« (124)荻野漕艇場(荻野→山都) | トップページ | ばんえつ物語(2013/6/8上り) »

2013年6月 7日 (金)

(376)大関道踏切(新関→東新津)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 大関道踏切

Dsc_7788x
 2021/5/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます   


 上りで能代川橋りょうの正面を撮る大関道踏切では市街地の真ん中ですが、下りを山バックに自然の風景で撮ることができます。橋りょう方向ではギラリも狙えます。

【春】

013
 2013/3/3 

 春先はバックの山の残雪が綺麗なのですが残念ながら下りの時間は日が落ちます...
 
Dsc_8022
 2018/3/31 

 振り向くと罐が輝いています?!
  
Dsc_8047_01
 2018/3/31

 並行する道路の車のヘッドライトでギラリになったようです?!

Dsc_6836x
 2022/4/7 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 見事自動車ヘッドライトのギラリになってくれました。 

Dsc_3639_01
 2017/4/9 
 
 明るく撮るのは簡単ですが、夜汽車らしく暗く撮るのは難しいです。スカが残念でしたが、なんとか雪山を入れて撮ることが出来ました。
  
Dsc_3650
 2017/4/9 
 
 振り向いて僅かに残る夕陽の残照でギラリです。

Dsc_3126_02
 2016/4/16

 バックの山には残雪があります。

Dsc_1154
 2018/4/22 
  
 今日は元気な煙で来て、雪山も隠れてしまいました?!

Dsc_1167_01
 2018/4/22 
  
 ここのギラリが撮れるのはまだひと月も先で、僅かに残った茜色で我慢です。 能代川橋りょうに向かう築堤のシーンは旅情があって好きです。

Dsc_4218
 2016/4/30 
 
 最後まで白煙が続いた日でした。

Dsc_3807_01
 2018/5/19 

 早くもキショウブの花が一輪咲いてました。私はキショウブは夏の花の位置づけで、春の花も終わりですね。

Dsc_3820_01
 2018/5/19
  
 晴れればギラリのシーンなのですが... 

Dsc_5800
 2016/5/21   

 この後振り返って能代川手前でギラリなのですが、ちょうど日が沈んでしまいました。あと1分早ければ...

604
 2013/5/26 

 バックの山が好きなのですがスカでした...

616
 2013/5/26 

 能代川橋りょう方面はギラリになりました。

619
 2013/5/26 

 ギラリのグリーン車は似合います。

508
 2014/5/31 

 夕陽を入れてみましたがギラリの位置が計算と違いました。

【夏】

Dsc_9826_01
 2017/6/4 
 

 
青空に浮かぶ大きな雲に夕陽があたり夏の夕暮れっぽくなりましたが、なんとかこのキショウブで撮ることが出来ました。

Dsc_9841_05
 2017/6/4  
 

  振り向けば踏切付近でギラリです。

Dsc_7737
 2017/6/10 

 夕陽は雲のなかでしたが微かに色づきました。今日はこんな日でした?!

Dsc_7951
 2016/6/11   

 夕陽の色も綺麗だったので橋りょうに向かうギラリの姿を撮ってみました。

Dsc_8550x
 2021/6/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 夕陽は雲の中に入り、茜色が映る雲で撮ってみました。

Dsc_2848x
 2022/6/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夕陽が僅かに写る雲が綺麗でシルエットで撮ってみました。

Dsc_6272_02
 2018/6/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 デフの点検窓から夕陽が抜けました?!
 
Dsc_6274
 2018/6/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 やはり夕陽の演出は素晴らしいですね!

Dsc_1294_01x
 2022/7/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 煙が薄すぎました...

616
 2015/7/19 

 バックの山の影が良いです。

645
 2015/7/19 

 新潟方面は雲がなく夕焼けで、能代川橋りょうに向かう列車も哀愁がある風景となりました!

