« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月30日 (日)

ばんえつ物語(2017/7/30下り速報版)

 この週末は金曜日の夕方から学生時代の友人と合宿で、大糸線あたりをドライブしてました。昼に友人達と別れてから7月最後のばんえつ物語に出かけてきました。新潟は曇りですが佐渡方面は晴れているので、もしかして夕陽が?と密かに期待して来ましたが...


今日の1枚

Dsc_2694
 2017/7/30 三川→五十島 五十島駅進入(許可を得て撮影)
 
 ノウゼンカヅラは一度撮ってみたいと思っていた花です。梅雨明けを待つ夏空のシーンでした。


Dsc_2563
 2017/7/30 荻野→尾登 尾登駅進入
 

 尾登ではヒマワリや百日草等の夏の花が咲き始めていましたが、マリーゴールドで撮ってみました。メルヘンチックな草原の中の黄色い花とよい煙が似合いました。

Dsc_2798
 2017/7/30 新関(列車はありません)
 
 久しぶりに拝んだ夕陽ですが...梅雨明けはいつになるのでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

(特集)京の瀬の魅力(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 京の瀬の魅力

Dsc_8745_01
 2016/10/15 清川小学校踏切 下り 


 三川駅と津川駅の間の阿賀町京の瀬は、国道49号線のルートが変わってからはどんづまりになってしまい、撮影者も少なく静かに楽しめる場所になりました。阿賀野川沿いの長閑な風景の中に、地元のかたが育てる季節の花もあり楽しめる場所です。この付近は上りも下りも爆煙とまではいきませんが煙が出る場所です。京の瀬の魅力は 
 
(1)阿賀野川沿いの風景
(2)季節の花
(3)Sカーブ
(4)懐かしい田園風景
(5)爆煙
 
 こんなところでしょうか?清川小学校踏切から京の瀬のカーブまで1kmあまりのドラマです。
 
(1)阿賀野川沿いの風景
 
 清川小学校踏切(小学校はもうありません)付近では阿賀野川沿いを走る風景を撮ることが出来ます。このあたりの阿賀野川は津川漕艇場となっていて流れは殆どないです。踏切付近は正面ギラリが狙えます。踏切以外でも京の瀬と京の瀬のカーブ付近でも阿賀野川が入ります。
 
Dsc_2499
 2016/4/3 清川小学校踏切 下り 

Dsc_0304_1_01
 2012/4/7 清川小学校踏切 下り
 

Dsc_1115
 2014/4/13 清川小学校踏切 下り
 

429
 2014/6/8 京の瀬のカーブ 下り
  
122
 2015/6/22 清川小学校踏切
  
531
 2015/7/19 清川小学校踏切 下り
  
090
 2014/9/23 津川漕艇場
  
Dsc_3646_01
 2016/12/3 清川小学校踏切
 

  2)季節の花
 
 京の瀬の集落の中には地元の方が季節の花を植えられ、四季楽しむことが出来ます。
 
Dsc_5737
 2017/4/30 京の瀬のカーブ
  
Dsc_6043_01
 2017/4/30 京の瀬のカーブ 下り
 
Dsc_6499_01
 2017/5/4 京の瀬のカーブ
  
Dsc_8276
 2017/5/20 清川小学校踏切 下り
   
Dsc_1406_01
 2017/6/25 京の瀬のカーブ 下り
  
Dsc_1554_01
 2017/7/2 京の瀬 下り
  
Dsc_2459_01
 2017/7/22 京の瀬のカーブ 下り
 
Dsc_2038_02
 2017/7/8 京の瀬のカーブ 下り
 
 
Dsc_2173
 2017/7/22 京の瀬
  
Dsc_0972_02
 2016/7/31 京の瀬のカーブ 下り
 
Dsc_1197
 2016/8/11 京の瀬
 
076
 2013/8/17 清川小学校踏切
  
Dsc_4023
 2016/9/3 京の瀬
  
Dsc_1701_2
 2015/9/20 京の瀬のカーブ
 
Dsc_9893
 2016/11/5 京の瀬
  
053
 2013/11/24 京の瀬
 
3)Sカーブ
 
 清川小学校踏切からは津川駅を発車してSカーブを来る姿を撮ることが出来ます。正面に夕陽が当たります。 
 
405
 2013/6/2 清川小学校踏切 下り
  
516
 2015/7/19 清川小学校踏切 下り
 

4)懐かしい田園風景
 
 京の瀬にも僅かながら水田があります。近くの民家も昔懐かしい造りで長閑な景色が絵になります。

Dsc_0195
 2012/9/15 京の瀬の水田 下り 

5)爆煙
 
 あまり爆煙を望む場所ではありませんが、上り下りともに煙はあります。

Dsc_9743
 2014/4/12 京の瀬の水田
 

 京の瀬という地名は昔懐かしい長閑な里のイメージがあり、季節の花が似合う場所です。

撮影ガイドトップへ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

(ニュース)2018年から「ばんえつ物語」が新津駅発着に

363_02
 2013/11/4 新津駅発車
 
 JR東日本から「のってたのしい列車」運転日のお知らせが発表されました。「ばんえつ物語」関連では11月末までの運転と、10月1日は「SL福が満開スタート号」、10月28・29日は「SLハロウィントレイン」として運転されますが、ヘッドマーク違い程度で大勢に影響はないでしょうけど、「2018年春からは新津駅発着となります」が付け加えられています。
 新潟駅乗り入れ廃止は、新潟駅高架化で勾配がきつくなるからでしょうか...私は新潟から新津の区間は対象外でしたが、帰り道に磐越自動車道のオーバークロスのあたりで見かけると、かっ飛ばして結構煙も出て、ギラリにもなっていますね。下りはこの区間はお客さんも少なく、30分程度遅延すると区間運休になってましたが、致し方ないですね。秋になったらせっせと新津発車でも撮りにいきます!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

(490)姥堂駅先(姥堂→会津豊川)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 姥堂駅先

Dsc_7491
 2023/7/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます


 姥堂駅付近には駅ホーム横と会津豊川寄りに小さな蓮田があり、7月には綺麗な花が咲きます。駅付近は駐車スペースがあまりないので、通行の邪魔にならないよう駐車する必要があります。このあたりは下りで煙が出る場所ですが、問題はハスの花は朝に咲いて、夕方には閉じてしまう花が多いことです。また春には線路際で菜の花が咲きます。

【春】

Dsc_0486x
 2024/4/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 1時間遅れとなり、その間に太陽も隠れてしまいました。

Dsc_4590_01x
 2021/4/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 手前に菜の花が入る編成写真になりました。

Dsc_0313x
 2022/5/5 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 青空に菜の花と爆煙が映えます。

Dsc_0322x_20220510092601
 2022/5/5 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 雄国岳を入れてみました。

Dsc_0323x
 2022/5/5 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 架線柱が無くなったらここは更に良い撮影ポイントになりますね。

Dsc_2594
 2018/5/6 

 電化区間の沿線はあちこちに菜の花が咲き、撮影ポイントになります。 
 
Dsc_2605
 2018/5/6 
 
 本番の時には太陽はすっかり厚い雲の下に入ってしまいました...
 
Dsc_2613
 2018/5/6 

 菜の花街道を行きます。

【夏】

Dsc_1615x
 2022/7/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ハスのつぼみです。

Dsc_1397
 2023/7/21 クリックすると大画像で見ることができます

 ちょっと煙が薄かったですが、緑の絨毯のなか撮ることができました。

Dsc_2319
 2017/7/22
 
 今年は蓮の花が少ないようで、開花している花は数えるほどでした。煙が出るポイントですが、さすがに30度を超えていると... 

Dsc_2323
 2017/7/22

 蕾が並びます。

Dsc_2326
 2017/7/22 

 ここは正面寄りからも撮ることが出来ます。バックの自動車道も隠れ景色は良いです。

Dsc_1598
  2019/7/27 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 やはり煙は空に抜きたいですね。 

Dsc_1609
  2019/7/27 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 このあたりからバックには何もありません。

Dsc_2541
 2017/7/30
 
 貴重な開花した花で撮りましたが、32度でスカでした...

