« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月31日 (日)

SL冬の湿原号(2021/1/23・24下り五十石)

Dsc_8730
 2021/01/23 釧網本線 標茶→茅沼 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 下りの五十石は煙は出るのですが、駐車スペースが問題です。唯一数台置ける場所の横です。
 横に引けないのでバック運転の正面は面白くありません。山が見えれば入れることも出来る場所です。

Dsc_8740x
 2021/01/23 釧網本線 標茶→茅沼 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 振り返って太陽を入れて撮りましたが、予想外のスピードで露出を合わせきれませんでした。
 バック運転はこの角度が好きです。

Dsc_9222_01x
 2021/01/24 釧網本線 標茶→茅沼 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 翌日は茅沼方面の脇道のSカーブで撮ってみました。ギラリを狙っていたのですが、予想外にかなり先のほうになってしまい、罐が殆ど写らなくて大失敗でした。バック運転のギラリは煙もいれようとすると難しいですね。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ   

| | コメント (2)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その12)

1016-33x_20210126123801
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D51225+D51545 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この当時既に直方のD60もD51置換が進んでおり、若松のD51と合わせ筑豊本線の主役はD51になりつつありました。
 珍しくD51重連の貨物がやってきました。 

1016-34x
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D51225+D51545 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D51に比べるとセフは小さいですね。

1016-17x_20210126155801
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51545 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 日傘でD51のドレインや煙を避けるご婦人です。
 D51545は72年3月に人吉から直方に来た罐で、特徴ある集煙装置や重油タンクは外され、72年11月には廃車になっています。
 
1016-21x_20210126124401
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51225 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D51225は71年11月に早岐から若松に来た罐で、73年8月に廃車になり、直方市に保存されています。

1016-29x
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D51225 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この日この2両はもっぱらセラの石炭輸送貨物の運用についていたようです。

1016-31x_20210126124901
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51545 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 筑前垣生を通過の下りはあまり煙が出ないのですが、この545は2回ともにでてますね?!

545
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D51545 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 石炭産業全盛期と共に最後の活躍をするD51でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (2)

2021年1月30日 (土)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その11)

1016-12x_20210121102901
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D50140 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 72年夏の筑豊本線の目玉は復活したD50140でした。日傘をさしたご婦人列車に近いですね。このあたりは石炭全盛期には三線化されていて中線の跡が地元の方の通路になってました。

1016-13x_20210121102901
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D50140 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 若松にいた最後のD50であるD50140は71年4月に運用を終え、動態保存のため梅小路に行きました。その後72年5月に小倉工場に中間検査で戻り、当時直方のD60の廃車が続く中罐不足が生じ、9月末まで直方区が借入し筑豊本線で活躍しました。
 セキには化粧した罐は似合いませんが...

1016-13x_20210121103001
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D50140 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 下り貨物を牽いて筑前垣生駅を通過します。

1016-14x_20210121103001
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D50140 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 化粧煙突、大型デフで原形に近い美しい姿です。

1016-15x_20210121103001
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D50140 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 私にとっては最初で最後になったD50との出会いの日でした。梅小路帰っても殆ど活躍のチャンスがなかったD50140は79年には廃車になってしまいました。やはりこの筑豊本線がD50の故郷ですね。


1016-9x_20210131143301

1016-15xx
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ   

| | コメント (6)

SL冬の湿原号(2021/1/23・24上り五十石・ルルラン踏切)

Dsc_8692_01x
 2021/01/23 釧網本線 茅沼→標茶 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 五十石付近は煙も出て面白いポイントも沢山あるのですが、駐車スペースがないのが難点です。駅跡手前の左手に数台駐車できるポイントがあり、サイドは引けませんが林をバックに白煙が似合いました。

Dsc_9129x
 2021/01/24 釧網本線 茅沼→標茶 ルルラン踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9140x
 2021/01/24 釧網本線 茅沼→標茶 ルルラン踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9141_01x
 2021/01/24 釧網本線 茅沼→標茶 ルルラン踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_9168x
 2021/01/24 釧網本線 茅沼→標茶 ルルラン踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9192x
 2021/01/24 釧網本線 茅沼→標茶 ルルラン踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 五十石の後は雪があると駐車スペースはなく、ルルラン踏切が唯一の撮影場所になります。ここは駐車場が整備されており煙も出るのですが、線路際に草があるのが難点です。初日は草ボウボウでしたが、2日目には少し刈られていたので撮ってみました。
 林からの飛出し、編成、罐のアップと楽しめる場所で、草があっても流せば苦になりません。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月29日 (金)

SL冬の湿原号(2021/1/23・24下り釧路川橋りょう)

Dsc_8826x
 2021/01/23 釧網本線 東釧路→釧路 釧路側橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8836_02
 2021/01/23 釧網本線 東釧路→釧路 釧路側橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8867x
 2021/01/23 釧網本線 東釧路→釧路 釧路側橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 初日の釧路川は暖かい日が続く中、零下16度の冷え込みで薄氷は張ったのですが、昼間は暖かく午後にはもう氷は無く、ギラリをアップで撮ってみました。やはり斜め後ろから撮るとバック運転は煙があまり写らないのが難点です。煙も川下側に倒れてしまいました...

Dsc_9350
 2021/01/24 釧網本線 東釧路→釧路 釧路側橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9396
 2021/01/24 釧網本線 東釧路→釧路 釧路側橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 2日目は零下18度まで冷え込み薄氷が残っていました。昨日より横サイドから撮りましたが、ギラリの位置が予想以上に遠く、煙もショボくなかなかうまくいかないものです...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

SL冬の湿原号(2021/1/23・24下り仮監峠踏切)

Dsc_8780_01x
 2021/01/23 釧網本線 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8797x
 2021/01/23 釧網本線 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 下りの仮監峠踏切はなんたって夕陽です。シルエットで撮りましたが、バック運転だと煙があまり写らないのが難点です。また角度的にスポーク車輪が抜ける場所では夕陽が離れてしまいます...

Dsc_9288_01x
 2021/01/24 釧網本線 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9303x
 2021/01/24 釧網本線 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 2日目は逆サイドでギラリと夕陽です。結構な速度で走るので振り返って露出を変えるのはちょっと忙しいです。もうちょっと先のほうがギラっているのですが、先に行くと罐が小さくなり煙も角度艇にあまり写らないのが難点です。バック運転は遠くから俯瞰で撮るのが一番ですね。

 今回は2日ともに上下この仮監峠踏切で撮ってみましたが、いろんなアングルで北の大地や夕陽が楽しめました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ   

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

SL冬の湿原号(2021/1/23・24上り仮監峠踏切)

Dsc_8534x
 2021/01/23 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8554x
 2021/01/23 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8606_02x
 2021/01/23 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8630x
 2021/01/23 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8649x
 2021/01/23 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 2021年冬の湿原号の一発目は快晴でしたが山は駄目なので、やはり釧路川を入れたいと選んだのが仮監峠踏切俯瞰です。ここは踏切辺りから煙が出ることが多いのでスカ覚悟でした。まずは釧路湿原駅発車の煙が丘の向こうに見え、丘を回ってちらっと顔を出しました。このあたりから下り込みで煙は少なくなったのですが、カーブに近づくにつれ焚きこんで黒煙になりました。いつもは風で煙が倒れることが多いのですが、この日は無風で棚引く煙を残して湿原を走る姿は感動的でした。

Dsc_8901x
 2021/01/23 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切俯瞰 快速しれとこ

 2日目は少し薄雲程度でしたがまた山は駄目で再びここに来ました。青空バックでこのシーンも良さそうですが...

Dsc_9050_02x
 2021/01/24 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9053_02x
 2021/01/24 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 昨日の下り同様太陽を入れてシルエットで撮ってみました。12時だというのに1月の北の大地の太陽は予想以上に低く、ちょうど薄雲にかかってしまいましたが、かえってよかったかもしれません。C11のスポーク車輪やブレーキシューあたりが抜けたシルエットは大好きです。

 ちなみに今年の釧網本線は二本松に行く道が踏切から冬季閉鎖、塘路の白樺並木が老木のためにすべて伐採、シラルトル沼の工事現場がなくなり駐車スペース無しなどがありました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (5)

2021年1月26日 (火)

SL冬の湿原号(2021/1/24下り速報版)

Dsc_9222_01x
 2021/01/24 釧網本線 標茶→茅沼 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9288_01x
 2021/01/24 釧網本線 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9303x
 2021/01/24 釧網本線 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9396
 2021/01/24 釧網本線 東釧路→釧路 釧路側橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 あっという間に釧網本線も最後の下りになりましたが、あえて昨日と同じ場所を違うアングルで撮ってみました。
 今回は仮監峠踏切をメインで撮りましたが、北の大地の歴史を感じながら、釧路湿原を撮ることが出来る素晴らしい場所です。
 2日間とも殆ど無風の晴れという好条件に恵まれて北の大地を堪能できました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

SL冬の湿原号(2021/1/24上り速報版)

Dsc_9053_02x
 2021/01/24 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8950
 2021/01/24 釧路運輸区 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9090
 2021/01/24 釧網本線 塘路→茅沼 塘路橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9168x
 2021/01/24 釧網本線 茅沼→標茶 ルルラン踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 仮監峠踏切は昨日と全く違ったシーンを楽しむことが出来ました。青空の雪景色の蒸気機関車最高です!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

SL冬の湿原号(2021/1/23下り速報版)

Dsc_8740x
 2021/01/23 釧網本線 標茶→茅沼 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_8780_01x
 2021/01/23 釧網本線 細岡→釧路湿原 仮監峠踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8826x
 2021/01/23 釧網本線 東釧路→釧路 釧路側橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8867x
 2021/01/23 釧網本線 東釧路→釧路 釧路側橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 今朝は零下16度くらいまで冷え込んだのですが、日中は暖かくなり釧路川の氷も無くなってしまったのは残念ですが、北の大地の太陽を満喫出来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

SL冬の湿原号(2021/1/23上り速報版)

Dsc_8649x
 2021/01/23 釧網本線 釧路湿原→細岡 仮監峠踏切俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8692_01x
 2021/01/23 釧網本線 茅沼→標茶 五十石 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 昨年からGotoトラベルで予約してあった釧網本線ですが、キャンセルはせずに蜜を避けてやってきました。
 青空で風もない理想的な天気で釧路湿原は迎えてくれました。北の大地にくるとコロナのことなど忘れてしまいそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (4)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その10)

1016-23x_20210121100001
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6061 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 化粧煙突門鉄デフのD6061がホキを牽いてきました。真夏の昼下がりさすがに煙は薄くなってしまいました...

