« ばんえつ物語(2018/6/10下り速報版) | トップページ | (特集)6月の黄色い花オオキンケイギクを撮る(2018年版) »

2018年6月12日 (火)

ばんえつ物語(2018/6/10下り)

 黄色い花尽くしを終えて満足し、五泉の天気予報では夕方は晴れマークですが...


 
今日の1枚
  
Dsc_5238
 2018/6/10 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 誰もが夕陽を諦めていたなか、本番10分前に厚い雲の間から僅かに夕陽が見え、なんとか夕陽の場所がわかるくらいの哀愁あるシーンになりました。強風でさざ波の立つ水面の水鏡もかえって面白かったです。

Dsc_5062
 2018/6/10 喜多方→山都 舞台田の直線 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 下りのスタートは花を探して舞台田に来ましたが、まだタチアオイも下のほうしか咲いてなく、おじさんおばさんにお願いして畑のオオキンケイギクを撮らしていただきました。

Dsc_5068_01
 2018/6/10 喜多方→山都 舞台田の直線 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 汽車ピンもこれだけ花が綺麗だと良いですね。
 
Dsc_5095_01
 2018/6/10 野沢→上野尻 芹沼

 続いては上りでも撮った芹沼のキショウブです。やはりいつもの青屋根が映り込んでしまいました。
 
Dsc_5098
 2018/6/10 野沢→上野尻 芹沼

 ここは何故か上りも下りも誰もいません。花ピンか汽車ピンか迷うところですが、私のモットーからは花ピンですね。
 
Dsc_5145_01
 2018/6/10 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 黄色い花尽くしを終え、車峠を越えるとまさかの太陽が雲の間から見え始めました。雲が多い太陽はシルエットに限りますので、久しぶりに深戸橋りょうの逆光側へ来ました。まだ太陽が高いので茜色はありませんが、雲が面白かったです。「雲を撮る」シリーズもはじめたくなりました?!

Dsc_5176
 2018/6/10 五泉→猿和田 早出川橋りょう

 深戸橋りょうで気を良くして寄り道もせず一気に早出川橋りょうに来ました。しかし太陽は厚い雲の中に入ってガックリです...今日はビュービューで関係ないですが、いまのところ早出川には中洲が出来ていて、水鏡の邪魔になります。

Dsc_5223_01
 2018/6/10 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 待つこと30分あまりでしたが、本番10分前に雲の間から僅かに夕陽が見え、なんとか夕陽の場所がわかるくらいの哀愁のあるシーンになりました。4月から5月は田圃の水鏡優先で、夕陽のある日には早出川にはこなかったですが、何度撮っても早出川の夕陽は奥深いですね。

Dsc_5317
 2018/6/10 新関→東新津 新関駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 締めは新関駅先に来ました。夕陽は再び厚い雲の下ですが、雲への反射が救ってくれました。後ろからの強風で煙がかっこよく立ったのですが、肝心のシャッターチャンスに罐の前に車が来て...夕陽のシーンが拝めただけヨシとします!
 
 黄色い花尽くしに、梅雨の合間の僅かな夕陽に満足な1日でした。
 

|

« ばんえつ物語(2018/6/10下り速報版) | トップページ | (特集)6月の黄色い花オオキンケイギクを撮る(2018年版) »

磐越西線 C57ばんえつ物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ばんえつ物語(2018/6/10下り):

« ばんえつ物語(2018/6/10下り速報版) | トップページ | (特集)6月の黄色い花オオキンケイギクを撮る(2018年版) »