« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月29日 (土)

加悦SL広場(2020/2/22その3DL編)

その3はDL編です。これまたいろんな遍歴を持つ貴重なDL達です。


 
今日の1枚 

Dsc_4153
 2020/2/22 加悦SL広場 KD-4 
 
 岡山のキリンビールの専用線で使われていたKATO製のチビッ子DLです。連結器の高さが大きさを物語っています。 ひと昔前まではこんなロコがあちこち転がっていたのですがね...


Dsc_4144
 2020/2/22 加悦SL広場 DC351 
 
 八戸の南部鉄道で使われて後に加悦鉄道に来たC型ロッド式のDLです。
 
Dsc_4143
 2020/2/22 加悦SL広場 DC351 
 
 このDLで開発された変速機が後にDD13等で採用になったそうです。スノープロ―を上下するハンドルが面白いですね。
 ウロウロする女房も写っていました。
Dsc_4149
 2020/2/22 加悦SL広場 KD-4 
 
 かつては動態保存でしたが今は??こうやって子供たちが身近に接せることのできる保存方法も大切ですね。 
  
Dsc_4177
 2020/2/22 加悦SL広場 DB201 
 
 可愛らしい加悦鉄道が発注したB型のロッド式DLです。 
 
Dsc_4173
 2020/2/22 加悦SL広場 DB201 
 
 動態保存だったらしいですが、日本のDLの草分けみたいな存在です。 
 
Dsc_4179
 2020/2/22 加悦SL広場 DB202 
 
 これも動態保存だったそうで、DB201より10年後の昭和38年製造ですが、この10年でDLもだいぶ進化していますね。 
 
Dsc_4188
 2020/2/22 加悦SL広場 TMC100BS
 
 これも動態保存で国鉄福知山機関区で除雪に使われていたものを加悦鉄道が譲り受けたそうです。
 
 これだけのDLを動態保存していた加悦SL広場ですが、地方観光施設の宿命で寂しい限りです。
 
 さて、本日今年3回目の北海道に行ってきます。昨日非常時代宣言もされていますが、さすがに原野にはウイルスもいないでしょう?!
 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

SL冬の湿原号(2020/2/15・16下り細岡・釧路川橋りょう)

 細岡や釧路川はやはり夕陽が欲しいですね。


 
今日の1枚 
 
Dsc_3210_01
 2020/2/15 東釧路→釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 雪や氷はありませんでしたが、バックの釧路川橋りょうは現役時代を思い浮かばさせる風情があります。昔の魚臭さはないですが...

Dsc_3896_01
 2020/2/16 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 雪の予報も近づき辺りは暗くなり人気の仮監峠踏切には誰もいませんでした。湿原の枯れ草をあえて入れて流してみました。

Dsc_3901
 2020/2/16 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 もっと枯れ草を入れた方がよかったかもです...
 
Dsc_3205_02
 2020/2/15 東釧路→釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 塘路のあたりは雪でしたが、釧路方向は空が明るいのでもしやと思い釧路川に来てみました。氷はかけらもありませんが夕陽はあり、ここまではよかったのですが悲しい結果になりました...
    
Dsc_3235
 2020/2/15 東釧路→釧路 釧路川橋りょう  
 
 太陽の映り込みが美しく水際を入れてみましたが...
  
Dsc_3256_01
 2020/2/15 東釧路→釧路 釧路川橋りょう  
 
 肝心なところで煙が流れ何も見えなくなりました...
 
Dsc_3286
 2020/2/15 釧路→東釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 DCは悲しい結果になりませんね...この角度も煙が流れなかったら良いですね。
  
Dsc_3925
 2020/2/16 東釧路→釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 今回の釧網本線の締めは釧路川橋りょうにきましたが、夕陽はもちろんなく、しかも煙もなく流すしかありませんでした...
  
Dsc_3952
 2020/2/16 東釧路→釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 スポーク動輪は流しても透けるので美しいですね。
  
Dsc_3966
 2020/2/16 東釧路→釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
   
 最後は寂しい煙になりました...
   
 今冬2回目の釧網本線も急ぎ足の2日間でしたが、新しいポイントもたくさん撮れて満足な結果です。来年もまた北の大地を走るC11、そして再び仲間も増えることを期待してこのシリーズを終わります。
  
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年2月27日 (木)

加悦SL広場(2020/2/22その2DC編)

