« (215)鳥屋山俯瞰(尾登→荻野) | トップページ | (460)銚子の口俯瞰(上野尻→徳沢) »

2014年10月 3日 (金)

(459)津川駅進入(鹿瀬→津川)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 津川駅進入

Dsc_3372_02
 2016/8/27


 津川駅手前のの麒麟橋踏切付近にはちょっとした花が植えられていて、秋にはコスモスを楽しむことができます。秋分の日も過ぎると徳沢から先はもう日があたる場所は少なくなりますが、この一角は西の山が低く9月終わりまで夕陽が当たります。また駅付近には桜もあります。
 私も停車する駅の進入となると積極的には撮りませんが、コスモスがあったのでついでにと撮ってみましたら、光線、バックとなかなかではありませんか?!

【春】

Dsc_7851
 2018/3/31

 夕陽は雲の中に隠れつつありましたが、なんとか少しギラリました。

Dsc_2099
 2017/4/1 
 

 今日は夕陽もなかったのですが、春先らしくて意外に面白かったです。

Dsc_2838
 2017/4/2 
 

 正面ギラリではいってきました。

Dsc_2849
 2017/4/2 
 

 昨日と同じ場所ですが夕陽があたって黄金の罐です。

Dsc_9396x
 2024/4/14 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 桜バックでC57が僅かにギラりました。
 
Dsc_2970
 2016/4/16

 桜が美しいです。 
 
Dsc_2976
 2016/4/16   

 この時期もギラリになりました!国鉄急行色のDCが待ちます。

Dsc_3750_01
 2017/4/16 

 
 ちょっと弱いですが夕陽があったので津川駅進入です。残雪ではなくPC枕木が... 

Dsc_3754_02
 2017/4/16 
 
 この黒光りがたまらないです!

Dsc_3759
 2017/4/16 
 

 しかし本命のこっちのギラリは進入なのに煙が有り過ぎで...

Dsc_8506x
 2022/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 進入なので煙は期待できませんが、光線は良かったです。
 
Dsc_1005_01
 2018/4/22 
  
 津川駅のギラリの交換シーンは何度撮っても飽きないです。

Dsc_4346
 2017/4/22 
 

 ここにきて太陽は雲の中に隠れ夕陽はありませんでした...

Dsc_4687x
 2021/4/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 津川駅進入はギラりましたが、夕陽ではありませんでした...

Dsc_6000_01
 2017/4/30 
 

 津川駅にも最後の八重桜が咲いてましたが、いつもの進入の煙?もなくアウト...

Dsc_6214_01
 2017/5/3 
 

 もう太陽が高くなって夕陽の色はありませんが、デフが輝きました。
 
【夏】

Dsc_9719
 2017/6/4 

 夕陽が当たらないとこのシーンも全くつまらないです...

Dsc_2686x
 2022/6/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 オオキンケイギクで撮ってみました。青空が明るくて僅かながらあった煙も殆ど飛んでしまいました。
  
Dsc_8762
 2016/6/18   

 ここの駅進入は何故か煙を出していることが多いです。夕陽の当たる立葵が綺麗でした。

Dsc_0956
 2017/6/24 
 

 タチアオイもありましたが、オオキンケイギクで撮ってみました。

Dsc_6127
 2018/6/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 タチアオイとギラリを狙いましたが、ギラリはもう少し先でしたが、花の光が面白かったです。

Dsc_1528
 2017/7/2 
 

 ここはあちこちタチアオイが咲いてますが、今一つ撮りにくい場所ばかりです...

Dsc_6970_01
 2018/7/7 

 タチアオイももう最後の花ですね。

Dsc_2011_02
 2017/7/8 
 

 罐の正面に夕陽が当たりました。タチアオイとアジサイがミックスになってしまいました...

Dsc_2014_02
 2017/7/8 
 

 ミックスはもうひとつですね...

Dsc_1762x
 2022/7/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 青空が奇麗です。

Dsc_9947
 2023/7/15 クリックすると大画像で見ることができます

 鹿瀬と津川の間は草ボウボウなので、津川駅のアジサイで進入を撮りました。

Dsc_9309x
 2021/7/18 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 踏切近くには草が茂るなか名残の赤いタチアオイが咲いており、角度的に苦しかったですが夕陽を受けて透明感ある花をいれてギラリを撮ることができました。
 
Dsc_2436
 2017/7/22 鹿瀬→津川 津川駅進入
 

 最期に一輪残るタチアオイで撮ってみましたが分電箱が...今年はこのあたりの花も悲惨ですね...
 
Dsc_9957
 2016/7/23   

 ギラリを狙ってみましたが、光線が弱かったです。立葵も終期になると実が沢山ついて可憐ではなくなってしまいます。

Dsc_8034
 2020/7/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 タチアオイはあったのですがやはり夕陽のギラリがないと...

Dsc_2660
 2017/7/30 
 
 名残の花ですが今日は煙が...

Dsc_0940
 2016/7/31 
 

 花に青空に正面ギラリで夏のシーンです。
 
Dsc_0947
 2016/7/31 
 

 サイドがギラリました。

Dsc_8984_02
 2020/8/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 セットする時間がなく撮っただけになってしまいました。しかし罐に夕陽が当たっているだけで満足してしまう私です... 
 
Dsc_3374_02
 2016/8/27 
 
 
一時間遅れで夕陽の残照が強烈でした!
 
【秋】

Dsc_4638_03
 2017/9/2  

 みなさんギラリ狙いでしたが、私だけ下のミソハギを狙ってました。

Dsc_4355
 2016/9/3 
 
 
正面に 強い夕陽を浴びてきました。
 
Dsc_4361_03
 2016/9/3 
 
 
こちらが狙いなのですが、またも露出失敗です。正面向きを捨てないと...

Dsc_5097_01
 2017/9/6 
 
 
ここでも鹿瀬から津川まで探しましたが撮れる花がありません。ミソハギは暗い雨の日でも映えますね。

Dsc_5025
 2016/9/10 
 
 
今日は夕陽がないのでつまらないと下を見るとミソハギがあるではないですか!

Dsc_5625_01
 2016/9/11 
 
 
津川駅進入は強いギラリでした。ミソハギの色がいいです。

Dsc_5641_2
 2017/9/16 

 ミソハギがまだ咲いてましたが、夕陽がないと...

Dsc_6759_01
 2016/9/19 
 
 薄暗さを表現してみました。

288
 2014/9/27 

 SLの前はゴミではなく虫です...

293
 2014/9/27 

 正面に夕陽があたりました。

307
 2014/9/27 

 振り向くと津川駅、対向のDCが入りギラリになりました!

309
 2014/9/27 

 ナンバープレートが輝きます。この時期ギラリになる場所は貴重です。

Dsc_0012x
 2023/10/1 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 津川駅進入は何故かいつも煙が出ています。
   
Dsc_8665_01
 2016/10/15 

 
例によってに麒麟山踏切でバックのシーンを狙っていると、A氏が「満月だよ」と教えてくれ、振り返って慌てて撮ったのですが露出がバックのままで...

Dsc_8677_01
 2016/10/15 
  
 
ここのシーンは毎回面白いです。わずかに夕陽の残照がありました。

Dsc_9753
 2016/11/3 
  
 
津川到着も完全に夜汽車になりました。さすがに傘がいる雨では夜汽車もテンションが下がります。

Dsc_4197x
 2020/10/31 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ブルームーンは津川駅進入が月の出後20分で狙い目です。いつになっても満月が上がってこず、仕方なく一番星の金星で撮りました...帰りがけちょっと左を覗いてみると綺麗な満月が出ているではないですか?!10月2回目の満月であるブルームーンはかなり月の出る方角が違いました。

Dsc_6718x
 2023/11/25 クリックすると大画像で見ることができます

 駅進入ですがやはり煙が写りません...

戻る

|

« (215)鳥屋山俯瞰(尾登→荻野) | トップページ | (460)銚子の口俯瞰(上野尻→徳沢) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (459)津川駅進入(鹿瀬→津川):

« (215)鳥屋山俯瞰(尾登→荻野) | トップページ | (460)銚子の口俯瞰(上野尻→徳沢) »