« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月30日 (火)

(特集)川吉の魅力(2018年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 川吉の魅力
 
Dsc_7894_02
 2017/11/12 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 上り


 川吉の魅力はなんたって連続するS字カーブを爆煙で編成をくねらして走る姿です。いわゆるサミットである慶徳トンネルにむけて4つのSカーブが連続します。川吉の魅力をまとめると

 
(1)なんといっても上りの爆煙
(2)連続する4つのS字カーブ
(3)踏切付近の桜
(4)川吉踏切付近のヤマニンジン
(5)紅葉
(6)俯瞰
 

 こんなところでしょうか?川吉のストレートから慶徳トンネルまで1.5kmぐらいのドラマです。

(1)爆煙
 
 最近はSカーブ付近で息切れすることも多いようです。ブラスト音は素晴らしいのですが...
  

Dsc_9510
 2018/4/8 山都→喜多方 川吉のSカーブ先
 

Dsc_3282
 2017/4/9 川吉のSカーブ手前 上り
 

202
 2015/7/18 川吉のSカーブ手前 上り
 

Dsc_0237
 2014/5/18 川吉のSカーブ手前 上り
  

197_01
 2015/7/18 川吉のSカーブ手前 上り
  
Dsc_0189
 2012/8/11 川吉踏切先 上り
 
Dsc_9649_02
 2016/11/3 川吉のSカーブ手前 上り
146
 2013/11/4 川吉の第三Sカーブ 上り
 
Dsc_4712_6
 2016/12/4 川吉のSカーブ手前 上り
 
 

Dsc_0323_01
 2011/12/11 川吉踏切 上り

(2)S字カーブ
 

 4つのSカーブが連続する醍醐味です。

284
 2013/6/1 川吉の第一Sカーブ 上り

Dsc_1239
 2017/6/25 川吉のSカーブ 上り 

Dsc_0201
 2012/11/17 川吉の第二Sカーブ 上り
 

355
 2013/3/19 川吉の第三Sカーブ 上り

Dsc_4633
 2015/11/29 川吉の第四Sカーブ 上り

(3)桜
 
 川吉踏切付近には桜がありますが、大きくて構図が難しいです。
 

Dsc_1401
 2014/4/26 川吉踏切 上り
 

282
 2014/4/29 川吉踏切 下り

Dsc_2914_01
 2016/4/16 川吉踏切 下り

(4)ヤマニンジン
 

 川吉踏切付近にはヤマニンジンが群生します。
 

Dsc_3570_01
 2018/5/19 山都→喜多方 川吉踏切先 クリックすると大画像で見ることができます 上り

(5)紅葉
 
 川吉の4つのSカーブ付近が美しいです。
 

Dsc_0650_01
 2016/11/12 川吉踏切 上り

Dsc_3867
 2015/11/14 川吉のSカーブ手前 上り 

Dsc_4391
 2015/11/15 川吉のSカーブ手前 上り 

Dsc_0209
 2012/11/17 川吉の第二Sカーブ 上り

Dsc_0162_1
 2012/11/23 川吉の第三Sカーブ 上り
Dsc_2627
 2016/11/23 川吉のSカーブ手前
 

Dsc_0140
 2012/11/24 川吉の第四Sカーブ 上り
 

Dsc_9624
 2017/11/26 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 上り

(6)俯瞰
 

 川吉のSカーブ、第三Sカーブを俯瞰できます。

174
 2016/4/30 川吉のSカーブ俯瞰 上り 
 

203_01
 2016/4/30 川吉のSカーブ俯瞰 上り 

Dsc_4330_02
 2016/5/8 川吉大俯瞰 上り 
 

 最近は桜と紅葉以外の季節物が少ない川吉は頻度が下がってしまいました...
 
 爆煙あり気で来てますから煙が少ないと溜息が出てしまう川吉です。

 馬下、利田、川吉と俯瞰できるのも素晴らしいことですね。
 やはりスケールでは利田より上ですね!失礼しました...
 

撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

志賀高原の紅葉

Dsc_9753
 2018/10/28 志賀高原 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 ようやくタイから帰りました。あちらではトムヤンクンをはじめ辛い物の食べ過ぎと、渋滞の道路の荒い運転で車酔いのような状態が続いていたのですが、日本に帰ったらすぐに治りました。
 日曜日は晴天で、志賀高原に紅葉狩りに行きましたが、既にスキー場まで行くと白樺の葉っぱはなく、澗満滝展望台まで戻って紅葉を楽しみました。黒姫山、妙高山は残念ながら大きな雲の中で今日は鉄なしです。

Dsc_9770
 2018/10/28 志賀高原 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 来週は磐越西線で紅葉を楽しむ予定ですが、太陽と紅葉も面白いですね。 やはり青空に限ります。

Dsc_9781
 2018/10/28 飯綱町の蕎麦屋
 
 帰りがけの昼食はとろろ蕎麦と白エビのかき揚げです。やはり日本の四季と日本食が最高ですね!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

バンコクより

Dsc_0008

  出張でバンコクに来ました。昨日は祝日で戦後日本が輸出した罐がバンコクとアユタヤの間で走ったとか。まだC56も保存されているようです。1日違いで残念です。ほんとに今年は罐に見放されています。

 

Dsc_0009_2

 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

(特集)上野尻の魅力(2018年版)

