« 宗谷ラッセル(2019/2/24速報版) | トップページ | 宗谷ラッセル雪372レ(2019/2/23-24抜海の丘陵) »

2019年2月26日 (火)

宗谷ラッセル総括(2019/2/22-24)

 今回の宗谷ラッセルの狙いは昨日も書いたように、利尻富士と大雪山、そして和寒町日の出の夕陽です。この週末から通常運用に戻るラッキーはあったものの、排雪シーンはもとより、この狙いもすべていま一歩のところで達成できませんでしたが...


今日の1枚

Dsc_5862_01
 2019/2/23 南稚内→抜海 抜海の丘陵 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
 晴れていればこの画像の真ん中に利尻富士があるのですが...


Dsc_6995
 2019/2/24 南稚内→抜海 抜海の丘陵 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
 日曜日は本番1時間前には利尻富士はほぼ完璧な姿を現していましたが、10mを越す強風とともに雲が次々と湧き出てしまいました...現役時代から10回ほど冬の抜海に来てますが、はじめてのチャンスでテンションは上がり切ったのですが...
 
Dsc_6733_01
 2019/2/23 和寒→東六線 和寒町日の出 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
 昨年から下りの時間が遅くなって夕陽の時間に間に合わないのですが、2月下旬となり日没10分前に通過となったのですが...1分早ければ山の上に夕陽がありました。
 
Dsc_6456
 2019/2/23 北星→日進 東恵橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 東恵橋も素晴らしい排雪シーンを見せてくれる場所ですが、回雪だとその価値は半減してしまいます。しかし逆サイドに目を向ければ天塩川の流れに広い雪原の素晴らしいシーンもあります。

Dsc_5643_01
 2019/2/22 和寒→東六線 和寒町日の出 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
 夕陽はなくともキタキツネの足跡が北の大地の証です。
 
 ダイナミックな排雪シーンがあるとそれに夢中になり、足跡さえ気が付かないですが、今回はのんびりと北の大地の素晴らしさを改めて認識出来満足な3日間でした。
 来年もまたこの宗谷ラッセルが北の大地を走り続けて、そして暖冬でないことを願って総括とします。
 
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 宗谷ラッセル(2019/2/24速報版) | トップページ | 宗谷ラッセル雪372レ(2019/2/23-24抜海の丘陵) »

宗谷ラッセル」カテゴリの記事

コメント

現役時代から宗谷本線と天北線沿線はコロコロ天候が変わり、
晴れ・曇り・雪が20-30分単位で姿を現すという印象がありました。
それだけに、利尻富士をバッチリ捉えた一枚はそれだけで尊敬に値した
(何回通った結果なのか・・・)ものでした。
二枚目のお写真の背景にはうっすらと見えていますが、もっとバッチリ見えていたようですから
口惜しさ一入でしょうね。何はともあれ、無事のご帰還をお慶び申し上げます。

投稿: マイオ | 2019年2月26日 (火) 09時37分

マイオさま
 コメントありがとうございます。
 山の天気はかわりやすいですけど、北の山は更にですね。今回は利尻も大雪も一喜一憂の連続で、結局駄目でした。
 しかし今年の暖冬は異常です。夜明けの抜海が気温がプラスの1度です。まだ笹が青いところもありました。
 道路は高速道路並みの快適さです。

投稿: 堤防 | 2019年2月26日 (火) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗谷ラッセル総括(2019/2/22-24):

« 宗谷ラッセル(2019/2/24速報版) | トップページ | 宗谷ラッセル雪372レ(2019/2/23-24抜海の丘陵) »