« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

(番外編)釜石線SL銀河(2014/11/29下り)

 今朝は朝3時半に出て9時前には花巻に着きました。途中激しい雨もありましたが、現地ではなんとか小降りで済みました。しかしかなり暗く今年の最終下り列車を満足に撮ることはできるのでしょうか?!


今日の1枚

571
 2014/11/29 足ヶ瀬→上有住 足ヶ瀬駅発車

 最近はちょっと迫力がなかった足ヶ瀬駅発車ですが、今年の最終日雨模様でしたが素晴らしいシーンとなりました!ここで待つファンは今年で一番少なかったです...


022
 2014/11/29 花巻→似内 似内

 スタートは似内で待ちましたが、生憎の天気なので流してみました。

033_01
 2014/11/29 花巻→似内 似内

 現役時代はC58を美しいと思ったことありませんでしたが美しいです?!

087_01
 2014/11/29 小山田→土沢 幸田のSカーブ

 けっこう降ってきてしまいましたがここの景色は好きです。

116_01
 2014/11/29 晴山→岩根橋 岩根橋のSカーブ

 美しいSカーブです。ライトに照らされたSカーブの線路が好きです。

136
2014/11/29 晴山→岩根橋 岩根橋のSカーブ

 雨降りが残念ですが素晴らしい煙です。

143_01
 2014/11/29 晴山→岩根橋 岩根橋のSカーブ

 Sカーブ好きにはたまりません!

151_01
 2014/11/29 晴山→岩根橋 岩根橋のSカーブ

 今年の締めに相応しいシーンです。

175
 2014/11/29 宮守→柏木平 めがね橋

 生憎の天気でしたがこの煙があれば!

210
 2014/11/29 宮守→柏木平 めがね橋

 橋よりも煙を撮ってました?!

215
 2014/11/29 宮守→柏木平 めがね橋

 今年一年でいったい何人の人がここでSL銀河を見て感動したのでしょうか?!

256
 2014/11/29 宮守→柏木平 下鱒沢23地割オーバークロス

 サミットのオーバークロスから撮ってみました。

327_01
 2014/11/29 綾織→遠野 遠野風の丘

 風の丘付近から撮ってみました。低くたちこめる雲がよかったです!

467_03
 2014/11/29 平倉→足ヶ瀬 足ヶ瀬のSカーブ

 煙は最高でしたがなんせ暗くて色がでませんでした...

472
 2014/11/29 平倉→足ヶ瀬 足ヶ瀬のSカーブ

 ここはなかなか難しいですね...

519
 2014/11/29 足ヶ瀬→上有住 足ヶ瀬駅発車

 足ヶ瀬駅発車は試運転の時以上の迫力でした!

558
 2014/11/29 足ヶ瀬→上有住 足ヶ瀬駅発車

 久々に見る完璧な発車でした?!

580
 2014/11/29 足ヶ瀬→上有住 足ヶ瀬駅発車

 今日はこの1シーンだけで満足です!

593
 2014/11/29 足ヶ瀬→上有住 足ヶ瀬駅発車

 SL銀河今日はサービスかもしれませんが素晴らしいです!

643
 2014/11/29 陸中大橋→洞泉 大松のカーブ

 今日の締めは大橋の発車もワンパターンなので大松にカーブにきてみました。下り勾配ですから煙は仕方ないですね。

653
 2014/11/29 陸中大橋→洞泉 大松のカーブ

 今年の下りの最終列車素晴らしかったです。あの2月の試運転初日に匹敵する感動でした。

 今年1年SL銀河には楽しませてもらいました!明日の最終上りも楽しみです!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

SL現役時代のアーカイブ(江差線)

_20141118_5
 1972 江差線 函館駅 C58406

 北海道遠征では夜行の青函連絡船で津軽海峡を渡るのが常でした。早朝に函館駅に着くと本州連絡の朝一番の特急や急行が並び、その隣には江差線の上磯行客車列車を牽くC58がいました。石炭のにおいがする函館駅の曲がったホームに立つと北海道に来たことを実感したものでした。

 訪れた線区では渚滑線と相生線の写真がみつからないので、北海道のアーカイブはこれにて終了です。改めて写真を見るといろんな発見がありました。記憶も40数年前にスリップして楽しい時間です。

 さて今日はこれからSL銀河の年内最終列車を追って釜石まで600kmのドライブに出発です!低気圧が真上にいますね...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

SL現役時代のアーカイブ(瀬棚線)

_20141118_18x
 1972 瀬棚線 国縫→茶屋川 C11188

 今は無き瀬棚線はC11の牽く貨物列車が2往復走ってました。1972年当時長万部には171、180、188の3両のC11がいました。途中美利河(ぴりか)あたりにはその名の通り美しい川沿いの撮影地もありましたが、ここのC11はあまり特徴がなかったので瀬棚線の人気はもうひとつでした。国縫駅を発車すると国縫川橋りょうがあり付近で撮影しました。

_20141118_10
 1972 瀬棚線 茶屋川→国縫 C11171

 国縫川橋りょうの先カーブして川沿いに線路はありました。今や北海道に最後に残る罐となったC11171です。今みたいに磨かれていないのでナンバーも見にくいですね!

_20141118_14x
 1972 函館本線 国縫→北豊津 D51237

 こちらは汚れた写真ですが瀬棚線を撮り行った時の国縫駅発車です。長大貨物を牽くD51の煙に痺れました!サービスの煙じゃないですよ!左でカーブしているのが瀬棚線でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

(927)林道オーバークロス(会津坂本→塔寺)

戻る

只見線 SL撮影ガイド

 林道オーバークロスは下り列車が人気ですが、上り列車は下り25‰になるので煙は期待できませんが、第一花笠トンネルの飛出しを撮ることが出来ます。

【秋】

422
 2014/11/9 

 坂本先で撮ってから林道経由で坂下に向かったのですが様子が変です??とっくに通過しているのはずの列車をオーバークロスではファンがまだ待ち構えています。どうやら大沢あたりで空転してストップしてしまったようです。十五分ほど遅れて第一花笠トンネルから息も絶え絶えなドラフト音がしてきて、ようやくからトンネル出てきました。

436
 2014/11/9 

 このトンネルの中がちょうどサミットになっています。

443
 2014/11/9 

 いつもと違う飛出しです。煙は煙突からは出ていないのですが列車にまとわりついています。

459
 2014/11/9 

 客車がすごいことになってます!トンネルの中乗客は大丈夫だったのでしょうか?!

473
 2014/11/9 

 まとわりついた煙が心霊写真のようです!しかしここからは先は下り勾配で急に元気になって走って行きました!お客さんも窓を開けて換気です?!

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

SL現役時代のアーカイブ(函館本線その3)

_20141118_2_01
 1972/4/5 函館本線 大沼―仁山 D51365

 函館本線(函館⇔長万部)でのD51は走っていた割にはD52に押されて印象は薄かったです。ここのD51は長万部機関区所属で当時は22両もいましたが、ナメクジは1両もいませんでした。追分、遠軽、北見なんかもナメクジはいなかったですが、機関区によってナメクジを嫌っていたようですね。

_20141118_9
 1972/4/5 函館本線 大沼―仁山 D51148

 コンテナの急行?貨物を牽く姿は堂々としています!D51498にもコキを牽かしてみたいですね?!

