« ホッパーのある終着駅の詳細決定 | トップページ | 機関庫周辺 »

2017年1月19日 (木)

ホッパーの魅力

Dsc_6150
 
 ジオコレの給炭ホッパーを連結したホッパーです。これがなかったら鉱山鉄道を作ろうと思わなかったぐらいに重要なストラクチャーです。 

_20141028_8
 1973/3 大夕張鉄道 大夕張炭山駅

 大夕張炭山駅のホッパーをはじめ下部の脇は板で塞がれていたことが多いようですが、セキが見えなくなるのでこのままです!  

Dsc_6144_01
 
 Nゲージの世界でこんなシーンができるとは思いませんでした。
  
Dsc_6146
 
 このホッパーは2セットでセキ3両分にちょうどで、石炭を落とす口がちょうどセキ1両に2つになります。
 
Dsc_6108
 
 4つならべると圧倒するストラクチャーになります。奥は山裾の崖にして、へばりつくように配置します。石炭の供給はオリジナルは屋根のないコンベアーですが   トタンのコンベアーを覆う建物を作成する予定です。
 
 ここまで書いて新たな発見です!セキ6両分のホッパーでセキ12両に積み込む仮定だと線路の有効長はセキ18両分必要なのですが、これの倍のセキ12両分のホッパで一度に積み込みをすると有効長はセキ12両分ですみます!ジオコレの給炭ホッパーをあと4つ買わねばなりませんが...
 

|

« ホッパーのある終着駅の詳細決定 | トップページ | 機関庫周辺 »

鉄道模型 レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホッパーの魅力:

« ホッパーのある終着駅の詳細決定 | トップページ | 機関庫周辺 »