1016-24x_20210121100001
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6061 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D6061は久大線から70年10月に直方に来た罐で、若松に行き、74年8月に最後のD60として廃車になり、福岡県芦屋町に保存されています。
 古武士のようなD60も門鉄デフになるとスマートになります。この日撮った3両のD60はそれぞれ形態も違い、直方最後のD60を楽しむことが出来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その9)

1016-3x_20210121091101
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6032 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D6032の牽く長いセラの筑豊本線らしい列車です。
 垣生公園の前で勾配は殆どないのですが、重たい貨車で真夏でも上り下りともに煙はありました。

1016-17x_20210121095001
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6032 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 昨日の22号機と異なり、パイプ煙突、デフの角が切れたD6032です。古武士のような22号機に比べ新しい罐に見えます。

1016-4x_20210121092001
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6032 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 今度はホキを牽いてきました。多くの専用貨物は若松ではなくて、中間から鹿児島本線に入り門司方面に行ってました。

1016-5x_20210121092001
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6032 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 左隅にファンの姿が写っています。
 D6032は20年の生涯を直方で送った罐で、72年10月に廃車になっていますが、資料によると7月29日に第二種休車指定になっているので、これが最後の活躍シーンだったかもしれません。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その8)

1016-20x_20210120112601
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 客735 D6022 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 九州遠征初日は後藤寺・田川線を撮り門司駅ステーションホテル(待合室)で泊まり、翌日は筑豊本線に来ています。
 72年春には客車列車を牽いていた若松のC55・C57はいなくなり、ゴロゴロしていた直方のD60も多くがD51に交替し、更に72年秋には直方のD60は全廃かと思われましたが、数両のD60は奇跡的に若松に転出して1年半ほど延命しています。
 72年夏は筑豊本線全盛期の最後であり、この日も筑前垣生駅周辺で40列車程を撮影しています。
 私にとっては筑豊本線と言えばやはりD60のイメージがあり、この日は22,32,61の3両を撮影しています。

1016-24x_20210120112501
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 客728 D6022 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 朝の客車列車です。C55の亡き後はD60・D51が客車も牽引しています。この日D6022の運用は朝一の客728を原田から若松まで牽き、客735で直方まで戻り、その後何故か単機で門司まで往復しています。

1016-27x_20210120114801
 1972/07/28 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6022 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 真夏の昼下がり、D60も単機で撮影者ものんびりムードです。

1016-11x_20210120112601
 1972/07/28 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6022 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 17時過ぎ、再び単機で門司から戻ってきました?!

 D6022は直方の罐で、73年7月に若松に行き、73年11月に廃車になっています。化粧煙突を持ち比較的原形を保つ罐でした、

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月20日 (水)

(特集)紅葉を楽しむ(会津編)(2020年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 紅葉を楽しむ(会津編)

Dsc_3973
 2015/11/14 大谷川橋りょう 下り


 会津では徳沢駅周辺、荻野駅手前、山都のS付近、小布瀬原、川吉あたりの紅葉が美しいです。どこも爆煙が望めるところだけに絵になります。更に阿賀野川の流れ、そして水鏡が組み合わされれば最高ですね。

〇豊実→徳沢

 県境の徳沢橋りょう付近は紅葉が美しいです。
 
Dsc_9012_01
 2019/11/17 西川トンネル入口 クリックすると大画像で見ることが出来ます

184
 2013/11/24 徳沢橋りょう

〇徳沢→上野尻
 
 徳沢から上野尻間は秘境で銚子の口付近も美しいです。

103_01
 2013/11/4 徳沢トンネル入口

Dsc_4325_02
 2015/11/15 銚子の口上
 
〇上野尻→野沢
 
 芹沼付近もちょっとした紅葉が楽しめます。

Dsc_0179_01
 2016/11/5 上野尻対岸俯瞰 下り

Dsc_9431
 2019/11/17 上野尻国道オーバークロス 下り

Dsc_0569
 2016/11/12 小玉川橋りょう

Dsc_7223_01
 2017/10/28 芹沼の滝

Dsc_9558_01
 2016/11/3 安座川橋りょう

Dsc_0388
 2018/11/4 安座川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 下り

〇野沢→尾登
 
 西会津中学は煙は出るし穴場です。

Dsc_0182
 2012/11/18 長谷川橋りょう

Dsc_2565_01
 2016/11/23 西会津中学校

Dsc_9568_01
 2017/11/26 西会津中学

〇尾登→荻野
 
 利田踏切から荻野駅にかけての山は沿線でも一番綺麗です。

Dsc_7844_03
 2017/11/12 愛宕山トンネル手前

Dsc_8643_01_20191112221101
 2019/11/9 釜の脇橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 下り

Dsc_0168
 2012/11/17 滝ノ下踏切

145
 2013/11/9 温泉俯瞰奥

Dsc_4371
 2015/11/15 利田踏切手前

Dsc_6000x
 2020/11/21 利田対岸 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
Dsc_2590_2
 2016/11/23 利田対岸

247
 2013/11/24 利田対岸
 
Dsc_3818_2
 2015/11/14 荻野駅手前

Dsc_5471x
 2020/11/14 荻野駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます

151_01
 2013/11/23 荻野駅通過
 
Dsc_8884_03
 2017/11/25 荻野駅進入

〇荻野→山都
 
 山都のSカーブ付近も紅葉が綺麗です。このあたりは下りでも撮れます。

Dsc_3945_01x
 2020/10/31 大谷川橋りょう正面 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_0739
 2016/11/12 下り

Dsc_9054_03
 2019/11/17 大谷川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9593_02
 2016/11/3 山都のSカーブ2

Dsc_0343
 2018/11/4 山都のSカーブ 下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0115
 2012/11/24 舘原踏切 

〇山都→喜多方
 
 小布瀬原から慶徳トンネルにかけて美しい紅葉が続きます。

270_01
 2013/11/24 小布瀬原

Dsc_0224
 2012/11/25 小布瀬原

Dsc_9097
 2019/11/17 小布瀬原 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_7866_02
 2017/11/12 川吉のSカーブ手前 

Dsc_3867
 2015/11/14 川吉のSカーブ手前 

Dsc_5490x
 2020/11/14 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4391
 2015/11/15 川吉のSカーブ手前 

Dsc_2627
 2016/11/23 川吉のSカーブ手前

Dsc_9624
 2017/11/26 川吉のSカーブ手前
 
Dsc_0650_01
 2016/11/12 川吉踏切
 

Dsc_0204_30005
 2012/11/17 川吉第2Sカーブ 

183
 2013/11/23 川吉踏切先  

Dsc_8550_01
 2017/11/19 慶徳トンネル入口 下り

Dsc_9903
 2019/11/30 第二舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 やはり紅葉のシーンは多様性から会津が新潟に勝りますね?!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その32)

1016-5x_20210119155101
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 客1527 C5785 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 17時を過ぎ光線も優しくなりました。

1016-6x_20210119155101
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 客1527 C5785 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 関東から来たC5785のシールドビームに違和感を感じ、72年夏灼熱の日豊本線を終わります。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

(特集)紅葉を楽しむ(新潟編)(2020年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 紅葉を楽しむ(新潟編)

Dsc_9442
 2017/11/26 三川→津川 三川駅発車


 紅葉の楽しめるポイントをまとめてみました。新潟ではこの時期下りは時間的に遅くなるので黄昏の紅葉になります。磐越西線の沿線は意外に杉が多く紅葉のポイントはそれほど多くありません。山間部に入る咲花から先がポイントになりますが、やはり阿賀野川の流れを入れた紅葉の景色が絵になりますね。2017年は紅葉と雪景色が楽しめました。

〇新津→東新津

 市街地なので森はありませんが、民家の庭木の紅葉も綺麗です。

Dsc_5741x
 2020/11/21 新津→東新津 東新津手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_2347_01
 2016/11/23 東新津駅手前
  
〇東新津→新関
 
 森はなくても紅葉は楽しめます。

Dsc_4102_01
 2015/11/15 能代川橋りょう正面
 
〇馬下→咲花
 
 このあたりは沿線のモミジを楽しめます。残念ながら2017年この道にせり出す枝は切られました。

Dsc_0380_01
 2016/11/12 馬下駅先

〇咲花→東下条
 
 この区間はバックの山が綺麗です。

Dsc_4189_01
 2015/11/15 阿賀の里
 
Dsc_9448_02
 2016/11/3 大沢前トンネル入口

Dsc_5234x
 2020/11/14 東下条→五十島 東下条築堤 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
034
 2013/11/24 東下条のカーブ

〇五十島→三川

 このあたりから線路際の紅葉も楽しめます。

Dsc_0031
 2012/11/24 五十母川橋りょう正面

Dsc_5801x
 2020/11/21 五十島→三川 吉津トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_5302x
 2020/11/14 五十島→三川 御前橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_4218
 2015/11/15 御前橋りょう

〇三川→津川 
 
 京の瀬の楓は美しいです。

Dsc_9689
 2019/11/30 三川駅発車
  

Dsc_8952
 2019/11/17 多賀神社 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9899
 2016/11/5 京の瀬

075
 2013/11/23 鳥居上のSカーブ

〇津川→鹿瀬
 
 このあたりはあまり開けていないのでポイントは意外に少ないです。

Dsc_4554
 2015/11/29 鹿瀬のSカーブ

Dsc_5905x
 2020/11/21 津川→鹿瀬 鹿瀬のストレート クリックすると大画像で見ることが出来ます  

〇鹿瀬→日出谷
 
 民家の屋根の色と紅葉がマッチします。

Dsc_9480_01
 2017/11/26 平瀬のカーブ

〇日出谷→豊実
 
 阿賀野川沿いの紅葉がとても綺麗でおすすめです。

160_01
 2013/11/24 船渡大橋

Dsc_7775_01
 2017/11/12 沢尻橋梁

Dsc_9508
 2017/11/26 沢尻橋りょう

Dsc_4602_01
 2020/11/7 日出谷→豊実 豊実駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇豊実→徳沢
 
 大巻橋りょうあたりは新潟の紅葉の見せ場です。

Dsc_3901_01x
 2020/10/31 豊実→徳沢 大巻橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9991_03
 2018/11/4 大巻橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0408
 2018/11/4 大巻橋りょう 下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9967_01
 2016/11/5 大巻橋りょう

Dsc_8008_01
 2017/11/12 大巻橋りょう 下り
 

043
 2013/11/17 新渡

 やはり青空の紅葉が美しいですね。
  
撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その31)

謎の臨客(回客?)

1016-2x_20210116101601
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 臨客? C5765 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 貨551の次はダイヤ上では30分後に客1527なのですが、この僅かな間にダイヤにない列車を撮っています。

1016-3x_20210116101601
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 臨客? C5765 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 朝上りの臨客8542(高千穂51号)を牽いていたC5765が再び今度は下りのグリーン車付きの6両編成を牽いてやってきました。

1016-4x_20210116101601
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 臨客? C5765 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この列車の運用があったので先ほどの貨551が重連でなかったようですが、謎の列車です。

Img_20210115_0005
 日本交通公社時刻表1972年8月号より 上り高千穂51号

 先日の上り高千穂51号はグリーン車付きで7月29日は都城始発です。

Img_20210115_0006
 日本交通公社時刻表1972年8月号より 上り高千穂52号

 モノクラスの上り高千穂52号も都城始発ですが7月29日は運転日ではありません。

Img_20210115_0003
 日本交通公社時刻表1972年8月号より 下り高千穂51号

 下りの高千穂51号はモノクラスで、都城行きですが、7月29日は運転日ではありません。上りの高千穂52号とペアです。

Img_20210115_0004
 日本交通公社時刻表1972年8月号より 下り高千穂52号

 下りの高千穂52号はグリーン車付きで、宮崎行きで7月29日は運転日です。上りの高千穂51号とペアのようですが、宮崎から都城は回送されるようです。 

 SLダイヤ情報等にはC57牽引の上り高千穂51号は鹿児島発のダイヤになっており、下りの臨客8541はDF50だったようで、下りはC57は貨551重連で鹿児島まで戻っていたようです。
 この夏は上り高千穂51号は都城発で、下りは高千穂52号として宮崎に14時44分について、16時半頃に客1527に先行して都城まで回送されていたと思われます。写真を見ると窓は全開で回送っぽくないですが、宮崎で窓を閉めずに回送されたのでしょうか?この辺の事情をご存知の先輩方がいらっしゃったら是非ご教授願いたいです。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

(特集)はざ掛け・藁ボッチを撮る(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド はざ掛け・藁ボッチを撮る

Dsc_0103
  2012/9/29 喜多方→山都 舞台田踏切


 稲刈りのシーズンになると刈り取った稲をつるして干す「はざ掛け」や稲藁を集めて藁ボッチとして干してある水田があります。黄金が終わった後の秋の風物詩で昔はどこでも見られましたが、現在でも磐越西線沿線では山間部や会津盆地に僅かに残ります。特に「はざ掛け」は人気の風物詩でファンが集まります。
 
〇深戸
 
 深戸橋りょうをバックにするこの水田ではおばあちゃんが手で稲を刈り、はざ掛けをします。光線によって稲の色もずいぶんかわりますね。

Dsc_4678
 2016/9/10 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう   

Dsc_5604
 2016/9/11 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう 

Dsc_9221
 2018/9/15 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_5969_01
 2017/10/1 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

〇平瀬
 
 平瀬踏切を過ぎて日出谷のカーブの手前に「はざ掛け」があります。ここは立派な稲木があります。

Dsc_5837_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ

Dsc_5853_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ

〇芹沼

 芹沼の安座川橋りょう近くには小さなはざ掛けがあります。

Dsc_2332x
 2020/10/18 上野尻→野沢 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4181x
 2020/10/31 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇荻野

 道路わきには藁ボッチがありました。

Dsc_9007
 2016/10/16 荻野→山都 荻野漕艇場 

〇小布瀬原

 ここにもちょっとした藁ボッチがありました。

Dsc_7277
 2017/10/28 山都→喜多方 小布瀬原踏切先

〇舞台田

 舞台田の田んぼには藁ボッチがあります。

Dsc_9161
 2016/10/16  喜多方→山都 舞台田踏切 

〇電化区間
 
 電化区間には、ところどころに藁ボッチがあります。よく見るといろんな形があって面白いです。

343_01
 2014/9/28 姥堂→会津豊川 姥堂 

Dsc_6090
 2017/10/1 笈川→堂島 第二学校踏切

Dsc_7801_01
  2016/10/2 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_2508
 2020/10/18 笈川→堂島 第二学校踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_7299_01
 2017/10/28 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

 48年前の高森線です。昔は藁ぶきの農家も多かったので、稲藁は干して大切に保管していたのでしょう。いつの間にか消えた日本の田園風景ですね。

0625-9x
 1973/12 高森線 阿蘇白川→高森 白川第三橋りょう 混125 C12208 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その30)

10161x
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 貨551 C57112 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 貨551はC57112がよい煙で来たのですが、風で流れてしまいました...

1016x_20210116191501
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 貨551 C57112 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この煙室扉ハンドルは門鉄デフに似合い好きな形です。17時近くなり正面に夕陽が当たりナンバープレートがギラっています。
 貨551は臨客8542(上り高千穂51号)運転の場合は重連なのですが、単機ですね??
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 
 

 

 

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その29)

灼熱のSカーブ

1016-11x_20210116111301
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 客1523 C57109 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 C57の牽く客車列車がSカーブを来ます。当時からSカーブの線路を撮るのが好きだったようです。

1016-12
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 客1523 C57109 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 南国宮崎真夏の午後、やはり殆どの窓があいてますね。

1016-13_20210116111301
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 客1523 C57109 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 低い位置のハエタタキが面白いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (2)

2021年1月16日 (土)

(特集)夕陽のギラリ(会津編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 夕陽のギラリ(会津編)

Dsc_8488
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう


〇ギラリの狙い方

 昨日書いたようにギラリとは夕日が罐や客車に当たって反射し輝く状況で、そこには小学校の理科で習った鏡の反射の理屈があります。すなわち太陽の入射角と鏡の罐、そして反射角の先にカメラが必要になります。ここで鏡の実験と違うのは鏡である罐が動いてくることです。もちろん太陽もゆっくり動きますしカメラマンも動けますので、自分の撮りたい位置でギラリになるような綿密な計算が必要になります。最近ではスマホで自分の位置での太陽の角度を調べることができるので、どこでギラリになるかだいたいわかります。
 幸いにして下りのばんえつ物語は馬下、喜多方で上りのDCとの交換があり、本番の数分前にリハーサルできます。おおよその位置を決めDCで何コマか撮ってみてギラリになる場所を予測できます。

〇姥堂付近

 ほぼ真横でギラリになりますが、まだ太陽が高いです。

Dsc_4444
 2019/9/8 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇舞台田付近
 
 濁川橋りょうから舞台田踏切の間が晩秋のギラリの名場所です。濁川橋りょうでは冠雪した飯豊山を入れてギラリを撮ることができます。

Dsc_4137x 
 2020/10/31 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

197_01
 2013/11/4 喜多方→山都 濁川橋りょう 

Dsc_0108_02
 2016/11/5 喜多方→山都 濁川橋りょう

314
 2013/11/9 喜多方→山都 舞台田踏切  

Dsc_5635x
 2020/11/14 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

079
 2013/11/16 喜多方→山都 舞台田踏切

111_2
 2013/11/17 喜多方→山都 濁川橋りょう 

368_03
 2013/11/24 喜多方→山都 濁川橋りょう 

Dsc_3927
 2016/12/3 喜多方→山都 舞台田踏切 

Dsc_7564x
 2020/12/6 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

〇一の戸橋りょう

 10月中旬あたりからギラリが狙えます。煙は少しでもあったらラッキーですね...

Dsc_8486
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう

Dsc_8514
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう

Dsc_6465_02
 2019/10/20 喜多方→山都 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2634_01x
 2020/10/18 山都→荻野 第四新津街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇尾登駅周辺
 
 尾登駅手前では罐の正面に夕陽が当たります。
 
Dsc_1375_01
 2015/9/19 荻野→尾登 尾登のカーブ

〇野沢駅周辺
 
 野沢駅発車や野沢国道オーバークロスではススキと夕陽の共演が楽しめます。
 
Dsc_4291_01
 2016/9/3 野沢→上野尻 野沢駅発車

Dsc_1402
 2015/9/19 野沢→上野尻 野沢国道オーバークロス

 新潟のギラりと違って秋冬になるので風情があります。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その28)

高千穂51号の謎を解く

1016-4x_20210115212801
 1972/07/29 日豊本線 日向沓掛→清武 臨客8518 C5765 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 日豊本線その26とその27の間にダイヤにはない列車を撮っていました。6両編成で後ろから2両目はグリーン車のようです。

1016-5_20210115212801
 1972/07/29 日豊本線 日向沓掛→清武 臨客8518 C5765 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 ダイヤ上では臨客8542(高千穂51号)ですが、グリーン車がついていたり、普通車も窓が殆ど開いてないので回送かなと疑問が膨らみ、当時の時刻表を手に入れてみました。

Img_20210115_0002

 定価の10倍以上の値段でしたが、なんとしてもこの列車を調べたいので、オークションでポチッとして買ってしまいました。

Img_20210115_0005

 やはり高千穂51号でグリーン車付きで、7月29日は運転日でした。SLダイヤ情報では鹿児島発の臨客8542になっていますが、この夏は都城発です。10時半でまだそんなに暑くなく窓があまり開いてなかったと思われます。高千穂51号は毎回のように撮っていますが、グリーン車付きはこの時だけで、冬場は普通車のみで夏場だけグリーン車がついたようです。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

(特集)夕陽のギラリ(新潟編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 夕陽のギラリ(新潟編)

465
 2013/4/21 馬下→猿和田 小山田踏切


〇ギラリの理屈

 ギラリとは夕日が罐や客車に当たって反射し輝く状況です。特に地平線近くの太陽の光は空気の層を多く通ってくるのでオレンジ色になりますが、朝日は現在の汽車ではまず無理なので狙えるのは夕日のギラリです。ばんえつ物語では時間的に当然下りになりますが、四季によって日没時間がかわるので、季節とともに撮影地もかわります。
 磐越西線では山都から馬下の間は山間部を走るので太陽が地平線でなく山に落ちます。そうすると地平線に沈む太陽のようなオレンジ色にはなりません。ということで喜多方から新津までで綺麗なギラリが狙えるのは喜多方→山都、馬下→新津の間になり、途中田園地帯を走る舘原や上野尻もギラリにはなりますが弱いです。
 またギラリは反射によって起きるので、列車の方向と撮る角度が重要です。側面ギラリでは斜め前からの夕日に対して後追いで撮る形になります。夕日が斜め前から当たる場所は喜多方→山都の進行左、馬下→五泉の進行右が有名です。これ以外の場所でも正面ギラリとか山間でも思わぬギラリがあったりもします。
 私は夕陽があってギラリかシルエットか迷う時には、雲がなかったらギラリ、多少雲がある時はシルエットを狙います。
 
 今までの最高のギラリは上の小山田踏切でした。この日は午前中遅い春の雪が積もり、天気が回復して異常なまでの赤い太陽が素晴らしいギラリを作り、煙まで赤く染め、忘れられぬシーンとなりました。

〇能代川橋りょう付近
 
 ここは夏至の前後1ヶ月ぐらいが狙いです。

616
 2013/5/26 新関→東新津 大関道踏切 

Dsc_9841_05
 2017/6/4 新関→東新津 大関道踏切 

Dsc_0108_10003
 2012/7/21 新関→東新津 能代川橋りょう
 
Dsc_0038_03_2
 2016/7/23 新関→東新津 大関道踏切

〇第二中野踏切付近
 
 このあたりは西の山が近いので夏至の前後2週間ぐらいしか狙えません。

Dsc_5591
 2018/6/17 北五泉→新関 第2中野踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇早出川橋りょう付近
 
 ここは4月下旬~6月上旬、7月末~盆ぐらいが狙い目です。馬下より夕陽が出る確率が高い気がします。

Dsc_8324
 2017/5/20 猿和田→五泉 早出川橋りょう 

Dsc_6110_01
 2015/5/31 猿和田→五泉 早出川橋りょう

Dsc_9773_01
 2017/6/4 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
〇馬下付近

 馬下踏切から小栗山踏切ぐらいまで、4月~6月はじめ、7月中旬~盆あたりが狙い目です。ここは煙が出るのが魅力です。
 
499
 2013/4/28 馬下→猿和田 馬下踏切 

669
 2015/4/30 馬下→猿和田 馬下踏切 

679
 2013/5/5 馬下→猿和田 馬下踏切 

Dsc_4529
 2016/5/8 馬下→猿和田 馬下踏切 

431
 2013/5/12 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_0406
 2014/5/18 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_5009_03
 2015/5/24 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_6576
 2016/5/28 馬下→猿和田 馬下俯瞰

457_01
 2013/6/2 馬下→猿和田 馬下踏切  

Dsc_0242_01
 2017/6/17 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_9018_20201226215701
 2020/8/2 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9613_01
 2015/8/9 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_2874
 2017/8/5 馬下→猿和田 小栗山踏切
 
Dsc_1579_03
 2016/8/11 馬下→猿和田 馬下俯瞰 

〇三川付近
 
 三川駅先の吉津付近では正面ギラリが狙えます。  

Dsc_2887_01_2
 2017/4/2 三川→五十島 あがの南 

Dsc_3860
 2017/4/16 三川→五十島 吉津

〇津川駅付近
 
 4月上旬と秋に駅進入で狙うことが出来ます。また京の瀬付近では正面ギラリになります。

Dsc_1115
 2014/4/13 津川→三川 清川小学校踏切 

Dsc_2976
 2016/4/16 鹿瀬→津川 津川駅進入

Dsc_6214_01
 2017/5/3 鹿瀬→津川 津川駅進入

Dsc_2038_02
 2017/7/8 津川→三川 京の瀬のカーブ
  
Dsc_3372_02
 2016/8/27 鹿瀬→津川 津川駅進入(50分遅れ)

〇深戸橋りょう付近
 
 ここは山に夕陽が落ちるので茜色にはあまりなりません。

Dsc_4460_02
 2018/6/2 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
  
〇日出谷駅付近
 
 4月初旬と8月末に駅発車で狙うことが出来ます。 

Dsc_7209_2
 2017/5/7 日出谷→鹿瀬 当麻橋りょう手前

Dsc_3806_01
 2016/8/28 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

〇番外編 SL村上ひな街道号

 羽越線でも新発田から新津の間はギラリが狙えます。

Dsc_6847
 2018/3/24 中浦→月岡 月岡駅手前

Dsc_6945
 2018/3/24 水原→京ヶ瀬 水原駅先

 夕陽の赤みがなくても黒光りする罐もいいですね!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その27)

1016-7_20210114201401
 1972/07/29 日豊本線 清武→日向沓掛 貨581 C5789 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 真夏の南国なのでやはり煙は渋いです...

1016-8_20210114201401
 1972/07/29 日豊本線 日向沓掛→清武 特急富士 DF50523 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 ヘッドマークをつけたDF50ですが、もうちょっとマシに撮れなかったでしょうか...

1016-10_20210114201401
 1972/07/29 日豊本線 日向沓掛→清武 貨1590 C5785 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 貨1590は吉松の罐の運用なのでC55が来る可能性があるのですが、残念ながらC5785でした。関東から来たのでシールドビームがここでは不似合いです。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

(特集)ススキを撮る(上り2021年版)

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ススキを撮る(上り)
 
Dsc_1223
 2015/9/19 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入


 夏休みまでは雑草だらけの線路際も八月も終わりに近づくと急にススキの穂が伸びてきます。あまり専門的に狙うことはないですが、ススキの穂が少しでも入ると秋の気配を感じさせてくれます。沿線にはどこにでもありますので、もう少し被写体にしてもいいですね。

〇能代川橋りょう

 橋りょう付近の道路沿いのススキで撮ることが出来ます。

Dsc_4487_02x
 2020/11/7 東新津→新関 能代川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇馬下
 
 線路端にはあまりないですが、黄金と一緒に撮ると秋の気配がプンプンです。

444
 2014/9/7 猿和田→馬下 小山田踏切

〇五十島
 
 阿賀野川の堤はススキの野原になります。

Dsc_0118_10003_2
 2012/9/29 東下条→五十島 五十島駅進入
 

〇三川
 
 三川駅発車もススキの間を抜けてきます。

103_01
 2013/9/7 三川→津川 三川駅発車

〇京の瀬
 
 築堤付近にもススキは多いです。
 
Dsc_5255
 2016/9/11 三川→津川 京の瀬  

〇鹿瀬
 
 駅構内にもススキはあります。一株でも絵になります。 

185
 2014/9/13 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入

Dsc_1565x
 2020/9/22 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

127_02
 2014/9/23 津川→鹿瀬 鹿瀬駅進入

Dsc_5253
 2019/9/28 赤堀橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇日出谷
 
 日出谷駅の広い構内はススキ原に...