Dsc_2551_01
 2017/7/30

 煙が出るポイントなのですが、2017年は3連敗でした...

Dsc_7507

Dsc_7524

Dsc_8540x
 2023/8/6 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 やはり蓮の花は近寄らないと駄目ですね。

Dsc_3776
 2017/8/20 

 ハスも終期です。

Dsc_1070
 2023/8/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 稲穂と雲で撮ってみました。

Dsc_1087
 2023/8/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 罐もギラります。

【秋】

Dsc_6441x_20230916230101
 2023/9/16 クリックすると大画像で見ることができます

 青空で稲刈り間近な黄金の稲穂で撮ってみましたが、肝心の煙が...

Dsc_9814x
 2023/10/1 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 姥堂をロケハンしていて彼岸花を見つけました。黄金の稲穂と絶好の組み合わせになったのですが、肝心の煙が...

Dsc_1576x
 2023/10/15 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 線路際で草に隠れた1株だけはまだ色が褪せていませんでした。
 1株だけなのでアングルを悩みましたが、雨で被写界深度も浅いのでカメラを地面に置いて汽車ピンで撮ってみました。

Dsc_6480x
 2023/11/25 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 曇りでぎらりにならないのが残念ですが、姥堂では大きな柿があったので撮ってみました。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

(特集)早出川橋りょうの魅力(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 早出川橋りょうの魅力

Dsc_8952
 2017/5/21 下り


 早出川橋りょうの魅力はなんたって、築100年を超える由緒ある橋りょうや橋脚です。そして早出川の清流、夕陽やトワイライトが旅愁あるシーンを盛り上げてくれます。早出川の魅力をまとめると
 
(1)由緒ある早出川橋りょう
(2)早出川の清流
(3)橋りょうに登る築堤
(4)河原の草花
(5)夕陽のギラリとシルエット
(6)トワイライト
 
 こんなところでしょうか?川瀬の築堤から猿和田側の築堤まで1km足らずのドラマです。
 
(1)由緒ある早出川橋りょう
 
 築100年を超える橋りょうは橋脚と共にそれ自体が美しいです。

031
 2013/4/28

Dsc_0191
 2011/12/11
 

(2)早出川の清流

 堰があるので上流は水鏡もでき、下流は急流になります。

Dsc_2496_01
 2017/7/22 下り 

Dsc_9868_2

 2016/11/5 

026_01
 2013/11/23 

Dsc_4472
 2016/12/4

(3)橋りょうに登る築堤

 両側には橋りょうに登る築堤があり、周りは水田が広がりアジサイや梅もあります。

Dsc_3060
 2017/4/9

Dsc_9243_01
 2016/7/2

 
Dsc_0148
 2012/7/28 下り

015
 2013/9/7 

(4)河原の草花
 
 川原にはあまり花はありませんが、築堤にはヤマニンジンが咲きます。
 
Dsc_3775_04

 2016/4/29 下り

Dsc_7558_04
 2017/5/14 下り 

(5)夕陽のギラリとシルエット

 4月中旬~5月、7月中旬から8月はじめは夕陽のギラリが狙えます。馬下と違って空がたくさん入り、ギラリと太陽を一緒に入れることができます。

Dsc_2949
 2017/4/2 下り 

Dsc_4451_03
 2017/4/22 下り 

Dsc_6763_01
 2017/5/4 下り 

Dsc_8323
 2017/5/20 下り  

Dsc_6109
 2015/5/31 下り

Dsc_0007_04
 2016/7/23 下り 

Dsc_1066
 2016/7/31 下り 
 

Dsc_1083
 2016/7/31 下り
  

Dsc_1930_01
 2016/8/13 下り 

(6)トワイライト
 
 日没後明かりはないので、ほとんど撮る人はいませんが、手前の築堤は雄大なシーンです。

Dsc_2538_01
 2016/4/3 下り 

415
 2013/9/7 下り 

Dsc_5110
 2016/9/10 下り 

 順光の編成写真も良いですが、早出川橋りょうはいろんな表情をもっており、旅愁あふれるシーンが狙えます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

(245)中前田踏切(堂島→会津若松)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 中前田踏切

Dsc_1299
 2023/7/21 クリックすると大画像で見ることが出来ます  


 会津若松も近い磐越自動車道手前の中前田踏切付近には、沿線では貴重な蓮田があり、7月には綺麗な蓮の花を求めファンが集まります。このあたりはばんえつ物語は速度が速いです。付近は未舗装の狭い道なので駐車には気を付けてください。

【夏】

Dsc_2301
 2017/7/22  

 当然蓮田には入れませんのでアングルは限定されます。晴れた日は逆光になります。既にハスの花は終期で開花している花は数えるほどでした。

Dsc_7771
 2020/7/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 締めは会津若松の蓮田です。

Dsc_7774
 2020/7/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 青空も出ましたがちょっと花が少なかったです...

Dsc_1542
  2019/7/27 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 この暑さでもう閉じた花が多かったです。

Dsc_2702x
 2022/7/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 もう蓮も終期で、草も随分伸びていて構図に悩みましたが、思い切って咲きかけの花をアップにしてみました。

Dsc_7430
 2023/7/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ハスの花ももう終期ですが、煙が救ってくれました。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

ばんえつ物語(2017/7/22下り)

 下りの頃になっても30度を超す陽気ですが、途中津川の辺りから想定外の青空に太陽が出てきました!よもやの夕陽の期待が膨らみますが...


今日の1枚

Dsc_2530_01
 2017/7/22 新関→東新津 新関駅先

 百日草は時としてとても面白い絵になることがあります。バックの豆畑も綺麗で梅雨を締めくくるシーンとなりました。


Dsc_2323
 2017/7/22 姥堂→会津豊川 姥堂駅先
 
 上りの締めは会津若松近くの蓮の花でしたが、下りのスタートは姥堂駅先の蓮の花です。こちらは穴場的存在ですね。

Dsc_2326
 2017/7/22 姥堂→会津豊川 姥堂駅先
 
 但し今年は蓮の花も不作で少し寂しい蓮田になってしまいました...

Dsc_2342_01
 2017/7/22 喜多方→山都 一の戸橋りょう
 
 一の戸橋りょうは上りで撮った花で再び撮ってみました。

Dsc_2353
 2017/7/22 喜多方→山都 一の戸橋りょう
 
 予想もしない煙にニンマリです。

Dsc_2382_01
 2017/7/22 山都→荻野 山都のSカーブ
 
 一の戸橋りょうの先は花無し区間なのでついでの1枚です。奥の方に黄色い花が咲いてます。

Dsc_2399_2
 2017/7/22 野沢→上野尻 芹沼
 
 菊の仲間が綺麗に咲いてました。

Dsc_2404_2
 2017/7/22 野沢→上野尻 芹沼
 
 ここは毎度のことなのですが、手前に来ると隣の民家の屋根の青が映り込みます...どなたか回避方法を教えてください!

Dsc_2423
 2017/7/22 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう先
 
 赤いタチアオイには目がありません?!しかし今日は無煙で...

Dsc_2436
 2017/7/22 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
 最期に一輪残るタチアオイで撮ってみましたが分電箱が...今年はこのあたりの花も悲惨ですね...しかし西の空が明るくなり太陽が出てきました!

Dsc_2459_01
 2017/7/22 津川→三川 京の瀬のカーブ
 
 ちょっとドライフラワー化してましたが白いアジサイで撮ってみました。罐の正面に夕陽が当たります。

Dsc_2463
 2017/7/22 津川→三川 京の瀬のカーブ
 
 いつの間にかすっかり青空になっています。夕陽があれば予定を変えて早出川に急行します!

Dsc_2487
 2017/7/22 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
 いつもは津川辺りで天気が悪くても東下条あたりから急に夕陽が出てくるパターンが多いのですが、今日は逆で太陽は厚い雲の中に消えて行きました...夕陽はないので雨で増水した堰の水で撮ってみました。

Dsc_2496_01
 2017/7/22 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
 川の中の青いのは映り込みでなく水中に沈むブルーシートです。先日の大雨で木の根も流れてきて橋脚に引っかかっています。

Dsc_2512_01
 2017/7/22 新関→東新津 新関駅先
 
 締めは上りと同じ新関の百日草です。夕陽があればギラリも狙える場所ですが...被写界深度が浅いのも面白いですね?!

 今日は雨は全く降らず、暑かったですけれどもトップライトも弱く、梅雨の花の最期を締めくくるシーンが撮れて満足です。明日は大雨なのでこれで撤収です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

ばんえつ物語(2017/7/22上り)

 関東は梅雨明けしてますが、東北は梅雨前線が北上してこの週末も雨マークです。会津盆地では34.5度でしたが煙と夏の花の行方は...


今日の1枚

Dsc_2201
 2017/7/22 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう
 
 今年は30数度の暑さの中でもここは煙がでてくれます。並んだ花が橋りょうに合いました。


Dsc_2123
 2017/7/22 東新津→新関 大関道踏切先
 
 今日のスタートは新関駅手前のいつもの場所です。ここのアジサイは結局咲かず百日草のシーズンになりました。

Dsc_2136
 2017/7/22 東新津→新関 大関道踏切先
 
 本番では何故か今日は花ピンを撮りそびれました...

Dsc_2158
 2017/7/22 東新津→新関 大関道踏切先
 
 いろんな花があったのですが、迷っているうちに来てしまい大失敗の1枚です...

Dsc_2173
 2017/7/22 三川→津川 京の瀬
 
 沿線のタチアオイは殆ど終わってますがここはなんとか...

Dsc_2197
 2017/7/22 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう
 
 豪快な紫の花です。

Dsc_2221
 2017/7/22 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場
 
 ここのアジサイは私がしっている限り最低の年で、花が殆どありません...

Dsc_2255
 2017/7/22 尾登→荻野 利田踏切手前
 
 尾登の花もまだでここしか撮る場所がありません...

Dsc_2271
 2017/7/22 山都→喜多方 一の戸橋りょう
 
 いつもと違う山都側の花で撮ってみました。僅かな青空がよかったです。

Dsc_2304
 2017/7/22 堂島→会津若松 中前田踏切 
 
 ハスの花も終期なのか殆ど開いていませんでした。

 梅雨の花から夏の花6種類の競演になりました。ヒマワリも既に咲いています。梅雨明けはまだですが夏本番です。 先週はお休みになってしまい、アジサイはまだまだ未消化だったのですが、既に殆ど終わってます

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

はじめての「やまぐち」へ

_20141215_3
 1973  山陰本線 D51911
_20141215
 1973/8 山陰本線 浜田 C57101
 
 昨晩は磐越西線で知り合ったT氏の縁で、T氏の友人の友人と鉄の飲み会でした。はじめてお会いしたつもりだったのですが、磐越西線で何度も遭遇していたとのこと?!しかも高校からの先輩とあれば旧知の知り合いのようでした。
 そしてその先輩方にご一緒させていただいて、9月にはじめての山口線に行くことになりました。中国地方といえば現役時代はやはり山陰本線で、お隣の美祢線には行ったことがあるのですが、山口線はまったくのはじめてになります。山陰本線といえばやはりD51やC57の思い出が多く、25‰の勾配を駆け上るC57やD51を撮れると思うと、早、心が躍ります。また9月からは新しいレトロ客車が走るということで、ニス塗りのオハ35ではないですが、よい雰囲気の客車も楽しみにしています。ということで44年ぶりの中国地方遠征、少し浮気しますがお許しください?!
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

(特集)尾登の魅力(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 尾登の魅力

Dsc_9511
 2015/8/9 下り


 小さな駅、尾登駅付近には地元の方が季節の花を大切に育てられています。線路際には小さな畑ですが、一面の菜の花やコスモスが咲きます。また駅の両側に桜の木があり、春先楽しめます。
 下りは愛宕山トンネルが11‰、上りも駅手前まで少し上ってくるので駅までは煙が期待できます。花の尾登駅の魅力は 
 
(1)桜
(2)菜の花
(3)百日草
(4)ヒマワリ
(5)蕎麦の花
(6)コスモス
(7)踏切付近のカーブ
(8)愛宕山トンネル飛出し
(9)俯瞰
 
 こんなところでしょうか?駅手前の桜から愛宕山トンネルまで約1kmのドラマです。
 
(1)桜
 
 上りの駅手前と下りの愛宕山トンネル先には渋い桜の老木があります。
 
Dsc_4176_01
 2017/4/22
 
Dsc_4827 
 2017/4/23 下り

(2)菜の花
 
 踏切付近が一面の菜の花になり見ごたえがあります。
 
Dsc_2934
 2016/4/16 下り
  
Dsc_6667_01
 2017/5/4 下り

(3)百日草
 
 カーブ付近は一面の百日草になり長い期間楽しめます。
 
Dsc_9896_01
 2016/7/23 下り
    
Dsc_1022
 2015/8/30 下り
 
(4)ヒマワリ
 
 駅の両側にはずらりとヒマワリが咲きます。
 
Dsc_0869
 2016/7/31 下り
  
Dsc_8977_01
 2015/8/8 下り
  
270
 2013/8/11 下り
  
Dsc_1279
 2016/8/11
 
Dsc_1413_01
 2016/8/11 下り
 
092
 2016/8/13
 

(5)蕎麦の花
 
 踏切付近には小さな蕎麦畑もあります。
 
Dsc_3669
 2016/8/28
  
Dsc_3743
 2016/8/28 下り
  
Dsc_6681
 2016/9/19 下り
 

(6)コスモス
 
 夏の終わりのキバナコスモスから秋のコスモスまで楽しめます。
352_01
 2014/8/17 下り
  
Dsc_2890_01_2
 2016/8/21 下り
   
Dsc_1375_01
 2015/9/19 下り
  
Dsc_1790
 2015/9/20
  
Dsc_1883
 2015/9/20 下り
  
(7)踏切付近のカーブ
 
 編成は入りきりませんが、雰囲気は良いです。
 
019_01
 2013/3/19 下り 
 
386_02
 2015/5/16 下り
 
(8)愛宕山トンネル飛出し
 
 出口にスノーシェイドがついた独特の形で面白いです。 
 
280_01
 2014/6/22 下り
  
(9)俯瞰
 
 鳥屋山からは駅先を俯瞰できます。上から見ると意外に阿賀野川に近いです。コスモスも見えますね。野沢方面からの俯瞰場所もあります。
 
082_01
 2014/9/27
  
 花好きにはとても魅力的な尾登です。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

(特集)上野尻の魅力(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 上野尻の魅力
 
Dsc_2492_01
 2017/4/2


 上野尻駅を出てカーブを右に曲がると広い田園地帯に出ます。細田新田踏切付近の畑には季節の花があり、バックの飯豊山と共に見せ場となります。下りについては上野尻国道オーバークロスからの田園地帯を行く姿が絵になります。上野尻の魅力は 
 