 日曜日の朝は長野の我が家は1度まで冷え込みました。半年ぶりの全国的な晴天でしたが、色づいた黒姫山は残念ながら雲の帽子を被っていました。今週は久しぶりの海外出張で当ブログも秋休みをとらしていただきます。

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 上野尻の魅力
 
Dsc_2467_2
 2018/5/6 クリックすると大画像で見ることが出来ます


 上野尻駅を出てカーブを右に曲がると広い田園地帯に出ます。細田新田踏切付近の畑には季節の花があり、バックの飯豊山と共に見せ場となります。下りについては上野尻国道オーバークロスからの田園地帯を行く姿が絵になります。上野尻の魅力は 
 

(1)残雪の飯豊山
(2)桜
(3)季節の花
(4)ススキ
(5)水田の四季
(6)俯瞰
  
 こんなところでしょうか?上野尻駅から明神前まで2km足らずのドラマです。
  
(1)残雪の飯豊山
  
 年によっては7月まで残雪のある飯豊山ですが、やはり春先を狙いたいです。細田新田踏切と明神前のポイントがあります。
 

Dsc_7353
 2018/3/31

210_01
 2016/4/2
 
Dsc_2492_01
 2017/4/2
 
Dsc_2479

 2017/4/2 
 

Dsc_0564_02
 2014/4/13
  
211_01
 2015/4/29
  
Dsc_2219
 2015/5/3
 
212_01
 2013/5/18

Dsc_4240
 2018/6/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0673
 2017/12/3 
 
 
Dsc_5205
 2015/12/6
 
(2)桜
 
 上野尻駅には立派な桜と枝垂桜、明神前には枝垂桜があります。 
    
Dsc_2731
 2016/4/16
 
Dsc_2952
 2016/4/16 下り
  
Dsc_4311
 2017/4/22 下り
 
Dsc_0788_02
 2018/4/22 
 
Dsc_5299_02
 2017/4/29
   
Dsc_5451
 2017/4/29 下り
  
(3)季節の花
  
 付近の畑には菜の花、キショウブ、タチアオイ、アジサイ、百日草、ミソハギ、ヒマワリ、コスモスと季節の花が楽しめ、飯豊山とのコラボもできます。 
  
Dsc_0185_30003
 2012/5/13
   
220
 2015/5/17
   
Dsc_7962
 2017/6/11

Dsc_5443_02
 2018/6/17 下り
  
Dsc_8979_02
 2016/6/25
    
Dsc_1766_01
 2017/7/8
    
Dsc_9349
 2015/8/9
   
Dsc_9533_02
 2015/8/9 下り
   
123_01
 2014/8/17
    
Dsc_0906
 2015/8/30
    
Dsc_4579
 2015/11/29
     
(4)ススキ
  
 駅、オーバークロス周辺には秋の風物詩のススキが絵になります。
   
483
 2014/9/20 下り
  
352
 2013/9/23 下り

Dsc_6196_01
 2017/10/1 下り
     
Dsc_0784
 2016/11/12 下り
  
(5)水田の四季
    
 開けた水田は春先の雪の原から黄金まで楽しめます。
       
294_01
 2013/3/19
  
Dsc_2005
 2017/4/1 下り
  
Dsc_5586
 2016/5/21 下り  
 
Dsc_7812
 2016/6/11 下り

Dsc_2607_02
 2017/7/30 下り
 
Dsc_0353
 2015/8/29

Dsc_4569_01
 2017/9/2 下り

216_01
 2013/11/24

Dsc_9113
 2017/11/25 下り
 
Dsc_4722_2
 2015/11/29 下り
 
(6)俯瞰
 
 阿賀野川の対岸からはプチ俯瞰でこのあたりを見渡すことが出来ます。
Dsc_5400_01
 2016/5/21
 
Dsc_0179_01
 2016/11/5 下り

 上野尻は古き良き田園地帯が残り、飯豊山や季節の花とのコラボを楽しむことができる会津の代表的な撮影地です。
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

(ニュース)「冬の増発列車のお知らせ」が発表されました

Dsc_0085_01
 2017/12/2 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリスマストレイン
 
 JR東日本から「冬の増発列車のお知らせ」が発表されました。毎年待ち遠しかった冬臨ですが、今年は...
 磐越西線関連ではDLクリスマストレインが12月8、9日に運転されます。昨年までは必ず12月第一週末だったのですが、今年に限って一週間遅くなりました。昨年は11月末のまさかの雪で、雪景色のクリトレも楽しめたのですが、今年はなんせDE10なので...といってものこのこ行くことになりそうです。
 また年末年始の快速「あいづ」がキハ48系の「みのり」で運転されますので、これまた久しぶりの磐梯山を拝みに行きますか...年始の上越線のSL運転がなくなったのは貴重な雪景色だっただけに残念ですね。雪景色のSLは釧網線に期待です。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

(特集)京の瀬の魅力(2018年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 京の瀬の魅力

Dsc_8745_01
 2016/10/15 清川小学校踏切 下り 


 三川駅と津川駅の間の阿賀町京の瀬は、国道49号線のルートが変わってからはどんづまりになってしまい、撮影者も少なく静かに楽しめる場所になりました。阿賀野川沿いの長閑な風景の中に、地元のかたが育てる季節の花もあり楽しめる場所です。この付近は上りも下りも爆煙とまではいきませんが煙が出る場所です。京の瀬の魅力は 
 
(1)阿賀野川沿いの風景
(2)季節の花
(3)Sカーブ
(4)懐かしい田園風景
(5)爆煙
 
 こんなところでしょうか?清川小学校踏切から京の瀬のカーブまで1kmあまりのドラマです。
 
(1)阿賀野川沿いの風景
 
 清川小学校踏切(小学校はもうありません)付近では阿賀野川沿いを走る風景を撮ることが出来ます。このあたりの阿賀野川は津川漕艇場となっていて流れは殆どないです。踏切付近は正面ギラリが狙えます。踏切以外でも京の瀬と京の瀬のカーブ付近でも阿賀野川が入ります。
 
Dsc_2499
 2016/4/3 清川小学校踏切 下り
 
Dsc_0304_1_01
 2012/4/7 清川小学校踏切 下り
 
Dsc_1115
 2014/4/13 清川小学校踏切 下り

Dsc_3469_01
 2018/5/19 清川小学校踏切 クリックすると大画像で見ることができます

429
 2014/6/8 京の瀬のカーブ 下り
  
122
 2015/6/22 清川小学校踏切
  
531
 2015/7/19 清川小学校踏切 下り
  
090
 2014/9/23 津川漕艇場
  
Dsc_3646_01
 2016/12/3 清川小学校踏切
  

2)季節の花
 
 京の瀬の集落の中には地元の方が季節の花を植えられ、四季楽しむことが出来ます。
 尚、このお宅は2018年より外人のかたが住まわれ、花の手入れをされています。
 
Dsc_0122
 2018/4/21 京の瀬のカーブ
 
Dsc_0478_01
 2018/4/21 京の瀬のカーブ 下り
 
Dsc_5737
 2017/4/30 京の瀬のカーブ
  
Dsc_6043_01
 2017/4/30 京の瀬のカーブ 下り
 
Dsc_6499_01
 2017/5/4 京の瀬のカーブ
  
Dsc_8276
 2017/5/20 清川小学校踏切 下り
   
Dsc_1406_01
 2017/6/25 京の瀬のカーブ 下り
  
Dsc_1554_01
 2017/7/2 京の瀬 下り
  
Dsc_2459_01
 2017/7/22 京の瀬のカーブ 下り
Dsc_2038_02
 2017/7/8 京の瀬のカーブ 下り
 
 
Dsc_2173
 2017/7/22 京の瀬
  
Dsc_0972_02
 2016/7/31 京の瀬のカーブ 下り
 
Dsc_1197
 2016/8/11 京の瀬
 
076
 2013/8/17 清川小学校踏切
  
Dsc_4023
 2016/9/3 京の瀬
  
Dsc_1701_2
 2015/9/20 京の瀬のカーブ
 
Dsc_9893
 2016/11/5 京の瀬
  
053
 2013/11/24 京の瀬
 
3)Sカーブ
 
 清川小学校踏切からは津川駅を発車してSカーブを来る姿を撮ることが出来ます。正面に夕陽が当たります。 
 
405
 2013/6/2 清川小学校踏切 下り
  
516
 2015/7/19 清川小学校踏切 下り
 
4)懐かしい田園風景
 京の瀬にも僅かながら水田があります。近くの民家も昔懐かしい造りで長閑な景色が絵になります。
Dsc_0195
 2012/9/15 京の瀬の水田 下り
  
5)爆煙
 
 あまり爆煙を望む場所ではありませんが、上り下りともに煙はあります。

Dsc_9743
 2014/4/12 京の瀬の水田
 
Dsc_7172
 2017/10/28 京の瀬 

 京の瀬という地名は昔懐かしい長閑な里のイメージがあり、季節の花が似合う場所です。
 
撮影ガイドトップへ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

(特集)平瀬の魅力(2018年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 平瀬の魅力

Dsc_9480_01
 2017/11/26 


 平瀬(びょうぜ)第一踏切を挟んで、平瀬のカーブと日出谷のカーブは上り下りのお立ち台です。ここは煙より山里の四季を楽しみたい場所です。平瀬の魅力は...

 
(1)季節の花
(2)水田の四季
(3)懐かしい山里
(4)棒掛山
(5)お立ち台のカーブ
(6)俯瞰

 
 こんなところでしょうか?日出谷のカーブから平瀬第一踏切を通り平瀬第二踏切手前まで約1kmのドラマです。
 
(1)季節の花
 
 平瀬第一踏切付近の畑には様々な花があります。春先の梅にはじまって、立葵、ヒマワリ、百日草、そして猫の額ほどの蕎麦畑もあります。おばあちゃんが丹精こめて作る花です。
182_03
 2016/4/3

Dsc_3192
 2017/4/9 
 
Dsc_9938
 2017/6/17

Dsc_5833
 2018/6/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9736_01
 2016/7/23 

Dsc_9576_01
 2015/8/9 

084
 2013/8/11 

096
 2014/8/17

Dsc_0307
 2015/8/29

Dsc_4855
 2017/9/6 

Dsc_6408_3
 2016/9/19 

Dsc_0497
 2016/11/12

(2)水田の四季
 
 平瀬第一踏切と日出谷のカーブの間には「はざ掛け」も見られます。

Dsc_1263_01
 2017/3/17 

Dsc_0854_01
 2015/8/30 

Dsc_5837_01
 2016/9/17

Dsc_1719
 2015/9/20

(3)懐かしい山里
 
 赤い屋根の昔は藁ぶきだった農家が並び、懐かしい山里のシーンを演出してくれます。

Dsc_7268
 2018/3/31 

Dsc_0228
 2011/12/11

(4)棒掛山
 
 平瀬のカーブ、日出谷のカーブのバックとなる棒掛山は特に積雪時は美しいです。

Dsc_0282
 2012/4/1

Dsc_1695
 2017/4/1

Dsc_0297_20003
 2012/4/7 

Dsc_9771
 2014/4/12 

135
 2013/4/14 

190
 2013/5/5 

199
 2015/5/24 

(5)お立ち台のカーブ
 
 言わずと知れたお立ち台ですが、最近日出谷発車の煙がもたないことも...