Dsc_8929
 2015/7/20 

 並行する道路からギラリを狙います。まずは夕陽を正面に浴びた姿です。

Dsc_8945
 2015/7/20 

 そして光の国に向かって行きます。

Dsc_8950_02
 2015/7/20 

 予想を遥かに超え橋りょう付近でギラリになり遠くなってしまいましたが...

Dsc_0038_03_2
 2016/7/23   

 締めは秋葉区草水町です。夕陽は既にギリギリです。
 
Dsc_0045_01
 2016/7/23

 ギラリにはなったのですが、既に太陽が半分山に落ちかけて、罐の上半分だけギラリになりました。 

Dsc_8284
 2020/7/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夕暮れのヘッドマーク無の姿になりました。

Dsc_1998_01
  2019/7/27 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 進行方向に夕陽が僅かに見えます。 

Dsc_2806
  2019/7/28 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 新関でも夕陽は厚い雲の下でしたが、雲の間に夕陽の茜色がありました。

Dsc_1114_01
 2016/7/31 
 
 締めの能代川橋りょうはなんとか夕陽が間に合いました。こういうギラリも味があります。

Dsc_9038_01
 2020/8/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 大関道踏切は既に日没でしたが、茜色の残照での僅かなギラリがよかったです。

Dsc_9648_01
 2015/8/9 

  もうここは日が落ちていますが、山々をバックに夕暮れが似合う場所です。

Dsc_9665_01
 2015/8/9 

 しかしC57は絶好調ですね。これだけ暑いと煙は諦めて夏を撮るしかないです!運転士さんもご苦労さまです!

Dsc_3431
  2019/8/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 納得のいく茜色のシーンが撮れました。

Dsc_8169
 2018/8/11 

Dsc_8171_01
 2018/8/11 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 茜色が残ります。

Dsc_1955
  2016/8/13   

 ここの松葉ボタンが綺麗で撮りたかったのですが、なんと日が落ちてみんな花を閉じてました...

Dsc_2496
 2016/8/14  

 大関道踏切周辺はいろんなシーンが撮影出来、最後の楽しみです。
 
Dsc_2500_02
 2016/8/14  

 既に日は落ちました。能代川橋りょうを渡れば新津の街で、終点新潟まであとひと頑張りです。今日も感動をありがとう!

Dsc_3593  
 2019/8/14 クリックすると大画像で見ることが出来ます    
 
 新関では既に日没ですが、山の上の雲の茜色をうまく表現できませんでした...

Dsc_4018
 2017/8/20 

 今年の夏のイメージです?!地平線の茜色が夏の終わりを告げていました。

Dsc_4027_02
 2017/8/20 

 地平線に残る茜色を求めて能代川橋りょうです。

Dsc_1621
 2023/8/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 入道雲に夕陽の残照があたって見事な色になっていました。

Dsc_1632
 2023/8/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 日没から30分くらいは夕陽のドラマがあることもありますね。
 
Dsc_0175_01
 2020/8/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 茜色は僅かでしたが、右手の影絵のような木が面白いです。

【秋】

Dsc_4716_01
 2017/9/2 
 
 雲一つないトワイライトで、茜色に向かって進む列車とレールが良かったです。

Dsc_3248x
 2023/9/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 締めの新関はもう茜色は殆どありませんでしたが、雲が秋を感じさせました。
 キャブの明りも哀愁を誘います。動輪の一部が明るいのは?です。

Dsc_5195
 2017/9/6 
 
 締めは能代川橋りょうに来てみましたが、殆ど光がなく、流してなんとか罐の影が写りました...

【冬】

364_01
 2013/12/15 

 バックの雪山が霞んだのが残念でした。

383
 2013/12/15 

 能代川橋りょうに向かいます。

386
 2013/12/15 

 バックのC57ですが上りといってもわかりません?!

396
 2013/12/15 

 2013年最後のカットです。

戻る

|

« (124)荻野漕艇場(荻野→山都) | トップページ | ばんえつ物語(2013/6/8上り) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (376)大関道踏切(新関→東新津):

« (124)荻野漕艇場(荻野→山都) | トップページ | ばんえつ物語(2013/6/8上り) »