_20141118_16
 1972/4/5 函館本線 大沼―仁山 D51346

 大沼駅を発車して駒ヶ岳をバックに高台から撮れるお立ち台のポイントでした。

_20141118_3
 1972/4/5 函館本線 大沼―仁山 D51148

 大沼の湖畔を行きます。

_20141118_4
 1972/4/5 函館本線 大沼―仁山 D51148

 客車列車も牽いてました。

_20141118_17
 1972/4/5 函館本線 大沼―仁山 D51597

 やはり迫力はD52に負けますね?!ボイラーの太さが違います。

 その後「編集長敬白」の大沼界隈のお写真に私の撮ったのと同じD52204+39679の写真があることがわかりました。N編集長様も同じ日に同じ大沼のお立ち台にいらっしゃったのですね。今年も端村の桜でお隣にお見かけしましたが、42年前にはお話をしたのかもしれません!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

(926)大沢踏切先のトンネル入口

戻る

只見線 SL撮影ガイド

 七折峠大沢踏先の先にあるトンネル(どなたかトンネルの名前を教えていただけないでしょうか?)の上からは大沢踏切付近を走る姿を撮ることができます。この附近は天気でも暗くなる場所です。

【秋】

671
 2014/11/6 

 カーブから出てきました。25‰の勾配表の場所です。大沢踏切が入ってしまいます。

687_01
 2014/11/6 

 踏切右手には大勢のファンがいます。左手の紅葉の木が美しいです。

691
 2014/11/6 

 落ちた葉っぱも綺麗ですね。

706
 2014/11/6 

 トンネルに入って行きます。

戻る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

SL現役時代のアーカイブ(函館本線その2)

_20141118_6
 1972 函館本線 大沼―仁山 D52 おおぞら

 函館本線のもうひとつの魅力はD52の活躍でした。函館から長万部は急な勾配区間はありませんが、長大貨物を牽いて大沼周辺を行く姿は魅力的でした。ちょうど特急おおぞらとすれ違ったこのシーンは今でも覚えています。

_20141118_7
 1972 函館本線 大沼―仁山 D52 

 駒ヶ岳が微笑んでくれました。

_20141118
 1972 函館本線 大沼―仁山 D52138 

 マンモス機D52は迫力あります。

_20141118_12
 1972 函館本線 大沼―仁山 D5256

 切詰デフでない標準デフの罐が好きでした。D52はこの年の暮れまでにひっそりと引退しました。

_20141118_13
 1972 函館本線 大沼―仁山 D52138 

 荷客も牽いてました。慌てたのか斜面の葉っぱや電線が...

_20141118_15
 1972 函館本線 大沼―仁山 D52204+39679

 回送の9600をつけてきました。思わぬ重連に嬉しかったのかシャッターが早すぎですね...

_20141118_15_01
 1972 函館本線 大沼―仁山 D52204+39679

 元の写真ではわからなかったのですがアップしてみると形式入りナンバーの39679でした!調べてみると1972/4/2に新津から名寄に転属しています。その後デフをつけて追分で最後の蒸気機関車として有名になった罐です。青函連絡船に乗って北海道の地をはじめて踏んで、ここ大沼を通過したのですね。写真を撮って42年後スキャナーがくれたささやかな発見でした!

_20141118_11
 1972 函館本線 大沼―仁山 D52204+39679

 駒ヶ岳は白飛びしてますが、蝦夷の地に来た罐を迎えてくれました。坂町や新津での入換用に切り取られたテンダーはその後交換されたようです。この後名寄本線で貨物を牽き、最後は追分でまた入換で活躍します。4年後最後の罐として活躍する頃は私の熱は既に冷めていました...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

(925)会津坂本駅手前(会津柳津→会津坂本)

戻る

只見線 SL撮影ガイド

 会津坂本駅手前の踏切付近からは田園地帯を来る姿を撮ることができます。このあたりから七折峠に向かって煙は出ます。駐車スぺ―スは旧道付近に割とあります。

【秋】

265
 2014/11/8 

 バックの山も懐かしい田園風景です。現役時代と変わらぬ風景です。

287
 2014/11/8 

 綺麗な白煙で来ました。

294
 2014/11/8 

 七折峠まで勾配が続きます。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

信越本線(2014/11/22黒姫)

029_02
 2014/11/22 信越本線 黒姫→古間 妙高号

 

 この3連休は信濃町の我が家で冬支度です。先週も結婚式等でどこにも行けなかったので欲求不満がたまります。ブログのURLの信濃町は東京の信濃町ではなく長野県の信濃町です!我が家は一番近い店でも7kmもある山の中で、その一番近い店から1km先がこの国道18号線と信越本線のオーバークロスです。買い物ついでにカメラをもっていったらなんと20人以上のファンがいました!紅葉の時期は終わっているのにこの後なにか臨時列車でもきたのでしょうか??どうも電車、電気機関車だと熱があがりません...

 

 黒姫山はあまりありませんが左手奥の戸隠山は雪がありますね。今晩も零下五度ぐらいには下がります。田んぼには長い影ができてます。

 

 もう特急「あさま」がなくなって17年になります。妙高号として活躍してますが来春の北陸新幹線開通後の行方が気になります。

 

001_02
 2014/11/22 信越本線 黒姫←古間 

 

 この115系もかなりのお歳になってきました。今やローカル線の信越本線ますますローカルになりそうですね。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SL現役時代のアーカイブ(岩内線)

_20141117_8
 1972/3 岩内線 小沢駅 79618

 雪の小沢駅で入れ替えをする二つ目9600です。倶知安の9600は胆振線と岩内線用で1972年3月には5両配置されており、特徴ある二つ目9600として人気がありました。またこの79618と79616、79615は煙突の後ろに給水温め機を担ぐ重装備車として有名でした。

 この記事をアップしてから貴重なコメントをいただきまして、79616と19650は岩内線無煙化の後転属し、追分機関区での写真であることがわかりました。本当にコメントありがとうございました。40数年前の記憶は曖昧ですね。当時中学1生でしたけどメインのアルバムにはちゃんと撮影記録を残していたはずなのですが...なんとして実家の倉庫でアルバム探さないと?!

_20141117_13_01
 1974? 追分機関区? 79616

 倶知安の重装備の79616は無煙化後、旭川から追分に転属し、二つ目は無くなってました。

_20141117_16_01
 1974? 追分機関区? 79616

 このコテコテ感が好きでした。

_20141118_8
 1974? 追分機関区? 79616

 小さな動輪をせっせと回して9600は生きた罐という印象が強かったです。

_20141117_13_02
 1974 追分機関区? 19650

 一方この19650は二つ目でしたが給水温め機はなくすっきりしてました。この罐も追分に転属してました。

 1973年以降はSL全廃に向けて全検キレの罐を廃車して、全国的に車検が残る罐を融通しはじめたので、昔からの各機関区土着の罐が急速に入れ替わって行きます。最後に追分に残った9600も熊本や坂田から来た罐でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

(924)大谷川橋りょう(会津宮下→会津西方)

戻る

只見線 SL撮影ガイド

 会津宮下を出発するとコンクリートのアーチ橋で大谷川を渡ります。上の国道のアーチ橋、下の橋から等撮ることができます。

【秋】

621
 2014/11/6 

 国道からのぞき込むと予想外の美しい紅葉でした!なんとか水面も入り宮下の街並みも気になりません。

635
 2014/11/6 

 引くと宮下の街も入ります。

279
 2014/11/9 

 下の橋から撮ってみました。こちらはあまり紅葉は入りませんでした。

288_01
 2014/11/9 

 バックの国道のアーチが入ってしまいます。少し離れてとる場所もありそちらからだと紅葉が入ります。

294_01
 2014/11/9 

 橋の先の色づいた木立の中を行きます。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

SL現役時代のアーカイブ(函館本線その1)

_20141006_7ps_b
 1972 函館本線 塩谷 C622

 朝日を浴びてスワローエンジェルがやってきました。後にも先にもC62の唯一の走行写真ですが、この時聞いたジェット音だけは忘れられません!