Dsc_1380
 2018/4/29 

Dsc_1407
 2018/4/29 

Dsc_8313
 2016/6/12  

329
 2015/7/18 

365_01
 2014/8/31 

Dsc_9910
 2016/11/5

Dsc_9929_01
 2017/12/2 

(6)俯瞰
 
 林道からは平瀬のカーブが俯瞰できます。山を登れば当麻橋りょうから俯瞰できる場所もあります。

107_01
 2013/10/13
 

 

 様々な四季を楽しめる場所です。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

(特集)鹿瀬の魅力(2018年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 鹿瀬の魅力

Dsc_8859_02
 2017/11/25 津川→鹿瀬 赤堀橋りょう


 鹿瀬の魅力はなんといっても上り下りの爆煙です。特に鹿瀬のストレートは上下共に煙の出る貴重な場所です。しかしSカーブ以外はほぼ直線でサイドに引ける場所も少ないのが難点です。また阿賀野川の近くを走りますが一緒に撮れる場所は少ないです。

(1)なんといっても上り下りの爆煙
(2)飯豊山
(3)鹿瀬小学校付近の梅と桜
(4)夏の花
(5)Sカーブ
(6)ススキ
(7)紅葉
(8)俯瞰
 
 こんなところでしょうか?鹿瀬のSカーブからストレート、鹿瀬駅を通り深戸橋りょう手前まで2kmぐらいのドラマです。

(1)爆煙
 鹿瀬のストレートから深戸橋りょうまでの間は上下共に爆煙が期待できる不思議な場所です?!

Dsc_9692_01
 2018/4/8 鹿瀬のストレート 下り クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
235_01
 2015/4/30 赤堀橋りょう

Dsc_2048_01
 2018/5/4 鹿瀬のストレート 下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

112_01
  2013/5/12 鹿瀬のストレート
   
Dsc_2932
 2018/5/13 赤堀橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

130_01
 2015/5/16 赤堀橋りょう
 
Dsc_3509_03
 2018/5/19 鹿瀬→日出谷 寺前踏切

Dsc_9204_01
 2017/5/28 赤堀橋りょう

Dsc_2499
 2016/11/23 鹿瀬駅通過

Dsc_3684_01
 2016/12/3 鹿瀬駅進入
 
Dsc_4620_2
 2016/12/4 寺前踏切
 
078
 2013/12/14 鹿瀬のストレート 

(2)飯豊山

 鹿瀬のストレートではバックに飯豊山を入れることが出来ますが、明るい雪山に対して罐には太陽が殆ど当たらないので露出が難しい場所です。

577
 2013/5/5 鹿瀬のストレート 下り 

Dsc_2434
 2016/4/3 鹿瀬のストレート 下り 

472
 2014/9/28 鹿瀬のストレート 下り 

(3)梅と桜
 
 鹿瀬小学校の脇には梅と桜と八重桜があり、シーズンは多くのファンが集まります。
 
Dsc_2712_01
 2016/4/16 鹿瀬小学校
 
Dsc_3716_01
 2017/4/16 鹿瀬小学校 下り
 
Dsc_4336_01
 2017/4/22 鹿瀬小学校 下り
 
181
 2015/4/29 鹿瀬小学校 
 
Dsc_5278_01
 2017/4/29 鹿瀬小学校
 
Dsc_5777_05
 2017/4/30 鹿瀬小学校
 
Dsc_6204
 2017/5/3 鹿瀬小学校 下り
 
Dsc_6525_01
 2017/5/4 鹿瀬小学校
 
(4)夏の花
 
 寺前踏切と鹿瀬小学校の間には牡丹やタチアオイ、ユリといった夏の花が咲きます。
 

 

Dsc_9702
 2017/6/4 深戸橋りょう先 下り

Dsc_6100
 2018/6/24 深戸橋りょう先 下り 

 

Dsc_8965
 2016/6/25 鹿瀬駅通過
 
Dsc_9164
 2016/6/25 鹿瀬駅通過 下り
 
Dsc_1172
 2017/6/25 寺前踏切
 
Dsc_1519
 2017/7/2 寺前踏切 下り

Dsc_6944
 2018/7/7 鹿瀬駅進入 下り

Dsc_2001
 2017/7/8 寺前踏切 下り
 
(5)Sカーブ
 
 鹿瀬のストレートの津川寄りにはSカーブがあります。

077_01
 2013/6/8 鹿瀬のSカーブ 

Dsc_2438
 2016/11/23 鹿瀬のSカーブ
 
(6)ススキ
 
 鹿瀬駅周辺にはススキがあり、爆煙に似合います。
 
185
 2014/9/13 鹿瀬駅進入

Dsc_1223
 2015/9/19 鹿瀬駅進入 

Dsc_6706_02
 2016/9/19 鹿瀬駅通過 下り
 
127_02
 2014/9/23 鹿瀬駅進入

Dsc_2225_01
 2015/10/25 鹿瀬駅進入

(7)紅葉

 鹿瀬のSカーブあたりは紅葉も綺麗です。

Dsc_4554
 2015/11/29 鹿瀬のSカーブ

Dsc_4566
 2015/11/29 鹿瀬のSカーブ

(8)俯瞰

 鹿瀬駅付近は上りは平瀬に抜ける峠道から、下りは麒麟山から俯瞰できますが、かなり遠いです。
 
149
 2014/9/28 深戸橋りょう峠道俯瞰2

403
 2014/4/29 麒麟山俯瞰 下り

 最後にもうひとつの鹿瀬の魅力は鹿瀬のストレートで、残雪の飯豊山バックに来るブラスト音です。たとえ爆煙には恵まれなくても谷間に響くこの音だけで満足します。

撮影ガイドトップへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

北しなの線(2018/10/13古間黒姫)

 この秋は悪天候続きですが、今日の土曜日はなんとか晴れマークになったものの雲も多いです。 北しなの線最後の189系運転になると思われる「信越線開業130周年記念号」はどこで撮りましょうか...


今日の1枚
 
Dsc_9615
 2018/10/13 黒姫→古間 黒姫国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます

 
  「信越線開業130周年記念号」の回送です。山は雲を被っていたので、稲刈りの終わった田んぼで撮ってみました。北しなの線最後の189系でしょうか...


Dsc_9456
 2018/10/13 黒姫→古間 黒姫国道オーバークロス 
 

 最後の189系運転の日、黒姫山は雲を被っていました。
 
Dsc_9478
 2018/10/13 牟礼→古間 戸草 
 
 山はもうひとつなので戸草に来ました。ここはそれほどファンもおらずゆっくり撮れます。
 
Dsc_9486
 2018/10/13 牟礼→古間 戸草 
 
 湘南色は映えます。
 
Dsc_9525
 2018/10/13 牟礼→古間 戸草 
 
 いよいよ本番です。久しぶりの189系です。まずはススキで遊んでみました。
 
Dsc_9540
 2018/10/13 牟礼→古間 戸草 
 
 多少ススキで隠れますが、ここは幹線らしい雄大な景色で189系に似合います。
 
Dsc_9547_01
 2018/10/13 牟礼→古間 戸草 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 あさま色も落ち着いた色合いですね。
 
Dsc_9558
 2018/10/13 古間→黒姫 黒姫国道オーバークロス 
 
 回送の復路はやはりここに来ました。周辺で100人ほどのファンが集まっていましたが、黒姫山は微笑んでくれません...
 
Dsc_9587
 2018/10/13 黒姫→古間 黒姫国道オーバークロス 
 
 やはり黒姫山は雲を被っていたので、この後下に降りてみました。
 
Dsc_9608
 2018/10/13 黒姫→古間 黒姫国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
  しなの路を走りぬいてきた189系との別れです。ご苦労様でした。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

(特集)利田の魅力(2018年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 利田の魅力
 
151_01
 2015/7/18 利田踏切手前 上り


 田園地帯の馬下に対抗しては、山間の利田です。川吉も素晴らしいですが煙が上りに限られるので軍配が利田に上がります。
 利田という地名は滝の下踏切から利田踏切ぐらいと対岸の県道側になります。滝の下利田、清水利田で対岸が松原利田、愛の瀬利田です。利田の魅力をまとめると 

(1)なんといっても上り下りの爆煙
(2)山間部ならではの山の中から湧いて出るようなシーン
(3)滝の下、利田踏切のSカーブ
(4)利田川橋りょう
(5)阿賀野川
(6)ヤマニンジンの本場
(7)秋の紅葉
(8)俯瞰(鳥屋山俯瞰、温泉俯瞰、滝ノ下俯瞰、温泉俯瞰奥)
 
 こんなところでしょうか?滝の下踏切から利田踏切まで1.5kmぐらいのドラマです。
 
(1)爆煙

 特にSカーブを爆煙で行く姿はたまりません。下りも滝の下踏切辺りは出ます。
  
Dsc_9471
 2018/4/8 利田踏切 上り
  
201_02
 2015/5/16 利田踏切手前 上り
 

Dsc_7172
 2015/6/22 滝ノ下踏切 下り 

(2)山の中から湧いて出てくるようなシーン
 
 滝ノ下踏切から利田踏切の間はうっそうとした森の中を走るようで、バックも山になります。

Dsc_3550_02
 2018/5/19 尾登→荻野 清水利田 上り

Dsc_9275_01
 2017/5/28 利田踏切手前 上り
 
Dsc_9984_01
 2017/6/11 利田の水田 上り
 
Dsc_1225
 2017/6/25 利田踏切手前 上り
 
206_01
 2015/6/22 利田踏切手前 上り
 
Dsc_7168
 2015/6/22 滝ノ下踏切 下り
 
Dsc_2255
 2017/7/22 利田踏切手前 上り
 
Dsc_6520
 2016/9/19 荻野駅進入 上り
 
Dsc_4802_01
 2016/12/4 滝の下踏切 下り
 
(3)Sカーブ
 
 利田踏切と滝の下踏切のSカーブが見せ場です。
 
Dsc_2540_01
 2017/4/2 利田踏切 上り

Dsc_0219
 2012/5/13 滝ノ下踏切 上り
 

369
 2015/5/30 利田踏切 上り
 

(4)利田川橋りょう
 
 道から見ると森の中に溶け込んでいる橋りょうです。

Dsc_2333
 2016/4/3 利田川橋りょう 下り
 

Dsc_4864_01
 2015/12/5 利田川橋りょう 上り 

Dsc_5244
 2015/12/6 利田川橋りょう 上り
 

(5)阿賀野川
 
 葉っぱのない時期は阿賀野川が入ります。
 

319
 2013/3/19 滝の下踏切 上り

Dsc_1966_01
 2017/4/1 滝の下踏切先 下り

Dsc_0101
 2014/4/12 釜の脇対岸 下り 

(6)ヤマニンジン

 薄暗い森にはヤマニンジンが咲きます。

Dsc_2970
 2018/5/13 清水利田 上り

Dsc_3106_01
 2018/5/13 清水利田 下り
 

Dsc_0182
 2014/5/18 清水利田 上り
 

Dsc_5014_02
 2016/5/15 滝ノ下踏切 下り
 

(7)秋の紅葉
 
 利田踏切付近の紅葉は美しいです。

145
 2013/11/9 温泉俯瞰奥 上り

Dsc_7853_02
 2017/11/12 利田対岸 上り

Dsc_4371
 2015/11/15 利田踏切手前 上り

Dsc_0168
 2012/11/17 滝の下踏切 上り

247
 2013/11/24 利田対岸 上り 

(8)俯瞰
 
 滝ノ下踏切付近はあちこちの山から俯瞰できます。

294
 2014/6/1 鳥屋山俯瞰 下り
 

110
 2014/9/27 鳥屋山俯瞰 上り 

117_01
 2013/9/23 温泉俯瞰 上り 
 

Dsc_0230
 2012/10/8 滝の下俯瞰 上り
 

178
 2013/11/9 温泉俯瞰奥 上り 

 利田も踏切だけではありません。煙があるのでいろいろ楽しめます!

 2018年は昨年まであれだけ撮った利田踏切手前で何故か1枚も撮っていなかったことに気づきました...

撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

(特集)ばんえつ物語の四季(実りの秋)(2018年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ばんえつ物語の四季(実りの秋)

Dsc_4932
 2017/9/6 荻野→山都 舘原


 9月になるといよいよ実りの秋で、稲穂の黄金も毎週色づいてきます。また一面の蕎麦の花も秋の風物詩です。光線も優しくなってこの時期は影も弱くなり、日本の風景らしい写真が楽しめる時期です。

023
 2013/9/1 猿和田→馬下 小山田踏切

089
 2013/9/1 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

228
 2013/9/1 山都→喜多方 舞台田踏切

Dsc_4427
 2017/9/2 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_4475
 2017/9/2 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_4569_01
 2017/9/2 野沢→上野尻 明神前

Dsc_4129
 2016/9/3 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_4151_2
 2016/9/3 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

Dsc_4855
 2017/9/6 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ

136
 2014/9/6 荻野→山都 荻野駅俯瞰

175
 2014/9/6 山都→喜多方 小布瀬原踏切

294_02
 2014/9/6 喜多方→山都 松野踏切下

444
 2014/9/7 猿和田→馬下 小山田踏切

704
 2014/9/7 堂島→会津若松 十文字

Dsc_4563_01
 2016/9/10 猿和田→馬下 馬下俯瞰

Dsc_4678
 2016/9/10 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

Dsc_4769
 2016/9/10 荻野→山都 舘原踏切

Dsc_4906
 2016/9/10 喜多方→山都 舞台田第一踏切

Dsc_5344
 2016/9/11 徳沢→上野尻 端村踏切

Dsc_5366
 2016/9/11 荻野→山都 舘原の橋りょう

Dsc_5604
2016/9/11 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう

228
 2014/9/13 徳沢→上野尻 群岡のカーブ

273
 2014/9/13 山都→喜多方 一の戸橋りょう

388_03
 2014/9/13 野沢→上野尻 野沢国道オーバークロス

Dsc_8898_01
 2018/9/15 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

Dsc_9024
 2018/9/15 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9058
 2018/9/15 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9101
 2018/9/15 荻野→尾登 尾登のカーブ

Dsc_5400_3
 2017/9/16 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_5497_01
 2017/9/16 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_5562_01
 2017/9/16 荻野→尾登 尾登のカーブ

Dsc_5596_01
 2017/9/16 野沢→上野尻 野沢国道オーバークロス

Dsc_5853_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ 

Dsc_5964
 2016/9/17 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_6070_01
 2016/9/17 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス

Dsc_6408_3
 2016/9/19 鹿瀬→日出谷 平瀬第一踏切

Dsc_1310_01
 2015/9/19 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

Dsc_1327
 2015/9/19 笈川→堂島 第二学校踏切

Dsc_1352_01_2
 2015/9/19 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_6599
 2016/9/19 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_6650
 2016/9/19 喜多方→山都 慶徳の田園

091
 2014/9/20 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

Dsc_1402
 2015/9/19 野沢→上野尻 野沢国道オーバークロス

Dsc_1719
 2015/9/20 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ

Dsc_1770
 2015/9/20 上野尻→野沢 野沢国道オーバークロス

192
 2014/9/20 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_1813_01

 2015/9/20 山都→喜多方 一の戸橋りょう

233_01
 2014/9/20 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

302_01
 2014/9/20 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_1867
 2015/9/20 喜多方→山都 慶徳の田園

221
 2014/9/23 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

257_01
 2014/9/23 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

301
 2014/9/23 姥堂→会津豊川 姥堂

363_01
 2014/9/23 喜多方→山都 慶徳の田園

086_01
 2014/9/27 尾登→荻野 鳥屋山俯瞰(尾登)

064
 2014/9/28 猿和田→馬下 馬下踏切

293
 2014/9/28 堂島→会津若松 十文字

356_01
 2014/9/28 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_0103_30003
  2012/9/29 喜多方→山都 舞台田踏切

Dsc_6054_01
 2017/10/1 山都→喜多方 慶徳町走下り

Dsc_6090
 2017/10/1 笈川→堂島 第二学校踏切

撮影ガイドトップへ 

 実りの秋は青空の下で楽しみたいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

(特集)後追いの魅力(2018年版)

 連休最終日の8日はDLばんえつ物語に行く予定でしたが、風邪の熱で寝込んでしまいました。一昨日北陸に行ったときは35度にもなり、汗をかいたり雨にぬれたのがたたったようです。60台最初の1枚は来週の189系になりそうです。色づき始めた黒姫山バックで撮りたいところですが、今のところ曇りのようですね...

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 後追いの魅力

Dsc_2979
 2018/5/13 尾登→荻野 清水利田 


 私の下りは夕陽狙いが多いせいか、やたら後追いのシーンが多いです。日出谷の発車や津川の進入で、はじめから後追いでカメラを構えている変わり者を目撃されていたら私です?!
  

〇上り
 
 上りはやはり煙狙いが多いので、はじめから後追いというのはほとんどありませんでした。唯一といってもいいのが尾登の蕎麦畑です。 

Dsc_0625_01
 2017/12/3 咲花→東下条 咲花駅発車
 
 

Dsc_3601
 2017/8/20 五十島→三川 五十島駅先
 
Dsc_2601
 2016/11/23 尾登→荻野 利田対岸
 
 
Dsc_3669
 2016/8/28 尾登→荻野 尾登のカーブ
 
〇下り
  
 下りは夕陽のギラリや夕陽を入れてのシーン狙いなので、後追いが多いです。旅愁を誘う夕暮れのシーンは後追いが似合いますね。
 
Dsc_4486
 2017/9/2 姥堂→会津豊川 姥堂
 
Dsc_0108_02
 2016/11/5 喜多方→山都 濁川橋りょう 
 

Dsc_3927
 2016/12/3 喜多方→山都 舞台田踏切
 

Dsc_8488
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう
 
Dsc_3398
 2016/4/17 荻野→尾登 荻野駅通過
 
Dsc_4522
 2017/9/2 尾登→野沢 山基踏切
 
Dsc_7864
 2016/10/2 尾登→野沢 山基踏切
 
Dsc_4291_01
 2016/9/3 野沢→上野尻 野沢駅発車
 

Dsc_4412
 2016/5/8 野沢→上野尻 明神前
 

Dsc_7209_2
 2017/5/7 日出谷→鹿瀬 当麻橋りょう手前
 
Dsc_1799
 2016/4/2 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車
 
Dsc_4928x
 2017/4/23 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車
 
Dsc_3806_01
 2016/8/28 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発
 
Dsc_4460_02
 2018/6/2 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_3357_01
 2016/8/27 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう
 
Dsc_4995
 2016/9/10 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう
 
 
Dsc_2976
 2016/4/16 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
Dsc_3372_02
 2016/8/27 鹿瀬→津川 津川駅進入
  
Dsc_5025_01
 2016/9/10 鹿瀬→津川 津川駅進入
 Dsc_2740
 2018/5/6 三川→五十島 五十島駅進入 許可を得て撮影
 

Dsc_3935_02
 2017/8/20 三川→五十島 五十島橋りょう先
 

Dsc_1097_02
 2018/4/23 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックで大画像で見ることができます
 
Dsc_5577_01
 2017/4/29 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_4529
 2016/5/8 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_6576
 2016/5/28 馬下→猿和田 馬下俯瞰
 
Dsc_8814
 2016/6/18 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_1579_03
 2016/8/11 馬下→猿和田 馬下俯瞰
 
Dsc_2998_04
 2016/8/21 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_4101_03
 2017/8/26 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_3879
 2016/8/28 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_2864_01
 2017/8/5 馬下→猿和田 小栗山踏切
 Dsc_9265
 2017/11/25 五泉→北五泉 五泉駅発車
 
Dsc_5591
 2018/6/17 北五泉→新関 第2中野踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_2073
 2017/7/8 北五泉→新関 第二中野踏切
 
Dsc_2949
 2017/4/2 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 Dsc_3775_04
 2016/4/29 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
Dsc_8952
 2017/5/21 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
Dsc_9773_01
 2017/6/4 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
Dsc_2736_03
 2017/7/30 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 Dsc_1051
 
 2016/7/31 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
Dsc_2838_01
 2016/11/23 五泉→北五泉 五泉駅発車
 
Dsc_2530_01
 2017/7/22 新関→東新津 新関駅先
 
Dsc_4172_01
 2017/8/26 新関→東新津 新関駅先
 
Dsc_6272_02
 2018/6/24 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8047_01
 2018/3/31 新関→東新津 大関道踏切 

Dsc_0038_03_2
 2016/7/23 新関→東新津 大関道踏切
 
Dsc_2500_02
 2016/8/14 新関→東新津 大関道踏切
 
Dsc_4716_01
 2017/9/2 新関→東新津 大関道踏切
 

Dsc_1042_01
 2017/12/3 新津駅発車

 後追いは線路の先への夢がありますね。そこに夕陽があれば完璧です。

  後追い捨てたもんじゃないですよ!何故って?ヘッドマークなしですから!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

(特集)トワイライトを撮る(2018年版)

 いつの間にか10月になって、期末でバタバタでした。また週末は日本海側は台風の影響があるかもしれませんね。秩父鉄道のC58まで倒れて、今年は散々な年です...

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド トワイライトを撮る

Dsc_3258_03
 2016/11/26 野沢→上野尻 芹沼トンネル先


 下りの夕陽やギラリも素晴らしいですが、日没後の真っ暗になる間のトワイライトも旅情があり絵になります。薄暗さのなかでヘッドライトが思わぬ演出をしてくれることもあります。なによりも殆ど撮る人がいないのでゆっくり撮れるのが良いですね?!
 トワイライトは花の色はなかなか出ないですが、夜桜だけは挑戦したいと思います。

516_03
 2015/5/30 会津若松→堂島 十文字 

 上りの遅れの影響で会津若松を発車したのは19時を過ぎました。普段撮ることのできないトワイライトの磐梯山のシーンになりました。

Dsc_4722_2
 2015/11/29 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス
  

237_01
 2013/11/4 徳沢→豊実 徳沢橋りょう正面 

Dsc_8008_01
 2017/11/12 徳沢→豊実 大巻橋りょう

Dsc_8663
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入

Dsc_7421_2
 2017/10/28 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

443
 2013/9/23 津川→三川 75kmポスト 

Dsc_6276_01
 2017/10/1 津川→三川 75kmポスト

Dsc_6817_01
 2016/9/19 咲花→馬下 咲花のSカーブ

Dsc_7938_02
 2018/3/31 猿和田→五泉 早出川橋りょう手前の築堤 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2538_01
 2016/4/3 猿和田→五泉 早出川橋りょう前の築堤  

Dsc_5112
 2016/9/10 猿和田→五泉 早出川橋りょう

Dsc_5741
 2017/9/16 猿和田→五泉 早出川橋りょう

Dsc_3126_02
 2016/4/16 新関→東新津 大関道踏切

Dsc_3955_04
 2017/4/16 新関→東新津 秋葉区草水町

 私のカメラは10年前のものなので暗いのには弱いですが、最近のカメラであればトワイライトを気軽に楽しめると思います。→今年ようやく新しいカメラを買い、秋のトワイライトを楽しもうと思っていたのですが...

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

(特集)はざ掛けを撮る(2018年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド はざ掛けを撮る

Dsc_9161
 2016/10/16  喜多方→山都 舞台田踏切 


 稲刈りのシーズンになると刈り取った稲をつるして干す「はざ掛け」や稲藁を集めて干してある水田があります。黄金が終わった後の秋の風物詩で昔はどこでも見られましたが、現在でも磐越西線沿線では山間部に僅かに残ります。また会津地方を中心に稲藁を尖がり帽子のように干してある水田も散見されます。特に「はざ掛け」は人気の風物詩でファンが集まります。
 
○深戸
 
 深戸橋りょうをバックにするこの水田ではおばあちゃんが手で稲を刈り、はざ掛けをします。光線によって稲の色もずいぶんかわりますね。

Dsc_4678
 2016/9/10 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう   

Dsc_5604
 2016/9/11 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう
 

Dsc_9221
 2018/9/15 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_5969_01
 2017/10/1 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

○平瀬
 
 平瀬踏切を過ぎて日出谷のカーブの手前に「はざ掛け」があります。ここは立派な稲木があります。

Dsc_5837_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ

Dsc_5853_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ

○干した稲藁
 
 会津の荻野から電化区間にかけては、ところどころで田んぼに刈った稲藁が干してあります。 よく見るといろんな形があって面白いです。

343_01
 2014/9/28 姥堂→会津豊川 姥堂 

Dsc_0103
  2012/9/29 喜多方→山都 舞台田踏切

Dsc_6090
 2017/10/1 笈川→堂島 第二学校踏切

Dsc_7801_01
  2016/10/2 姥堂→会津豊川 姥堂

276
 2016/10/15 山都→喜多方 小布瀬原踏切先
 

Dsc_9007
 2016/10/16 荻野→山都 荻野漕艇場 

Dsc_9069
 2016/10/16 笈川→堂島 第二学校踏切 

Dsc_7277
 2017/10/28 山都→喜多方 小布瀬原踏切先

Dsc_7299_01
 2017/10/28 笈川→堂島 西屋敷第二踏切
 

 46年前の高森線です。昔は藁ぶきの農家も多かったので、稲藁は干して大切に保管していたのでしょう。いつの間にか消えた日本の田園風景ですね。

_20150106_3
 1972/12 高森線

撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »