« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月30日 (日)

(特集)平瀬の魅力

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 平瀬の魅力
 
Dsc_9576_01
 2015/8/9  


 平瀬(びょうぜ)第一踏切を挟んで、平瀬のカーブと日出谷のカーブは上り下りのお立ち台です。ここは煙より山里の四季を楽しみたい場所です。平瀬の魅力は...
 
(1)季節の花
(2)水田の四季
(3)懐かしい山里
(4)棒掛山
(5)お立ち台のカーブ
(6)俯瞰
 
 こんなところでしょうか?日出谷のカーブから平瀬第一踏切を通り平瀬第二踏切手前まで約1kmのドラマです。
 
(1)季節の花
 
 平瀬第一踏切付近の畑には様々な花があります。春先の梅にはじまって、立葵、ヒマワリ、百日草、そして猫の額ほどの蕎麦畑もあります。おばあちゃんが丹精こめて作る花です。
182_03
 2016/4/3

Dsc_9736_01
 2016/7/23 

084
 2013/8/11 

096
 2014/8/17 

Dsc_0307
 2015/8/29
 
Dsc_6408_3
 2016/9/19  

(2)水田の四季
 
 平瀬第一踏切と日出谷のカーブの間には「はざ掛け」も見られます。

Dsc_0854_01
 2015/8/30 

Dsc_5837_01
 2016/9/17

Dsc_1719
 2015/9/20

(3)懐かしい山里
 
 赤い屋根の昔は藁ぶきだった農家が並び、懐かしい山里のシーンを演出してくれます。 

Dsc_0228
 2011/12/11

(4)棒掛山
 
 平瀬のカーブ、日出谷のカーブのバックとなる棒掛山は特に積雪時は美しいです。

Dsc_0282
 2012/4/1

Dsc_0297_20003
 2012/4/7 

Dsc_9771
 2014/4/12 

135
 2013/4/14 

190
 2013/5/5 

199
 2015/5/24 

(5)お立ち台のカーブ
 
 言わずと知れたお立ち台ですが、最近日出谷発車の煙がもたないことも...

Dsc_8313
 2016/6/12  

329
 2015/7/18 

365_01
 2014/8/31 

(6)俯瞰
 
 林道からは平瀬のカーブが俯瞰できます。山を登れば当麻橋りょうから俯瞰できる場所もあります。

107_01
 2013/10/13
 

 様々な四季を楽しめる場所です。

撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

飯山線に想う

Dsc_0625
 2010/10/23 信濃浅野→立ヶ花 快速レトロ飯山線号 

 

 飯山線のSL飯山線ロマンの試運転も2往復が終わり、会社から帰って諸先輩の写真を見て羨ましがる日が続いています。来月にはなんとか1回行きたいと思いますが、サラリーマンには厳しい平日の試運転です...
 飯山線と言えば、現役時代は朝8620の牽く通勤列車があって、私が写しえた本州で唯一の8620の客車列車でした。しかし氷柱切のついたC56と共に何故かもたもたしているうちにDD16になってしまいました。そして今やそのDD16も最後の1両となり、今回の助っ人も残念ながらDE10でした。
 今でこそ飯山まで車で3時間弱で行けますが、当時は長野まで夜行で行って飯山まで半日以上かかり、他線との抱き合わせもできず、学生にとっては効率悪かったのだと思います。C56といえば小海線が人気で、大糸線とあわせて罐がそれぞれの線に応援に行ったりしていました。
 今回は特別運転なので次回はあるかどうかわかりませんので、なんとか行きたいものですね。

 

006
 2014/8/12 我が家

 そういえば信濃町の我が家の庭の川は上の写真のあたりで千曲川に流れ込んでいるので、飯山線は標高で言えば我が家より低いはずですね?!今年の我が家の紅葉はあまり綺麗でないですが飯山線あたりはどうなるのでしょうか...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村  

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

ばんえつ物語の1年(2016年10月上り)

戻る 下りへ   

 10月の上りも渋い煙が続き、名残のコスモスや干してある稲藁でなんとか秋らしいシーンになりました。その中で三川発車の煙は目立ちます。


今月の1枚
 
Dsc_9036_01
 2016/10/16 山都→喜多方 一の戸橋りょう
 
 16日のキャタピラーの跡のような雲は面白かったです。荻野漕艇場でも撮ったのですがやはり一の戸のスケールが勝りました。    


041
 2016/10/15 新津→東新津 丸新道踏切

 
Dsc_7468
 2016/10/2 新津→東新津 東新津手前
 
Dsc_7483
 2016/10/2 猿和田→馬下 馬下踏切
 
055_2
 2016/10/15 猿和田→馬下 馬下踏切
 
115
 2016/10/15 咲花→東下条 咲花駅発車
 
Dsc_7607
 2016/10/2 三川→津川 三川駅発車
 
Dsc_8898
 2016/10/16 三川→津川 鳥居上のSカーブ

187_01
 2016/10/15 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入

199
 2016/10/15 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入

Dsc_8942_01
 2016/10/16 鹿瀬→日出谷 寺前踏切
 
Dsc_7652
 2016/10/2 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう
 
219_01
 2016/10/15 徳沢→上野尻 蟹沢橋りょう
 
Dsc_8982
 2016/10/16 上野尻→野沢 上野尻のカーブ
 
Dsc_7675
 2016/10/2 上野尻→野沢 上野尻のカーブ
 
Dsc_9007
 2016/10/16 荻野→山都 荻野漕艇場

246
 2016/10/15 荻野→山都 舘原踏切
 
Dsc_7726
 2016/10/2 山都→喜多方 一の戸橋りょう
 
276_01
 2016/10/15 山都→喜多方 小布瀬原踏切先
 
293_01
 2016/10/15 笈川→堂島 笈川駅先
 
Dsc_9069
 2016/10/16 笈川→堂島 第二学校踏切
 
Dsc_7760
 2016/10/2 堂島→会津若松 十文字
 
 天気には恵まれたのですが、やはりもう少し煙が欲しいですね...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

ばんえつ物語の1年(2016年10月下り)

戻る 上りへ   

 10月は3日間の出撃でしたが、最近毎度の夕暮れからトワイライトのシーンで断然下りが良かったです。8~9月のような燃えるような太陽でなく、秋のやさしい光の太陽も良いですね。干してある稲藁やススキは哀愁を誘います。 


今月の1枚

Dsc_8488
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう

 罐へのギラリに加えて一の戸川での太陽の反射のギラリが撮れて満足な1枚でした。  


Dsc_7801_01
 2016/10/2 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_9161
 2016/10/16 喜多方→山都 舞台田踏切

Dsc_7845_02
 2016/10/2 喜多方→山都 慶徳の田園

Dsc_8486
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう

Dsc_8514
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう

Dsc_7864
 2016/10/2 尾登→野沢 山基踏切

Dsc_9219
 2016/10/16 尾登→野沢 山基踏切

Dsc_8563_01
 2016/10/15 野沢→上野尻 野沢駅発車

Dsc_7924
 2016/10/2 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

Dsc_8663
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入

Dsc_8677_01
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入

Dsc_8745_01
 2016/10/15 津川→三川 清川小学校踏切

Dsc_8773
 2016/10/15 津川→三川 清川小学校踏切

Dsc_8045_02
 2016/10/2 津川→三川 津川漕艇場

Dsc_8796
 2016/10/15 咲花→馬下 馬下駅進入

Dsc_8080_02
 2016/10/2 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_9345_01
 2016/10/16 新関→東新津 新関駅通過
 
 偶然とれた満月もやみつきになりそうです?!
 
戻る 上りへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

(238)寺前踏切(鹿瀬→日出谷)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 寺前踏切

Dsc_4620_2
 2016/12/4


 鹿瀬駅から深戸橋りょうの間は住宅と道路の間を走り、サイドに引くことはできませんので正面ドカンになりますが、煙は上下共に期待できます。
 途中寺前踏付近は駐車スペースもあり、踏切あたりから道路の下をくぐってくる姿を撮ることができます。
 
【春】

Dsc_5430x
 2024/4/6 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 梅が満開だったので苦しい構図ですが撮ってみました。カーブミラーはなんとか花で隠そうとしたのですがご愛敬で...
 梅は青空バックに限りますね。

Dsc_3506
 2018/5/19 

 鹿瀬付近で花を探したのですがあまりなく、ようやく黄色い花を見つけました。
 
Dsc_3509_03
 2018/5/19  
 
 バクバクでした!

【夏】

Dsc_0356x
 2022/6/18 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 まだ花の位置が低く撮りにくかったですが、約束の煙で満足な1枚となりました。

Dsc_1172
 2017/6/25 
 
 梅雨の花のタチアオイもようやく咲き始めました。良い煙でやってきて満足な1枚です。

Dsc_6903
 2020/7/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 タチアオイが満開でした。

Dsc_0900x
 2022/7/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 タチアオイの盛期でした。

Dsc_1743_01
 2017/7/8 
 
 梅雨の合間の真夏日となりましたが、ここはいつものように爆煙でした。

Dsc_0766
 2023/8/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 木が切られて撮りやすくなった場所ですが、日照り続きでマリーゴールドもドライフラワーになりかかっていました。

【秋】

Dsc_8938
 2016/10/16
 
 道路の橋りょうが入らないよう工夫しなければいけませんね。

Dsc_8939_01
 2016/10/16
 
 煙ももうひとつだったのでリベンジします。
 しかし草でバラストも見えません?!

Dsc_4611
 2016/12/4

 ガードレールをなんとかする必要がありますね...
 
戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

(特集)月を撮る(2016年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 月を撮る
 
Dsc_8663
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入


 月は被写体としていままで考えたこともなかったのですが、先日ほぼ満月の月を撮るチャンスがあったので、月についてちょっと調べてみました。
 まずは上の写真は月齢14.1で満月の前日でした。翌日は少し遅い時間に満月があがってくるだろうと同じ場所で待ちましたが...太陽は1日で1分~2分程度日の入り時間がかわりますが、月は30日で24時間かわるので、1日で40~50分ほど月の出時刻が遅くなります。ということで翌日は雲があって月は見えなかったですが、たとえ晴れていても津川到着時はまだ月の出前でした!

 今後この場所で撮れる15~16時あたりに月が出るばんえつ物語運転日を調べてみると、意外に少ないのに驚きました。尚、月の出は喜多方の時刻です。
 今年は11月12日の15時9分に月齢12.4が出るのが唯一で、ちょっとかけてますね。
 来年では9月3日の16時15分に月齢12.4、11月3日の16時21分に月齢14.3、11月4日の17時に月齢15.3、クリトレがあれば12月2日の15時32分に月齢13.6、12月3日の16時18分に月齢14.6だけです。

Dsc_8745_01
 2016/10/15 津川→三川 清川小学校踏切
  
 
津川駅では15分停車するので津川駅先となると、翌日の16日は17時19分の月齢15.1は撮れたはずです。来年では8月5日の16時51分に月齢12.7があります。

Dsc_8793_01
 2016/10/15 咲花→馬下 馬下駅進入
  
 
馬下駅まで来るとだいぶ月は上がりました。
 
 ということで来年は10月にはチャンスがなく、もう真っ暗ですが11月3、4日に満月のチャンスがあるだけです。意外に出たばかりの月を撮るチャンスは少なくのに驚きました。また何よりも晴れなくては月は見えませんが、おぼろ月も撮ってみたいですね。また楽しみが増えました?!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

(ニュース)「冬の増発列車のお知らせ」が発表されましたが...

Dsc_5100
 2015/12/6 東新津→新関 能代川橋りょう

 JRから「冬の増発列車のお知らせ」が発表されましたが、磐越西線関連は寂しい内容となってしまいました。
 「SLクリスマストレイン」は昨年に続き12月の第一週となり、飯豊山や磐梯山の冠雪はあるものの雪景色はまず無理でしょう。今年はダメだった来年の春先の名残雪を期待します。もう雪はコリゴリなんでしょうね...
 「快速あいづ」ももしかして583系?と思っていましたが、なんとキハ48系の「みのり」になって普通列車より遅いダイヤです。
 久しぶりの信越線のプッシュプルがありますが、個人的には盛り上がらない冬になりそうです...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(236)笈川踏切(笈川→堂島)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 笈川踏切
 
293_01
 2016/10/15 


 笈川駅先の笈川踏切付近は電化区間では唯一線路の脇に蕎麦畑があり、干した稲藁を磐梯山を絡めて撮ることもできます。

【秋】

Dsc_4160
 2016/9/3 
 
 
蕎麦畑は線路の脇なのですが、線路との僅かな間に草が...