Dsc_5853_01
 2016/9/17 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ
 
Dsc_0175_20003
 2012/9/22 鹿瀬→日出谷 日出谷駅進入

Dsc_4872
 2017/9/6 日出谷→豊実 日出谷駅発車 

〇豊実
 
 ススキは田畑がないと伸び放題ですね。
 
Dsc_0865
 2015/8/30 日出谷→豊実 豊実駅進入 

〇野沢
 
 やはり青い田んぼでなく黄金に似合います。

283
 2013/8/24 上野尻→野沢 野沢国道オーバークロス 

Dsc_4212_03
 2019/9/8 野沢国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8935_03
 2018/9/15 上野尻→野沢 野沢国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

Dsc_5896_01
 2016/9/17 上野尻→野沢 野沢国道オーバークロス
 

Dsc_1770
 2015/9/20 上野尻→野沢 野沢国道オーバークロス

〇小布瀬原
 
 蕎麦の花との組み合わせも面白いです。

289
 2013/9/29 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント 

Dsc_0939_2
 2015/8/30 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

〇川吉
 
 逆光に光るススキも面白いです。

Dsc_0271
 2012/10/8 山都→喜多方 川吉のストレート

Dsc_2423x_20201021215701
 2020/10/18 山都→喜多方 川吉のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇堂島
 
 枯れたススキも哀愁があります。

322_01
 2013/11/24 堂島→会津若松 郡山街道踏切

 やはり下りの夕方にの光線にはかなわないので、上りは煙狙いですね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その26)

1016-2x_20210113202601
 1972/07/29 日豊本線 日向沓掛→清武? 貨550 C57109 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 日田彦山線の前日は日豊本線の宮崎~都城でC57を撮っています。次の列車を日向沓掛駅発車で撮っていますが、この場所は不明です。

1016-3_20210113202601
 1972/07/29 日豊本線 日向沓掛→清武? 貨550 C57109 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 軽快な門鉄デフのC57109です。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月13日 (水)

新SL現役時代のアーカイブ(日田彦山線その7)

1016-21x_20210112171701
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨1892 D51375 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D51の日田彦山線も最後になります。
 門鉄デフのD51375は門司の罐で、73年12月に吉松に行き、74年6月に廃車になっています。

1016-22x_20210112171701
 1972/07/30 日田彦山線 志井→石原町 貨5795 D51215 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 バック運転の単機回送です。D51215は71年10月に早岐から門司に来た罐で、73年9月に廃車になっています。

1016-17x_20210112171701
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→呼野 貨1893 D51250 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D51250も71年10月に早岐から門司に来た罐で、73年12月に南延岡に行き、74年6月に廃車になっています。

1016-18x_20210112171701
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨1892 D51275 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D51275はほぼ一生を門司で過ごした罐で、73年11月に廃車になっています。

 門司には当時17両のD51が配置されていましたが、そのうち11両が次々にやってきた日田彦山線でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

(特集)夕陽を撮る(2020年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 夕陽を撮る

Dsc_0195_01
 2017/12/2 喜多方→山都 慶徳町走下り


 早出川や馬下の夕陽のギラリは大人気ですが、夕陽を入れたシーンも素晴らしいものです。日没ギリギリを狙うので列車が間に合うかもドキドキもんです。太陽を直接入れるので露出の失敗やゴーストの発生、シルエットにするかの判断も難しく、それだけに成功した時の感動もひとしおです。一般的には雲がない強烈な夕陽の時は、太陽が強すぎるのでギラリを狙ったほうが良いです。
 夕陽は春の水田や川の水鏡との組み合わせがベストですけれども、雲も面白いですね。

〇新関駅先、大関道踏切(新関→東新津)

 ここは山が近いので日没が馬下や早出川より早く、あまり強烈な茜色にはなりませんが、田園風景の中、素晴らしい夕陽となることがあります。

Dsc_0419
 2014/5/18 

Dsc_9001_04
 2017/5/21 

Dsc_6272_02
 2018/6/24 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇第2中野踏切(北五泉→新関)

 ここは新関より山が離れているのでシルエットを撮りやすいですが、高圧線があります。

Dsc_3997_01
 2018/5/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_2073
 2017/7/8 

〇早出川橋りょう(猿和田→五泉)

 ここは夕陽を入れてギラリを撮ることが出来ます。見上げて撮れるのでシルエットには最適です。

Dsc_1527_01
 2018/4/29 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8323
 2017/5/20
 
Dsc_8952
 2017/5/21
 

Dsc_0007_04
 2016/7/23

Dsc_1083
 2016/7/31 

〇馬下・小山田踏切(馬下→猿和田)

 御存じギラリ、シルエット、水鏡の人気ポイントです。

Dsc_1155_01
 2014/4/13

Dsc_1598
 2014/4/26   

Dsc_1603
 2014/4/26

Dsc_5577_01
 2017/4/29 

Dsc_6321_02
 2017/5/3

Dsc_9567
 2017/5/28

Dsc_3528 
  2019/8/14 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_0132_02
 2020/8/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4101_03
 2017/8/26  

〇麒麟橋(津川→三川)

 列車は遠景になりますが阿賀野川の夕陽は美しいです。
 
Dsc_3805_02
 2017/4/16
 
〇深戸橋りょう(日出谷→鹿瀬)

 夕陽は山の上に落ちるので、あまり茜色にはなりませんが見上げて撮れる貴重な場所です。 

Dsc_8957_01
 2020/8/2 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4325_02
 2016/9/3 

〇日出谷駅発車(日出谷→鹿瀬)

 山に落ちるので茜色にはなりませんが、逆光が美しいシーンを作ります。 

Dsc_0083_01
 2020/8/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_3806_01
 2016/8/28

〇山基踏切(尾登→野沢)

 山基踏切先は田園が開け山の上の夕陽が美しい場所です。

Dsc_9219
 2016/10/16

〇一の戸橋りょう(喜多方→山都)

 このあたりは山間部なので日没も早く茜色は期待できませんが、橋りょうの夕陽は美しいです。

Dsc_8514
 2016/10/15 

Dsc_2576
 2020/10/18 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 夕陽のシーンはギラリより哀愁があって好きです。撮ってみないと結果がわからないのも楽しいですね?!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(日田彦山線その6)

1016-27x_20210112092501
 1972/07/30 日田彦山線 志井→石原町 貨5789 D51374 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 石原町への空荷の貨物はバック運転で次から次へと来ます。

1016x_20210112092501
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5796 D51374 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 東谷鉱山で荷を積み発車です。石原町の門司側は切通でサイドが開けませんでした。
 D51374は門司の罐で73年11月に廃車になっています。

1016-19x_20210112093201
 1972/07/30 日田彦山線 志井→石原町 貨5883 D51182 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 バック運転はサイドに引けないと...

1016-26x_20210112093201
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5868 D51182 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D51182は71年10月に早岐から門司に来た罐で、73年9月に廃車になっています。

1016-12x_20210112093401
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5766 D51160 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 D51160は73年12月に門司から吉松に行き、吉都線でも撮っています。

1016-24x_20210112093401
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5865 D51160 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 単機回送です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

(特集)蕎麦の花を撮る(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 蕎麦の花を撮る

Dsc_1752x
 2020/9/22 喜多方→山都 松野踏切下 クリックすると大画像で見ることが出来ます


 山都と言えば蕎麦が有名ですが当然周辺には蕎麦畑があります。8月の下旬より花が咲き9月中旬には黒くなって実になります。野沢から会津若松の間には蕎麦畑がありますが線路の近くには意外にありません。山都から喜多方の間には何ヶ所か蕎麦を絡めて撮ることが出来る場所がありますので紹介します。

〇平瀬

 紹介する新潟県では唯一の蕎麦畑です。猫の額ほどですが背景も良いです。

Dsc_4855
 2017/9/6 鹿瀬→日出谷 平瀬第一踏切
  
Dsc_6408_3
 2016/9/19 鹿瀬→日出谷 平瀬第一踏切

〇尾野本

 野沢を過ぎると蕎麦畑が増えます。尾野本あたりには蕎麦畑が多いですが、ちょっと線路から離れています。

236_01
 2014/9/13 野沢→尾登 尾野本の蕎麦畑
 
〇尾登
 
 尾登には小規模ですが線路際に蕎麦畑があります。ヒマワリやコスモスの間で目立ちませんが穴場です。

Dsc_3669
 2016/8/28 尾登→荻野 尾登駅通過 

Dsc_4514
 2017/9/2 荻野→尾登 尾登のカーブ

Dsc_0481x
 2020/9/12 尾登→荻野 尾登第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_9101
 2018/9/15 荻野→尾登 尾登のカーブ
 
〇舘原の橋りょう

 舘原周辺にも蕎麦畑は多いです。道路からは見えないですが橋りょうの向こうにも畑があります。 
 
Dsc_5366
 2016/9/11 荻野→山都 舘原の橋りょう

〇一の戸橋りょう

 一の戸橋りょうの周辺には蕎麦畑が点在してます。特に阿賀野川近くの畑は広いので一の戸橋りょうと合わせて雄大な景色になります。

Dsc_0420
 2015/8/29 山都→喜多方 一の戸橋りょう 

177
 2014/8/31 山都→喜多方 一の戸橋りょう 

Dsc_4417
 2017/9/2 山都→喜多方 一の戸橋りょう
 
Dsc_4129
 2016/9/3 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_0513
 2020/9/12 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  
 
273
 2014/9/13 山都→喜多方 一の戸橋りょう
 
Dsc_5964
 2016/9/17 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_5967
 2016/9/17 山都→喜多方 一の戸橋りょう 
 

206_2
 2014/9/20 山都→喜多方 一の戸橋りょう

〇小布瀬原踏切

 小布瀬原踏切の北側にはちょっとした蕎麦畑があります。このあたりは上りはもちろん下りも煙があります。線路が見えるのは僅かなので構図が難しいです。

249_03
 2014/8/31 喜多方→山都 小布瀬原踏切

256
 2014/8/31 喜多方→山都 小布瀬原踏切

158
 2014/9/6 山都→喜多方 小布瀬原踏切

Dsc_6044
 2016/9/17 喜多方→山都 小布瀬原踏切 

〇小布瀬原柿のポイント

 小布瀬原の有名な柿のポイントは柿の木の下が蕎麦畑になってます。ここは構図を工夫すればいろいろ撮れると思います。煙は保障ですから!

Dsc_0939_2
 2015/8/30 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

Dsc_4958
 2017/9/6 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

679
 2014/9/7 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

Dsc_4277_01
 2019/9/8 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント クリックすると大画像で見ることが出来ます
    

Dsc_1641x
 2020/9/22 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント クリックすると大画像で見ることが出来ます

221
 2014/9/23 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

〇松野踏切下

 松野踏切周辺にも蕎麦畑はあちこちあります。

294_02
 2014/9/6 喜多方→山都 松野踏切下
  
〇電化区間

 電化区間も蕎麦畑は多いのですが、線路際にはあまりありません。姥堂と笈川になんとか撮れる場所にあります。

Dsc_4173
 2016/9/3 堂島→笈川 笈川踏切

Dsc_6599
 2016/9/19 姥堂→会津豊川 姥堂
 
 蕎麦の花は初期と終期ではかなり雰囲気がかわります。汽車ピンも花ピンも面白いので是非チャレンジしてみてください。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2021年1月11日 (月)

新SL現役時代のアーカイブ(日田彦山線その5)

1016-2x_20210111095001
 1972/07/30 日田彦山線 呼野→石原町 貨1894 D51918 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ナメクジ、門鉄デフと門司のD51にはいろんなタイプがいましたが、一番お似合いがこのK-1型の門鉄デフです。スマートなC57にはD511021がつけたいた細身のK-7型が似合いますが、ちょっとずんぐりのD51にはこのちょっと上下が長いKー1型が似合います。
 ホキの形式は詳しくないですが、このホキは重厚でD51に似合います。
 D51918は門司の罐で、73年12月に吉松に行き、74年6月に廃車になっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

(特集)柿を撮る(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 柿を撮る

Dsc_4688
 2015/11/29 喜多方→山都 松野踏切 


 晩秋から初冬にかけて花が終わり撮り物が少ない時期に柿は貴重です。11月中旬に葉が落ちるとシーズンスタートです。目立つので寄ってよし遠景でよしです。2020年は柿は不作だった株が多かったようです。

〇大関道踏切

 3本の柿の木がありいろんな撮り方が出来ます。

Dsc_7975
 2019/11/9 東新津→新関 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8877_20191117224601
 2019/11/17 東新津→新関 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇早出川橋りょう

 早出川の五泉側の畑には柿が多いです。

Dsc_6454_02
 2017/10/14 五泉→猿和田 早出川橋りょう

〇京の瀬

 線路のすぐ脇に柿の木があります。民家の土地なので了解をもらって撮りたいものです。

059
 2013/11/24 三川→津川 京の瀬 

〇深戸橋りょう

 峠に行く道に面してありますので、橋りょうからは少し離れています。煙が期待できるポイントでもあり人気の場所になっています。

Dsc_7204
 2017/10/28 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

Dsc_7214
 2017/10/28 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

〇上野尻のカーブ

 少し線路から遠いですが柿の木があります。冠雪の飯豊山と撮れたら最高です。

Dsc_4579
 2015/11/29 上野尻→野沢 上野尻のカーブ

〇荻野駅進入

 荻野駅手前にも柿がありワンポイントとして面白いです。

Dsc_8900_01
 2017/11/25 尾登→荻野 荻野駅進入

〇一の戸橋りょう

 橋りょうの北側には柿の木が多いです。道路沿いにあった一番人気の柿の木は11月の雪で先端の枝が折れてしまいました...

Dsc_8919
 2017/11/25 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_8935
 2017/11/25 山都→喜多方 一の戸橋りょう

Dsc_6700x
 2020/12/5 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇小布瀬原
 
 超有名な柿のポイントです。2019年にかなり切られましたが人気の場所です。

Dsc_8437
 2017/11/19 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

Dsc_7424x
 2020/12/6 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
Dsc_0386
 2011/12/17 山都→喜多方 小布瀬原柿のポイント

〇慶徳松野
 
 松野踏切から慶徳踏切にかけて何本か柿の木があり、様々な撮り方が出来ます。

Dsc_9053_01
 2017/11/25 喜多方→山都 北の窪築堤

Dsc_9069
 2017/11/25 喜多方→山都 北の窪築堤

Dsc_2681
 2016/11/23 喜多方→山都 松野踏切

Dsc_4694
 2015/11/29 喜多方→山都 松野踏切

Dsc_9680_04
 2017/11/26 喜多方→山都 松野観音 

〇姥堂

 姥堂駅手前にも鈴なりになる柿があります。 

Dsc_7327
 2017/10/28 塩川→姥堂 姥堂駅手前

Dsc_8544
 2019/11/9 塩川→姥堂 姥堂手前 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9663_01
 2017/11/26 塩川→姥堂 姥堂駅手前

Dsc_4921_01
 2015/12/5 塩川→姥堂 姥堂駅手前

〇十文字

 十文字には柿の老木があります。晴れれば磐梯山がバックになります。

Dsc_9640_2
 2017/11/26 堂島→会津若松 十文字

〇広田街道踏切

 ここは煙が出るポイントです。晴れれば磐梯山がバックになります。

Dsc_8485
 2017/11/19 堂島→会津若松 広田街道踏切手前

Dsc_8997_01
 2017/11/25 堂島→会津若松 広田街道踏切手前

 こと柿に関しては年配のファンに人気がありますね。雪景色でなくても初冬の色気がない景色に柿は映えます。

撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

新SL現役時代のアーカイブ(日田彦山線その4)

1016-14x_20210105193601
 1972/07/30 日田彦山線 志井→石原町 貨5881 D511021 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 船底型テンダーのD51のバック運転です。

1016-15x_20210105193601
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5866 D511021 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 専用線に入って荷を積み黒崎に向けて発車です。

1016-16x_20210105193601
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5866 D511021 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 門鉄デフをつけたD511021は30年の生涯を門司で過ごした罐で、73年6月に廃車になっています。門鉄デフと煙室扉ハンドルが似合いますね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

北しなの線(2021/1/9古間その2)

 この日はスカ色に続いて初代長野色の運用がありました。地味ですがローカル線っぽくて好きな色です。


今日の1枚

Dsc_8368x
 2020/1/9 牟礼→古間 戸草 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 戸草の山の木々も着雪し絵になりました。


Dsc_8267x
 2020/1/9 黒姫→古間 講和橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 木々に朝日が当たります。雪を巻き上げた後ろ姿も面白いです。
 

Dsc_8349x
 2020/1/9 牟礼→古間 戸草 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 初代長野色は戸草で狙います。まずは着雪した木で撮ってみました。
 

Dsc_8351x
 2020/1/9 牟礼→古間 戸草 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 電車ピンです。

 Dsc_8383x
 2020/1/9 牟礼→古間 戸草 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 今冬は雪が多く既に草も倒れてくれて撮りやすいです。

Dsc_8455x
 2020/1/9 黒姫→古間 講和橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 返しは講和橋で後追いです。
 雪を巻き上げる姿も面白いです。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

北しなの線(2021/1/9古間その1)

 例年撮り初めはSL真岡かSL群馬に行くのですが、今年は緊急事態宣言中となってしまい、遠征は自粛し、町内の北しなの線が撮り初めとなりました。上越の方は大雪になっていますが、山一つ越えた信濃町は昨日からチラチラの雪で積雪はそれほど増えていません。


今日の1枚

Dsc_8321x
 2021/1/9 古間→黒姫 講和橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 本来は湘南色が地元色ですが、中央線沿線で育った私はスカ色の115系が山に似合います。 バックに薄雲越の朝日があってよい感じになりました。


Dsc_8305x
 2021/1/9 古間→黒姫 講和橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 今朝は零下7度となりましたが、雪はやみ薄雲越に朝日も見えますが、山は当然駄目で、2021年の撮り初めは鳥居川と薬師岳を入れた講和橋でスカ色を狙いました。

Dsc_8412x
 2021/1/9 古間→牟礼 戸草トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 返しは着雪した木々をバックに戸草トンネルで撮ってみました。
 

Dsc_8414x
 2021/1/9 古間→牟礼 戸草トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 着雪した山男のスカ色115系は絵になります。

Dsc_8417x
 2021/1/9 古間→牟礼 戸草トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 しかしいよいよ115系も終焉の日が近づいてきて、この冬が最後になるかもしれません。

Dsc_8426_01x
 2021/1/9 古間→牟礼 戸草トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 粉雪を巻き上げる姿もいいですね。 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(日田彦山線その3)

1016-11x_20210105192701
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5782 D5145 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ナメクジの牽く上りの外浜行の貨物列車です。バックの山の影が良いです。
 D5145は71年3月に直方から門司に来た罐で、73年12月に南延岡に行き、74年6月に廃車になっています。

1016-23x_20210105192701
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5786 D5145 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 今度はスカでした...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月 8日 (金)

新SL現役時代のアーカイブ(日田彦山線その2)

1016-9x_20210105161201
 1972/07/30 日田彦山線 石原町 貨5783 D51344 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 石原町に到着して専用線で東谷鉱山に向かう逆向きのD51です。
 D51344は門司の罐で、73年9月に廃車になっています。

1016-10x_20210105161201
 1972/07/30 日田彦山線 石原町 貨5783 D51344 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 外浜へは住友、黒崎へは三菱への貨車です。踏切で待つコロナマークⅡハードトップの後ろ姿がカッコいいですね。GSSは200馬力でした。

1016-13x_20210105190801
 1972/07/30 日田彦山線 石原町→志井 貨5784 D51344 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 専用線から帰り外浜に向けて発車です。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (1)

(特集)ヒガンバナを撮る(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ヒガンバナを撮る

Dsc_5875_02
 2017/10/1 新津→東新津 東新津駅手前


 その名の通り秋の彼岸の頃に田んぼの畦道に咲く「彼岸花」ですが、磐越西線沿線では西日本のようにあちこちにあるわけでなく、民家の庭にはありますが、線路際には新津と舞台田の限られた場所にしかありません。しかし黄金の田んぼの景色にはよくマッチする花です。
 我々の年代では山口百恵の歌った「曼珠沙華」の名前がピントくるかたも多いと思います。

〇東新津  

 裁判所踏切近くの切通の線路の土手から上の道端にかけて咲いてます。雑草に埋もれているので撮りにくいです。

Dsc_5153
 2019/9/28 新津→東新津 東新津駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_5850_01
 2017/10/1 新津→東新津 東新津駅手前 

Dsc_7468
 2016/10/2 新津→東新津 東新津手前

〇深戸橋りょう

 2020年春に亡くなったO石さんが楽しみにしていた花です。

Dsc_2298xx
 2020/10/18 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_3194_01x
 2020/10/25 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_3497_01x
 2020/10/25 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_3508x
 2020/10/25 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇舞台田

 濁川橋りょうと舞台田踏切の間の道路沿いに咲いてます。ここは道路脇の斜面の途中に咲くのでアングルファインダーがないと寝転んで撮ることになります。線路の反対側にもあります。

Dsc_5354
 2019/9/28 山都→喜多方 慶徳町走下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_5367_01
 2019/9/28 山都→喜多方 慶徳町走下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_5456_01
 2019/9/28 喜多方→山都 慶徳町走下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_5465_02
 2019/9/28 喜多方→山都 慶徳町走下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_6041
 2017/10/1 山都→喜多方 慶徳町走下り

Dsc_6054_01
 2017/10/1 山都→喜多方 慶徳町走下り 

Dsc_6148_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

Dsc_6149_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

Dsc_6160_01
 2017/10/1 喜多方→山都 慶徳走下り

〇第二学校踏切

 2017年以降発見できてません。ここの民家も空き家になってしまったようです。

Dsc_1327
 2015/9/19 笈川→堂島 第二学校踏切 

 他に咲く場所を知っておられる方がいらっしゃいましたら、是非教えてください

撮影ガイドトップへ

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ


| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

新SL現役時代のアーカイブ(日田彦山線その1)

1016-8x_20210105161201
 1972/07/30 日田彦山線 呼野→石原町 貨5864 D51382 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 今度は日豊本線三重連から遡り、前日は日田彦山線に来ています。ここは九州では珍しく1往復の9600を除いてD51の運用線区で、石原町から黒崎、外浜に向かう貨物と香春から門司に行くいずれもセメント関連貨物が、30往復近くありました。石原町には転車台がなかったので、空荷の下りは逆向き運転でした。D51ということでこの時一度だけ訪れています。
 日田彦山線の小倉からの始発列車はなぜか遅く、8時前にようやく石原町に着きます。まずは東谷鉱山の専用線から石原町に到着する貨物です。セメント関連貨物は専用のホキやセキが多かったです。
 D51382は71年4月に直方から門司に来た罐で、74年1月に南延岡に行き、74年6月に廃車になっています。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月 6日 (水)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その25)

1016-15x
 1972/08/02 日豊本線 宮崎→南宮崎 客1527 C5766 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 大淀川橋りょうの続きです。17時近くなってようやく真夏の光線も優しくなり、少しはまともに写りはじめました。

1016-18x_20210105152401
 1972/08/02 日豊本線 宮崎→南宮崎 単 C6119 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 南宮崎始発の上り客車牽引のためC61の単機回送です。

1016-19x_20210105152401
 1972/08/02 日豊本線 南宮崎→宮崎 客536 C6119 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 先ほどの単機回送のC61が客車列車を牽いて来ましたが、途中で煙が終わりました...

1016-20x_20210105152401
 1972/08/02 日豊本線 南宮崎→宮崎 客536 C6119 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 なんとも料理しにくい大淀川橋りょうでした...

1016-21x_20210105152401
 1972/08/02 日豊本線 南宮崎→宮崎 貨5596 C579 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 締めは18時近くサイドがギラッタ人吉から宮崎に来たばかりのC579となりました。

 これで72年夏の灼熱の九州はおわり、帰り道美祢線に向かっています。
  
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その24)

1016-9x_20210105000001
 1972/08/02 日豊本線 宮崎→南宮崎 客1523 C57112 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 続いて大淀川橋りょうに来ました。まずは先ほどのC57112の牽く下り客車列車です。

1016-10x_20210105000001
 1972/08/02 日豊本線 宮崎→南宮崎 貨1693 C11 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 続いては日南線に入るC11の牽く貨物列車です。
 ばんえつ物語でも長い橋りょうは苦手意識があったのですが、その元凶はここ大淀川橋りょうだったことがわかりました。真夏の炎天下煙も殆ど出ない状況で、雄大な大淀川橋りょうをどうやって撮っていいのかさっぱり分かりませんでした...

1016-12x
 1972/08/02 日豊本線 南宮崎→宮崎 客1590 C57 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 上り貨物はちょっと煙がありました。架線柱が立ち始めた大淀川橋りょうですが、もうちょっと工夫したかったですね...

1016-13x_20210105000001
 1972/08/02 日豊本線 宮崎→南宮崎 貨551 C57 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 これだと何回撮っても進歩しません...岸辺のホテルフェニックスのフェニックスを入れるとか、逆光側からシルエットで撮るとかできたはずです...この苦手意識が何十年間もくすぶっていました...

1016-14x
 1972/08/02 日豊本線 南宮崎→宮崎 特急彗星 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 DF50の牽く彗星は優雅な編成を撮れてまぁ見れる写真でした。それにしても20系ブルートレインは美しい芸術品ですね。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2021年1月 4日 (月)

新SL現役時代のアーカイブ(宮崎機関区その1)

 

1016-4x_20210103122801
 1972/08/02 宮崎機関区 C57112 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 大淀川橋りょうに向かう途中宮崎駅で機関区の罐を撮っています。

1016-5x_20210103122801
 1972/08/02 宮崎機関区 C57117 C5789 C57174 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 扇形庫のなかった宮崎機関区では罐がゴロゴロしていました。
 門鉄デフのC57117は宮崎の罐で、73年春に最後のSL牽引お召列車を率いていますが、74年8月に廃車になっています。
 C57174は72年3月に佐世保線でさよなら列車を牽き、早岐から宮崎に来た罐で、73年1月に廃車になっています。
 
1016-6x_20210103122801
 1972/08/02 宮崎機関区 C5766 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 C5766は宮崎の罐で、73年11月に廃車になり、東京の大田区に保存されています。

1016-7x_20210103122801
 1972/08/02 宮崎機関区 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 C11もC57に交じって並んでいます。給砂設備が立派です。

1016-8x_20210103122801
 1972/08/02 宮崎機関区 C57112 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 C57112が下り客車列車牽引の準備をしています。今となってはキハ55系も懐かしいです。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

ばんえつ物語の魅力(下り2021年版)

撮影ガイドトップへ 
 
磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ばんえつ物語の魅力(下り)   

Dsc_0195_01
 2017/12/2 喜多方→山都 慶徳町走下り
 下りは夕陽とトワイライトのシーンが楽しめるのがばんえつ物語の魅力です。
 
【春】
 
 4月は山々の残雪が楽しめます。桜が終わると水田に水が張られ水鏡の時期となります。
  
Dsc_7618
 2018/3/31 喜多方→山都 一の戸橋りょう正面 クリックすると大画像で見ることができます

Dsc_7938_02
 2018/3/31 猿和田→五泉 早出川橋りょう手前の築堤 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8047
 2018/3/31 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます    

Dsc_1996
 2017/4/1 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス
 
Dsc_2154_02
 2017/4/1 三川→五十島 三川駅発車
 
Dsc_2754
 2017/4/2 野沢→上野尻 野沢駅発車
 
Dsc_2887_01_2
 2017/4/2 三川→五十島 あがの南

Dsc_2542_01
 2016/4/3 猿和田→五泉 早出川橋りょう手前の築堤 

Dsc_0264_2
 2014/4/12 馬下→猿和田 馬下駅通過
 
Dsc_3805_02
 2017/4/16 津川→三川 麒麟橋
 
Dsc_3039
 2016/4/16 三川→五十島 三川駅発車
 
Dsc_4262
 2017/4/22 喜多方→山都 濁川桜並木
 
Dsc_4336_01
 2017/4/22 日出谷→鹿瀬 鹿瀬小学校
 
Dsc_4400_01_2
 2017/4/22 東下条→咲花 小島山トンネル飛出し
 
Dsc_5451
 2017/4/29 野沢→上野尻 明神前
 
Dsc_5533_01
 2017/4/29 三川→五十島 三川駅発車
 
Dsc_5577_01
 2017/4/29 馬下→猿和田 馬下踏切
 
644_01
 2015/5/16 咲花→馬下 咲花のSカーブ  

Dsc_0419
 2014/5/18 新関→東新津 新関駅先 

Dsc_8952
 2017/5/21 猿和田→五泉 早出川橋りょう

Dsc_9001_04
 2017/5/21 新関→東新津 新関駅先

Dsc_5016_02
 2015/5/24 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_9638_02
 2017/5/28 新関→東新津 新関駅先  

【夏】

 新緑が終わるとアジサイ、タチアオイの季節になり梅雨が明けます。真夏は暑さを凌いで夕暮れの撮影が楽しい時期となります。

Dsc_4392
 2018/6/2 喜多方→山都 舞台田踏切

Dsc_4460_02
 2018/6/2 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_7812
 2016/6/11 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス

Dsc_0802
 2017/6/18 三川→五十島 五十島橋りょう先 

Dsc_7168
 2015/6/22 荻野→尾登 滝ノ下踏切 

Dsc_6272_02
 2018/6/24 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_6944
 2018/7/7 日出谷→鹿瀬 鹿瀬駅進入 

Dsc_7051
 2018/7/7 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9106
 2017/7/8 喜多方→山都 舞台田踏切
 

516
 2015/7/19 津川→三川 清川小学校踏切
  
Dsc_2073
 2017/7/8 北五泉→新関 第二中野踏切 

Dsc_7863_01
 2020/7/23 荻野→尾登 尾登のカーブ 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1701
  2019/7/27 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_2580   
  2019/7/28 荻野→尾登 尾登のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_2806
  2019/7/28 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_2792_02
 2017/7/30 新関→東新津 新関駅先 

Dsc_1083
 2016/7/31 猿和田→五泉 早出川橋りょう 

Dsc_8910
 2020/8/2 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9018_20201226215701
 2020/8/2 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9038_01
 2020/8/2 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2833
 2017/8/5 三川→五十島 五十母橋りょう
 
Dsc_2864_01
 2017/8/5 馬下→猿和田 小栗山踏切
 
Dsc_9511
 2015/8/9 荻野→尾登 尾登のカーブ

Dsc_3201
 2019/8/10 姥堂→会津豊川 姥堂駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
Dsc_1930_01
 2016/8/13 猿和田→五泉 早出川橋りょう
 
Dsc_3528 
  2019/8/14 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 


Dsc_9945
 2020/8/22 荻野→尾登 尾登駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_4101_03
 2017/8/26 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_3357_01
 2016/8/27 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう
 
Dsc_3372_02
 2016/8/27 鹿瀬→津川 津川駅進入

Dsc_3806_01
 2016/8/28 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

Dsc_3879
 2016/8/28 馬下→猿和田 馬下踏切
 
Dsc_3681
  2019/8/31 荻野→尾登 尾登のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます

【秋】 

 蕎麦の花が咲き秋風が吹くと秋の雲になります。黄金とススキが終わるとコスモスになります。下りの紅葉はトワイライトの時間になり味があります。
 
Dsc_4670
 2017/9/2 三川→五十島 五十島橋りょう先
 
Dsc_5141
 2017/9/6 咲花→馬下 咲花のSカーブ
 
Dsc_4444
 2019/9/8 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4995
 2016/9/10 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう 

Dsc_5562_01
 2017/9/16 荻野→尾登 尾登のカーブ

Dsc_6179_01
 2016/9/17 津川→三川 75kmポスト 

Dsc_6599
 2016/9/19 姥堂→会津豊川 姥堂 

Dsc_6650
 2016/9/19 喜多方→山都 慶徳の田園
 
Dsc_1375_01
 2015/9/19 荻野→尾登 尾登のカーブ
 
Dsc_6706_02
 2016/9/19 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過
 
Dsc_1752x
 2020/9/22 喜多方→山都 松野踏切下 クリックすると大画像で見ることが出来ます


Dsc_5456_01
 2019/9/28 喜多方→山都 慶徳町走下り クリックすると大画像で見ることが出来ます

 
Dsc_8488
 2016/10/15 喜多方→山都 一の戸橋りょう
 
Dsc_8663
 2016/10/15 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
Dsc_9161
 2016/10/16 喜多方→山都 舞台田踏切
 
Dsc_2576
 2020/10/18 喜多方→山都 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
Dsc_2634_01x
 2020/10/18 山都→荻野 第四新津街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_2852x
 2020/10/18 五泉→北五泉 五泉駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_6606
 2019/10/20 野沢→上野尻 上野尻駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
Dsc_3371_01
 2020/10/25 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  
  
Dsc_3497_01x
 2020/10/25 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_0179_01
 2016/11/5 野沢→上野尻 上野尻対岸俯瞰
 

Dsc_0739
 2016/11/12 山都→荻野 

Dsc_3973
 2015/11/14 山都→荻野 大谷川橋りょう
 
Dsc_5635x
 2020/11/14 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 
Dsc_9431
 2019/11/17 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス
 
Dsc_9053_02
 2017/11/25 喜多方→山都 北の窪築堤

Dsc_3258_03
 2016/11/26 野沢→上野尻 芹沼トンネル先 

Dsc_9663_01
 2017/11/26 塩川→姥堂 姥堂駅手前

【冬】
  
 12月の下りは舞台田までしか日がもちませんが、時として素晴らしいシーンを演出してくれます。
 
Dsc_0266_01
 2017/12/2 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車 許可を得て撮影

Dsc_3927
 2016/12/3 喜多方→山都 舞台田踏切 

Dsc_6867
 2020/12/5 喜多方→山都 慶徳町走下り クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_5369_01
 2015/12/6 喜多方→山都 舞台田踏切

Dsc_7551x_20201207222701
 2020/12/6 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7564x
 2020/12/6 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます    

Dsc_7641x
 2020/12/6 日出谷→鹿瀬 当麻橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7725x
 2020/12/6 三川→五十島 三川駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_7824x
 2020/12/6 新津駅 クリックすると大画像で見ることが出来ます

197_01
 2013/12/15 三川→五十島 三川駅発車 

 夕暮れの四季が楽しめるのがばんえつ物語の魅力ですね!

 2021年も夕陽を追います。

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その23)

1016-30x
 1972/08/02 日豊本線 高鍋→日向新富 客537 C6128 

 高鍋駅発車は架線柱と腕木式信号の間でずいぶん窮屈なところで撮っています...
 C6128は71年10月に青森から宮崎に来た罐で、73年8月に廃車になっています。

1016-32x
 1972/08/02 日豊本線 高鍋→日向新富 特急彗星 DF50531 

 珍しくDF50も撮っていました。

1016-33x
 1972/08/02 日豊本線 日向新富→高鍋 特急日向 

 彗星に日向と宮崎を代表する特急です。

1016-31x
 1972/08/02 日豊本線 高鍋→日向新富 貨569 C57199 

 高鍋駅で彗星に抜かれた貨569が発車します。C57四次形はC61よりも迫力ありますね。

1016-2x
 1972/08/02 日豊本線 佐土原→日向新富 貨550 C6118 

 高鍋から佐土原に移動して、たぶん一の瀬川橋りょうの先でC61の牽く貨物列車を撮っています。

1016-3x_20201230195101
 1972/08/02 日豊本線 佐土原→日向新富 貨550 C6118 

 なぜかC61は、まともに撮れていません...
  
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

謹賀新年

Dsc_1327x_20201224155701
 2020/1/4 真岡鉄道 七井→益子 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 新型コロナウイルスが1日も早く収束し、蒸気機関車達が元気に走り回れる年になりますように!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »