« (495)清水利田(荻野→尾登) | トップページ | (特集)一の戸橋りょうの魅力(2018年版) »

2018年5月28日 (月)

(特集)早出川橋りょうの魅力(2018年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 早出川橋りょうの魅力

Dsc_0556
 2017/12/3 

Dsc_8952
 2017/5/21 下り


 早出川橋りょうの魅力はなんたって、築100年を超える由緒ある橋りょうや橋脚です。そして早出川の清流、夕陽やトワイライトが旅愁あるシーンを盛り上げてくれます。早出川の魅力をまとめると
 
(1)由緒ある早出川橋りょう
(2)早出川の清流
(3)橋りょうに登る築堤
(4)河原の草花
(5)早出川の水鏡
(6)夕陽のギラリとシルエット
(7)トワイライト 
 
 こんなところでしょうか?川瀬の築堤から猿和田側の築堤まで1km足らずのドラマです。
   
(1)由緒ある早出川橋りょう
 
 築100年を超える橋りょうは橋脚と共にそれ自体が美しいです。

031
 2013/4/28

Dsc_0191
 2011/12/11
  

(2)早出川の清流

 堰があるので上流は流れが緩やかで、下流は急流になります。秋も深まると鮭釣りも行われます。

Dsc_2496_01
 2017/7/22 下り 

Dsc_4472
 2016/12/4

(3)橋りょうに登る築堤

 両側には橋りょうに登る築堤があり、周りは水田が広がりアジサイや梅もあります。

Dsc_3060
 2017/4/9

Dsc_9243_01
 2016/7/2

Dsc_0148
 2012/7/28 下り

015
 2013/9/7 

(4)河原の草花
 
 川原にはあまり花はありませんが、築堤にはヤマニンジンが咲きます。
  Dsc_3775_04
 2016/4/29 下り

Dsc_1695
 2018/5/4 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
   
Dsc_7558_04

 2017/5/14 下り

(5)早出川の水鏡

 橋りょうの下に堰があるので、上流側は流れが緩やかになり、風が弱くて水量があまり多くない日は水鏡も狙えます。

Dsc_2736_03
 2017/7/30 下り 

Dsc_9868_2
 2016/11/5

(6)夕陽のギラリとシルエット

 4月中旬~5月、7月中旬から8月はじめは夕陽のギラリが狙えます。馬下と違って空がたくさん入り、ギラリと太陽を一緒に入れることができます。

Dsc_2949
 2017/4/2 下り 

Dsc_4451_03
 2017/4/22 下り 

Dsc_1527_01
 2018/4/29 下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_6763_01
 2017/5/4 下り 

Dsc_8323
 2017/5/20 下り  

Dsc_6109
 2015/5/31 下り

Dsc_0007_04
 2016/7/23 下り

Dsc_1066
 2016/7/31 下り 
 

Dsc_1083
 2016/7/31 下り
  

Dsc_1930_01
 2016/8/13 下り 

(7)トワイライト
 
 日没後明かりはないので、ほとんど撮る人はいませんが、手前の築堤は雄大なシーンです。特にここは春先や秋の満月を撮るには最高の場所です。

Dsc_7938_02
 2018/3/31 下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2538_01
 2016/4/3 下り 

Dsc_4702_02
 2017/9/2 下り 

415
 2013/9/7 下り 

Dsc_5110
 2016/9/10 下り 

Dsc_5741
 2017/9/16 下り

 順光の編成写真も良いですが、早出川橋りょうはいろんな表情をもっており、旅愁あふれるシーンが狙えます。 

|

« (495)清水利田(荻野→尾登) | トップページ | (特集)一の戸橋りょうの魅力(2018年版) »

特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (特集)早出川橋りょうの魅力(2018年版):

« (495)清水利田(荻野→尾登) | トップページ | (特集)一の戸橋りょうの魅力(2018年版) »