« ばんえつ物語(2016/5/15下り) | トップページ | (特集)シャク(ヤマニンジン)を撮る »

2016年5月17日 (火)

(227)馬下俯瞰(猿和田→馬下→咲花)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 馬下俯瞰
 
Dsc_4739
 2016/5/15 猿和田→馬下  


 磐越道宝珠トンネル上の鉄塔より宝珠山登山道を登ったポイントからは馬下の水田地帯の前後、猿和田国道オーバークロスから咲花駅までを俯瞰することが出来ます。途中馬下側だけを俯瞰できるポイントもあります。はじめの鉄塔までの道はかなり急勾配なので、手持ちの荷物はやめたほうが無難です。上のポイントまで約30分、下りは10分で降りれます。馬下の水田に水が入った時期に狙いたいポイントです。200~500mm程度の望遠が欲しいです。上のポイントは風の通り道であり、土が削られるほど風の強いところなので要注意です。途中のポイントは5人、上のポイントは10名程は入れます。

【春】

○ロケハン

Dsc_4597
 2016/5/15 猿和田→馬下  
 
 まずは鉄塔付近の俯瞰ポイントです。ここからは木の間からになるので馬下駅から猿和田国道オーバークロスの間しか撮れません。しかし阿賀野川の護岸が綺麗です。
 
20160515091905
 2016/5/15 猿和田→馬下→咲花  
 
 上の俯瞰ポイントからです。スマホの写真ですが馬下の水田から保養所あたりまでです。

Dsc_4610
 2016/5/15 猿和田→馬下  
 
 猿和田国道オーバクロスから馬下駅までです。水田が美しい区間です。
 
Dsc_4611
 2016/5/15 馬下駅  
 
 馬下駅周辺はあまり撮影できません。

Dsc_4605
 2016/5/15 馬下→咲花  
 
 馬下駅を出て阿賀野川沿いに陣ケ峰トンネルまで俯瞰できます。途中の高圧線と保養所が気になります。
 
Dsc_4613
 2016/5/15 馬下→咲花  
 
 陣ケ峰トンネルを出て咲花のSカーブあたりです。このあたりは後追いになります。砕石場が気になります。

Dsc_4612
 2016/5/15 咲花駅  
 
 右手前に咲花駅に入る築堤が見えます。

Dsc_4616
 2016/5/15 駐車スペース  
 
 上の俯瞰ポイントから見た駐車スペースと歩き出したファンです。高速のトンネル入口へ上がる道になります。

○本番
 
Dsc_4647
 2016/5/15 猿和田→馬下  
 
 小山田踏切付近を行くDCです。

Dsc_4666
 2016/5/15 馬下→猿和田  
 
 馬下踏切付近を行くDCです。

Dsc_4709_01
 2016/5/15 猿和田→馬下 
 
 
 実はこの時は誰もいなくて、先行のDCが遅れたので油断していたらここまで来ていました(-_-;)
 
Dsc_4711
 2016/5/15 猿和田→馬下  
 
 強風で煙が手前に倒れてしまったのが残念です。  

Dsc_4723
 2016/5/15 猿和田→馬下  
 
 奥の変電所と手前の社宅は気になります。

Dsc_4720_01
 2016/5/15 猿和田→馬下  
 
 水の入った水田もいろんな色彩があります?! 

Dsc_4770
 2016/5/15 馬下→咲花  
 
 馬下駅を過ぎ保養所の下を走ります。

Dsc_4787
 2016/5/15 馬下→咲花  
 
 葭ヶ沢トンネルに入っていきます。
 
Dsc_4793
 2016/5/15 馬下→咲花  
 
 陣ケ峰トンネルを出てきました。
 
Dsc_4807
 2016/5/15 馬下→咲花  
 
 咲花のS字まで撮ることができます。

【秋】

Dsc_4530_02
 2016/9/10 
 
 
黄金の景色で馬下俯瞰に挑戦しましたが、既に稲刈りの終わった田んぼも...スカスカで来てようやくここで煙が出始めました。

Dsc_4544
 2016/9/10 
 
 
ギラリの時は上のソーラーパネルが輝きます... 

Dsc_4563_01
 2016/9/10 
 
 
馬下踏切を通過しこの後煙が...
 
 くれぐれも急勾配の足元とクマに注意してください!

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村 
 

|

« ばんえつ物語(2016/5/15下り) | トップページ | (特集)シャク(ヤマニンジン)を撮る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (227)馬下俯瞰(猿和田→馬下→咲花):

« ばんえつ物語(2016/5/15下り) | トップページ | (特集)シャク(ヤマニンジン)を撮る »