 その2はDC編です。1型式1両のいろんな遍歴を持つ貴重なDC達に感動です。


 
今日の1枚 

Dsc_4181_20200227001801
 2020/2/22 加悦SL広場 キハ08 
 
 今回の加悦鉄道の最大の目的はこのキハ08でした。 


Dsc_4201
 2020/2/22 加悦SL広場 キハ08 
 
 オハフ61を改造したキハ08は北海道釧路あたりで細々と走っていましたが、ちょうど私が北海道に行き始める頃に加悦鉄道に来ました。
 

Dsc_4186
 2020/2/22 加悦SL広場 キハ08 
 
 Nゲージをやっていた人は、グリーンマックスのオハフ61のキットにキハ08化のパーツが入っていたので、誰もが知っている客車改造DCです。
 

Dsc_4184
 2020/2/22 加悦SL広場 キハ08 
 
 かなり塗装が痛んでいましたが、北海道風のレイアウト作成において是非実物を見たかったDCでした。
 
Dsc_4189
 2020/2/22 加悦SL広場 キハ10 
 
 こちらもかなり痛んでいますがバス窓のキハ10です。
 

Dsc_4094_01
 2020/2/22 加悦SL広場 キハ10 
 
 キハ08とともに加悦鉄道を走っていました。
 
Dsc_4137
 2020/2/22 加悦SL広場 キハユニ51 
 
 キハユニ51は芸備鉄道から国鉄キハニ40921となり、加悦鉄道に来てからキハになりましたが、保存時にキハユニを復元したものです。
  
Dsc_4141
 2020/2/22 加悦SL広場 キハユニ51 
 
 表記までかなり凝って復元していますね。荷物バケットがローカル色プンプンです。
 
 
Dsc_4139
 2020/2/22 加悦SL広場 キハユニ51 
 
 運転台も簡単なものです。運転台の横に展望の良い特等席があります。この車両パノラマ窓で眺めが良いですね。
 
Dsc_4137
 2020/2/22 加悦SL広場 キハ101 
 
 もとはガソリンカーをディーゼルに改造した片ボギーのDCです。
 
 
Dsc_4172
 2020/2/22 加悦SL広場 キハ101 
 
 こちらも荷物バケットがついてます。僅か5kmあまりだった加悦鉄道ですが、のんびりとこれらのDCが走る姿が目に浮かびます。
 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (2)

2020年2月26日 (水)

SL冬の湿原号(2020/2/15・16下り二本松下)

 二本松下は切通になっていて上り下りともに湿原から登ってきます。


 
今日の1枚 

Dsc_3806_01    
 2020/2/16 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 湿原と山が少しでも入ると雰囲気がかわります。


Dsc_3103
 2020/2/15 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 突然に雪となりはじめての降雪のシーンになりました。
 
Dsc_3121
 2020/2/15 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 南向きの斜面には雪はありません。
  
Dsc_3135_01   
 2020/2/15 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 バック運転はやはりサイド気味に撮りたいですね。積雪は少ないですが雪が舞い良い雰囲気になりました。   
 
 
Dsc_3150
 2020/2/15 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 バック運転は煙がかなり後ろになってしまうのが難点です...
 
 
Dsc_3834
 2020/2/16 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 翌日は昨日と同じ場所を少し離れた上から撮ってみました。湿原と山が入ります。
  
Dsc_3847
 2020/2/16 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 カーブに編成も入ります。 
 
Dsc_3863
 2020/2/16 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 切り通しが両側の湿原からのサミットになっています。

Dsc_3878
 2020/2/16 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 切り通しのサミットを抜けると塘路側の湿原が見えます。二本松はいろいろ狙え、また切り通しの為風の影響を受けにくくて気に入りました。
 尚、ここに行くには二本松から斜面を下るよりも、駐車場から来て二本松に向かって右に曲がるところを直進すると線路に出ます。
    

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

SL冬の湿原号(2020/2/15・16上り五十石・ルルラン踏切)

 五十石付近は旧五十石駅とその手前の踏切が立ち入り禁止で、他の場所も駐車スペースが少ない場所です。


 
今日の1枚 
 
Dsc_3743
 2020/2/16 茅沼→標茶 五十石
 
 Sカーブを綺麗な白煙で来ました。

 
Dsc_3729_01
 2020/2/16 茅沼→標茶 五十石

 
 Sカーブは茅沼から国道に出る冬季除雪されない道にあります。 
 
Dsc_3756
 2020/2/16 茅沼→標茶 五十石
 
 雰囲気は良い場所です。
  
 
Dsc_2954_20200224231801
 2020/2/15 茅沼→標茶 五十石
 
 こちらは旧五十石駅跡です。Yポイント名残のSカーブがありますが、500mmぐらいの望遠が欲しかったです... 
 
Dsc_3009
 2020/2/15 茅沼→標茶 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 煙が空に同化してしまいました... 
 
Dsc_3021
 2020/2/15 茅沼→標茶 ルルラン踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 ここは駐車場は整備されているのですが、線路端の草が未整備で...
 
Dsc_3773
 2020/2/15 茅沼→標茶 ルルラン踏切
 
 ここはいつもは黒煙で来るのですが... 
 
 このあたりは直線を線路際で撮るので、撮影者が多いと線路に近づくファンもいて、今回もかなり警笛を鳴らしていましたので要注意です。また2台のパトカーがルルラン踏切まで厳しく取り締まっているので駐車スペースを確保してください。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村 

| | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

SL冬の湿原号(2020/2/15・16上り塘路)

 塘路は今回は白樺並木の先の橋りょうを狙ってみました。


 
今日の1枚 

Dsc_2934
 2020/2/15 塘路→茅沼 塘路橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 釧網本線は意外に橋りょうが少なく、塘路の橋りょうは貴重ですね。


Dsc_2918
 2020/2/15 塘路→茅沼 塘路橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 以前から撮ってみたかった塘路の橋りょうを平行する歩道橋から撮ってみましたが、晴れて逆光になってしまいました。
 
 
Dsc_3658
 2020/2/16 塘路→茅沼 塘路橋 
 
 翌日は歩道橋の下から撮ってみました。
  
Dsc_3668
 2020/2/16 塘路→茅沼 塘路橋 
 
 水の流れが多くて水鏡はもうひとつでした。冷え込んで川が凍り流れがゆるやかになったり、もっと雪があれば面白い写真も撮れそうですね。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

加悦SL広場(2020/2/22その1)

 連休は女房と閑散とする京都に来ていたので、来月で閉鎖になる加悦SL広場に足を延ばしてみました。


 
今日の1枚 

Dsc_4128_20200223113701
 2020/2/22 加悦SL広場 103蒸気機関車 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 静態保存機はあまり訪れることはないのですが、懐かしい罐が並んでいました。 


Dsc_4092
 2020/2/22 加悦SL広場 
 
 以前から蒸気機関車はもとより貴重なDCや客車が気になって訪れたいと思っていましたが、閉鎖と聞いて慌ててきました。関東ナンバーの車も何台か来ておりファンで賑わっていました。
 
Dsc_4206
 2020/2/22 加悦SL広場 
 
 偶然に令和2年2月22日でした。
 

Dsc_4118
 2020/2/22 加悦SL広場 C57189 
 
 多くの車両は雨さらしなのでご覧の通りの惨状です。特に国鉄蒸気機関車は...
Dsc_4122
 2020/2/22 加悦SL広場 C57189 
 
 新津でのC57180の僚友ですが...
Dsc_4114
 2020/2/22 加悦SL広場 C58390 
 
 何故北海道の罐を保存したのでしょうか?
 
Dsc_4124
 2020/2/22 加悦SL広場 C58390 
 
 このC58390は47年前に網走で撮った罐です。大好きだった船底型テンダーの罐ですが... 
 
Dsc_4190
 2020/2/22 加悦SL広場 2号蒸気機関車(123) 
 
 147歳の120型の123号機は現在は唯一屋根があるので比較的保存状態は良好です。
 
Dsc_4109
 2020/2/22 加悦SL広場 2号蒸気機関車(123) 
 
 閉鎖後のこういった歴史的価値の高い罐の動向が気になります。 
 
Dsc_4166
 2020/2/22 加悦SL広場 4号蒸気機関車 
 
 99歳ですが、昭和42年まで加悦鉄道で働いていたのは驚きです。
Dsc_4169
 2020/2/22 加悦SL広場 4号蒸気機関車 
 
 模型には好ましいCタンクですね。
Dsc_4162
 2020/2/22 加悦SL広場 4号蒸気機関車 
 
 エアータンクの配管が面白いです。
 
Dsc_4105
 2020/2/22 加悦SL広場 1261蒸気機関車 
 
 これまた昭和42年まで活躍した1260型の1261号機です。
Dsc_4107
 2020/2/22 加悦SL広場 1261蒸気機関車 
 
 これまた配管が面白いですね。
 
Dsc_4111
 2020/2/22 加悦SL広場 103蒸気機関車 
 
 105歳の東洋レーヨン103号機、もともとは長門鉄道の罐です。 
 
Dsc_4128
 2020/2/22 加悦SL広場 103蒸気機関車 
 
 弁慶号と同じ会社で作られ、煙室扉あたりの雰囲気が似てますね。 
 
Dsc_4115
 2020/2/22 加悦SL広場 103蒸気機関車 
 
 こんな小さいのに第二動輪のフランジがないとは... 

Dsc_4133
 2020/2/22 加悦SL広場 103蒸気機関車 
 
 意外にゴチャゴチャしている運転台です。
 
Dsc_4135
 2020/2/22 加悦SL広場  
 
 転車台もあり、単に保存だけでなく生きている鉄道風に罐が置かれているのは良いですが、当然雨ざらしになってしまいますね。
 古典機達の行方がきになります。

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(函館本線その21)

0525-2_20200212210601
 1972/12 函館本線 大沼 D51148 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 トンネルから出てくるD51です。ここはバックの山の雰囲気もよいですね。

0523-5
 1972/12 函館本線 大沼 D51367 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 コンテナ中心の急行貨物です。トンネルから飛出しの煙も残っています。

0523-6
 1972/12 函館本線 大沼 D51367 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D51367は長万部の罐で、一生を北海道で過ごし75年12月に岩見沢で廃車になっています。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

SL冬の湿原号(2020/2/15上り細岡)

 初日のスタートは細岡の丘にしました。先の仮監峠踏切は大盛況でしたが...


 
今日の1枚 

Dsc_2875_02  
 2020/2/15 釧路湿原→細岡 細岡の丘 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 やはりちょっと雪が少ないですが、湿原の大カーブは見ごたえがあります。


Dsc_2806_20200221000401
 2020/2/15 細岡の丘 
 
 丘の上は鹿のねぐらのようです。この冬は雪が少ないせいか2日間で一度も鹿を見ませんでした。

Dsc_2827
 2020/2/15 釧路湿原→細岡 細岡の丘 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 釧路湿原発車の汽笛から数分、湿原の大カーブをやってきますが、煙はちょっと寂しいです...

Dsc_2862
 2020/2/15 釧路湿原→細岡 細岡の丘 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 しかし仮監峠踏切を過ぎると黒煙になりました。
  
Dsc_2885_02
 2020/2/15 釧路湿原→細岡 細岡の丘 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 風でちょっと煙が倒れましたが、順光で良いシーンです。
 
Dsc_2902
 2020/2/15 釧路湿原→細岡 細岡の丘 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 手前は木越になります。

Dsc_2908
 2020/2/15 釧路湿原→細岡 細岡の丘 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 こんなシーンも釧路湿原らしいです。
 
 ここはあまり撮影者はいませんが細岡駅にかけて煙は出るので穴場です。
 

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

SL冬の湿原号(2020/2/16上り遠矢)