291
 2016/10/15
 
 この付近では三角錐に稲藁を立てて干してある場所が多いのですが、ここは真ん中に棒を立てて載せていく干し方です。水田付近の線路際の草は綺麗に刈られていることが多いです。
 このあたりでは角度的に磐梯山は雄国山の影から顔を出す姿になります。
 
戻る
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

(237)小布瀬原踏切先(山都→喜多方)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 小布瀬原踏切先
 
Dsc_7277
 2017/10/28


 小布瀬原踏切から柿のポイントの間は、道路と線路の間に水田や蕎麦畑があり、山間部の田園風景を楽しむことができます。
 但し、このあたりは夏秋は線路端の草がボウボウで下回りが隠れることが多いです。
 
【春】

Dsc_1905
 2018/5/4  
   
 僅かに咲く菜の花で撮ってみました。ここから急に雨が降ってきました...
 
Dsc_1907
 2018/5/4 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
   
 綺麗な煙でやってきました。

【夏】

Dsc_3217
 2016/8/27 
 
 
蕎麦の花が綺麗に咲きそろっているのですが、線路端の草はもっと元気で...

Dsc_3224
 2016/8/27 
 
 
しかも煙も薄くてがっかりです...

Dsc_3231_01
 2016/8/27 
 
 
柿のポイントに向かって綺麗な白煙になりましたが...

【秋】

270
 2016/10/15 
 
 田んぼに干してある稲藁は絵になります。上の2枚と同じ場所です。ひと月で全く違う風景になりました?!

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

(235)丸新道踏切(新津→東新津)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 丸新道踏切

Dsc_1594x_20220530092701
 2022/5/29 クリックすると大画像で見ることが出来ます


 東新津のSカーブと東新津駅の間にある丸新道踏切付近は地元の方が花を植えられており、アジサイ、タチアオイ、コスモスなど季節の花を楽しむことができます。
 住宅街の真ん中ですから家はどうしても入りますし、爆煙は期待できないですが、意外に花がある場所です。
 尚、丸新道踏切は普通車は通行禁止ですから東新津の踏切で渡ってください。

【春】

Dsc_4607
 2017/4/23 
 
 春のシーンを求め、菜の花で撮ってみました。

Dsc_4336x
 2021/4/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 住宅街の線路際の葉の花ですが、青空が気持ちよかったです。

Dsc_7159x
 2021/5/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 住宅街の真ん中ですが、東新津高原の湿原のようです?!確かにここは側溝が埋まって湿地になってキショウブが群生しています。罐で家を隠しましたが電線は...

【夏】

Dsc_9870_01
 2017/6/17 
 
 タチアオイが咲き始めた丸新道踏切です。新津のあたりは曇り空でした。

Dsc_1360x_20220716230101
 2022/7/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 アジサイの仲間が奇麗です。

【秋】

Dsc_2095_01x
 2021/10/3 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 青空でなかったのが残念でした...
  
041
 2016/10/15 
  
 
名残のコスモスを青空で撮ってみました。

007
 2016/10/15 
  
 
視点を下げればあまり家は入りません。

016
 2016/10/15 
  
 
雲で撮ってみました。

Dsc_8867
 2016/10/16 
   
 
東新津のSカーブから踏切にさしかかります。
 
Dsc_8880
 2016/10/16 
   
 
踏切付近を行く姿を名残のコスモスで撮ってみましたが、狙いがわからない写真になってしまいました...

Dsc_7429_2
 2016/10/2 
  
 
付近の線路敷地付近には地元の方がいろんな花を植えられていますが、住宅街なので家をどう処理するかが課題です。DCをいっぱいに入れて家を隠しました。

Dsc_6001
 2019/10/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
  
 
やはり望遠の花ピンは...

Dsc_4298x
 2023/11/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 住宅地ですが罐で家も隠れます。
 
戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

ばんえつ物語(2016/10/16下り)

 10月最後のシーンとなります。昨日に続いて夕陽のギラリと満月狙いですが...


今日の1枚
 
Dsc_9161
 2016/10/16 喜多方→山都 舞台田踏切
  
 
4年ぶり舞台田で干してある稲藁を撮ることができました。山々をバックに築堤を行く姿は日本の秋です! 


Dsc_9095
 2016/10/16 喜多方→山都 濁川橋りょう
  
 
下りのスタートは濁川橋りょうでギラリでも狙おうと来てみましたが、雲の感じは良いのですがやはりまだちょっと太陽が高いようなので舞台田に移動します。

Dsc_9142
 2016/10/16 喜多方→山都 舞台田踏切
  
 
舞台田に来ると稲藁が沢山干してあるではないですか! ギラリはまたということでここで撮ることにしました。
 本番はまずは濁川橋りょうを来ますが煙が薄い...
 
Dsc_9167
 2016/10/16 喜多方→山都 舞台田踏切
  
 
結果的にまともに撮れたのはこのシーンだけになるのですがヨシとします?!太陽は弱かったのでギラリでなくてよかったです。
 
Dsc_9219
 2016/10/16 尾登→野沢 山基踏切
  
 
今日は雲があるので面白いかとここに来ました。ススキとかがゴチャゴチャですが、山の田園の夕暮れの雰囲気があって気に入ってる場所です。

 さて今日は満月で万全を喫して撮りたいので、いつもは途中に寄る野沢駅、深戸橋りょうもすっ飛ばして高速で津川駅に向かいました。まだ誰もいないので絶好に位置に構えて待ちますが...
 
Dsc_9253_01
 2016/10/16 鹿瀬→津川 津川駅進入
  
 
空は青かったのですが無情にも満月は雲のなかでした。しかも早く満月よ出ろ!と待つ間にどんどん暗くなって露出を間違えてこんな結果に...更にいつもある煙も薄かったので救われない結果に落胆です。
 
 その後三川でも失敗が続き没に...
 
Dsc_9345_01
 2016/10/16 新関→東新津 新関駅通過
  
 
テンションは下がり切りましたが、最後のおまけで新関駅の明かりでなんとか撮ってみました。完全な夜景はカメラと共に今後の宿題です...
 
 昨日がよかっただけに欲をかいて、久々にテンションの下がった1日になってしまいました。まぁ秋の青空を撮れただけヨシとしますか?!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

ばんえつ物語(2016/10/16上り)

 いよいよ10月最後の運行日となりました。五泉のホテルで朝起きると風がビュービューで案じられましたが、今日も晴天で暑くなりそうですが煙は出てくれるのでしょうか?!


今日の1枚

Dsc_9007
 2016/10/16 荻野→山都 荻野漕艇場
  
 
干してある稲とキャタピラーの跡のような雲が秋らしくて気に入りました! 


Dsc_8880
 2016/10/16 新津→東新津 丸新道踏切
  
 
下りのスタートは名残のコスモスを望遠で撮ってみましたが、狙いがわからない写真になってしまいました...
 
Dsc_8898
 2016/10/16 三川→津川 鳥居上のSカーブ
  
 
最近良い煙が出たことのない場所ですが、何故か線路を撮りにきてしまいます...

Dsc_8942_01
 2016/10/16 鹿瀬→日出谷 寺前踏切
  
 
このあたりでは上りを撮ったことがないので撮ってみましたが、道路を過ぎると煙が薄くなり始めました...

Dsc_8982
 2016/10/16 上野尻→野沢 上野尻のカーブ
  
 
撮物がないのでセイタカアワダチソウで撮ってみましたが、風情はないですね..
 
Dsc_9036_01
 2016/10/16 山都→喜多方 一の戸橋りょう
  
 
逆光側であえて太陽を入れてみましたが、ゴーストがうつってしまい殆ど没になってしまいました...

Dsc_9069
 2016/10/16 笈川→堂島 第二学校踏切
  
 
電化区間は磐梯山がもうひとつで、稲が干してあったので撮ってみましたが、煙が消えてしまいました...

 煙は出ないは太陽を撮った一の戸はゴーストが入ってほとんど没になるはで、テンションの下がる上りでした...下りでリベンジです!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

ばんえつ物語(2016/10/15下り)

 10月中旬から11月にかけての喜多方~山都のギラリは、昨年は悪天候で撮ることができなかっただけに今年は期待がかかります!今日は雲一つない快晴です。


今日の1枚
 
Dsc_8488_02
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう
  
 
夕陽というにはまだ少し太陽が高かったですが、一の戸川の輝きがよかったです。 喜多方~山都のギラリ開幕ですね! 


Dsc_8441
 2016/10/15 山都→喜多方 一の戸橋りょう
  
 
下りのスタートはこの週末の狙いの一の戸橋りょうのギラリです。やはり常連の方は殆ど来ておられました。まずは喜多方交換のDCでギラリの位置を。太陽が左のまだ高い位置にあるので左の空がしらけます。ということで狙いを太陽にも?!
 
Dsc_8484
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう
  
 
本番ではDCよりギラリの位置が向こうにいなりました。
 
Dsc_8486_01
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう
  
 
罐が輝きます!
 
Dsc_8514
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう
  
 
新潟の早出川橋りょうと会津の一の戸橋りょうのギラリ+夕陽は双璧ですね!
 
Dsc_8563_01
 2016/10/15 野沢→上野尻 野沢駅発車
  
 
一の戸橋りょうからは車があまりスムーズでなかったのでもうひとつの夕陽の狙いには行けず、野沢駅発車をサイドから撮ってみました。到着時は夕陽が当たっていたのですが...
 
Dsc_8568_01
 2016/10/15 野沢→上野尻 野沢駅発車
  
 
しかし構内ススキだらけです...

Dsc_8628_01
 2016/10/15 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう
  
 
闇に光るセイタカアワダチソウと夕陽の残照というイメージでここに来ましたが、雲がないので残照はなく、何よりもスカで...

Dsc_8665_01
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入
  
 
例によってに麒麟山踏切でバックのシーンを狙っていると、A氏が「満月だよ」と教えてくれ、振り返って慌てて撮ったのですが露出がバックのままで...

Dsc_8677_01
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入
  
 
ここのシーンは毎回かわるので面白いです。わずかに夕陽の残照がありました。

Dsc_8725_01
 2016/10/15 津川→三川 清川小学校踏切
  
 
さて満月ということで予定を変更して清川小学校踏切にやって来ました。到着した頃はまだほんのり明るくて、月も出たばっかりだったのですが、本番時には完全に暗くなってしまいました。まずはレールの輝きを!

Dsc_8745_01
 2016/10/15 津川→三川 清川小学校踏切
  
 
踏切の明るさでも違います。

Dsc_8763_05
 2016/10/15 津川→三川 清川小学校踏切
  
 
暗いですがなんとか月夜の汽車を撮ることができました。

Dsc_8773_08
 2016/10/15 津川→三川 清川小学校踏切
  
 
腕にもまして10年前のカメラの限界でしょうか...ISOをあげられる最近のカメラが欲しくなりました...
 
Dsc_8793_01
 2016/10/15 咲花→馬下 馬下駅進入
  
 
なんとか月と罐が撮れて光があるところは?と考え馬下駅に来ました。D先生が同じ狙いでおられたのには驚きました?!対向のDCのヘッドライトを期待したのですが、停車中は消すのを知りませんでした...

 一の戸橋りょうのギラリで気をよくしたのですが、満月が難しくて少し消沈しています...本当は明日が満月のようでリベンジですね!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんえつ物語(2016/10/15上り)

 10月最後の運行であるこの週末は晴天に恵まれそうです。朝は気温が低かったのですが、あっという間に20度になってしまい、渋い煙の上りとなりました。


今日の1枚

276_01
 2016/10/15 山都→喜多方 小布瀬原踏切先
  
 
ススキとセイタカアワダチソウのなか、田んぼに稲が干してありました。稲があるなしで全く違う印象になりますね。 


041
 2016/10/15 新津→東新津 丸新道踏切
  
 
下りのスタートは名残のコスモスを青空で撮ってみました。
 
055_2
 2016/10/15 猿和田→馬下 馬下踏切
  
 
馬下のコスモスも終わり誰もいません。こういう時に限って煙が...

115
 2016/10/15 咲花→東下条 咲花駅発車
  
 
桜も少しは色づいたかと来てみましたが...

137
 2016/10/15 咲花→東下条 咲花駅発車
  
 
軽快に発車して行きました...

187_01
 2016/10/15 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入
  
 
例年撮っているホームの向かいのススキで撮ろうと来ましたが草が伸び放題で撮れず、 ホームから手前のススキで撮ってみましたが存在感が...

199
 2016/10/15 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入
  
 
ススキは失敗しましたが、煙でヨシとします...

219_01
 2016/10/15 徳沢→上野尻 蟹沢橋りょう
  
 
青空バックに撮ってみたかったのですが煙が...

246
 2016/10/15 荻野→山都 舘原踏切
  
 
舘原はまだ黄金がありましたがここも煙が...

256
 2016/10/15 荻野→山都 舘原踏切
  
 
罐がギラリになりましたが...

270
 2016/10/15 山都→喜多方 小布瀬原踏切先
  
 
晴れているので川吉は駄目かと考えていると稲が干してありここにしました。

293_01
 2016/10/15 笈川→堂島 笈川駅先
  
 
ここも稲が干してあってので急遽磐梯山の先っちょを入れて撮ってみました。会津の秋らしくてよかったです。

 名残のコスモスと会津の干した稲もラストです。今日は渋い煙で青空を撮ったようなものでした?!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

(特集)はざ掛けを撮る(2016年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド はざ掛けを撮る
 
Dsc_0103
  2012/9/29 喜多方→山都 舞台田踏切


 稲刈りのシーズンになると刈り取った稲をつるして干す「はざ掛け」や稲藁を集めて干してある水田があります。黄金が終わった後の秋の風物詩で昔はどこでも見られましたが、磐越西線沿線でもほとんど見られなくなりました。
 それでも深戸と平瀬にはいまでも「はざ掛け」が見られ、舞台田から会津若松の間には稲藁を干してある水田も散見されます。特に「はざ掛け」は人気の風物詩でファンが集まります。
 尚、上の舞台田踏切付近の稲藁干しも現在はもうやらなくなったそうです。
 
○深戸
 
 深戸橋りょうをバックにするこの水田ではおばあちゃんが手で稲を刈り、はざ掛けをします。光線によって稲の色もずいぶんかわりますね。

Dsc_4678
 2016/9/10 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう
   

Dsc_5604
 2016/9/11 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう
 

Dsc_4678
 2016/9/10 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう
 

○平瀬
 
 平瀬踏切を過ぎて日出谷のカーブの手前に「はざ掛け」があります。ここは立派な稲木があります。

Dsc_5837_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ

Dsc_5853_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ
 
○姥堂
 
 姥堂の大きな水田では稲藁が干されており、他にも電化区間では散見されます。 

343_01
 2014/9/28 姥堂→会津豊川 姥堂 

Dsc_7801_01
  2016/10/2 姥堂→会津豊川 姥堂
 
 44年前の高森線です。昔は藁ぶきの農家も多かったので、稲藁は干して大切に保管していたのでしょう。いつの間にか消えた日本の田園風景ですね。

_20150106_3
 1972/12 高森線

撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

(特集)田園のギラリ(秋編)(2016年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 田園のギラリ(秋編)
 
079
 2013/11/16 喜多方→山都 舞台田踏切   


○ギラリの狙い方

 昨日書いたようにギラリとは夕日が罐や客車に当たって反射し輝く状況で、そこには小学校の理科で習った鏡の反射の理屈があります。すなわち太陽の入射角と鏡の罐、そして反射角の先にカメラが必要になります。ここで鏡の実験と違うのは鏡である罐が動いてくることです。もちろん太陽もゆっくり動きますしカメラマンも動けますので、自分の撮りたい位置でギラリになるような綿密な計算が必要になります。

 幸いにして下りのばんえつ物語は馬下、喜多方で上りのDCとの交換があり、本番の数分前にリハーサルできます。おおよその位置を決めDCで何コマか撮ってみてギラリになる場所を予測できます。
 あとは本番ではギラリの前の真横あたりでは順光で綺麗な写真が撮れますし、連写すればギラリを逃すこともないです。

 またギラリでは被写体より下は暗くなってしまいどうでもよくなります。これを利用して流し撮りでギラリを撮ると罐が浮き出て躍動感ある写真になります。更にたとえギラリの場所が分からなくても流しで追えば罐を中心にギラリが撮れます。線路を水平に入れてギラリの予定位置で構図を作り列車がくる方向にできるだけ水平パンしときます。あとはナンバープレートあたりにピントマークをいれてできるだけ早くから水平パンすれば、まずは流しも失敗しないです。「真横の順光流し」「後追いのギラリ流し」「流れていない編成のギラリ」が撮れているはずです?!但しシャッタースピードは30分の1以下でないとあまり流れなく、特にギラリは後追いになりますからなかなか流れないので注意が必要です。

○舞台田付近
 
 濁川橋りょうから舞台田踏切の間が晩秋のギラリの名場所です。濁川橋りょうでは冠雪した飯豊山を入れてギラリを撮ることができます。

092
 2013/11/17 山都→喜多方 濁川橋りょう

197_01
 2013/11/4 喜多方→山都 濁川橋りょう 

314
 2013/11/9 喜多方→山都 舞台田踏切  

332
 2013/11/9 喜多方→山都 舞台田踏切  

081
 2013/11/16 喜多方→山都 舞台田踏切  

111_2
 2013/11/17 喜多方→山都 濁川橋りょう 

368_03
 2013/11/24 喜多方→山都 濁川橋りょう 

○一の戸橋りょう

 10月中旬あたりからギラリが狙えます。煙は少しでもあったらラッキーですね...

Dsc_0238_10005_2
 2012/10/27 喜多方→山都 一の戸橋りょう

○尾登駅周辺
 
 尾登駅手前では罐の正面に夕陽が当たります。
 
Dsc_1375_01
 2015/9/19 荻野→尾登 尾登のカーブ

○野沢駅周辺
 
 野沢駅発車や野沢国道オーバークロスではススキと夕陽の共演が楽しめます。
 
Dsc_4291_01
 2016/9/3 野沢→上野尻 野沢駅発車

Dsc_1402
 2015/9/19 野沢→上野尻 野沢国道オーバークロス 

○津川駅周辺
 
 津川駅進入は夕陽の位置の山がちょうど低く、9月までギラリを楽しめます。
 
Dsc_4361_03
 2016/9/3 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
Dsc_5625_01
 2016/9/11 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
 昨年は悪天候でほとんど撮れなかった11月の舞台田が楽しみですね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

(特集)田園のギラリ(春~夏編)(2016年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 田園のギラリ(春~夏編)
 
669
 2015/4/30 馬下→猿和田 馬下踏切


○ギラリの理屈

 ギラリとは夕日が罐や客車に当たって反射し輝く状況です。特に地平線近くの太陽の光は空気の層を多く通ってくるのでオレンジ色になります。太陽だけでなく満月も地平線近くはオレンジになります。朝日の汽車は現在ではまず無理なので狙えるのは夕日のギラリですね。時間的に当然下りになりますが四季によって日没時間がかわるので季節とともに撮影地もかわります。
 磐越西線では山都から馬下の間は山間部を走るので太陽が地平線でなく山に落ちます。そうすると地平線に沈む太陽のようなオレンジ色にはなりません。ということで喜多方から新津までで綺麗なギラリが狙えるのは喜多方→山都、馬下→新津の間になり、途中田園地帯を走る舘原や上野尻もギラリにはなりますが弱いです。
 またギラリは反射によって起きるので、列車の方向と撮る角度が重要です。側面ギラリでは斜め前からの夕日に対して後追いで撮る形になります。夕日が斜め前から当たる場所は喜多方→山都の進行左、馬下→五泉の進行右が有名です。これ以外の場所でも正面ギラリとか山間でも思わぬギラリがあったりもします。
 当然のことですがギラリを狙うのは晴れの日で地平線近くに雲がないことです。また霞がかかったような日は駄目です。季節的には春と秋がいいです。夏はなかなか空気が澄まないですね。燃えるような夕焼けのあった季節を思い出してください。

○能代川橋りょう付近
 
 ここは夏至の前後1ヶ月ぐらいが狙いです。

616
 2013/5/26 新関→東新津 大関道踏切 

Dsc_0108_10003
 2012/7/21 新関→東新津 能代川橋りょう

Dsc_0038_03_2
 2016/7/23 新関→東新津 大関道踏切

○早出川橋りょう付近
 
 ここは4月下旬~6月上旬、7月末~盆ぐらいが狙い目です。馬下より夕陽が出る確率が高い気がします。

Dsc_6110_01
 2015/5/31 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
Dsc_0007_04
 2016/7/23 猿和田→五泉 早出川橋りょう

○馬下付近
 
 馬下踏切から小山田踏切ぐらいまで、4月~6月はじめ、7月中旬~盆あたりが狙い目です。ここは煙が出るのが魅力です。

Dsc_08530003
  2011/3/27 馬下→猿和田 小山田踏切 

465
 2013/4/21 馬下→猿和田 小山田踏切

499
 2013/4/28 馬下→猿和田 馬下踏切  

679
 2013/5/5 馬下→猿和田 馬下踏切  

Dsc_4529
 2016/5/8 馬下→猿和田 馬下踏切

431
 2013/5/12 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_0406
 2014/5/18 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_5009_03
 2015/5/24 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_6576
 2016/5/28 馬下→猿和田 馬下俯瞰

457_01
 2013/6/2 馬下→猿和田 馬下踏切  

Dsc_7905_01
 2016/6/11 馬下→猿和田 馬下踏切 

Dsc_9613_01
 2015/8/9 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_1579_03
 2016/8/11 馬下→猿和田 馬下俯瞰
 
○津川駅付近
 
 4月上旬と秋に駅進入で狙うことが出来ます。 

Dsc_2976
 2016/4/16 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
Dsc_3372_02
 2016/8/27 鹿瀬→津川 津川駅進入(50分遅れ)
 
○日出谷駅付近
 
 4月初旬と8月末に駅発車で狙うことが出来ます。 

Dsc_3806_01
 2016/8/28 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車
 
 夕陽の赤みがなくても黒光りする罐もいいですね!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

(特集)S字カーブを撮る(会津編)(2016年版)

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド S字カーブを撮る(会津編)

180_01
 2016/4/30 山都→喜多方 川吉のSカーブ俯瞰 

 亜幹線である磐越西線の魅力の一つは幹線にはないS字カーブの存在であると思います。SLばんえつ物語が7両の客車をうねらせてS字カーブを行く姿は魅力的です。沿線のS字カーブは地理的にも煙が出る勾配のポイントであることが多く、新潟と会津で煙のあるS字カーブを紹介したいと思います。

 会津編ですが上りの滝の下、利田、川吉、下りの上野尻、芹沼、山都と人気の場所だけに皆さん撮ったことがあると思いますが、川吉、山都はお立ち台のSカーブに続いて更にSカーブがあります。
 
ばんえつ物語走行区間の煙のあるS字カーブ(会津編)

(2016年9月現在)

ポイント駅間備考
下り 上野尻駅進入 上野尻←野沢
下り 芹沼トンネル 上野尻←野沢 真ん中がトンネル
上り 滝の下踏切 尾登→荻野
上り 利田踏切 尾登→荻野
上り 山都のSカーブ2 荻野→山都 夏場は草あり
下り 山都のSカーブ 荻野←山都 日当たり注意
上り 山都のSカーブ3 荻野→山都 山都のSカーブの裏返し
上り 山都のSカーブ4 荻野→山都 夏場は草あり
上り 川吉のSカーブ 山都→喜多方
上り 川吉の第二Sカーブ 山都→喜多方 夏場は草あり
上り 川吉の第三Sカーブ 山都→喜多方
上り 川吉の第四Sカーブ 山都→喜多方

○上野尻駅進入
 
 上野尻駅の野沢側はかつての構内のポイントをはさんでSカーブがあります。秋にはすっかりススキで覆われて夕陽を受けて進入してくる姿を撮ることができます。

Dsc_0142_10003
  2012/9/15

○芹沼トンネル

 短いトンネルで有名になった芹沼トンネルはSカーブの真ん中にあり、面白いシーンが撮れる場所です。

401
 2015/5/16
 
○滝の下踏切
 
 阿賀野川に沿った開けたSカーブですが、夏季は草に覆われることもあります。
 

152_01
 2016/4/30
 
○利田踏切
 
 人気のお立ち台です。Sカーブで上っているのがよくわかります。 

366_01
 2015/5/30
 
○山都のSカーブ2
 
 下りで人気の山都のSカーブの続きの裏です。ここは2、3、4と3つのSカーブが連続しています。

168
 2013/4/28
 
○山都のSカーブ
 
 下りで人気の場所です。夏場は草が多いです。(2016年10月現在工事中)

264
 2013/4/21
 

○山都のSカーブ3
 
 下りでの山都のSカーブの裏です。 

243
 2013/5/18
 
○山都のSカーブ4
 
 ここも夏場は草木で撮影不可になります。廃道を行くのも大変で秘境です?!

Dsc_9887
 2014/4/12
 

○川吉のSカーブ
 
 人気の川吉のSカーブから慶徳トンネルの間には4つのSカーブが連続しています。

257
 2015/7/19  

○川吉の第二Sカーブ
 
 川吉のSカーブに連続して第二Sカーブがあります。

Dsc_0204_30005
 2012/11/17
 
○川吉の第三Sカーブ
 
 川吉踏切の先です。最近このあたりまで煙がもたないことも...

219
 2015/6/22
 
○川吉の第四Sカーブ
 
 川吉の4つのSカーブのなかでは一番開けてます。

Dsc_4633
 2015/11/29

川吉のSカーブも最近煙がもたないことも多いようですが、線路を撮れば絵になります?!

撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

(234)東新津駅手前(新津→東新津)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 東新津駅手前

Dsc_2350
 2016/11/23 


 東新津駅手前では住宅街の中、線路が低い位置を走っていて、あまり家が入らずに撮影できる場所があります。道路のガードレールの下には秋の風物詩のヒガンバナも少しあり、季節の花も多いので穴場的存在です。

【秋】

Dsc_5153
 2019/9/28 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
  
 ヒガンバナが咲き始めました。

Dsc_5875_02
 2017/10/1 

Dsc_5850_01
 2017/10/1 

Dsc_9077
 2023/10/1 クリックすると大画像で見ることができます

 10月に入ると彼岸花が咲きます。この辺りは線路際に彼岸花もあちこちにあるのですが、殆ど草に埋もれてしまっていて、日も当たらず自立もできないもやしっこです。

Dsc_9081x
 2023/10/1 クリックすると大画像で見ることができます

 埋もれた草の中から掘り出して撮ってみました。尚、ここはスズメバチがそこらじゅうにいるので要注意です。

Dsc_7468
 2016/10/2 
  
 
ちょうど大きな民家の庭木があって家があまり写らないのが良いです。

Dsc_7469_01
 2016/10/2 
  
 
ちなみに中央の黒い影は自分のもので完全に順光で撮れる場所です。

Dsc_7452_2
 2016/10/2 

  
 
ガードレールの下の斜面に咲いていますので、はいつくばって撮る必要があり、定員1名です。

Dsc_7713_2
 2017/11/12

 住宅街のなかとは思えない景色です。

Dsc_5713x
 2020/11/21     

 到着したころは太陽の顔を出し青空だったのですが...

Dsc_5741x
 2020/11/21 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 本番では暗雲が出てきて暗くなってしまいました。日が当たるDCの写真とえらい違いですが、黄色と赤の組み合わせが面白いです。

Dsc_2347_01
 2016/11/23 

 さてここはどこでしょう??

Dsc_8747
 2017/11/25 

 クマザサ茂る山の中の...ではなくて新津の住宅街です。

Dsc_9574
 2019/11/30 

 紅葉が寂しかったです...

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

ばんえつ物語(2016/10/2下り)

 昼からは雲一つない夏のような陽気の秋晴れの天気になりました。下りは花を捨て夕陽の光線を徹底的に狙ってみますが...


今日の1枚

Dsc_7801_01
 2016/10/2 姥堂→会津豊川 姥堂
 
 
電化区間にも稲を干す水田がいくつかあります。ロケハンをしたところ第二学校踏切と姥堂にあったので、煙の期待できる姥堂で撮ってみました。
 まだ太陽が高いので下回りはギラリませんでしたが、秋のシーンは気に入りました。 


Dsc_7804_01
 2016/10/2 姥堂→会津豊川 姥堂
  
 
下りのスタートは例によって姥堂で、干された稲とギラリを狙ってみました。
 しかしバックの高速を走る車でギラリの位置を想定していたのですが、想定よりはるかに左でギラリになって干してある稲との位置関係が悪くなってしまいました...

Dsc_7818_01
 2016/10/2 喜多方→山都 慶徳の田園
  
 
先日雨の日に撮った場所ですが太陽を入れて撮ろうと思ったら、太陽がきつすぎて入れることができませんでした...

Dsc_7845_02
 2016/10/2 喜多方→山都 慶徳の田園
  
 
逆光がきつくてお堂がつぶれてしまいましたが、編成より長くたなびく煙がよかったです。

Dsc_7864
 2016/10/2 尾登→野沢 山基踏切
  
 コスモスの尾登を横目に一気にここに来ました。夕陽とススキのショーを狙ったのですが、なんせ太陽が強すぎてイメージが違いました...
 
Dsc_7924
 2016/10/2 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車
  
 今日の下りの最大の狙い目は日出谷駅のススキと夕陽の残照です。 まずは発車をススキで撮ります。
 
Dsc_7953
 2016/10/2 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車
  
 煙はショボイですがこの後振り返って本命のシーンです。
 
Dsc_7980_01

 2016/10/2 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車
  
 ところが上のシーンの後も豪快にドレインを吐き続け、本命のシーンはドレインの中撮ることができませんでした...ススキも9月中旬に比べてはるかに穂がのびて難しくなってました。
  
Dsc_8004
 2016/10/2 津川→三川 津川漕艇場
  
 津川漕艇場では夕陽の残照をバックに、魚釣りの少年を入れてのシーン狙いです。

Dsc_8045_02
 2016/10/2 津川→三川 津川漕艇場
  
 思わぬ演出に自惚れして「岬のはずれに少年は魚釣り...」と「いい日旅立ち」を口ずさみながら待っていたのですが、なんと直前に魚が釣れてしまい少年たちは大騒ぎで先端からいなくなってしまい、残念ながら岬の少年はなしで撮りました...
 
Dsc_8080_02
 2016/10/2 馬下→猿和田 馬下踏切
  
 下りはせっかくの好天なのに失敗続きで、最後の逆転を狙って予定変更して馬下に来ました。僅かに地平線近くに残る夕陽の残照とブルーの空のグラデーションが素晴らしかったです!
 
 実は馬下ではAFでピントがぶれるといけないと思ってマニュアルにしたのですが、これが何故かピンボケで、遠くなってAFに戻した上記のシーンからしかピントがあってなかったというお粗末...

 すべてのシーンで失敗の...がつく情けない下りでした。やはり雲一つない天気は意外に難しく、夕陽はある程度雲があったほうがいいですね。
 
 来週の連休はおやすみです。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

ばんえつ物語(2016/10/2上り)

 阿賀町の天気予報は晴れでしたが、朝起きると一面の雲でがっかりしましたが、みるみるうちに青空となり夏のような陽気です。秋晴れを楽しみます!


今日の1枚
 
Dsc_7468
 2016/10/2 新津→東新津 東新津手前
  
 
磐越西線沿線はヒガンバナは多くはないですが、よくさがせば新津と会津若松の近くには少しあります。お彼岸も終わって10月ですが夏のような陽気の中でした。 


Dsc_7452_2
 2016/10/2 新津→東新津 東新津手前
  
 
以前から気になっていた場所ですが、先日のSカーブの記事に書いたように東新津のSカーブを撮りに行ったら、駅の近くにヒガンバナが咲いていて浮気してしまいました?!
 
Dsc_7483
 2016/10/2 猿和田→馬下 馬下踏切
  
 
コスモスが咲いたので青空バックで狙ってのですが、見事なスカでした...

Dsc_7504
 2016/10/2 五十島→三川 御前トンネル手前
  
 
ここも見事にやられました...

Dsc_7539
 2016/10/2 三川→津川 三川駅発車
  
 
スカ続きでなんとかならないかと三川発車に来ました。停車中はあまり煙が出ないパターンだったので、期待していると...

Dsc_7607
 2016/10/2 三川→津川 三川駅発車
  
 
出る時は出るのですね!スカ続きの分を一気に出してくれたようで、久しぶりに見た三川の爆煙でした。

Dsc_7617
 2016/10/2 三川→津川 三川駅発車
  
 あまりの爆煙でススキで撮ることを忘れてしまいました...

Dsc_7642
 2016/10/2 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう
  
 深戸は逆光側ですがコスモスで撮ってみました。まずは花ピン。

Dsc_7652
 2016/10/2 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう
  
 汽車ピンは深煙がたなびいていい感じだったのですが、やはり逆光の光線が強すぎですね...

Dsc_7675
 2016/10/2 上野尻→野沢 上野尻のカーブ
  
 離れたコスモスしか元気がなくて望遠で撮ってみましたが、ススキが下回りを...

Dsc_7698
 2016/10/2 尾登→荻野 尾登のカーブ
  
 尾登のコスモスはもう終期でした。

Dsc_7721
 2016/10/2 山都→喜多方 一の戸橋りょう
  
 一の戸橋りょうもコスモスで撮ってみました。まずは花ピンで。

Dsc_7726
 2016/10/2 山都→喜多方 一の戸橋りょう
  
 汽車ピンは煙が空に抜けたので軍配が上がりました。雲がよかったです。

Dsc_7760
 2016/10/2 堂島→会津若松 十文字
  
 締めの電化区間は磐梯山が完璧だったので、一番よく見える十文字に来ました。首をもたげる黄金のシーンも本年はこれが最期です。

 やはり秋は晴れに限りますね!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村



| | コメント (0) | トラックバック (0)

SLググっとぐんまみなかみ(2016/10/1上り)

 上り重連夜汽車はハードル高そうです...やはり重連夜汽車を撮ったというだけの写真になってしまいました。


今日の1枚

Dsc_7138
 2016/10/1 水上駅
  
 
夜汽車の走行シーンは明かりがなくて難しかったですが、ライトアップされたアッシュピットは夜汽車を堪能することができました。


Dsc_7137
 2016/10/1 水上駅
  
 
諏訪峡から水上駅に来ると既に車も渋滞、転車台もご覧の人だかりで、ひとまず食事で撤収しました。

Dsc_7147
 2016/10/1 水上駅
  
 
暗くなってから再びアッシュピットの作業を撮ってみました。
 
Dsc_7157
 2016/10/1 水上駅
  
 
ライトアップされていたので明るく撮ることができます。
 
Dsc_7164_02
 2016/10/1 水上駅
  
 
手持ちでこれだけ撮れてしまうのだから便利な時代になりました。
 
Dsc_7179
 2016/10/1 水上駅
  
 
夜汽車いいですね!しかしこのヘッドマークは...

Dsc_7190
 2016/10/1 水上駅
  
 
D51がどいた後は人力で落とした灰を運びます。
 
Dsc_7205
 2016/10/1 水上駅
  
 
D51の後C61が入ってきました。今日は完全に主役をD51に譲っています?!
 
Dsc_7218
 2016/10/1 水上駅
  
 
闇夜の蒸気がよいです。
 
Dsc_7221
 2016/10/1 水上駅
  
 
スノープローがでかいですね。
 
Dsc_7228
 2016/10/1 水上駅
  
 
念入りに点検しています。
 
Dsc_7238
 2016/10/1 水上駅
  
 
キャブから出る蒸気がいいです。
 
Dsc_7247
 2016/10/1 水上駅
  
 
ホームで休む旧客も1枚。
 
Dsc_7273
 2016/10/1 水上駅
  
 
いよいよ罐の入換ですが雨模様になってしまいました。シールドビームをつけると明るいですね。
 
Dsc_7323
 2016/10/1 水上駅
  
 
重連のバックで客車の待つホームに戻ってきました。
 
Dsc_7363
 2016/10/1 水上→上牧 水上駅発車
  
 
いよいよ重連の夜汽車の発車です。
 
Dsc_7396
 2016/10/1 水上→上牧 水上駅発車
  
 構内やはり暗かったです...下りは殆ど煙の出てなかったC61も煙を出してます。

Dsc_7404
 2016/10/1 水上→上牧 水上駅発車
  
 
旧客の窓明かりが随分明るいですね。
 
Dsc_7419
 2016/10/1 水上→上牧 水上駅発車
  
 
赤いテールライト後にしていきました。みなかみ重連もこれで最後です。長い1日でした?!ライトが少ない水上駅の撮影は難しいですね。まだまだ勉強不足です...
 
 そして水上を後にして向かったのはいつもの五泉のホテルです...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村




 









 


 




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

SLググっとぐんまみなかみ(2016/10/1下り)

 久々の重連騒ぎですが、金曜日夜の天気予報では阿賀町は晴れだったのでばんえつ物語を撮るつもりで寝ました。しかし朝6時の段階では阿賀町は曇りとなっています。さてどちらに行くべきか?!とりあえず出発です。

 


 

 

今日の1枚

Dsc_7127
 2016/10/1 上牧→水上 諏訪峡
  
 
紅葉にはまだ早いですが諏訪峡に二本の煙がたなびき満足なシーンでした。 


Dsc_7012_01

 

 


 2016/10/1 津久田→岩本 岩本の直線
  
 
ばんえつ物語に行くつもりで関越道を来たのですが、阿賀町の天気予報が曇りになったので、急遽昭和で降りて岩本に来ました。駅付近ではまだ7時だというのに既に20人近くがスタンバイしてました。
 本番まで7時間待つというのも新記録ですが、絶滅危惧種の115系を撮ったりしてなんとか過ごしました。
 
Dsc_7074
 2016/10/1 津久田→岩本 岩本の直線
  
 
小雨模様もなんとかあがって14時半過ぎにようやく本番がやってきました。
 
Dsc_7077_02
 2016/10/1 津久田→岩本 岩本の直線
  
 
よくわからないヘッドマークを掲げてD51を前にC61を連れてやってきました。
 
Dsc_7086
 2016/10/1 津久田→岩本 岩本の直線
  
 
思えばSLの重連は真岡鉄道で撮ったことがあるだけなので、テンダー機関車の重連は現役時代以来40数年ぶりということになります!
 
Dsc_7087
 2016/10/1 津久田 岩本の直線
  
 
やはり重連は迫力ありますね。
 
Dsc_7118
 2016/10/1 上牧→水上 諏訪峡
  
 
岩本の後は高速で水上まで来て諏訪峡にきました。というか上越は岩本と諏訪峡しか知りません...

 

 

 
Dsc_7128
 2016/10/1 上牧→水上 諏訪峡
  
 
重連の旧客はさすがに味がありますね!
 
 さて下りは夜汽車ですが重連の夜汽車は相当ハードル高そうですね...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »