« (特集)ばんえつ物語の四季(初冬)(2017年版) | トップページ | (N005)戸草(牟礼―古間) »

2017年12月15日 (金)

(N004)講和橋(古間―黒姫)

戻る
 
しなの鉄道北しなの線 撮影ガイド 講和橋

Dsc_3833x
 2020/2/26 クリックすると大画像で見ることが出来ます


 講和橋は黒姫国道オーバークロスと古間駅との間に位置する、鳥居川と北しなの線をまたぐ橋で、黒姫山バックで撮ることが出来ます。古間側も人家を入れず鳥居川を入れて撮ることが出来ます。ここは場所が狭く数名しか入れません。
 近くに車は駐車スペースがありますが、交通量は少ないとはいえ歩道のない橋の端から撮ることになるので、夜間は危険です。
 朝一は山には朝日が当たっても列車には当たりません。

【春】

Dsc_4641_01
 2018/3/3 

 上りの始発の頃は戸隠にうっすら朝焼けが映ります。
  
Dsc_4837
 2018/3/3 
 
 こちらのほうが地肌が見えません。

Dsc_5326_01
 2018/3/4 

 スカ色が似合う景色です。

Dsc_5337
 2018/3/4 

 振り返って反対側も絵になります。
 
Dsc_5290
 2018/3/4  
 
 黒姫・戸隠も完璧です。 

Dsc_1024x
 2021/03/07 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 講和橋は順光でみなこちらを狙っています。

Dsc_1028x
 2021/03/07 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 欲張って反対側で雲の上に頭を出す黒姫山を入れてみました。 

Dsc_8198
 2019/3/9 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 今日は山も駄目で誰もいません。昨晩少し降りましたが雪解けも進み春間近です。
 
Dsc_8268
 2019/3/9 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 たぶん今年最後の雪景色です。

Dsc_5021x
 2022/3/21 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_5032x
 2022/3/21 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_5594x
 2022/3/27 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
【夏】
 
Dsc_8487_01
 2018/8/18 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 逆光の線路が綺麗だったのですが、車両で隠れました...

【秋】

007
 2014/10/11
 
 黒姫山は早くも色づいてきました。

027
 2017/10/11
 
 やはり雪景色ですね...

Dsc_0580
 2018/11/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます

  15時近くになってちょっと日が差したのでここに来てみましたが、あっという間に太陽は雲の中に入り紅葉の色が出ませんでした...

【冬】

Dsc_1098
 2017/12/10

 しなの鉄道になってから閑散としていましたが、懐かしのカラーの115系が戻ってきました! 

Dsc_5693
 2015/12/28

 橋からではなく雪原から林の間から出てくるところを撮ってみました。
 
Dsc_1525
 2019/1/1 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 講和橋は黒姫、戸隠は綺麗なのですが、線路際の草がまだ倒れてません...

Dsc_8305x
 2021/1/9 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 今朝は零下7度となりましたが、雪はやみ薄雲越に朝日も見えますが、山は当然駄目で、2021年の撮り初めは鳥居川と薬師岳を入れた講和橋でスカ色を狙いました。

Dsc_8321x
 2021/1/9 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 本来は湘南色が地元色ですが、中央線沿線で育った私はスカ色の115系が山に似合います。 バックに薄雲越の朝日があってよい感じになりました。

Dsc_8455x
 2020/1/9 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 
雪を巻き上げる姿も面白いです。

Dsc_9289_01x
 2022/1/8 クリックすると大画像で見ることが出来ます

723_2
 2015/2/21 妙高号

 今は亡き妙高号です。たまに国鉄特急色が入っていました。黒姫山の低い雲が面白かったです。

039
 2015/1/17 妙高号

 妙高号の時だけラッキーに雪が小降りになって、ひげをはやした189系を撮ることができました。

050_01
 2015/1/17 妙高号

 反対側に走って雪を蹴散らして走る姿です。やはりかつての特急ですね。

013
 2015/1/17 

 吹雪の列車も風情がありますね。

024
 2014/12/21 妙高号

 山は見えないのですが山のポイントに来てしまいました。

030
 2014/12/21 妙高号

 鳥居川の流れに沿って走ります。真っ白な雪野原がうれしいです!

005
 2014/12/21

 普通列車は屋根に雪を積んだままです!

Dsc_1663x
 2022/1/29 古間→黒姫 講和橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 台湾鉄道色は日があたってほしいですね。

Dsc_2433x
 2022/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夕暮れの鳥居川沿いを走る湘南色の115系です。

Dsc_2450x_20220213165801
 2022/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 戸隠の山々にも雲がかかりますが、僅かに茜色も。テールライトの光がホッとする北信の風景です。

Dsc_2027
 2018/2/4 
 
 斑尾山はどこにでもありそうな山ですが、ふるさとの歌に歌われたというだけで価値があがりますね?!

Dsc_9617x
 2021/02/06  
 
 朝日をバックに。 

 Dsc_9676x
 2021/02/06 
 
 黒姫山には朝日が当たっているのですが... ここは朝一は列車に日が当たらないのを忘れてました...

 
Dsc_2776
 2018/2/11 
 
 もしやと思って講和橋に戻ると黒姫が雲から出ました。今日の天気予報からはあり得ない天気になりました。
 
Dsc_2799
 2018/2/11 
 
 やはりスカ色が一番絵になります。
 
Dsc_5254
 2019/2/11 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ここは山が駄目でも反対側があります。
725
 2015/2/21 妙高号

戻る

|

« (特集)ばんえつ物語の四季(初冬)(2017年版) | トップページ | (N005)戸草(牟礼―古間) »

コメント

素晴らしい品物でした。またWEBショップを利用させていただこうと考えています。
また、利用の際はどうぞ宜しくお願い致します。
有り難うございました。 失礼致します。
スーパーコピー 時計 税関 https://www.kopioff.com/kabann/buygo/vbag/96f65f2ad6573ce6.html

投稿: スーパーコピー 時計 税関 | 2021年11月13日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (N004)講和橋(古間―黒姫):

« (特集)ばんえつ物語の四季(初冬)(2017年版) | トップページ | (N005)戸草(牟礼―古間) »