_20141117_6
 1973/3 函館本線 小沢-銀山 D51943

 今は無き岩内線を下に見て小沢駅を発車します。

_20141117_7
 1973/3 函館本線 小沢-銀山 D51149

 こびりついた雪が厳しい運用を物語っています。

_20141117_9
 1973/3 函館本線 小沢-倶知安 D51662

 小沢のオーバークロスをくぐって倶知安峠に挑みます。当時は歩きでしたから駅から近いポイントしか行けませんでした。

_20141117_10
 1973/3 函館本線 小沢-倶知安 D51662

 斜面にへばりついて撮ったのでしょうね...

_20141117_17
 1972 函館本線 倶知安機関区? D5159

 切詰デフのナメクジは独特の雰囲気があって好きでした。

_20141117_15
 1972 函館本線 倶知安機関区? D5159

 当時は立ち入り禁止はありませんでした。

_20141117_15_02
 1972 函館本線 倶知安機関区? D51465

 このあたりは小樽築港の罐ですが倶知安機関区でしょうか?!

_20141117_15_01
 1972 函館本線 倶知安機関区? D51916

 ナンバープレートの位置でもだいぶ印象が変わりますね。

392
 2014/11/3 函館本線 倶知安機関区跡

 そして42年後、先日のSLニセコ撮影時に倶知安機関区を訪れました。線路はあまりないですが広い構内がかつてを偲ばせます。

393
 2014/11/3 函館本線 倶知安機関区跡

 この転車台は二度と使われることもないのでしょうか...

289
 2014/11/3 函館本線 倶知安駅 C11207

 いつの日かまた倶知安駅に罐が戻ってきてくれることを願います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

(923)早戸俯瞰(早戸→会津宮下)

戻る

只見線 SL撮影ガイド

 早戸の先には国道のスノーシェッドから只見川の岸辺を行く姿を俯瞰できる場所があります。スノーシェッドの間にPがあり、第三橋りょうより駐車は楽です。但し撮影ポイントは狭く駐車場より収容人数は少ないかもしれません。スノーシェッドの上から撮影する人もいるようです。アップにするか手前や奥をを入れるか構図に悩む場所です。

【秋】

251_01
 2014/11/9 

 只見川の岸は紅葉の盛期でした。

252_02
 2014/11/9 

 生憎の小雨模様でしたが、眼下の紅葉の岸辺を白煙をたなびかしていく列車は忘れられません。

267_01
 2014/11/9 

 長い白煙をたなびかせる姿がよかったです!

238
 2014/11/9 

 まずはDCで試し撮りです。編成には固執しないほうが良さそうですね。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

SL現役時代のアーカイブ(室蘭本線その3)

_20141117_3
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 沼の端の勇払原野には長大はセキが似合います。ここはカラーでも色彩が乏しかった場所です。岩見沢~追分の区間には僅かに勾配があったのですが、追分~室蘭まではほとんど勾配がなく、カーブすら少なく長大列車が単機で牽引可能でした。この区間でしか見ることが出来ないセキを50両ほど連ねた2500トンにもなる石炭貨物は壮観でした!

_20141117_4
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 セキは迫力ありました。

_20141113_18
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 千歳線のオーバークロスからです。ギーセルエジェクターの煙突の細さがよくわかります。

_20141113_11
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 ナメクジもクルクルパーをつけてるとアンバランスですね?!

_20141113_12
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 数少ないDCとの離合が撮れました。

_20141117
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 ナメクジ多かったですね。

_20141113_15
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 しかしもうちょっとなんとかうまく撮れなかったのでしょうか?!中学1年生しょうがないか...

_20141113_16
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 煙が出たり出なかったりしたようですね?!

_20141113_17
 1972/3 室蘭本線 遠浅-沼の端 D51

 現在は向こうに見える千歳線は電化され北斗星も走っています。このあたりはかなり樹木が茂り、勇払原野のイメージも変わったようですね。

_20141117_11_2
 1972/3 室蘭本線 追分駅 D511160

 最後のSL配置となった追分駅はSLのメッカでした。ラストナンバーの前番の1160号機の客車列車です。

_20141117_13
 1972/3 追分機関区? D51

 扇形庫にはD51が休んでいました。この扇形庫は後に保存予定機と共に火事で消失しました。

_20141117_15_03
 1972/3 追分機関区 D51711

 追分には20両ものD51がいました。

_20141117_12
 1972/3 追分駅? D5159 D51465

 駅構内にもD51がゴロゴロいました。

_20141117_14
 1972/3 追分駅 19673

 製造以来長年追分で入れ替えをしていた19673です。この当時は19671,19672,19673と並んだナンバーの3両の9600が配置されていましたが、彼らは最後までは残りませんでした。最後にこの追分に残った9600は直前に配置された外様でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

(922)中島橋りょう(会津水沼→早戸)

戻る

只見線 SL撮影ガイド 中島橋りょう 
587
 2014/11/6 


 下大牧の中島橋りょうは只見川の支流にかかる橋りょうですが、只見川を入れて撮ることができます。上の撮影場所は収容人数は少ないです。
 車は国道の駐車スペースに置けますが、道から上がると民家を通ることになりますので、旧道付近に駐車し橋りょう下の未舗装道から行くことをお勧めします。

【春】
 
Dsc_9861
 2016/3/5 

 このあたりまで来るとさすがに雪はあります。ここの景色は好きですが晴れないほうがいいですね。

【秋】

554_2
 2014/11/6 

 バックの山の紅葉が素晴らしかったです。縦位置横位置迷います?!

593_01
 2014/11/6 

 只見線の橋りょうは只見川だけでなく支流にかかる多くの橋りょうが魅力的です!

603
 2014/11/6 

 ここは上り勾配になります。

537_01
 2014/11/6 

 上から撮ると手前も撮ることが出来ます。

167
 2014/11/8 

 青空が美しいので下から撮ってみることにしました。179
 2014/11/8 

 しかし本番時には曇り空に...でもバックの紅葉の美しさで満足です!

187
 2014/11/8 

 手摺がちょっと邪魔ですが...

525
 2014/11/6 

 曇りの日はこんな構図も面白いですね。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

SL現役時代のアーカイブ(室蘭本線その2)

_20141113
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D5153

 

 C57の旅客列車の間にはD51の貨物列車が次々とやってきました。岩見沢、追分、鷲別の室蘭本線の機関区には計72両ものD51が配属されてました!また岩見沢にはナメクジのD51が7両もいました。

 

_20141113_13
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D5153

 

 この区間の貨物列車はセキよりも一般貨物が多かったです。

 

_20141113_7
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51566

 

 D51はC57に交じって旅客列車も牽いてました。

_20141113_2
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51+D51

 

 珍しく重連で客車列車を牽いて来ました。「物価値上げ反対!」当時がデフレだったらこんなに早くSLはなくならなかったのではないでしょうか?!

_20141113_3
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 ドレインをはいてD51が行きます。

_20141113_4
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 セキはとても長く石炭を満載した列車は相当なトン数です。

 

_20141113_20
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51+D51

 

 重連でセキを牽きます。

_20141113_8
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 追分のD51はこのギースルエジェクター装備が多かったです。

 

_20141113_6
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 ギースルエジェクターは10%燃費がよくなったそうです?!

_20141113_9
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 築堤の上を行くのでシルエットがよかったです。

_20141113_10
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 北海道には無蓋車のトラも多かったですね。丸太をよく積んでました。

_20141113_14
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 足跡はファンのものですね!

_20141113_20_01
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 今から考えると夢のようなシーンですね。

_20141113_21
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51+D51

 

 ダイヤにない回送を兼ねた重連もしょっちゅう来ました。

 

_20141113_5
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51

 

 しかしこの区間も1990年の下り線栗山トンネルの崩壊で、下り線が廃止になり、それ以降単線区間となっています。崩壊の状況を見ると列車が減り複線が不要になってあえて修復しなかったような気もしますね...

 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

(825)早戸国道オーバークロス(早戸→会津水沼)

戻る

只見線 SL撮影ガイド

 早戸駅を過ぎると只見川の支流の橋りょうを渡って国道のオーバークロスの下をくぐります。オーバークロスの上からは早戸駅を通過して橋りょうを渡るシーンを撮ることができます。車は駅付近かオーバークロスの下の道に置いてください。

【秋】

Dsc_2638_02 
 2015/10/31 

 昨年には及ばないものの紅葉の水辺の風景は素晴らしかったです。

Dsc_2643
 2015/10/31 

 今日は白黒の煙が多く満足です。

229_02
 2014/11/6 

 ここは晴れの日は逆光ですが紅葉の只見川を入れて撮ってみました。予想外の煙がカバーしてくれました!

235
 2014/11/6 

 このあたりが一番ポイントですね。

238
 2014/11/6 

 薄曇りの日が良さそうです。

202_01
 2014/11/9 

 橋りょう付近をオーバークロスの下の道から撮ってみました。

205
 2014/11/9 

 バックの紅葉が美しかったです。只見川を入れる構図も可能です。

【冬】

Dsc_6168
 2015/12/31 

 まだ薄暗い早戸駅を出発します。まずはちょっと暗めに
   
Dsc_6182
 2015/12/31 
 
 ここは早戸駅先のガーター橋がポイントになります。
  
Dsc_6191
 2015/12/31 
 
 ちょうど気動車2両分の長さです。
 
Dsc_6198
 2015/12/31 
 
 雪は少ないですが、冷たい冬の只見川の雰囲気は出ました。

192
 2014/2/1 

 カーブの途中に小さな橋りょうがあります。

205
 2014/2/1 

 ここがベストポジションでしょうか?! SLでも是非ここで撮りたくなりました。

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

SL現役時代のアーカイブ(室蘭本線その1)

_20141112
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 C5738

 

 当時の室蘭本線はDCもほとんど入ってなくて旅客はC57の客車列車が主力でした。ここのC57は貨物は牽かず旅客専門でした。最後のSL牽引の旅客列車になったのはご存知の通りです。室蘭本線は勾配もほとんどなく単調な複線でしたが、栗山―栗丘の間は僅かに起伏があり、上下線が少し離れたので変化があり好撮影地でした。

 

_20141112_2
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 C57104

 

 南の日豊線とこの室蘭本線はC57の活躍場所でした。

_20141112_7
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 C57

 

 シルエットもすっきりしてます。寒いのに客車のドアが開いてます?!

 

_20141112_9_01
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 C5738

 

 雪景色のシルエットはいいですね!

_20141112_11
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 D51+C57135

 

 珍しくナメクジD51との重連できました。最後の旅客列車牽引の135号機です。

_20141112_13
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 C5738

 

 複線をD51とC57が次々に走ってきます。

_20141112_14
 1973/1 室蘭本線 栗山―栗丘 C57144

 

 駅発車です。切詰デフで180号機とは少し表情が違いますね。

 

_20141112_3
 1972/3 室蘭本線 沼の端→遠浅 C57104

 

 もうひとつの撮影地が沼ノ端の千歳線のオーバークロスです。勇払原野のど真ん中に複線のオーバークロスがあって独特の風景でした。カーブしていく千歳線が見えます。撮影は千歳線のオーバクロスからです。

 

_20141112_5
 1972/3 室蘭本線 遠浅→沼の端 C57104

 

 当時は平らな原野の真ん中のオーバークロスは格好の撮影地でしたが、今は許されないでしょうね?!

 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

(824)古屋敷のSカーブ(郷戸→滝谷)

戻る

只見線 SL撮影ガイド 古屋敷のSカーブ

Dsc_3243
 2015/11/1 


 古屋敷の踏切から小道を郷戸方向に2、3分行くとSカーブがあります。晴れの日は踏切付近同様一部陰になるので撮りにくいです。ブラスト音も素晴らしい場所です。

【春】

Dsc_7749
 2017/5/20

 ここだけはどんなに暑くても裏切らないですね。

Dsc_7783
 2017/5/20

 藤を入れたかったのですが存在感が...

Dsc_7808
 2017/5/20

 太陽が強すぎです...

Dsc_7819
 2017/5/20

 大勢のファンの前得意げに走ります。

【秋】

Dsc_3195
 2015/11/1 

 ここで過去最高の煙でした。

Dsc_3226_2
 2015/11/1 

 痺れる煙でした

Dsc_3252
 2015/11/1 

 例年よりスピードを出して走り抜けて行きました。

157
 2014/11/6 

 白煙できましたがSカーブ曲がってくるあたりから黒煙になりました。

179_01
 2014/11/6 

 正面だけ日が当たります。

193_01
 2014/11/6 

 客車には日が当たりません。

194
 2014/11/6 

 この煙がたまりません!

107_02
 2014/11/9 

 曇りだったので試運転のリベンジです。Sカーブに顔を出しました。
 

142
 2014/11/9 

 Sカーブを来ます。そろそろ...

171
 2014/11/9 

 あれぇ?!この日は黒鉛になりませんでした。ファンは少し残念そうな顔です...曇りで陰にならないのでいいですが!

178_01
 2014/11/9 

 ここは景色より煙を撮る場所ですからね?

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

SL現役時代のアーカイブ(千歳線)

_20141105
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 D51+D51

 千歳線は上野幌と西の里信号場の間に14‰の峠があり、この区間ではほとんどの貨物が重連か後補機がついてました。室蘭本線は平らで貨物はすべてD51でしたけど、千歳線は起伏があり、C57、C58といった旅客機も貨物列車を牽いたり補機に使われていました。一方旅客列車はありませんでした。しかし1973年にはこの区間は新線になり同時にDLに置き換わってしまいました。今考えるとD51にC57、C58の補機が入り乱れていたのは全国でもここぐらいでしたね?!

_20141105_3
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 D51

 D51なめくじはサイドが美しいです。

_20141105_6
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 D51+9600

 D51の後ろに回送の9600がついてました。テンダーを入れ替え用に削り取ったタイプですね。

_20141105_5
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 D51+C57

 D51に交じってC57、C58が入り乱れ、重連、後補機と今考えると夢のようなシーンですね!

_20141105_4
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 C58+D51

 C58の前補機です。

_20141105_5_01
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 C57+D51

 C57の前補機です。朝一番でした。

_20141105_7_01
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 D51+D51

 次々に重連がやってきます。中学1年生、日の丸しか撮れなかったですね...

_20141105_8
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 D51(後補機)

 後補機の運用もありました。

_20141105_7
 1972/12 千歳線 西の里(信)-上野幌 D51

 ナメクジの襟元?は美しいです。

_20141111_4
 1972/12 千歳線 植苗-沼ノ端 D51

 もうひとつの撮影ポイントは沼ノ端の室蘭本線とのオーバークロスです。

_20141111_3
 1972/12 千歳線 植苗-沼ノ端 D51

 この区間は補機はありませんでしたが、荒涼とした風景がよかったです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

(823)春日神社(根岸→新鶴)

戻る

只見線 SL撮影ガイド

 新鶴駅の手前では田園地帯の中に佐賀瀬川を渡るために築堤があり、上り下り共にちょっと勾配になっています。築堤の西側には好ましい雰囲気の春日神社があり、境内のいろんなものを絡めて撮ることができます。特に秋のもみじの紅葉は美しいです。

 神聖な場所で神社の守人もいらっしゃいますので挨拶はしたいものです。

【秋】

Dsc_2467_01
 2015/10/31 

 到着した時は日も差していたのですが、残念ながら曇り模様になってしまい、鳥居を諦め楓の紅葉で撮りました。

Dsc_3053
 2015/11/1 根岸→新鶴 春日神社 

 今日は鳥居を入れて皆さん並んで撮りました。

036_2
 2014/11/9 

 もみじの下から撮ってみました。何百年も大切に守られてきた田園の神社の森です。

037_01
 2014/11/9 

 太陽が出てると列車の上にまともに入り、逆光になります。

041
 2014/11/9 

 下から撮るとバックには何も入りません。

002
 2014/11/9 

 まずはDCで試し撮りです。試し撮りしないと大きさを比較するものがないので構図を決めにくいですね!

328
 2014/11/8 

 境内がすべて被写体になる神社です。鳥居の間からも撮れます。

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

SL只見線紅葉号(2014/11/9上り)

 上りの頃には小雨模様になり、予定していた第三や滝谷橋りょうを中止し、接近して撮れる場所を狙ってみました。


今日の一枚

252_02
 2014/11/9 早戸→会津宮下 早戸俯瞰

 生憎の小雨模様でしたが、眼下の紅葉の岸辺を白煙をたなびかしていく列車は忘れられません。


251
 2014/11/9 早戸→会津宮下 早戸俯瞰

 上りのスタートは以前から気になったいた早戸俯瞰に入りました。只見川の岸は紅葉の盛期でした。

267_01
 2014/11/9 早戸→会津宮下 早戸俯瞰

 長い白煙をたなびかせる姿がよかったです!

279
 2014/11/9 会津宮下→会津西方 大谷川橋りょう

 大谷川橋りょうは先日は上から撮ったので今日は下から撮ってみました。

294_01
 2014/11/9 会津宮下→会津西方 大谷川橋りょう

 色づいた木立の中を行きます。

357
 2014/11/9 郷戸→会津柳津 堂林

 堂林で待ちましたがなかなか列車がやって来ません。古屋敷の手前あたりで空転して遅れていました。

380
 2014/11/9 会津坂本→塔寺 会津坂本駅先

 いつもはギラリを狙うのですが生憎の天気なので反対側で流してみました。

398
 2014/11/9 会津坂本→塔寺 会津坂本駅先

 紅葉で流したかったですね...

436
 2014/11/9 会津坂本→塔寺 林道オーバークロス

 坂本先で撮ってから坂下に向かったのですが様子が変です!とっくに通過しているのはずの列車をオーバークロスではファンがまだ待ち構えています。どうやら大沢あたりで空転してストップしてしまったようです。十五分ほど遅れて第一花笠トンネルから息も絶え絶えなドラフト音がしてきて、ようやくからトンネル出てきました。

443
 2014/11/9 会津坂本→塔寺 林道オーバークロス

 いつもと違う飛出しです。煙は出ていないのですが列車にまとわりついています。

459
 2014/11/9 会津坂本→塔寺 林道オーバークロス

 客車がすごいことになってます!トンネルの中乗客は大丈夫だったのでしょうか?!

473
 2014/11/9 会津坂本→塔寺 林道オーバークロス

 まとわりついた煙が心霊写真のようです!しかしここからは下り勾配で急に元気になって走って行きました!客車の窓が開いてますがまさかトンネルの中では??

501
 2014/11/9 新鶴→根岸 春日神社

 20分ほど遅れて会津坂下に着き、かなり暗くなりましたが、締めは朝撮った春日神社にまた来ました。C11は何事もなかったように軽快に走ってきました。

515
 2014/11/9 新鶴→根岸 春日神社

 今年のSL只見線紅葉号のラストシーンになりました。いろんな噂もありますが、来年もきっと只見の地に戻ってきてくれることを祈って別れとなりました!

 上りは生憎の天気で、SLも空転続きで大変なことになりました。しかし雨の日は雨の日に向いた場所もあり、今回の只見線は美しい紅葉でとても満足した撮影でした!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

SL只見線紅葉号(2014/11/9下り)

 今日は天気も下り坂ですが霧はなかったのでようやく会津盆地で撮影することができました。田園地帯も撮りたいポイントが沢山あります。


今日の一枚

036_2
 2014/11/9 根岸→新鶴 春日神社

 下りのスタートは春日神社のもみじです。何百年も大切に守られてきた田園の神社の森です。


068
 2014/11/9 会津坂下→塔寺 杉第二踏切

 坂下を発車してよい煙でやってきました。柿の木で撮ったつもりですがインパクトが弱くて...

094
 2014/11/9 会津坂下→塔寺 杉第二踏切

 煙は漠々でした。

142
 2014/11/9 郷戸→滝谷 古屋敷のSカーブ

 試運転のリベンジで行きましたが白煙でした...

171
 2014/11/9 郷戸→滝谷 古屋敷のSカーブ

 煙を撮る場所なのでちょっと不満ですが贅沢は...

202_01
 2014/11/9 早戸→会津水沼 早戸の橋りょう

 早戸駅先はバックの紅葉が綺麗でした。

224_01
 2014/11/9 早戸→会津水沼 中島橋りょう

 早戸の先は車が渋滞気味でギブアップ!紅葉の綺麗な中島橋りょうで撮ってみましたが...

 今日は天気が下り坂なのでお立ち台の橋りょうは中止です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

SL只見線紅葉号(2014/11/8上り)

 上りの頃には残念ながら青空は消えてしまいましたが、秋の穏やかな日を満喫できました。


今日の一枚

220
 2014/11/8 会津西方→桧原 第一只見川橋りょう

 上りも第一橋りょうの船着場に来ました。なんとか水鏡も写り満足の1枚になりました。


167
 2014/11/8 会津水沼→早戸 中島橋りょう

 上りのスタートは先日上から撮った中島橋りょうを下から撮ってみることにしました。到着時には青空が美しかったのですが...

187
 2014/11/8 会津水沼→早戸 中島橋りょう

 残念ながら本番時には曇り空に...しかしバックの紅葉の美しさで満足です!

219
 2014/11/8 会津西方→桧原 第一只見川橋りょう

 上りは下りの逆側の船着場から撮ってみました。

265
 2014/11/8 会津柳津→会津坂本 会津坂本駅手前

 坂本駅手前では平和な田園風景がよかったです。

287
 2014/11/8 会津柳津→会津坂本 会津坂本駅手前

 綺麗な白煙で来ました。

294
 2014/11/8 会津柳津→会津坂本 会津坂本駅手前

 七折峠まで勾配が続きます。

332_01
 2014/11/8 西会津→七日町 西会津駅発車

 西会津駅発車は素晴らしい煙だったのですが、目の前で消えいきました...終点会津若松までもう少しです!

 上りもなんといっても第一橋りょうの美しさで満足です。明日は残る第三橋りょうと滝谷橋りょうを撮りたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL只見線紅葉号(2014/11/8下り)

 今日も会津盆地は濃霧でパスでした。SL只見線紅葉号の本番は只見川第一橋りょうからスタートしました。紅葉も末期になってきましたがどうでしょうか?!


今日の一枚

052_02
 2014/11/8 会津桧原→会津西方 第一只見川橋りょう

 お立ち台は太陽、紅葉、煙、水鏡と役者が揃いました!


046_01
 2014/11/8 会津桧原→会津西方 第一只見川橋りょう

 第一橋りょうは紅葉の盛期でした。お立ち台の上部まで行きました。

075
 2014/11/8 会津西方→会津宮下 第二只見川橋りょう

 第二橋りょうも撮れます。

113_01_2
 2014/11/8 早戸→会津水沼 めがね橋

 めがね橋も素晴らしい紅葉でした。

139_01
 2014/11/8 会津水沼→会津中川 第四只見川橋りょう

 第四は構図がちょっと苦しかったです...

159
 2014/11/8 会津水沼→会津中川 中川

 締めは中川の田園です。スハフ32いいですね。まるで現役時代のようです。

 やはり第一橋りょうはさすがのお立ち台です。ファンの数も多かったですがそれだけの理由がありますね。めがね橋も紅葉が素晴らしく秋の只見を満喫できました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

会津若松駅(2014/11/6)

 SL只見線紅葉号が運転される日、会津若松駅の16時半からの1時間はとても面白い時間帯です。ホームは照明が明るいので手軽に夜景を楽しむことができます。

748
 2014/11/6 会津若松駅 16::36

 3番線ホームの新津行は急行色でした。これが出発すると間もなくSL只見線紅葉号が入線です。

763
 2014/11/6 会津若松駅 16:48

 SL只見線紅葉号が3番ホームに到着です。まだ空には光が残ってます。お隣の4番線は会津川口行きです。

784
 2014/11/6 会津若松駅 16:54

 間もなく1番線にあいづライナーが到着です。今回は国鉄色485系が代走しています。

815
 2014/11/6 会津若松駅

 雨模様になりましたが、今年は国鉄色あいづライナーとの並びが実現しました!実は今日はこのシーンが一番撮りたかったのです。

809
 2014/11/6 会津若松駅 17:02

 空も真っ暗になってきました。4番線の会津川口行きが出発して編成が撮れるようになります。

812
 2014/11/6 会津若松駅 17:02

 2番線に喜多方行きが入線です。

818
 2014/11/6 会津若松駅 17:05

 シャッター速度を1秒ぐらいにすると蒸気が流れて面白いです。

826
 2014/11/6 会津若松駅 17:10

 バックで七日町方面に引き上げます。その後留置線に入ります。

 夜の会津若松駅も楽しいですよ。特に今年の国鉄色あいづライナーとの出会いは貴重です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ











| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL只見線紅葉号(2014/11/6上り)

 上りの頃になると雲りになりどんどん暗くなってしまいました。下りのような光線の失敗はなくなりますがヘッドマーク無しを生かせることができるでしょうか?!


今日の一枚

587
 2014/11/6 会津水沼→早戸 中島橋りょう

 元気に橋りょうを来ました!ここはバックの山の紅葉がとても美しかったです!


537
 2014/11/6 会津水沼→早戸 下大牧の橋りょう

 上りのスタートは下大牧の橋りょうで待ちました。曇りになってかなり暗くなりISO1000になりましたがなんとか紅葉の色は出ました。

593_01
 2014/11/6 会津水沼→早戸 下大牧の橋りょう

 只見線の橋りょうは只見川だけでなく支流にかかる多くの橋りょうが魅力的です!

635
 2014/11/6 会津宮下→会津西方 大谷川橋りょう

 国道からのぞき込むと予想外の美しい紅葉でした!なんとか水面も入り宮下の街並みも気になりません。

653
 2014/11/6 郷戸→会津柳津 堂林

 堂林では橋りょうを見上げてみました。

687_01
 2014/11/6 会津坂本→塔寺 大沢踏切

 大沢踏切では以前から気になっていたトンネルの上から撮ってみました。

718
 2014/11/6 会津坂下→若宮 会津坂下駅発車

 会津坂下ではかなり暗くなりましたが、よい煙で発車していきました。

815
 2014/11/6 会津若松駅

 雨模様になりましたが、今年は国鉄色あいづライナーとの並びが実現しました!実は今日はこのシーンが一番撮りたかったのです。

 上りはかなり暗かったですが予想以上に紅葉の良いシーンが撮れて、下りのリベンジができました!週末の本番運転に先駆けてヘッドマーク無しが生きるシーンを堪能できました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ





| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

SL只見線紅葉号(2014/11/6下り)

 只見線の試運転(招待列車)に日帰りで行ってきました。朝五時に家を出て会津盆地に入ると恒例の濃霧です。毎年列車がくる頃には晴れるのですが、今日は会津坂下付近では列車到着10分前でも濃霧だったので、田園地帯を諦め、林道オーバークロスに向かいました。今日はヘッドマークがないので橋りょうの風景よりも勾配区間のアップを狙います。


今日の一枚

193_01
 2014/11/6 郷戸→滝谷 古屋敷のSカーブ

 この煙がたまりません!ニセコの迫力とまた違った味です。


009
 2014/11/6 塔寺→会津坂本 林道オーバークロス

 オーバークロスの下でSカーブを撮ってみました。素晴らしいブラスト音で来たのですが...

107
 2014/11/6 塔寺→会津坂本 林道オーバークロス

 ここは晴れの日撮ってはいけないの忘れてました!日向と日影がまだらになって...ブラスト音は素晴らしいのですが白煙でした。

179_01
 2014/11/6 郷戸→滝谷 古屋敷のSカーブ

 ここは素晴らしい煙とブラスト音を堪能できました!

229_02
 2014/11/6 早戸→会津水沼 早戸国道オーバークロス

 ここは逆光ですが紅葉の只見川を入れて撮ってみました。予想外の煙がカバーしてくれました!

258
 2014/11/6 会津水沼→会津中川 第四只見川橋りょう

 四橋は紅葉と水鏡が美しかったです。

268
 2014/11/6 会津水沼→会津中川 第四只見川橋りょう

 この付近は紅葉の盛期でした。

313
 2014/11/6 会津中川→会津川口 上井草橋

 ここは相変わらず水量が少なくて護岸が...

338
 2014/11/6 会津川口駅

 客車を切り離してこれから転車台に向かいます。

391
 2014/11/6 会津川口駅

 大勢のファンが見守る転車台に到着。

434
 2014/11/6 会津川口駅

 ぐるりと回ってファッションショーのようです?!

483
 2014/11/6 会津川口駅

 方向転換を終え、客車へ向かいます。

 今日の上りは霧と晴天で大失敗の巻きでした。下りでリベンジです?!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ













| | コメント (2) | トラックバック (0)

SL現役時代のアーカイブ(幌内線)

_20141028_23
 1975/3 幌内線 幌内駅 59609

 

 幌内線は岩見沢から幾春別ですが、途中の三笠から幌内の間に貨物支線がありました。1882年に北海道はじめての鉄道として幌内から手宮(小樽)まで石炭輸送をはじめた歴史ある線でした。日本一の規模であった幌内炭鉱も1987年の幌内線廃止を追って閉山しました。

 

 岩見沢から幾春別はD51が入っていましたが、幌内への支線は9600でした。三笠から一時間ほどかけてこの幌内炭鉱まで歩いたのを覚えています。

 

_20141028_24_01
 1975/3 幌内線 三笠→幌内 59609

 

 三笠からの途中には25‰の勾配があり、9600は止まるような速度で登ってきました。高く上る煙がその速度をあらわしています。

_20141028_13
 1975/3 幌内線 三笠→幌内 59609

 

 炭山(ヤマ)の9600が大好きでした。

 

_20141028_24_02
 1975/3 幌内線 幌内駅 59609

 

 三笠から幌内は2kmちょっとですがちゃんと転車台で方向転換していました。北海道のローカル線はほとんどバック運転はなかったと思います。テンダー機の雪の中のバック運転は難しいのでしょう。セキに満杯に積まれた石炭が当時の活況を示していますね。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

SL現役時代のアーカイブ(真谷地鉄道)

_20141028_3_2
 1975/3 真谷地鉄道 沼ノ沢 24号

 北海道炭礦汽船真谷地炭鉱専用鉄道、略して北炭真谷地鉄道は沼ノ沢から真谷地までの4kmあまりの鉄道で、当時は夕張鉄道からきた9600の22、24号がいました。その昔は4110や8100もいましたが、確か転車台はないので片道はバック運転でした。沼の沢で国鉄のD51にセキを渡します。

_20141104_2_2
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地

 北炭真谷地炭鉱では採掘した石炭を坑口から選鉱場までのトロッコ軌道で運んでいました。

_20141104_2_01
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地

 真谷地にあった機関庫です。中に22号が眠ってました。右手で雪に埋もれているのは以前旅客をやっていた頃の客車です!私鉄にはこういった遺物があちこちにありました。

_20141104_3
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地

 夕張新鉱からきたDL。入れ替えが主であったが無線操縦もできたらしいです。

_20141104_3_01
 1975/3 真谷地鉄道 沼ノ沢 

 国鉄との接続駅です。ホームにキハ22が見えます。貨車はセキとトラです。

_20141104_4
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地 22号

 DLの導入でこの年に廃車になった22号です。22の上に夕張鉄道の丸いマークを剥がした跡があります。

_20141104_4_01
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地 24号

 24号が頑張って貨物を牽いていました。

_20141104_5
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地

 五角形のマークが北炭の印です。炭山のホッパーが好きでした。炭山をウロウロする高校1年生怪しかったでしょう...

_20141104_6
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地 24号

 夕張鉄道から来た24号はあまり特徴のない一般的な9600でした。

_20141104
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地

 石炭産業は政府からも見放されました。「我々の手でやまを守ろう」というスローガンが印象的です。真谷地炭鉱は夕張で最後まで残りましたが1987年に閉山されました。.

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

SL現役時代のアーカイブ(大夕張鉄道)

_20141028_6
 1973/3 大夕張鉄道 南大夕張駅

 大夕張鉄道には国鉄払い下げの9600が数両いて、ダルマストーブの客車の混合列車も牽いていました。早期に私鉄に払い下げられた9600はオリジナルに近く晩年の国鉄の9600に比べすっきりしていますが、デフやテンダー等いろんな形態があって、同じ格好の罐はいなかったです。

_20141028_8
 1973/3 大夕張鉄道 大夕張炭山駅

 炭山鉄道に来ると必ず終点の炭鉱まで来て、ホッパーとかを見るのが好きでした。当時炭鉱をウロウロする中学生に皆さんとても優しくしてくれました。

_20141028
 1973/3 大夕張鉄道 大夕張炭山駅

 大夕張炭山駅の転車台です。

_20141028_7
 1973/3 大夕張鉄道 大夕張炭山駅

 庫の中には何両も9600がいました。

_20141111_2
 1973/3 大夕張鉄道 清水沢駅?

 大夕張鉄道の9600は煙室扉のハンドルが立派でした!

 大夕張鉄道ではシューパロ湖とかでも混合列車を撮っているはずなのですが、残念ながら走行写真が残っていませんでした。この大夕張鉄道も現在私が勤める会社のルーツです。当時はそんなことになるとは夢にも思いませんでしたが...

 この大夕張鉄道は終期はDLがセキを牽いていました。石炭はいくらでもあるのだからあえてDLを何故導入したのでしょうね??

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

(番外編)SLニセコ(2014/11/3上り)

 いよいよSLニセコ、二つ目C11の最終日となりました。しかし天気は生憎の荒れ模様で昨日よりも10度も気温が低く昼からは雪マークです。函館本線山線の有終の美を飾ることができるでしょうか...昨日は煙の出るお立ち台を狙ったので今日は好みの場所で撮ってみます。


今日の一枚

216
 2014/11/3 ニセコ→昆布 尻別川橋りょう

 昨日はバックで撮った場所ですが、煙のシーンをどうしても撮りたくて今日は下りで撮ってみました。煙はもう一つでしたが北海道らしいシーンに満足です!


042
 2014/11/3 塩谷→蘭島 桃内トンネル飛出し

 朝早く小樽を出て銀山までロケハンしましたが、強風で霰が降ったり荒れ模様の天気なのでトンネル飛出しを狙ってみました。しかし飛出しの迫力はなくちょっと出てからの写真になりました。

057
 2014/11/3 塩谷→蘭島 桃内トンネル飛出し

 このあたりはまだ紅葉も残っていました。もう少し煙があれば...

087
 2014/11/3 仁木→然別 余市川橋りょう

 工事中の月見橋から撮ってみましたが山は霞み煙が...

121
 2014/11/3 然別→銀山 然別駅通過

 オーバークロスから然別駅通過を撮りましたが、白煙とドレインで全部隠れました!

131
 2014/11/3 小沢→倶知安 ワイス温泉

 本日唯一の勾配区間です。霰もやんでSカーブに顔を出したときは奇跡的に太陽が出ました!

154_01
 2014/11/3 小沢→倶知安 ワイス温泉

 大勢のファンが待ち受ける中、Sカーブを素晴らしい煙でやってきました!

162_02
 2014/11/3 小沢→倶知安 ワイス温泉

 二つ目のC11といえば日高本線の牧場ののんびりイメージだったのですが、函館本線山線のSカーブを走らせるとこんな迫力になるのですね?!

173_01
 2014/11/3 小沢→倶知安 ワイス温泉

 手前は煙が暴れました!

181_01
 2014/11/3 小沢→倶知安 ワイス温泉

 奇跡の太陽といい今日はこのシーンだけで満足です!

233
 2014/11/3 昆布→ニセコ 尻別川橋りょう

 返しはもうひとつの尻別川橋りょうで撮りました。まずはDE15も一枚。

242
 2014/11/3 昆布→ニセコ 尻別川橋りょう

 返しのぶらさがりです。こちらの尻別川橋りょうも北海道らしい風景です。

264
 2014/11/3 昆布→ニセコ 尻別川橋りょう

 こちらの尻別川橋りょうはカーブしてます。最後の走行シーンとなりました。

289
 2014/11/3 倶知安駅

 今日は下りは撮らずに帰るので最後に倶知安駅で撮ってみました。

299
 2014/11/3 倶知安駅

 踏切で撮ると地面が面白いですね。濡れた地面で水鏡にスポークが映りました!急に晴れ間が出ました。

388
 2014/11/3 倶知安駅

 倶知安駅に3本も列車が並ぶ日はまたくるのでしょうか?

379
 2014/11/3 倶知安駅

 バック運転用も重装備ですね。

372
 2014/11/3 倶知安駅

 さていろんな噂もありますがこの二つ目C11207の運命はいずこに?!いつか再び北の大地で走ってくれることを祈って!

 今回のSLニセコは当初遠征の予定はなかったのですが、初めてにして最後のシーンを収めることができて本当に良かったです。今回の遠征にご尽力してくださったNさんに朝里温泉の夢を進呈いたします!またいろんな情報をくださったFさんありがとうございました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL現役時代のアーカイブ(夕張鉄道)

_20141028_2
 1975/3/21 夕張鉄道 新二岐ー錦沢 25+26

 私はさよなら列車の写真はほとんど撮っていないのですが、唯一撮った夕張鉄道のさよなら列車です。「国鉄時代」に同じ日に同じ場所で撮った写真がありました。N様お隣にいらっしゃったのですね。私も当時どうやってこのさよなら列車の情報を仕入れたのか覚えていません。普段はDLか後補機であった貨物列車が飾り気も無く重連になって、私的には素晴らしいさよなら列車でした。

_20141028_22
 1975/3/21 夕張鉄道 新二岐ー錦沢 25+26

 夕張鉄道は野幌から新夕張までスイッチバックを含む50km以上の長い線区を持ち、夕張から札幌へ行くのには国鉄よりはるかに距離が短く速かったので旅客列車も多かったのですが、バス化と炭鉱の閉鎖で1974年に旅客列車を廃止し、この3月末で廃止になりました。

 鹿の谷の機関区にはこの9600型に加えて、8620の上回りに9600の下まわりを組み合わせたような自社発注の11~14号機がいてカメラにおさめているのですが、残念ながら写真が残っていません。

 今日はSLニセコの最終列車ですが、私的にはさよなら列車も普段の姿で走ってほしいと思います。いつかまた走ってくれるという願いを込めて...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

(番外編)SLニセコ(2014/11/2下り上り)

 最後のSLニセコ、二つ目C11と聞いて、いてもたってもいれなくなり、現役以来はじめてSL撮影を目的に北海道に来ました。4時に埼玉の家を出て千歳でレンタカーを借りてなんとか5分前にオタモイ峠に着きました。途中かなりの雨もありましたが、オタモイ峠では紅葉も終期ですが雨も上がり感動のシーンでした。


今日の一枚

193
 2014/11/2 小沢→倶知安 国道オーバークロス

 一番のお立ち台の200kmポストですが私にとっては新鮮な場所でした。C11ってローカル線をトコトコ走るイメージしかなかったのですが...


043
 2014/11/2 小樽→塩谷 オタモイ峠

 小樽の市街地のはずれとは思えない景色と勾配のオタモイ峠です。

061
 2014/11/2 小樽→塩谷 オタモイ峠

 二つ目のC11は昨日アップした日高本線以来ですからほぼ40年ぶりになります。

064
 2014/11/2 小樽→塩谷 オタモイ峠

 いやぁC11も本線を走ると迫力ありますね!

131
 2014/11/2 然別→銀山 国道オーバークロス

 ここは霧と雨で少し残念な写真になってしまいました。

148
 2014/11/2 然別→銀山 国道オーバークロス

 ちょっとバックの色彩が悪いのでもうちょっと煙が欲しかったです。

165
 2014/11/2 小沢→倶知安 国道オーバークロス

 雨も少し小降りになり素晴らしい迫力でカーブを曲がってきました。

184
 2014/11/2 小沢→倶知安 国道オーバークロス

 紅葉が終わってしまったのが残念ですがカラマツが色を添えてくれました。

221
 2014/11/2 倶知安→比羅夫 カラマツのポイント

 紅葉したカラマツが並んでいかにも北海道らしいシーンでした。

299
 2014/11/2 ニセコ→昆布 南西橋

 ここはクマザサのシーンでいかにも北海道らしいですね。


337
 2014/11/2 昆布→ニセコ 尻別川橋りょう

 蘭越からの帰りは尻別川橋りょうでバックを撮ってみました。バックに羊蹄山が見えなくても白樺の森が北海道らしくて気に入りました。ここで煙のあるシーンを撮りたいです!

345
 2014/11/2 倶知安→比羅夫 サンモリッツ大橋

 ニセコへの回送の時間にはかなり暗くなっていました。羊蹄山は裾のだけです。

385
 2014/11/2 比羅夫→倶知安 サンモリッツ大橋

 相当暗いので紅葉の終わった風景を入れてみました。

457_01
 2014/11/2 倶知安→小沢 北四線踏切

 締めは羊蹄山をバックにするお立ち台の北四線踏切ですが、ISO3200でようやくでした。暗くて羊蹄山も雲をかぶってますが、北の大地の雰囲気はありました!

 天気が心配でしたがなんとか小雨で済んで、お立ち台を撮ることができました。Nさん運転ありがとうございます。今頃思い出の朝里温泉ですかね?!やはり北海道はスケールが違いますね!私にとっては山線明日で終わりでよかったです?!きっと北海道通いがはじまってしまいますから...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL現役時代のアーカイブ(日高本線)

_20141030
 1972/12 日高本線 春立→日高東別 C11209

 日高本線には二つ目のC11が走ってました。当時苫小牧には8両のC11がいて、今話題のC11207も配置されていました。牧場の馬とのコラボを撮ったはずですが写真が残っていません...

281
 2013/10/27 函館本線 小沢→倶知安 SLニセコ

 昨年北海道に行った時に現役以来はじめて北海道で撮ったSLです。40年振りに訪れてあの函館本線がローカル線化していて驚きました...私にとって函館本線のこの区間にC11はないのですが...

 山線のSLも泣いても笑ってもこの週末で最後になりました。雨模様の天気ですがやはり最後に行くしかないですね!これから始発の飛行機でニセコ行ってきます?!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

SL現役時代のアーカイブ(夕張線)

_20141028_9
 1975/3 夕張線 紅葉山→沼ノ沢 D51320

 夕張線はD51の牽く貨物列車みでしたが沿線の景色や勾配は室蘭本線に勝り、私は好きな線区でした。この紅葉山の駅を発車するD51は気に入った写真でした。現在は新夕張駅となり当時の駅はなくなりました。そして夕張線の沿線には炭山を結ぶ私鉄が幾つかあり、私にとっては魅力的な地域でした。

_20141028_26
 1975/3 夕張線 川端駅 D51767 D51345 

 川端駅でのD51の牽く貨物列車の交換風景です。

_20141028_12
 1975/3 夕張線 竜仙峡 D51

 夕張川に沿って走ります。

_20141028_10
 1975/3 夕張線 竜仙峡 D514

 このあたりは絶景でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »