« ホッパーの魅力 | トップページ | 2017年春の増発列車発表される »

2017年1月20日 (金)

機関庫周辺

Dsc_6126
 
 転車台についてはカトーのものは単体だと大き過ぎましたが、接続線路を減らして構内に配置するとなんとかマッチしました。北海道ですから機関庫にも扉を作らなくてはいけないですね。 

_20141104_2_01
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地

 真谷地にあった機関庫です。右手で雪に埋もれているのは倉庫になっている古典客車です。こういう物のイメージが大切ですね。

_20141104_4
 1975/3 真谷地鉄道 真谷地 22号

 どこの機関庫にも廃車になった罐が置いてありました。

_20141028_16
 1972/3 美唄鉄道 美唄 6号

 アッシュピットや石炭など生きた罐のいる機関区を作りたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

|

« ホッパーの魅力 | トップページ | 2017年春の増発列車発表される »

鉄道模型 レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機関庫周辺:

« ホッパーの魅力 | トップページ | 2017年春の増発列車発表される »