« ばんえつ物語の1年(2016年9月上り) | トップページ | (特集)水鏡を撮る(河川編)(2016年版) »

2016年9月28日 (水)

(特集)水鏡を撮る(水田編)(2016年版)

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 水鏡を撮る(水田編)
 
Dsc_0419
 2014/5/18 新関駅先 


  水田の水鏡の条件は当然線路際に水田があることで、沿線では新潟の新関~馬下、会津の舘の原、喜多方~会津若松と両端の田園地帯が中心になります。線路と水田の間に道があると離れてしまうので意外にポイントは限られます。
 田植え前の四月下旬から田植え後苗が大きくなる6月上旬ぐらいの間が水鏡のシーズンですが、風があったり、水田の水が少なかったすることもあり、チャンスはそんなにありません。
 やはり煙が大きく写る姿を撮りたいもので夕陽やギラリの条件が揃って成功した時の感動はひとしおです!

○能代川橋りょう~新関駅

 新関駅手前には線路の脇に水田があり、特に下りは太陽を入れたシルエットの水鏡が実現する貴重な場所です。(但し2015年から半分枝豆畑になってしまいました) 
 
025_2
 2015/5/24 東新津→新関 新関進入

Dsc_6165
 2015/5/31 新関→東新津 新関駅先

Dsc_6182
 2015/5/31 新関→東新津 新関駅先

○新関駅~北五泉駅
 
 第二中野踏切付近は線路の際まで水田があり、完璧な水鏡が期待できます。難点は上下ともに煙が...

028
 2013/5/18 新関→北五泉 第二中野踏切

013
 2013/5/18 新関→北五泉 第二中野踏切 

○猿和田国道オーバークロス~馬下駅
 
 馬下踏切付近は上下共に煙が望め、特に下りはギラリ側、シルエット側共に大人気の場所です。

599
 2015/4/29 馬下→猿和田 馬下踏切

443_01

 2015/5/2 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_5009_03
 2015/5/24 馬下→猿和田 馬下踏切

080
 2013/5/26 猿和田→馬下 猿和田の田園

431
2013/5/12 馬下→猿和田 馬下踏切

465
 2013/5/12 馬下→猿和田 馬下踏切 

Dsc_5300
 2016/5/21 猿和田→馬下 小山田踏切 

Dsc_6576
 2016/5/28 馬下→猿和田 馬下俯瞰

Dsc_7412_01
 2016/5/29 馬下→猿和田 馬下踏切    

424
 2014/5/31 馬下→猿和田 馬下踏切

457_01
 2013/6/2 馬下→猿和田 馬下踏切

○舘の原

 隠れ里的な舘原は林に囲まれているので多少風のある日にも水鏡が狙えます。

Dsc_0025_10003
 2012/5/19 山都→荻野 舘原踏切
 
Dsc_5440_01
 2016/5/21 荻野→山都 舘原踏切
 
Dsc_5548
 2016/5/21 山都→荻野 舘原踏切 

○喜多方~会津若松
 
 電化区間は線路の脇の水田が続き、水鏡が狙いやすい区間です。あとは磐梯山や煙と組み合わせられる場所をということになります。

Dsc_5497_01
 2016/5/21 笈川→堂島 西屋敷第二踏切
 
226
 2014/5/31 姥堂→会津豊川 姥堂
 
435_01
 2015/5/24 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

516_03
 2015/5/30 会津若松→堂島 十文字

281
 2013/6/2 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 

 風があって水面が乱れていたのに、本番直前にピタリと風がやんで素晴らしい水鏡が出来た時など、感動もひとしおです! 

撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

|

« ばんえつ物語の1年(2016年9月上り) | トップページ | (特集)水鏡を撮る(河川編)(2016年版) »

特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (特集)水鏡を撮る(水田編)(2016年版):

« ばんえつ物語の1年(2016年9月上り) | トップページ | (特集)水鏡を撮る(河川編)(2016年版) »