 釧路駅発車の後は塘路を目指していたのですが、既に東釧路で湿原号を抜き、遠矢のオーバークロスが目に留まりました。


 
今日の1枚 

Dsc_3622_02
 2020/2/16 東釧路→遠矢 遠矢オーバークロス   
 
 
 自然の風景のなかでこの角度はなかなか撮れませんし、客車の煙によるフェードアウトもよかったです。


Dsc_3592
 2020/2/16 東釧路→遠矢 遠矢オーバークロス    
 
 遠矢駅方面に向かう道の駐車スペースに車を置き、オーバクロスにきました。罐が見え始めてからどんどん煙が出始めます。

Dsc_3630_01
 2020/2/16 東釧路→遠矢 遠矢オーバークロス    
 
 手前に来れば家も入らず、僅かな雪でも好ましいシーンになりました。 
 
Dsc_3644
 2020/2/16 東釧路→遠矢 遠矢オーバークロス    
 
 障害物もなくなりました。 
 
Dsc_3645
 2020/2/16 東釧路→遠矢 遠矢オーバークロス    
 
 釧路駅発車に続いてこの煙がたまりません!釧路川橋りょうから釧路湿原駅の間は撮れる場所が少ないですが、ここは穴場ですね。

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

SL冬の湿原号(2020/2/16上り釧路駅発車)

 釧路駅発車ははじめて撮りますが、果たしてどんなシーンになるのでしょうか。


 
今日の1枚 
 
Dsc_3569
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車  
 
 もう少しで建物も全部隠れるぐらいの迫力ある発車でした。

Dsc_3440
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 普段は閑散としている釧路駅ですが、11時には札幌からの特急が到着し、5番線のうち4本に列車が入り、1年のなかでも最も活気づく瞬間です。
   
Dsc_3450
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 力強く発車ですが、湿原だけでなくやはりここでも強風の影響で煙が流れ、特急は煙の中です?!
  
Dsc_3521
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 ドレインも勇ましいです。
 
Dsc_3527
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車  
 
 煙が流れなかったら相当素晴らしい発車シーンだったのですが...
 
Dsc_3564_20200220004601
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車  
 
 ドレインも出っぱなしです。
 
 
Dsc_3572
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車  
 
 湿原をトコトコ走る姿も良いですが、こちらもたまりませんね?!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村 

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

SL冬の湿原号(2020/2/16上り釧路運輸区)

 16日は湿原も風が強いので、釧路駅発車を狙い、その前に久しぶりに釧路運輸区に来てみました。


 
今日の1枚 

Dsc_3346_04    
 2020/2/16 釧路運輸区 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 今日も煙をまき散らして元気に出庫です。


Dsc_3303
 2020/2/16 釧路運輸区 
 
 運用を終えたキハ54が帰ってきました。

Dsc_3326
 2020/2/16 釧路運輸区 
 
 根室本線のキハ40が行きますが、生きてる線路が減ったような気がするのですが気のせいでしょうか?

Dsc_3328
 2020/2/16 釧路運輸区 
 
 10時半前に客車を連れて出庫です。工場の煙突の煙と汽車の煙が面白いです。風が強いですね。

Dsc_3343
 2020/2/16 釧路運輸区  
 
 蒸気機関車は寒いに限りますね?!

Dsc_3385_20200218223001
 2020/2/16 釧路運輸区 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 ポイント通過でクネクネします。

Dsc_3401
 2020/2/16 釧路運輸区 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 手前は流してみました。

Dsc_3416
 2020/2/16 釧路運輸区 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 釧路運輸区からの出庫はいろいろ楽しめて人気もあります。ただこの跨線橋は寒い日に風があると本当に寒い思いをします。
 
Dsc_3429
 2020/2/16 釧路運輸区 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 上の跨線橋には大勢のファンがいます。
 
 次は釧路駅の反対側の跨線橋に移動して発車を撮ります。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

SL冬の湿原号(2020/2/16下り速報版)

 下りは昨日撮った二本松下の同じ場所を少し離れた上から撮ってみました。


 
今日の1枚 

Dsc_3806_01    
 2020/2/16 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 昨日と違って湿原の一部が入りバックに山も見えました。


Dsc_3847
 2020/2/16 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 昨日の雪で斜面も少し白くなっていい感じでした。

Dsc_3878
 2020/2/16 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 切通のサミットを抜けると塘路側の湿原が見えます。二本松はいろいろ狙えて気に入りました。

Dsc_3896_01
 2020/2/16 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 雪の予報も近づき辺りは暗くなり人気の仮監峠踏切には誰もいませんでした。湿原の枯れ草をあえて入れて流してみました。

Dsc_3952
 2020/2/16 東釧路→釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 今回の釧網本線の締めは釧路川橋りょうにきましたが、夕陽はもちろんなく、しかも煙もなく流すしかありませんでした...
 
 急ぎ足の2日間でしたが、新しいポイントもたくさん撮れて満足な結果です。帰りの飛行機が天候調査になりヒヤヒヤしましたが、なんとか30分遅れで24時には帰宅できました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2020年2月17日 (月)

SL冬の湿原号(2020/2/16上り速報版)

 2日目は風も強くどんよりの空なので、今までに撮ったことのないポイントを狙ってみました。釧路駅出発、遠矢オーバークロス、五十石のSカーブははじめて撮りました。


 
今日の1枚 

Dsc_3622_02
 2020/2/16 東釧路→遠矢 遠矢オーバークロス   
 
 
 いつもの釧路川橋りょうだと間に合わないのですが、今日は釧路駅発車だったので東釧路より先行し、ついでのつもりでここで撮ってみたら意外に良かったです。


Dsc_3385
 2020/2/16 釧路運輸区 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
  
Dsc_3521
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
Dsc_3569
 2020/2/16 釧路→東釧路 釧路駅発車  
 
Dsc_3644
 2020/2/16 東釧路→遠矢 遠矢オーバークロス 
 
Dsc_3658
 2020/2/16 塘路→茅沼 塘路橋 
 
Dsc_3729_01
 2020/2/16 茅沼→標茶 五十石
 
 昨日はちょっと煙がもの足りなかったのですが、今日は気温も低く上りは良い煙に恵まれました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村 

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

SL冬の湿原号(2020/2/15下り速報版)

 山は駄目ですが下りは俯瞰を考えていたのですが...


 
今日の1枚 

Dsc_3135_01   
 2020/2/15 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 バック運転はやはりサイド気味に撮りたいですね。積雪は少ないですが雪が舞い良い雰囲気になりました。


Dsc_3103
 2020/2/15 茅沼→塘路 二本松下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 2時を過ぎると晴れの予報のはずが突然雪になりました。釧網本線でははじめての雪でした!
  
Dsc_3210_01
 2020/2/15 東釧路→釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 塘路のあたりは雪でしたが、釧路方向は空が明るいのでもしやと思い釧路川に来てみました。氷はかけらもありませんが夕陽はあり、ここまではよかったのですが悲しい結果になりました...
 
Dsc_3286

 2020/2/15 釧路→東釧路 釧路川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 
 DCは悲しい結果になりませんね...この角度も煙が流れなかったら良いですね。
 

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

SL冬の湿原号(2020/2/15上り速報版)

 釧網本線第二弾は天気予報は晴れになりましたが...


 
今日の1枚 

Dsc_2875_02  
 2020/2/15 釧路湿原→細岡 細岡の丘 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 やはりちょっと雪が少ないですが、北の大地のシーンは味があります!


Dsc_2885_02
 2020/2/15 釧路湿原→細岡 細岡の丘 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 晴れているが山は駄目、空も青くないという中途半端は天気になってしまいましたが、順光で狙えるここに来てみました。仮監踏切あたりから煙が出始め、巻いた煙で車の列も隠れホットです。誰もいない丘の上でニヤリです?!気温はプラスで前回よりも雪は少なくなっていますね。
 
Dsc_2934
 2020/2/15 塘路→茅沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 以前から撮りたかった橋りょうで撮ってみましたが、晴れの日は駄目ですね。
 
 今日の上りは気温もプラスで煙もちょっと控えめのようでした...
 

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(夕張線その7)

0525_20200212225201
 1972/12 夕張線 清水沢? D51767 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 大夕張鉄道に行ったときに清水沢の発車を1枚撮ってました。夕張線は72年12月は専門に撮っていませんが、この雰囲気が夕張線のイメージです。
 
 さて本日から土日の強行軍で今冬2回目の釧網本線です。今回ははじめて1人で行きますが天気はあまり良くないようですね...
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

新SL現役時代のアーカイブ(函館本線その20)

0525-4_20200211123801
 1972/12 函館本線 大沼 D51104 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 このSカーブは好きだったようで沢山撮っています。まずはD51の牽くコンテナの急行貨物です。コンテナも初期のC10ですね。
 D51104は五稜郭の罐で、72年8月に酒田から来て、その後鷲別、岩見沢と移り、74年7月に廃車になっています。

0618-16
 1972/12 函館本線 大沼 DD51 ニセコ

 スロ62がはいっているので間違いなくニセコです。DD51には目もくれなかったのですがニセコだけは数回撮っています。

0618-2_20200211123901
 1972/12 函館本線 大沼 D51710

 D51の牽く荷客です。

0618_20200211124801
 1972/12 函館本線 大沼 D51710

 御存じD51710はこの時は長万部でしたが、その後追分に行き、最後のD51として76年1月に廃車になっています。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

新SL現役時代のアーカイブ(函館本線その19)

0618-14
 1972/12 函館本線 大沼 D5129 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ナメクジの牽く貨物列車がSカーブをやってきました。

0525-3_20200211113401
 1972/12 函館本線 大沼 D5129 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 この時はスリックのバーにモノクロ2台、手持ちでカラーを1台で3台で欲張っていたようでした。

0618-15

 1972/12 函館本線 大沼 D5129 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 欲張るとシャッターチャンスは碌なものにならないですね...
 
0117-3_20200211112701
 1972/12 函館本線 大沼 D5129 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 カラーはオリンパス35RCで広角になります。

0618-9_20200211110901
 1972/12 函館本線 大沼 D5129 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 これはニコマートFTN+43~86mmでまともな写りです。
 もう1台のモノクロは親父からもらったCANONの4SBで発売時は高級カメラで7万円もしたそうですが、露出計もなく中学2年生にとっては底開け式のフィルム交換は難しく、フィルムの装填を何度も失敗したり傷をつけたりしてまともに使えていませんでした...
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

新SL現役時代のアーカイブ(函館本線その18)

0618-8_20200211105901
 1972/12 函館本線 大沼 D511153 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 駒ヶ岳が見えなくなったのでトンネルから小沼に出るあたりで撮ってます。D511153は長万部の罐でしたが後に北見に行き常紋で再会しています。

0618-13

 1972/12 函館本線 大沼 D511153 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 雪の中を走る長い2軸貨車も函館本線海線ながらです。最後のヨの軽いタンタンというジョイント音が懐かしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(函館本線その17)

0618-11
 1972/12 函館本線 大沼 D51346+DD51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 雪も降り初め駒ケ岳は消えました。無煙化を前にDD51の訓練運転もはじまっていて、D51との重連でやってきました。

0618-5_20200208223601
 1972/12 函館本線 大沼 D51346+DD51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 なんとしてもDD51は撮りたくなかったようです。
 D51346は長万部の罐で、 一生北海道活躍し75年2月に北見で廃車になっています。

0618-6_20200208223601
 1972/12 函館本線 大沼 D51346+DD51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 現役時代意外にDLとの重連は撮ってません。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

新SL現役時代のアーカイブ(函館本線その16)

0523_20200208210701
 1972/12 函館本線 大沼 D51163 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 函館本線海線の見せ場であった大沼の駒ケ岳です。この頃海線のメインであったD52は廃車が進み、D51にかわってしまいました。爆煙のD51の牽く貨物列車がやってきました。隣を走るトラックが懐かしいですね。
 
0523-2_20200208210701 
 1972/12 函館本線 大沼 D51163 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 小沼の向こうに見る駒ケ岳は完璧ではありませんでしたが、雄大なシーンでした。
 D51163は長万部の罐で73年9月に廃車になっています。

0618-7_20200208211001
 1972/12 函館本線 大沼 D51611 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D52の運用であった荷客もD51でした。
 D51611は五稜郭の罐で、10月に新津からきたばかりで、76年1月に滝川で廃車になっています。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

(特集)流し撮りを楽しむ(秋編)(2019年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド


Dsc_4444
 2019/9/8 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます


 春~夏編の続きの秋編です。やはりギラリには流しが有効的ですね。ガータ橋の流しも躍動感があって面白いです。トラス橋でも流してみたいですね。

【秋】

Dsc_4460_01
 2019/9/8 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
    
 黄金の絨毯の上を快走するシーンはよかったです。  

Dsc_5761_01
 2017/9/16 新関→東新津 新関駅通過
 
 夜遊びの流しも面白いです。

242
 2013/9/28 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ

 もう日が当たらないのですが流しはいけました。

019
 2013/10/12 五十島→三川 五十母川橋りょう

 雨の日逆光サイドで流してみました。電線や高速道路もあまり気にならなくなります!

032
 2013/10/12 五十島→三川 五十母川橋りょう 

 鉄橋の流しも面白いですね!

Dsc_2380_01_2
 2015/10/25 姥堂→会津豊川 姥堂 

 この日は雨の中、西の空に青空があり、夕陽がさし虹も出るという気象で、そんな天気を象徴するようなシーンを撮ることができました。

Dsc_2386_2
 2015/10/25 姥堂→会津豊川 姥堂 
 
 稲刈りの終わった田んぼも流すと面白いです。

Dsc_7360_01
 2017/10/28 荻野→尾登 釜の脇橋りょう
 
 トラス橋越の流しも面白いです。

206_02
 2013/11/9 堂島→会津若松 十文字

 罐だけが浮き上がります。

054
 2013/11/16 喜多方→山都 舞台田踏切 

 綺麗な光線です。

079
 2013/11/16 喜多方→山都 舞台田踏切  

 ギラリの罐が浮いて見えます。

081
 2013/11/16 喜多方→山都 舞台田踏切  

 この瞬間がたまりません!

103_01
 2013/11/17 喜多方→山都 濁川橋りょう

 橋りょうの流しも躍動感があって面白いです。

111_2
 2013/11/17 喜多方→山都 濁川橋りょう 

 流しだとギラリの場所を逃がしません?!

Dsc_0052_3
 2012/11/25 東下条→五十島

 高速道路や電柱もわからなくなりました。

Dsc_0224
 2012/11/25 山都→喜多方 小布瀬原 

 紅葉バックも面白いです。

Dsc_0234
 2012/11/25 山都→喜多方 小布瀬原 

 線路際の邪魔な草も流れて気になりません。

Dsc_4945_01
 2015/12/5 喜多方→山都 松野の築堤
 
 日没後も流しは撮れます。

 ギラリや紅葉のシーンを盛り上げてくれますね。 

撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

新SL現役時代のアーカイブ(室蘭本線その28)

05204-18
 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51467 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 現役時代の栗山栗丘も最後になりました。

05204-19
 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51467 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 私にとっては南の筑豊本線の筑前垣生と並んでいっぱい撮れた場所でした。しかしやはり雪景色のここが圧倒的に素晴らしかったです。当時は変化にない場所と思ってましたが、いろんな撮り方ができて蒸気機関車撮影の醍醐味を勉強出来た場所でした。
 
05204-20
 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51492 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ギーゼルエジェクターのD51492は追分の罐で73年7月に廃車になっています。

05204-21
 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51394 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D51394は岩見沢の罐で74年8月に廃車になっています。トンネルから出てくる短い岩見沢行はさすがにあまり煙が出ませんね。

05204-9
 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D511160 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ラス前が単機でやってきました。今となっては永遠に忘れられない素晴らしい撮影地でした。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

(特集)流し撮りを楽しむ(春~夏編)(2019年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 流し撮りを楽しむ(春~夏編)
 
033x  
 2015/7/20 東新津→新関 能代川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます


 流し撮りはまだまだ初心者でいまだ大量にゴミ箱行きを作っていますが、1枚でもピントがあうものがあればラッキーという主義です?! 私流の流し撮り理論をまとめてみました。

○こんな時「流し」ます

 ・春先や秋口の馬下のように日が落ちて遅いシャッター速度しか使えない時

 ・夏以降線路際の草木が伸びて足回りが隠れる時

 ・背景があまり綺麗でなかったり電線が入る時

 ・ギラリで書きましたがどこでギラリになるかわからない時

 ・躍動感ある罐を撮りたい時

 ・スカでどうにもならない時

 やはり罐だけにピントが合いバックや線路がボケると、罐が浮いて見え、躍動感ある写真になるのが最大のメリットですね。

 ばんえつ物語では電車と異なり特に発車直後は走行速度が遅いので30分の1より遅くしないとあまり流れません。またバックで距離が離れると30分の1でも流れなくなり、思い切ってシャッター速度を遅くする必要があります。
 最近のVRは水平流しには使え、私は流し撮りだけは三脚を使っていたのですが、最近は流し撮りも手持ちになりました。雲台よりスムーズに追えますね。

【春】

Dsc_7261_01
 2014/3/23 中条→平木田 胎内川橋りょう

  番外編です。

Dsc_85851
 2018/4/1 堂島→会津若松 十文字 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
  春先の色彩の乏しい時期も面白いです。

195
 2013/4/14 馬下→猿和田 小山田踏切

 この時期はまだかなり暗くシャッター速度も遅くなるので流しには好都合です。

439
 2013/4/21 馬下→猿和田 小山田踏切 

 強烈な夕陽でローズ色です。

456
 2013/4/21 馬下→猿和田 小山田踏切 

 迫力は出ます!

473
 2013/4/28 馬下→猿和田 馬下踏切 

 ギラリ+流しを狙いました。

499
 2013/4/28 馬下→猿和田 馬下踏切 

 ギラリになりはじめましたが角度が予想外であまり流れませんでした。

Dsc_1397
 2018/4/29 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ
  
 新緑の流しは良いですね。

Dsc_1407
 2018/4/29 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ
  
 あまり煙がなくても絵になります。

453
 2013/5/5 喜多方→山都 舞台田踏切 

 春先の築堤はすっきりしてます。

292
 2013/5/18 山都→喜多方 小布瀬原 

 新緑のバックも良いものです。

025_2
 2015/5/24 東新津→新関 新関進入

 水鏡の条件が揃えば最高です。

Dsc_6008_01
 2015/5/31 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ

 流してしまえば足回りの草も気になりません。

【夏】

Dsc_7694_01
 2016/6/11 姥堂→会津豊川 姥堂
 
 稲は緑の絨毯になります。

Dsc_5591
 2018/6/17 北五泉→新関 第2中野踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
 水田のギラリ流しはイメージ通りになりました。是非大画像でギラリの美しさをご覧ください。
 
Dsc_5599
 2018/6/17 北五泉→新関 第2中野踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 ちょうど連写のタイミングで動輪のロッドの位置がよかったです!

Dsc_8797
 2016/6/18 馬下→猿和田 馬下踏切
 
 罐が浮かびます。

Dsc_8814
 2016/6/18 馬下→猿和田 馬下踏切
 
 ギラリ+流しは美しいです。.

Dsc_0620
 2017/6/18 姥堂→会津豊川 姥堂
 
 ここは草はないのですが変化に乏しいので...
 

Dsc_7051
 2018/7/7 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 この元気な馬下のダッシュが、C57180最後の姿になろうとは夢にも思いませんでした...

071_01
 2015/7/20 五十島→三川 五十母川橋りょう
 
 橋りょう流しも面白いです。

Dsc_0036
 2012/7/28 喜多方→山都 舞台田踏切

 真横から流してみました。バックの山が見えなくても絵になります。
 
Dsc_2253_01
  2019/7/28 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 草も流してしまえば模様になります。
 

386_01
 2013/8/4 喜多方→山都 舞台田踏切 

 宙を飛ぶようなシーンです?!

Dsc_9476_01
 2015/8/9 姥堂→会津中川 姥堂
 
 罐が浮いて見えます。

Dsc_9940
 2015/8/12 笈川→堂島 西屋敷第二踏切
 
 磐梯山も流れていますが...
 
Dsc_3681
  2019/8/31 荻野→尾登 尾登のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 キバナコスモスも面白いです。
 
 私は流し撮りの時だけは三脚を使ってましたが、今のカメラにかえてからは手持ちの方がスムーズに追えるようになりました。 

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

新SL現役時代のアーカイブ(室蘭本線その27)

0117-6
 1973/3 室蘭本線 栗山ー栗丘 C57144 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 73年3月の続きです。夕陽を浴びてC57144が爆煙でやってきました。今年のように暖冬で南側の斜面には雪がありません。

0117
 1973/3 室蘭本線 栗山ー栗丘 D511160 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ラス前のD511160です。真横から撮っているのでカマボコドームや船底型テンダーがよくわかります。

0117-4_20200205185301
 1973/3 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51331+D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D51重連の貨物です。クルクルパーが目立ちますね。と思ったらD51331は72年10月に新津から岩見沢に来た罐で、僅か1年後の73年11月に廃車になっています。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

新SL現役時代のアーカイブ(室蘭本線その26)

0117-5x
 1973/3 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51+D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 73年3月の室蘭本線栗山栗丘のネガが1枚まぎれてました。この1枚何故かよい写真ばかりでまずはシルエットシリーズです。
今は大好きな太陽を入れたシルエットのシーンも現役時代数枚しかありません。しかも貴重なD51重連です。

0117-2
 1973/3 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 こちらは真横の完全なシルエットです。

0117-3
 1973/3 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 気持ちの良いシルエットで47年前にタイムスリップしたような気分です。
 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(室蘭本線その25)

05204-10

 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51566+D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 煙で隠れていますがD51重連の石炭列車です。

0525_20200202111201
 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51566+D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夕張の石炭は室蘭に行くので、室蘭本線でもこの区間は石炭列車は少なかったです。

0525-2_20200202111201

 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51566+D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 トンネルに向かって白煙で進みます。重連のセキは迫力あります。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

 

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

新SL現役時代のアーカイブ(室蘭本線その24)

05204-8
 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D511118 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 室蘭本線の栗山栗丘シリーズのD51シリーズです。栗丘を通過してトンネルに向かう列車は良い煙です。
 D511118は岩見沢の罐で、76年3月まで活躍し廃車になっています。
 
0525-5_20200202112001
 1972/12 室蘭本線 栗山ー栗丘 D51713 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 次から次へと来るD51はこうして今見るとたまらないですね。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

新SL現役時代のアーカイブ(千歳線その8)

0523-7
 1972/12 千歳線 沼ノ端→植苗 D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 
 沼の端は千歳線も来ます。今は電化されて架線柱がたっています。千歳線は石炭列車はなくタンク車等荷が室蘭本線と少し違います。

0523-13
 1972/12 千歳線 植苗→沼ノ端 D51852+D511160 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 
 室蘭本線をオーバクロスする千歳線の橋りょうです。この上あたりから撮っている人も多かったです。

0523-14
 1972/12 千歳線 植苗→沼ノ端 D51852+D511160 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 
 上りは重連もありました。
 D51852は72年秋に酒田から鷲別に来た罐で、74年8月に岩見沢で廃車になっています。

0618-2
 1972/12 千歳線 植苗→沼ノ端 D5188 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
 
 D5188の牽くタンク車です。D51は1~100がナメクジですが、途中86から90はナメクジの欠点を改良試作した一般型です。
 D5188は酒田、新津から72年9月に追分に来て、小樽築港に移り切詰デフ改造をした直後です。最後は75年5月に滝川で廃車になっています。なんとなく顔が道産子ではありませんね?!
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

SL冬の湿原号(2020/1/26下り五十石・釧路神社)

 いよいよ最後の下りは満を喫してロケハンしていた俯瞰です。


 
今日の1枚 

Dsc_2581
 2020/1/26 標茶→茅沼 五十石俯瞰  
 
 旧五十石駅を見下ろす俯瞰では遠く知床の山々も見え感動的でした。


Dsc_2580_01x  
 2020/1/26 標茶→茅沼 五十石俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 最近あまり写真を見ない旧五十石駅を見下ろす俯瞰に来ましたが、大きな煙突の標茶クリーンセンターが出来ていました...
 
Dsc_2596
 2020/1/26 標茶→茅沼 五十石俯瞰  
 
 線路際のカラマツもだいぶ伸びて編成が見えなくなりました。

Dsc_2612_01
 2020/1/26 標茶→茅沼 五十石俯瞰  
 
 角度を変えて手前の牧場を入れてみました。今冬は雪が少なく牛も放牧されていました。
 
Dsc_2636_01x
 2020/1/26 標茶→茅沼 五十石俯瞰  
 
 さらに角度を変えて雌阿寒岳バックです。少し手前では雄阿寒岳も撮れます。木越になりますが、北の大地らしいシーンになりました。  
 
Dsc_2697_02
 2020/1/26 釧路湿原→遠矢 釧路神社俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 締めは釧路神社からの俯瞰に向かいました。雌阿寒岳がよく見えるので満員御礼でした。
 雪が少ないものの天気に恵まれ素晴らしい北の大地を堪能できました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村  

| | コメント (0)

2020年2月 1日 (土)

SL冬の湿原号(2020/1/26上り釧路湿原・五十石)

 釧網本線2日目も良く晴れ山も絶好なので、逆光になる釧路湿原発車は空いているかと初めて挑戦してみました。


 
今日の1枚 

Dsc_2260
 2020/1/26 釧路湿原→細岡 釧路湿原発車 
 
 逆光ですが素晴らしい煙とドレインでやってきました。これが冬の湿原号の醍醐味ですね。


Dsc_2199
 2020/1/26 細岡→釧路湿原 釧路湿原発車
 

 釧路湿原駅付近も雪は少ないですが軌道にはあるのでなんとか絵になります。悪条件にも拘らず最終的には20人近く集まりました。
 
Dsc_2237
 2020/1/26 釧路湿原→細岡 釧路湿原発車 
 
 素晴らしい煙とドレインでやってきましたが、煙がインに倒れています...

Dsc_2265
 2020/1/26 釧路湿原→細岡 釧路湿原発車 
 
 煙は立ち直ってきました!

Dsc_2309_01
 2020/1/26 釧路湿原→細岡 釧路湿原発車 
 
 ドレインで客車も見えません。

Dsc_2325_01
 2020/1/26 釧路湿原→細岡 釧路湿原発車 
 
 またインに煙が倒れはじめました...

Dsc_2330
 2020/1/26 釧路湿原→細岡 釧路湿原発車 
 
 迫力あるシーンです。

Dsc_2348
 2020/1/26 釧路湿原→細岡 釧路湿原発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
 北のC11素晴らしいです。  
 
Dsc_2358
 2020/1/26 釧路湿原→細岡 釧路湿原発車 
 
 踏切を越えて走り去ります。

Dsc_2408
 2020/1/26 茅沼→標茶 五十石 

 釧路湿原の次は一気に五十石に来ました。昨日下りを撮った場所で上りを撮ります。ここは国道から茅沼方面への小道で、今年は雪が少なく走行可能で駐車も出来ました。
 綺麗な白煙でカーブを曲がってきました。Sカーブなのですが残念ながら見通せません。

Dsc_2446
 2020/1/26 茅沼→標茶 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 駐車スペースで撮影地を決める必要がありますが、このあたりはどこでも煙が出ますね。
 
Dsc_2481
 2020/1/26 茅沼→標茶 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 最後はルルラン踏切に行こうとしたのですが、手前の開けた場所で山がよく見えたので撮ってみました。
 まずは雌阿寒岳です。 
 
Dsc_2501
 2020/1/26 茅沼→標茶 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 そして雄阿寒岳です。山は上の方しか見えませんが絵になりますね。
 2日目上りは迫力ある釧路湿原発車シーンだけでも十分ですが、加えて山のおまけもあり満足な結果でした。 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »