« 新SL現役時代のアーカイブ(関西本線その8) | トップページ | 新SL現役時代のアーカイブ(湯前線その2) »

2020年7月10日 (金)

新SL現役時代のアーカイブ(湯前線その1)

0625-2_20200709120801
 1973/12 湯前線 川村→肥後西村 球磨川第四橋りょう7 貨1391 48679 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この度九州豪雨の被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。 妻の実家の熊本県北部も被害を受けましたが、被害が大きかった湯前線(現在のくま川鉄道)をアーカイブしたいと思います。
 まずは今回の豪雨で流失した球磨川第四橋りょうです。

0625-3_20200709120001
 1973/12 湯前線 川村→肥後西村 球磨川第四橋りょう7 貨1391 48679 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 広い球磨川の河原を渡る1937年に作られたこの橋りょうは文化遺産にもなっていました。
 大晦日あたりだと思いますがローカル線にしては長い貨物を牽いてハチロクがバックで来ました。
 球磨川は冬の渇水期で水量が少なく、橋りょうを流した濁流は想像できません。
 
0625-4_20200709120001
 1973/12 湯前線 川村→肥後西村 球磨川第四橋りょう7 貨1391 48679 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 48679は一生を九州で過ごした罐で、73年6月に鹿児島から人吉に来て48647から門鉄デフを移植され75年5月に廃車になっています。鹿児島の入換時代にC56のようなカットテンダーにしているのでバック運転には好都合でした。

0625-5_20200709124601
 1973/12 湯前線 川村→肥後西村 貨1391 48679 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 隣の球磨川の支流の橋りょうです。球磨川に沿って人吉から湯前まで走る湯前線は勾配はあまりありませんでしたが、長閑な南九州の田園を走るハチロクは忘れられません。
 この当時も九州には室木線、香月線、細島線、そしてこの湯前線と最後のハチロクが奇跡的に走っていました。 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

|

« 新SL現役時代のアーカイブ(関西本線その8) | トップページ | 新SL現役時代のアーカイブ(湯前線その2) »

SL現役時代アーカイブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新SL現役時代のアーカイブ(関西本線その8) | トップページ | 新SL現役時代のアーカイブ(湯前線その2) »