に撮るなら上りのほうが煙がありますのでお勧めできませんが、シルエットやギラリが狙える日は魅力的になります。10月中旬から11月初めの青空の夕方素晴らしいギラリを楽しめます。

【夏】

Dsc_2342_01
 2017/7/22 
 
 夏の花で撮ってみました。

Dsc_2353
 2017/7/22 
 
 予想もしない煙にニンマリです。

【秋】

Dsc_8441
 2016/10/15 

  
 
まずは喜多方交換のDCでギラリの位置を。太陽が左のまだ高い位置にあるので左の空がしらけます。ということで狙いを太陽にも?!
 
Dsc_8484
 2016/10/15 
  
 
本番ではDCよりギラリの位置が向こうにいなりました。
 
Dsc_8486_01
 2016/10/15 
  
 
罐が輝きます!
 
Dsc_8514
 2016/10/15 
  
 
新潟の早出川橋りょうと会津の一の戸橋りょうのギラリ+夕陽は双璧ですね! 

Dsc_8488_02
 2016/10/15 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2597
 2020/10/18 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 一筋の煙でもあれば絵になったのですが...

Dsc_6465_02
 2019/10/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夕陽は雲に隠れたり出たりハラハラの連続でしたが、結果的に素晴らしいギラリを見せてくれました。

Dsc_3519_01x
 2021/10/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 24日は本番通過後2分にギラギラの夕陽が雲の下から出るという悲しさでした...

Dsc_0238_10005_2
 2012/10/27

 橋りょうの色がギラリにマッチします。

Dsc_0257_20005_3
 2012/10/27

 編成を入れて客車のギラリもいいです。

Dsc_4265_02x
 2021/10/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 数年前の洪水で一の戸川の川幅が拡がり水鏡も狙えるようになりました。しかしDCは明るいので綺麗に水鏡もできたのですが、罐は暗いのでギラリの水鏡はもうひとつでした... 

Dsc_4288x
 2021/10/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 いつものようにあわてて夕陽を入れた構図がやはりよかったです。薄い雲も面白かったです。
 
Dsc_0204_01
 2018/11/4 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 喜多方交換のDCです。太陽はちょうど列車の上で良い感じです。20分後はどうなるのでしょうか?!

Dsc_0268_01
 2018/11/4 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 太陽はもう橋りょうより下になりました。

Dsc_9338_01  
 2019/11/17 喜多クリックすると大画像で見ることが出来ます

 長年宿題になっていた一の戸橋りょうの夕陽のシルエットですが、肝心なものが...

戻る

|

« ばんえつ物語(2012/10/27下り) | トップページ | SL只見線奥会津号(2012/10/28下り) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (351)一ノ戸橋りょう(喜多方→山都):

« ばんえつ物語(2012/10/27下り) | トップページ | SL只見線奥会津号(2012/10/28下り) »