(1)残雪の飯豊山
(2)桜
(3)季節の花
(4)ススキ
(5)水田の四季
(6)俯瞰
 
 こんなところでしょうか?上野尻駅から明神前まで2km足らずのドラマです。
 
(1)残雪の飯豊山
 
 年によっては7月まで残雪のある飯豊山ですが、やはり春先を狙いたいです。細田新田踏切と明神前のポイントがあります。
 
210_01
 2016/4/2
 
Dsc_2479
 2017/4/2 
 
Dsc_0564_02
 2014/4/13
  
211_01
 2015/4/29
  
Dsc_2219
 2015/5/3
 
212_01
 2013/5/18
 
Dsc_5205
 2015/12/6
  

(2)桜
 
 上野尻駅には立派な桜と枝垂桜、明神前には枝垂桜があります。 
 
Dsc_2731
 2016/4/16
 
Dsc_2952
 2016/4/16 下り
  
Dsc_4311
 2017/4/22 下り
 
Dsc_5299_02
 2017/4/29
  
Dsc_5451
 2017/4/29 下り
 
(3)季節の花
 
 付近の畑には菜の花、キショウブ、タチアオイ、アジサイ、百日草、ミソハギ、ヒマワリ、コスモスと季節の花が楽しめ、飯豊山とのコラボもできます。 
 
Dsc_0185_30003
 2012/5/13
  
220
 2015/5/17
  
Dsc_7962
 2017/6/11
 
Dsc_8979_02
 2016/6/25
  
Dsc_1766_01
 2017/7/8
  
Dsc_9349
 2015/8/9
 
Dsc_9533_02
 2015/8/9 下り
 
123_01
 2014/8/17
  
Dsc_0906
 2015/8/30
  
Dsc_4579
 2015/11/29
 
(4)ススキ
 
 駅、オーバークロス周辺には秋の風物詩のススキが絵になります。
 
483
 2014/9/20 下り
  
352
 2013/9/23 下り
  
Dsc_0784
 2016/11/12 下り
  
(5)水田の四季
 
 開けた水田は春先の雪の原から黄金まで楽しめます。
 
294_01
 2013/3/19
  
Dsc_2005
 2017/4/1 下り
  
Dsc_5586
 2016/5/21 下り  
 
Dsc_7812
 2016/6/11 下り
 
Dsc_0353
 2015/8/29
 
216_01
 2013/11/24
 
Dsc_4722_2
 2015/11/29 下り
 
(6)俯瞰
 
 阿賀野川の対岸からはプチ俯瞰でこのあたりを見渡すことが出来ます。
Dsc_5400_01
 2016/5/21
 
Dsc_0179_01
 2016/11/5 下り

 上野尻は古き良き田園地帯が残り、飯豊山や季節の花とのコラボを楽しむことができる会津の代表的な撮影地です。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

(特集)五十島の魅力(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 五十島の魅力

095
 2015/6/22


 ばんえつ物語は五十島駅を通過すると吉津トンネルに向けて猛ダッシュをかけます。途中踏切先の築堤あたりには花が咲き、五十母川橋りょうではサイドや正面からいろんなシーンが楽しめます。一方下りも爆煙の時があり、馬鹿にできないです。最近は橋りょうより築堤付近の方が人気となっています。 
 
(1)踏切先の爆煙
(2)季節の花
(3)五十母川橋りょう正面
(4)五十母川橋りょう側面
(5)残雪の山
 
 こんなところでしょうか?五十島駅から吉津トンネル入口まで1km足らずのドラマです。
 
(1)踏切先の爆煙
 
 五十島駅を通過すると猛ダッシュをかけるので爆煙が期待できます。最近は橋りょう付近までもたないこともあります。
 
Dsc_8909
  2014/4/5
  
043
 2013/4/13
  
420
 2015/5/23 下り
  
 
Dsc_1186
 2015/9/19
 
050
 2014/9/23
  
Dsc_0062
 2012/11/23
  
Dsc_4507_3
 2016/12/4
 
(2)季節の花
 
 踏切から橋りょうの間の築堤付近は熱心なファンが花を育てられていて、季節の花を楽しむことが出来ます。
 
D7k_1042
 2014/5/25 下り
 
Dsc_7902
 2017/6/11
  
Dsc_9919
 2017/6/17
 
Dsc_0803_02
 2017/6/18 下り 
 
Dsc_0815
 2017/6/18 下り 
Dsc_9640_01
 2016/7/23 許可を得て撮影
 
(3)五十母川橋りょう正面
 
 今更紹介するまでもないお立ち台です。
 
Dsc_2176
 2015/5/3
  
026_01
 2014/9/27
  
(4)五十母川橋りょう側面
 
 皆さんあまり狙わないですが五十母川の清流は美しく、下流側からはシルエットも狙えます。 
 
071_01
 2015/7/20
 
Dsc_3572_01
 2016/8/28
  
045_02
 2014/8/31
  
399
 2013/9/7 下り
  
(5)残雪の山
 
 春先は五十母川上流方面と五十島駅方面の雪山をいれることができます。
 
 
Dsc_1609
 2017/4/1
  
Dsc_3518_06
 2017/4/9 下り
  
 
Dsc_0031
 2012/4/21
 
Dsc_1278_01
 2014/4/26
 
 やはりここも煙の魅力が大きいですね。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

我が家のSカーブとアジサイ

Dsc_2100_6
 2017/7/15
 
 今日は鉄はありません。長野信濃町の我が家のSカーブとアジサイです。渓流を逆Sの字になるよう石を積み上げました。手前にはアジサイがあるのですがまだ咲いてません。ヤマアジサイは綺麗に咲きました。磐越西線沿線にはヤマアジサイはあまりありませんが、五十母川橋りょうのトンネル寄りにありました。
 
Dsc_0015
 2017/7/15
 
 昨年は滝の下踏切で目の前でクマに遭遇、阿賀の里対岸でも遠くの線路を横切りました。昨日我が家から街に少し下ったところで道端に黒い物が転がっていました。タヌキにしては黒いなと思って見に行くとなんと子熊が死んでました。車に引かれたばかりのようで血が出てました。可哀そうですけれども連れが極度のクマ恐怖症で、親熊が仕返しにくるのではと退散です。昨年からクマづいているので気を付けないと?!
 3連休も日曜日の午後から雨になりそうですね。夕陽はないけどいつ行こうかな...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

(488)芹沼(野沢→上野尻)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 芹沼

Dsc_2399_2
 2017/7/22


 芹沼にはタチアオイもあり安座川橋りょうからカーブを曲がってくる姿を撮ることが出来ます。上り下りともに煙は出る場所です。

【春】

Dsc_0625x
 2024/4/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 1時間遅れで暗くなってしまいましたが、水仙を入れてみました。

Dsc_5748x
 2021/5/4 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 芹沼では這いつくばって水仙を撮りましたが、例によって青い屋根が...

Dsc_0415x
 2022/5/5 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 安座川橋りょうの正面で、夕陽を浴びる姿です。

Dsc_0443x
 2022/5/5 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 明るい飯豊山は煙のフィルターをかけたのですが、罐には日が当たらないので難しいです。

Dsc_2044x
 2022/5/29 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 キショウブを狙って来ましたが、まだ咲き始めで隣に咲いていた黄色い花で撮ってみました。夕陽が線路の向こうの木だけに当たって花の色と同じになりました。

【夏】
 
Dsc_5095_01
 2018/6/10 

 やはりいつもの青屋根が映り込んでしまいました。 

Dsc_5098
 2018/6/10 

 花ピンか汽車ピンか迷うところですが、私のモットーからは花ピンですね。
 
Dsc_8405_03x
 2021/6/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 キショウブで撮ってみました。

Dsc_2648_01x
 2022/6/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 花の付きがもうひとつで思いきって接近してみました。
 線路の向こうと空は日があたって明るいので煙も殆ど飛んでしまいもうひとつの絵になってしまいました...

Dsc_9136
 2016/6/25
 
 ここのタチアオイは少し品種が違うようです。 

Dsc_1135_02x
 2022/7/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 1株だけショウブが咲いてました。

Dsc_1971
 2017/7/8 
 
 ここは晴れると列車だけに夕陽が当たります。手前の花には日が当たらないので考慮する必要があります。

Dsc_1976
 2017/7/8 
 
 煙は割と期待できる場所なので花はなくても面白いかもしれません。

Dsc_1532
 2023/7/21 クリックすると大画像で見ることができます

 この時期芹沼は罐がちょうど日陰になってしまいあまりよくないのですが...咲き始めで絵にならない花を汽車ピンでごまかしました。

Dsc_2404_2
 2017/7/22 
 
 
菊の仲間が綺麗に咲いてました。ここは毎度のことなのですが、手前に来ると隣の民家の屋根の青が映り込みます...

Dsc_1698
  2019/7/27 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 芹沼の菊の仲間は貴重な黄色い花です。

Dsc_7657
 2023/7/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 芹沼付近は綺麗に草が刈られています。

Dsc_8636x
 2023/8/6 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ちょっと花のボリュームがありませんでした。

【秋】

Dsc_0807x
 2020/9/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 黄金の稲穂を狙ってみましたが、煙が...

Dsc_9928x
 2023/10/1 クリックすると大画像で見ることができます

 芹沼では上りでも撮ったハザカケで撮ってみました。かなり暗いので上りとは違った雰囲気となりました。 

Dsc_2497_01x
 2021/10/3 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 既に日も当たらず寂しいシーンになってしまいました。

Dsc_4181x
 2020/10/31 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 まだ残っていたハザカケで撮ってみました。周りにいろいろあってちょっと窮屈です...

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

暑中お見舞い申し上げます

045_02
 2014/8/31 五十島→三川 五十母川橋りょう
 
 暑中お見舞い申し上げます。
 
 関東は蒸し暑い日が続きます。磐越西線沿線は7月になって梅雨の本格的な雨でなく、曇りで一時雨といった天気が続いています。今日はカンカン照りになりそうですが、この3連休もそんな感じで、晴れマークは望めそうもありません。最近は夕陽がないとテンションが上がらないのですが、3連休も駄目そうで後半にアジサイを追いかけてみます。最近凝っている新関付近は7月末までが夕陽のチャンスですが今年はどうでしょうか...
 さて暑い日には清流の中に入っての撮影も楽しいです。五十母川は裸足で入って大丈夫ですが、早出川は鮭も上る川で深みもありますから気を付けてください?!一の戸川も気持ちよいですよ!
 7月から週末の家が長野になりますので、ばんえつ物語出撃もお休みが多くなってしまいそうです...
 
                                  会津の自然と汽車
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

(特集)黄昏を撮る(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 黄昏を撮る

Dsc_2949
 2017/4/2 猿和田→五泉 早出川橋りょう


 「黄昏」とは日没直後、西の空に夕陽の名残の茜色が残る時間帯です。ばんえつ物語では当然下りの野沢から先辺りが狙い目となります。日没後30分ぐらいは雲の有無等によって素晴らしい黄昏の茜色が演出される時があります。

Dsc_0784
 2016/11/12 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス

Dsc_8677_01
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入  

Dsc_8045_02
 2016/10/2 津川→三川 津川漕艇場

Dsc_2208
 2017/4/1 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_3564_01
 2017/4/9 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_5052_02
 2017/4/23 馬下→猿和田 馬下踏切   

Dsc_3879
 2016/8/28 馬下→猿和田 馬下踏切 

Dsc_2055_01
 2015/9/20 馬下→猿和田 馬下踏切 

Dsc_2989
 2017/4/2 猿和田→五泉 早出川橋りょう 

Dsc_4451_03
 2017/4/22 猿和田→五泉 早出川橋りょう

Dsc_7341_01
 2017/5/7 新関→東新津 新関駅先 

Dsc_3650
 2017/4/9 新関→東新津 大関道踏切

 夕陽のような派手さはありませんが、茜色の残照が素晴らしいシーンを演出してくれます。黄昏には哀愁がありますね!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

(489)第2中野踏切(北五泉→新関)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 第2中野踏切

Dsc_2073
 2017/7/8 

Dsc_1739_01
 2023/7/21 クリックすると大画像で見ることができます


 北五泉から新関の間は水田地帯を走り、第2中野踏切付近では夕陽バックやギラリを撮ることが出来ます。新関付近と並んで夕陽を横に撮れる貴重な場所です。

【春】

Dsc_2781_02
 2018/5/6 
   
 上りは水鏡、スカと大失敗でしたが、その2つはリベンジできましたが、肝心の夕陽がなく暗闇に沈みました...

013
 2013/5/18

 線路際まで水田があるので水鏡には絶好の場所です。来年は水鏡の時期にチャレンジしてみます。

004
 2013/5/18 

 北五泉方向は残雪の山がバックになります。

Dsc_3975
 2018/5/20  
 
 五泉交換のDCの時はまだなんとか夕陽がありました。風があって水鏡は駄目ですね。 

Dsc_3997_01
 2018/5/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 いよいよ本番ですが、夕陽は虫の息、殆どスカで水鏡も...

Dsc_4006_03
 2018/5/20  
 
 夕陽を信じてここ1本に絞ったのですが...

Dsc_4036_01
 2018/5/20  
 
 またいつかリベンジします...

【夏】

Dsc_5588
 2018/6/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

 煙もあまり期待できなく、バックも家があるので流しにしてみました。

Dsc_5591
 2018/6/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
 水田のギラリ流しはイメージ通りになりました。是非大画像でギラリの美しさをご覧ください。
 
Dsc_5594
 2018/6/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 
動輪が輝きます。
 
Dsc_5597
 2018/6/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

 キャブが輝きます。

Dsc_5599
 2018/6/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

 ちょうど連写のタイミングで動輪のロッドの位置がよかったです! 

Dsc_2048
 2017/7/8 
 
 シルエット側の問題は高圧線の鉄塔が近くに並ぶことです。編成を入れるとどうしても入ります。

Dsc_2068_01
 2017/7/8 
 
 鉄塔の間隔は2両ぶんぐらいなので罐中心に撮れば鉄塔は入りませんが、高圧線は架線のように写ってしまいます...

Dsc_2071
 2017/7/8 
 
 高圧線は入りますが、バックは低い山で長閑な田園風景となり、夕陽を入れれば旅情あるシーンとなります。

Dsc_1808x
 2022/7/10 

 入道雲の山バックで来ましたが、肝心な煙が...

Dsc_1877x_20220711085501
 2022/7/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 草で足回りも隠れ、茜色も弱く残念でした...

Dsc_1723
 2023/7/21 クリックすると大画像で見ることができます

 この辺りは草が奇麗に刈ってあり、ギラリも素晴らしかったのですが、もう少し煙があると完璧でしたが...

Dsc_1733
 2023/7/21 クリックすると大画像で見ることができます

 ギラリと流しは相性が良いです。やはり馬下では撮れない公式側が好きです。

 

Dsc_1750
 2023/7/21 クリックすると大画像で見ることができます

 久しぶりのギラリに興奮しました?!

Dsc_3850_20230724193601
 2023/7/22 クリックすると大画像で見ることができます

 翌日もここで狙ったのですが。夕陽は本番を挟んで5分ほど雲がかかってしまい、ギラリを諦めシルエットで撮ってみました。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

(244)東新津のSカーブ(新津→東新津)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 東新津のSカーブ

Dsc_4100_01
 2018/6/2 


 東新津駅の手前、石付製油踏切を挟んで丸新道踏切手前までは長めですがSカーブとなっています。ここは石付製油踏切あたりまでは力行しますので煙は多少はあります。線路際には住民の方がアジサイやコスモスを育てていますが、小さな畑もあるので注意が必要です。両側には家がありますが、木もあるのでうまく撮れば街中に見えないSカーブとなります。

【夏】

Dsc_0300
 2017/6/18
 

 途中には新津製油所発祥の地の石碑があり、付近にアジサイがあります。

Dsc_6832_01
 2020/7/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 この辺はC57は猛スピードで走り抜けます。

Dsc_6836_01
 2020/7/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 煙は薄かったですけれども久々のばんえつ物語との対面でヨシとします。
 
Dsc_1606
 2017/7/8 
 

 アジサイに寄って撮ってみました。 

Dsc_1650
 2017/7/8 
 

 30度の真夏日でしたが煙はなんとかありました。

Dsc_1653_2
 2017/7/8 
 
 ばんえつ物語もこのあたりは驚くようなスピードで通過します。やはり青空バックはいいですね。

Dsc_0841_01
  2019/7/12 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 1年ぶりのC57180との御対面です。いつもと違い試運転の徐行でやってきました。やはり飾らないヘッドマーク無しの罐は良いですね。

 【秋】

Dsc_4787
 2017/9/6 
 
 狙いはSカーブでなくコスモスです。

Dsc_4793
 2017/9/6 
 

 今年のコスモスは早咲きと遅咲きがありますね。

Dsc_5243_02
 2017/9/16 

 Sカーブでコスモス狙いです。

Dsc_7438_2
 2016/10/2 
 
 秋にはコスモスが咲きます。奥が石付製油踏切です。

戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ばんえつ物語(2017/7/8下り)

 今日は17時を過ぎてもまだ32度の陽気の梅雨の中休みでした。久しぶりの夕陽が期待できそうですが今日の成果は...


今日の1枚

Dsc_2073
 2017/7/8 北五泉→新関 第二中野踏切
 
 暫くご無沙汰していた夕陽のシーンです。今日はいつもの場所でなく、はじめての場所で撮ってみましたが、夕暮れの田んぼの緑がよかったです。


Dsc_1907
 2017/7/8 喜多方→山都 舞台田踏切
 
 下りのスタートは舞台田のタチアオイです。濁川橋りょうの塗装工事も山都よりは完了です。

Dsc_1909
 2017/7/8 喜多方→山都 舞台田踏切
 
 今日は青空で山も見えますがタチアオイは既に末期でした...

Dsc_1916
 2017/7/8 喜多方→山都 舞台田踏切
 
 しかも狙いのポイントではスカに...

Dsc_1938
 2017/7/8 喜多方→山都 舞台田踏切
 
 名残のタチアオイです...また煙が出始めました?!

Dsc_1947
 2017/7/8 荻野→尾登 尾登のカーブ
 
 そろそろ何か花が咲くかなとやってきましたが、ようやく百日草が咲き始めたぐらいでした...

Dsc_1976
 2017/7/8 野沢→上野尻 芹沼
 
 ここは列車だけに夕陽が当たりますが意外に面白かったです。

Dsc_2001
 2017/7/8 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう先
 
 タチアオイに夕陽が当たりましたが煙が...

Dsc_2011_02
 2017/7/8 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
 罐の正面に夕陽が当たりました。タチアオイとアジサイがミックスになってしまいました...

Dsc_2014_02
 2017/7/8 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
 ミックスはもうひとつですね...

Dsc_2033_02
 2017/7/8 津川→三川 京の瀬のカーブ
 
 ここでも罐の正面に夕陽があたりました。

Dsc_2038_02
 2017/7/8 津川→三川 京の瀬のカーブ
 
 夏の夕暮れらしくて気に入りました!

Dsc_2071
 2017/7/8 北五泉→新関 第二中野踏切
 
 さて今日は夕陽のシーンが期待できますが、日が落ちてくると雲があるようでギラリは狙えずシルエット狙いになります。どこにしようか迷いましたが、いつもの早出川、新関でなく北五泉先の第二中野踏切で撮ってみました。ここは高圧線が架線のように入ってしまうのがたまにキズです。やはり夕陽があるとテンションが違います。これからの下りの17時からが楽しみです。

 梅雨の合間の真夏日でしたが、久しぶりの夕陽のシーンに満足して帰路につきました。日曜日は子供の試験にお付き合いでお休みです...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

ばんえつ物語(2017/7/8上り)

 今日は梅雨前線が南下して東北は暑い日になりそうです。アジサイ、タチアオイも終期で,スタートから30度を超え、会津盆地では34度になりましたが...


今日の1枚

Dsc_1743_01
 2017/7/8 鹿瀬→日出谷 寺前踏切
 
 梅雨の合間の真夏日となりましたが、ここはいつものように爆煙でした。


Dsc_1650
 2017/7/8 新津→東新津 東新津のSカーブ
 
 今日のスタートは新津市街のアジサイです。スタートから30度の真夏日になりました。

Dsc_1672_01
 2017/7/8 猿和田→馬下 猿和田駅通過
 
 ようやくここのアジサイも咲きそろいました。

Dsc_1685_01
 2017/7/8 馬下→咲花 馬下駅通過
 
 踏切待ちです。

Dsc_1699
 2017/7/8 五十島→三川 御前トンネル手前
 
 ここのハナショウブも終期でした。この陽気では煙も望めません...

Dsc_1721_01_2
 2017/7/8 三川→津川 京の瀬
 
 タチアオイも終期です。

Dsc_1742_01
 2017/7/8 鹿瀬→日出谷 寺前踏切
 
 やはり花で撮っても煙は良いですね。

Dsc_1766_01
 2017/7/8 上野尻→野沢 上野尻のカーブ
 
 アジサイは綺麗だったのですが、撮影者を避けて苦しいアングルになってしまいました...

Dsc_1830_02
 2017/7/8 尾登→荻野 利田踏切
 
 このあたりは花が無くお立ち台に来ましたが、トップライトが強すぎです..

Dsc_1856_02
 2017/7/8 山都→喜多方 山都駅発車
 
 住宅街なので苦しいです..

Dsc_1880_01
 2017/7/8 堂島→会津若松 広田街道踏切
  
 締めは電化区間でタチアオイですが、このあたり誰もいません?皆さん会津若松でC11かな??

 今日は梅雨の合間の夏日となって34度の陽気で、一足早く夏のばんえつ物語を楽しむことが出来ました。今日は久しぶりに夕陽も望めそうですね!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

(特集)一の戸橋りょうの魅力(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 一の戸橋りょうの魅力

Dsc_5967
 2016/9/17 上り 進行左手の蕎麦畑より


 一の戸橋りょうの魅力はなんたって百年を越す歴史を持つ高さ24m長さ445mにも及ぶ16連の橋りょうの迫力と、一の戸川の清流、そして周辺の田園風景とのコンビネーションです。一の戸橋りょうの魅力をまとめると
 
(1)美しい橋りょう
(2)爆煙
(3)飯豊山
(4)桜
(5)菜の花
(6)一の戸川の清流
(7)蕎麦の花
(8)黄金
(9)コスモス
(10)ギラリとシルエット
 
 こんなところでしょうか?一の戸橋りょう450mのドラマです。
 
(1)美しい橋りょう

 16連の橋りょうですがやはり中央部の上路式ボルチモアトラスを撮りたいですね。上りの進行左側は晴れた日は逆光になりますが、手摺がないのですっきり撮れます。現存するJRのボルチモアトラスは全国でここと上野尻の蟹沢橋りょうだけです。

263
 2013/9/7 上り 進行左の展望台より

(2)爆煙

 山都駅発車から川吉に向かってダッシュするので煙が期待できます。橋りょう正面から撮ると煙が映えます。

195
 2013/4/21  上り 橋りょう正面

(3)飯豊山

 春先は飯豊山の残雪が美しいです。

Dsc_9949_01
  2014/4/12 上り 進行右手の高台より

Dsc_9966
 2014/4/12 上り 進行右手の高台より

Dsc_0392_1_01
 2011/5/5 上り 進行右手の高台より

(4)桜
 
 高さ25mもありますからかなり遠くまでいろんな季節の花を入れて撮ることができます。春一番はまずは桜です。

Dsc_2789
 2016/4/16 上り 進行右手の下の道より 

Dsc_4766
 2017/4/23 上り 進行右手の下の道より

(5)菜の花
 
 蕎麦畑では春は菜の花が咲きます。

Dsc_6600
 2017/5/4 上り 進行右手の畑より

Dsc_7026_01
 2017/5/7 上り 進行右手の丘より

Dsc_7019
 2017/5/7上り 進行右手の丘より

(6)一の戸川の清流
 
 橋りょうの下を流れる一の戸川の清流は絵になります。夏は川に入って撮影も楽しいです。  

113
 2016/8/13 上り 進行右手の河原より

Dsc_8023
 2017/6/11 阿賀野川合流地点付近より

(7)蕎麦の花
 
 蕎麦の本場山都だけに橋りょうの周辺には蕎麦畑が沢山あり、夏の終わりからメルヘンチックな風景をつくってくれます。 

177
 2014/8/31 上り 進行右手の蕎麦畑より 
  
Dsc_4129
 2016/9/3 上り 進行右手の蕎麦畑より
 
Dsc_5964
 2016/9/17 上り 進行左手の蕎麦畑より
 
(8)黄金
 
 蕎麦畑の隣は水田が広がり、9月の黄金は美しいです。

Dsc_1813_01
 2015/9/20 上り 進行右手の水田より 

248
 2013/9/21 上り 進行右手の阿賀川対岸より 

(9)コスモス
 
 橋りょうの付近にはコスモスはないですが、なんせ25mも高さがあるのでかなり離れていても撮ることができます。 

Dsc_7721
 2016/10/2 上り 進行右手の畑より 

Dsc_7726
 2016/10/2 上り 進行右手の畑より
 
(10)ギラリとシルエット
 
 10月になると下りでギラリを狙うことができ、太陽の光が優しくなってシルエットも撮れます。

Dsc_8486_01
 2016/10/15 下り 進行左手の道から
 
Dsc_8488_02
 2016/10/15 下り 進行左手の道から
 
Dsc_9036_01
 2016/10/16 上り 進行左手の道から
 

 100年の歴史を持つ一の戸橋りょうの変わらない風景をたのしみたいですね。
 
撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

(特集)アジサイを撮る(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド アジサイを撮る
 
Dsc_9369_01
 2016/7/2 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場  


 ばんえつ物語では意外に「アジサイ」とのコラボを撮れる場所は多くありません。線路端にあって有名なのが北五泉駅の前後と猿和田駅の馬下より、咲花駅の東下条よりぐらいです。また端村のゲートボール場は少し離れていますが人気があります。あとは個人のお宅とか数株程度の花になります。
 季節的には6月中旬以降7月末までで、雨が少ないと早めにドライフラワーになってしまいます。
 個人のお宅は許可がいるのでここではご紹介できませんので、一般的なアジサイだけを紹介します。

○北五泉

 北五泉の駅の前後は上りの進行右側を中心に線路沿いにかなりのアジサイが植えられています。この付近は進行左手が住宅街になり工夫が必要です。

036
 2013/6/22 北五泉→五泉 白山踏切

 北五泉駅先の白山踏切です。アジサイの花が満開まではいきませんが綺麗に咲いていました。

050
 2013/6/22 北五泉→五泉 白山踏切

 反対側は住宅になります。
 
Dsc_9192
 2016/6/25 五泉→北五泉 北五泉駅進入
 
 駅舎側から撮ってみました。
 
Dsc_9566  
 2016/7/2 五泉→北五泉 北五泉進入  

 かなり暗かったですが、アジサイは明るく写ります。

Dsc_1584_04
 2017/7/2 
 

 2017年の北五泉のアジサイはようやく咲き始めで、まだ咲いていない株もありました。悪天候の中30分遅れで、アジサイをライトアップしてみました。

○早出川
 
 早出川橋りょう手前の築堤の下にはアジサイが植えられています。

Dsc_9243_01
 2016/7/2 五泉→猿和田 川瀬  


 花は綺麗ですが、草と煙が問題です。

○猿和田

 猿和田駅の馬下よりには進行右側にアジサイが植えられています。北五泉のように連続して植えられているわけでなく株が離れてあります。そのため前ピントには好都合です。

037_01
 2014/6/22 猿和田→馬下 猿和田駅通過

 小降りになりましたが煙が僅かでインパクトありませんでした...

393_01
 2014/6/22 馬下→猿和田 猿和田駅通過

 上と同じ株の下りです。雨模様でとても暗くiso1600でようやくでした。煙はチョロチョロでしたがライトの光で存在感が出ました。青いアジサイは暗くてもよく写ります。

Dsc_1010
 2017/6/24 馬下→猿和田 猿和田駅進入
 

 2017年は6月末にようやくアジサイが咲きました。

Dsc_1107
 2017/6/25 
 
 猿和田で僅かに咲くアジサイです。今日は汽車ピンで撮ってみました。

018
 2013/7/28 猿和田→馬下 猿和田駅通過

 既にほとんどドライフラワーになっておりなんとか元気な一株で撮りました。

028
 2013/7/7 猿和田→馬下 猿和田駅通過

 この辺りは春に刈りこまれていて花が上にありませんでした。

○咲花

 咲花の東下条寄りの踏切から小島山トンネルの間、上りの進行左側の築堤の下にアジサイが植えられています。

060_02
 2014/6/22 咲花→東下条 咲花駅発車

 咲花は赤いアジサイが咲き始めてました。やはり汽車は煙ですね!
 
Dsc_8897_02
 2016/6/25 咲花→東下条 咲花駅発車
 
 今年は紫が綺麗でした。

103
 2013/7/27 咲花→東下条 咲花駅発車

 既にドライフラワー化しており煙ももうひとつでパッとしませんでした...
 
○端村ゲートボール場

 端村踏切の先の小高いゲートボール場は桜が有名ですがアジサイも綺麗です。ここのアジサイは桜の日陰になるせいか色が鮮やかでブルーだけです。ここは上りも下りも煙が期待できます。

319_01
 2014/6/22 上野尻→徳沢 端村ゲートボール場

 端村のアジサイは咲きはじめで、まだ一部の株しか咲いてませんでしたが、ここのアジサイは小さい額が密生していて美しいアジサイです。この日は一人で自由に撮れました。

086
 2013/7/28 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場

 末期でしたので誰もいませんでした。ここは線路との間が水田になり、背景も森になるので緑がとても綺麗でアジサイが映えます。

065
 2013/7/7 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場

 端村のアジサイは色彩が濃くて綺麗です。

 アジサイは暗くても美しく写るのでやはり花ピンで撮りたいですね。

〇上野尻のカーブ

 目立ちませんが細田新田踏切にもアジサイがあります。踏切付近の撮影者が入ってしまいます。

Dsc_1766_01
 2017/7/8 上野尻→野沢 上野尻のカーブ 
 
 アジサイは綺麗だったのですが、撮影者を避けて苦しいアングルになってしまいました...

Dsc_9755_02
 2016/7/23 上野尻→野沢 上野尻のカーブ   

 ドライフラワー直前のアジサイで撮ってみましたが、やはり煙が...

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

(487)寺前踏切(日出谷→鹿瀬)

戻る

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 寺前踏切

Dsc_1519
 2017/7/2 


 鹿瀬小学校の先、鹿瀬駅との間には寺前踏切があり、上りは爆煙ですが下りも煙が出る場所です。踏切手前には毎年ピンクの背の高い立派なタチアオイが咲き絵になり、道路から撮ることが出来ます。

【夏】

Dsc_0937
 2017/6/24 
 
 16時を過ぎても30度の陽気でした。ようやくタチアオイも咲きましたが、まだまだ花は根元でした。

Dsc_1520_01
 2017/7/2 
 

 本降りだったので、思い切って花に近づいてみました。

Dsc_1497
 2017/7/2 
 

 道路と線路の間の背の高い立派なタチアオイです。道路には白いガードレールがあり、インカーブなのでちょっと撮りにくいですが、バックに民家もあまり入らず山も絵になります。

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

ばんえつ物語(2017/7/2下り)

 今日は撮影予定はなかったのですが、なんとか時間が出来て17時から撮影開始となりました。しかし雨は本降りで、しかも到着してみるとばんえつ物語は四季島のトラブルの影響で30分近くも遅延していました。鹿瀬から盛期のタチアオイを撮りながら、今日の目的はようやく咲き始めた北五泉のアジサイでしたが、「(特集)雨の中で撮る」になってしまいました...


今日の1枚

Dsc_1554_01
 2017/7/2 津川→三川 京の瀬
 
 梅雨のシーンとしては土砂降りのなかよかったと思います。我ながら努力賞です?!普通この天気で撮りませんね...


Dsc_1519
 2017/7/2 日出谷→鹿瀬 寺前踏切
 
 スタートは例の深戸橋りょうから鹿瀬駅の間のタチアオイ狙いからになります。傘をさしての撮影なので思い切って花に近づいてみました。タチアオイはやはり花ピンに限りますね。

Dsc_1528
 2017/7/2 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
 ここはあちこちタチアオイが咲いてますが、今一つ撮りにくい場所ばかりです...

Dsc_1555
 2017/7/2 津川→三川 京の瀬
 
 このあたりいつも同じ場所ですね。本降りになって阿賀野川は捨てタチアオイで撮ってみました。煙が雲に同化しなければよかったのですが...

Dsc_1584_04
 2017/7/2 五泉→北五泉 北五泉駅進入
 

 北五泉のアジサイはようやく咲き始めで、まだ咲いていない株もありました。奇跡的に通過時は小降りになって最悪な条件の中でもなんとか撮ることが出来ました。
 
 ようやく咲き始めたアジサイと盛期のタチアオイを楽しむことが出来ました。雨の中僅か1時間ちょっとの撮影ですが全然懲りてないですね?!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

ばんえつ物語(2017/7/2下り速報版)

 今日は撮影予定はなかったのですが、なんとか時間が出来て17時から撮影開始となりました。しかし雨は本降りで、しかも到着してみるとばんえつ物語は停電の影響で30分近くも遅延していました。鹿瀬から盛期のタチアオイを撮りながら、今日の目的はようやく咲き始めた北五泉のアジサイです。通過は遅延の影響で19時も近く夜アジサイですが...


今日の1枚

Dsc_1584_04
 2017/7/2 五泉→北五泉 北五泉駅進入
 

 北五泉のアジサイはようやく咲き始めで、まだ咲いていない株もありました。奇跡的に通過時は小降りになって最悪な条件の中でもなんとか撮ることが出来ました。


Dsc_1587
 2017/7/2 五泉→北五泉 北五泉駅進入
 
 なんとか目的のアジサイを撮ることが出来てヨシとします。しかしこの天気で17時から行くのもアホですね...LEDライトを手前のアジサイに当て、夜アジサイをライトアップしてみました?!ストロボは使いませんよ!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

(特集)水鏡を撮る(河川編)(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 水鏡を撮る(河川編) 

Dsc_8952
 2017/5/21 猿和田→五泉 早出川橋りょう


 水鏡は線路際の田植え前後の水田が面白いですが、橋りょうが河川の水面に映る水鏡も楽しいものです。河川では水面がざわつくような風雨、あるいは流れがきつい日は条件が揃いません。逆にそんな中、水面に映る列車を撮れた時の喜びはひとしおです。磐越西線では阿賀野川をはじめ、支流の早出川あたりで狙うことができます。

○阿賀野川

 阿賀野川での水鏡はダム付近の流れの緩い場所となり、小花地大橋、当麻橋りょう、大巻橋りょう、徳沢橋りょうあたりで狙うことができます。特に下りは夕陽の光線とあわせて水鏡が出来れば思わぬシーンになることがあります。

261
 2013/4/13 津川→三川 小花地大橋

412
 2013/9/29 日出谷→鹿瀬 当麻橋りょう

155
 2013/9/21 日出谷→豊実 豊実トンネル先

Dsc_0043_01
 2012/8/11 徳沢→豊実 大巻橋りょう

Dsc_0705
 2017/6/18 徳沢→豊実 徳沢橋りょう

○早出川

 早出川橋りょう下には堰があり、上流側は水の流れが緩やかで水鏡が楽しめます。

Dsc_5721
 2016/9/11 猿和田→五泉 早出川橋りょう

038
 2013/9/21 五泉→猿和田 早出川橋りょう

 所詮流れる川ですから水田のような完璧な水鏡になりませんが、それだけに思わぬ傑作が撮れるかもしれません?!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

(特集)立葵(タチアオイ)を撮る(2017年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 立葵を撮る

Dsc_9346
 2016/7/2 津川→鹿瀬 津川駅発車  


 昔から立葵の存在は知っていましたが、この時期はアジサイを撮るものだと、あまり気にしていなかったのですが、美しい赤やピンクの花がとても映えるのがわかって、撮り始めたらやみつきになってしまいました。
 立葵は会津若松市の花でもあり、ちょうど梅雨の頃に咲き、畑の隅に植えられていることが多く、多年草なので翌年も同じところで咲きます。背が高くなりますが、下から花が上に咲きあげていくので撮りやすい花です。
 沿線では新関、猿和田、津川、鹿瀬、平瀬、芹沼、荻野、山都、舞台田と、よく見るとあちこちにあります。

Dsc_0327 
 2017/6/18 新津→東新津 石付製油踏切
 
 赤いタチアオイは絵になります。
 
Dsc_9870_01
 2017/6/17 新津→東新津 丸新道踏切

 
 2017年は昨年より咲き始めが遅かったです。
 
Dsc_1721_01_2
 2017/7/8 三川→津川 京の瀬
 
 タチアオイも終期です。
 
Dsc_8941
 2016/6/25 鹿瀬 鹿瀬駅通過  

 ステーションの赤い立葵が美しいです。 
 
Dsc_8965
 2016/6/25 鹿瀬 鹿瀬駅通過  

 黒煙と赤い立葵のコンビネーションが美しかったです。 
 
Dsc_1172
 2017/6/25 鹿瀬→日出谷 寺前踏切
 

 この区間は黒煙との組み合わせが楽しめます。
 
Dsc_1743_01
 2017/7/8 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう手前
 
 梅雨の合間の真夏日となりましたが、ここはいつものように爆煙でした。
 
Dsc_8979_02
 2016/6/25 上野尻→野沢 上野尻のカーブ  

 立派なピンクの立葵です。
 
Dsc_0029
 2017/6/17 山都→喜多方 山都駅発車
 

 梅雨前の青空です。
 
Dsc_1287_01
 2017/6/25 堂島→会津若松 広田街道踏切
 

 電化区間にも咲きます。  
 
Dsc_9086_01
 2016/6/25 喜多方→山都 舞台田踏切 
 
 ここのタチアオイは沿線で一番綺麗です。 
 
Dsc_9106
 2016/6/25 喜多方→山都 舞台田踏切  

 バックの影絵のような山、緑一面の水田と梅雨の美しい景色でした。
 
Dsc_1363_02
 2017/6/25 山都→喜多方 舞台田踏切
 
 雨でバックの山が消えたのが残念です。
 
Dsc_8188
 2016/6/12 喜多方→山都 慶徳町走下り   

 初期の花は下の方だけに咲きます。
 
Photo
 
 咲き始めのタチアオイが天気予報に使われました。
 
Dsc_9136
 2016/6/25 野沢→上野尻 芹沼  

 ピンクも絵になります。
 
Dsc_9504
 2016/7/2 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう先  

 群生しているとどうやって撮っていいかわからなくなります?!
 
Dsc_0937
 2017/6/24 日出谷→鹿瀬 寺前踏切
 
 深戸橋りょうから鹿瀬駅にかけてはあちこちに咲いてます。
 
Dsc_9164
 2016/6/25 日出谷→鹿瀬 鹿瀬駅進入  

 立葵には黒煙が似合いますね!

Dsc_1871
  2016/8/13 日出谷→鹿瀬 鹿瀬駅進入  

 名残のタチアオイを撮ってみました、夕陽が当たるのですが影が...
 
Dsc_8762
 2016/6/18 鹿瀬→津川 津川駅進入  

 夕陽の当たる立葵が綺麗でした。

Dsc_9957
 2016/7/23 鹿瀬→津川 津川駅進入

 終期なので汽車ピンで... 
 
Dsc_2038_02
 2017/7/8 津川→三川 京の瀬のカーブ
 
 夏の夕暮れらしくて気に入りました!
 
Dsc_0277
 2017/6/17 新関→東新津 大関道踏切手前
 

 青空で夕陽が当たりました。
 
Dsc_8852_02
 2016/6/18 新関→東新津 新関駅先  

 満開です。
 
Dsc_0915
 2017/6/18 東新津→新津 丸新道踏切
 

 住宅街の中の花園です。
 
 梅雨の時期という時節柄、青空で撮れるチャンスは少ないですが、皆さんも一度チャレンジされてはいかが?!
 
撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »