« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月31日 (水)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その39)

1016-29x_20210330232901
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6067 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D60シリーズの続きです。門鉄デフのD60がホキの専用貨物を牽いて来ました。
 D6067は70年10月に大分から直方に来た罐で、72年6月に廃車になっています。パイプ煙突、門鉄デフで軽快な姿です。直方のD60も60番台以降はすべて大分から来た罐だと思います。

1016-30x_20210330232901
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6067 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 ホキ6800は三井セメントのクリンカー専用種別の貨車で、いかにも重そうです。後藤寺線の船尾から外浜までのセメントクリンカー運搬専用でした。三菱のホキ6700より重量感がありますね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

 

| | コメント (1)

2021年3月30日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その38)

0215-3x_20210315091501
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 C5552 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 筑前垣生でのC55は何故か52号機の2ショットだけしかありません。まずは例の若松車両センターの貨車の試運転列車です。いろんな貨車が並んで面白いですが、草ボウボウの築堤で撮る場所が悪すぎです...


1016-32x_20210315090301
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 C5552 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 下りの筑前垣生発車はプチ流しですがわざわざ草がある場所で撮っています。中学1年生まだまだ未熟で、嬉しい列車が来ると列車に気をとられてシャッターチャンスが悪いことが多かったです...

1016-33x_20210315090301
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 C5552 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 スマートさではC5557には敵いませんが、筑豊本線の華C55でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その37)

0215-32x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 39620 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 直方の9600の石炭貨物です。セフ+セラ5両+セキで昨日の79635の牽く石炭貨物と同じ編成です。空気タンクがデフ下にあるタイプの9600は力強く見えます?!

0215-33x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 39620 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この当時は筑豊本線ではメインではなかった9600ですが、陰ながら活躍していました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その36)

0215-20x_20210327195501
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 79635 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 筑豊本線の9600シリーズです。当時はこの区間でもD51やD60に交じって9600の牽く専用貨物がありましたが、翌年には若松の9600の区間運転のみとなりました。
 79635は30年以上にわたって直方で活躍した罐で、72年11月に廃車になっています。

0215-21x_20210327195501
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 79635 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 大きな三井のホキを牽きます。

0215-23x_20210327200401
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 79635 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 上りの石炭貨物です。

0215-24x_20210327195501
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 79635 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 やはり九州の9600には2軸のセフやセラが似合います。

0215-25x_20210327195501
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 79635 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 キャブ下の点検窓が筑豊の9600の証です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月27日 (土)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その35)

0215-5x_20210323161201
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D511155 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 筑豊本線D51の続きです。カマボコドームのD51が客車列車を牽いて来ました。
 D511155は71年9月に鳥栖から若松に来た罐で、73年9月に廃車になっています。

0215-6x_20210323161201
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D511155 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 船底形のテンダーは好みです。年末だというのに客車の窓が開いてますね?!

1016-9x_20210323161301
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D511155 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 客車列車は貨物の逆になり、上りは停車前で無煙、下りが発車で煙があります。

1016-2x_20210323161401
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51206 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 若松のD51は客車列車の運用も多かったです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月26日 (金)

ばんえつ物語試運転(2021/3/19下り三川・馬下)

Dsc_2325x
 2021/3/19 三川→五十島 あが野南 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この日4回目の飯豊山です。茜色の残照が飯豊山に映るのを期待してましたが、残念ながらちょっとタイミングが遅かったようです。しかし黄昏にライトを照らし飾らぬC57は美しかったです。

Dsc_2389x
 2021/3/19 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 日没後30分くらいは茜色の残照が残ることがあるので馬下に来ました。

Dsc_2395x
 2021/3/19 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 夕陽の落ちた西の空には僅かに茜色がの残り、雲にも映ります。

Dsc_2409x
 2021/3/19 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 本年も元気に12月まで走ってくれることを願い、若松試運転の締めとなりました。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  
 

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

ばんえつ物語試運転(2021/3/19下り徳沢・日出谷)

Dsc_2174x
 2021/3/19 徳沢→豊実 徳沢橋りょう正面 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 この辺りもう少し残雪があると思った来たのですが、南向きの斜面にはもうありませんでした。草が倒れているので正面でなく斜めから狙ってみました。

Dsc_2187x
 2021/3/19 徳沢→豊実 徳沢橋りょう正面 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 渋い編成写真になり面白かったです。

Dsc_2231x
 2021/3/19 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 お立ち台にはファンが集まる中、美しい白煙でやってきました。

Dsc_2246x
 2021/3/19 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 残雪の田んぼを強調してみました。

Dsc_2255x
 2021/3/19 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 手持ちだと色々なシーンが楽しめるお立ち台です。

Dsc_2268x
 2021/3/19 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 残雪の棒掛け山には夕陽が当たります。

Dsc_2304x
 2021/3/19 日出谷→鹿瀬 日出谷のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 杉林に白煙が際立ちました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  
  

| | コメント (0)

2021年3月24日 (水)

ばんえつ物語試運転(2021/3/19下り姥堂・尾野本)

Dsc_2066x
 2021/3/19 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 下りはどうしても尾野本で撮りたかったので、スタートは必然的に姥堂です。会津盆地にはもう残雪はありません。
 色彩に欠けるこの季節、客車の色も新鮮です。

Dsc_2076x
 2021/3/19 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 雄国山の向こうに僅かに磐梯山の頭が見えます。

Dsc_2080x
 2021/3/19 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 サイドに夕陽を受けて僅かにギラリます。

Dsc_2086x
 2021/3/19 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 検査明けで罐の調子は良さそうです。

Dsc_2109x_20210323102401
 2021/3/19 尾登→野沢 尾野本 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 下りでどうしても撮りたかった尾野本ですが、もう残雪も程んどなくほぼスカで来ました。

Dsc_2112x
 2021/3/19 尾登→野沢 尾野本 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 飯豊山は美しいですが明る過ぎです。

Dsc_2125_02x
 2021/3/19 尾登→野沢 尾野本 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 正面に夕陽を受けて会津路を行きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

 

| | コメント (0)

2021年3月23日 (火)

ばんえつ物語試運転(2021/3/19上り利田・川吉・堂島)

 会津は残念ながらもう残雪も少なく、ヘッドマーク無しの正面を狙えるお立ち台で撮りました。 

Dsc_1910x
 2021/3/19 尾登→荻野 利田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ここは晴れの日は陰が気になりますが、正面ドカンで撮ってみました。

Dsc_1935x
 2021/3/19 尾登→荻野 利田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 青空がよかったです。

Dsc_1947x
 2021/3/19 山都→喜多方 川吉のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ここも晴れの日は手前が陰になっていまいますが、Sカーブを強調してみました。

Dsc_2010_01x
 2021/3/19 山都→喜多方 川吉のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 現役時代のようなシーンです。

Dsc_2038x
 2021/3/19 笈川→堂島 第二学校踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 電化区間は磐梯山も飯豊山も完璧で迷うところですが、飯豊山をとりました。

Dsc_2039x
 2021/3/19 笈川→堂島 第二学校踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 飯豊山は迫力があります。

 上りはちょっと煙は渋かったですが、残雪と飯豊山を堪能することができました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  
  

| | コメント (2)

2021年3月22日 (月)

ばんえつ物語試運転(2021/3/19上り平瀬・豊実・上野尻)

 この冬は日本海側は大雪でしたが、2月中旬以降は殆ど降雪がなく、むしろ例年よりも雪解けが早くなりました。それでも山間部の日陰にはまだ残雪があり、今回の最大の狙いです。

Dsc_1784x_20210319143201
 2021/3/19 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 棒掛山の残雪が美しかったです。

Dsc_1789x
 2021/3/19 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 手前では除雪で残った雪を入れてみました。

Dsc_1824x
 2021/3/19 日出谷→豊実 豊実駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 沿線で一番最後まで残雪が残るのがここ豊実駅です。

Dsc_1835x
 2021/3/19 日出谷→豊実 豊実駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 モノトーンに近い雪景色は最高です。

Dsc_1845x
 2021/3/19 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 飯豊山の残雪は夏まで残りますが、手前の山が白いうちに撮りたかった場所です。

Dsc_1866x
 2021/3/19 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 黒煙が出すぎで飯豊山が隠れてしまいました?!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

ばんえつ物語試運転(2021/3/19上り新津・東下条・三川)

 先日の門鉄デフの故障による中止のおかげで再度設定されたばんえつ物語若松試運転は、普通のデフには戻ってしまったのは残念ですが、絶好の晴天となり、青空が期待できます。

Dsc_1643 
 2021/3/19 新津→東新津   

 スタートは9時を過ぎて青空も出てきて梅狙いになりました。ちょっと空が多すぎで木に近づいて撮ることにしました。

Dsc_1668
 2021/3/19 新津→東新津 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 本番時はまた雲が出てきましたが、なんとか青空バックです。

Dsc_1670_01
 2021/3/19 新津→東新津 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 早春といえばやはり梅です。

Dsc_1691_01
 2021/3/19 咲花→東下乗 東下条のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 次は普段は五十島ですが、密が予想されるのでここで撮ってみました。

Dsc_1695_01x
 2021/3/19 咲花→東下乗 東下条のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 煙はちょっと控え目でしたが、ヘッドマーク無しの罐を強調できました。

Dsc_1706
 2021/3/19 咲花→東下乗 東下条のカーブ  

 C57の好きな角度です。

Dsc_1736x
 2021/3/19 三川→津川 三川駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 三川駅発車はいつも正面なので、草の無いうちに国道から撮ってみました。

Dsc_1755
 2021/3/19 三川→津川 三川駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 白煙が美しいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  
  

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

ばんえつ物語試運転(2021/3/19下り速報版)

 下りの頃も春先としては奇跡的なくっきりとした雪山が楽しめました。


今日の1枚 

Dsc_2326x
 2021/3/19 三川→五十島 あがの南 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 雪山バックの黄昏にC57180最高です!


Dsc_2080x

Dsc_2112x

Dsc_2174x

Dsc_2231x

Dsc_2246x

Dsc_2304x

Dsc_2395x

 日没後ですが、既に馬下の茜色はスタートです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  
  

| | コメント (0)

2021年3月19日 (金)

ばんえつ物語試運転(2021/3/19上り速報版)

 先日は門鉄デフステー破損の影響で若松試運転が中止となり、再度若松試運転のチャンスが巡ってきました。既にアメダス上の積雪はゼロになってしまいましたが、早春に梅、雪、山、そしてヘッドマーク無しをお題に撮ってみました。


今日の1枚 

Dsc_1835x
 2021/3/19 日出谷→豊実 豊実駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 沿線で一番雪が残っていたのがここでした。やはり雪景色の汽車は最高です。


Dsc_1670_01

Dsc_1695_01x

Dsc_1736x

Dsc_1784x_20210319143201

Dsc_1866x

Dsc_1935x

Dsc_1947x

Dsc_2039x

 ちょっと煙は渋かったですが、お立ち台を中心にこの時期としては珍しい晴れの山々を楽しむことができました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  
  

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その34)

0215-8x
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51225 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D51のシリーズです。まずは何故か毎回よく登場するD51225の単機です。一般的な形態のD51です。
 
1016-14x_20210318110401
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51225 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 例の若松車両センターの貨車の試運転列車です。セフの次は特急コンテナたから用だったコンテナ色淡緑のヨ5000のようです。
 この列車上りはC55・C57、下りはD51の運用でした。
 
1016-9x_20210318110401
 1971/12 筑豊本線 直方 D51225 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 直方駅で休む姿です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その33)

1016x_20210317092501
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6028 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 冬枯れの水田の向こうからD60の牽く石炭列車がやってきました。
 D6028は直方で一生を送った罐で、72年6月に廃車になっています。当時パイプ煙突、角デフのD60は他にいませんでした。

1016-2x_20210317092501
 1971/12 筑豊本線 筑前植木―筑前垣生 D6028 D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 ちょうどD51の牽く客車列車がやってきました。この冬枯れの水田に水が入る頃から、DD51の配置で直方のD60の多くは廃車となり、筑豊本線の罐の主役をD51に譲ることになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その32)

1016-3x_20210316092501
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6065 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 門鉄デフのD60が石炭貨物を牽いてきました。

1016-4x_20210316092501
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6065 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 直方の門鉄デフD60は大分から転属して来た罐です。

1016-7x_20210316094601
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6065 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 軽快な門鉄デフのD60は客車列車にも似合います。

1016-8x_20210316092501
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6065 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 客車は丸屋根のオハ35系が似合います。

0215-12x_20210316092601
 1971/12 筑豊本線 直方 D6065 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 直方駅で休む姿です。門鉄デフも縁が磨き出しでしょうか?
 D6065は71年11月に大分から直方に来たばかりの罐で、72年6月に廃車になっています。

0215-13x
 1971/12 筑豊本線 直方 D6065 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 ATS発電機が煙突の後ろにあるのが面白いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月16日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その31)

0215x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6062 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 セラの石炭貨物を牽くD60です。このD6062も71年3月に大分から直方に来た罐で、72年6月に廃車になっています。化粧煙突、角型デフでD6057とそっくりです。

0215-2x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6062 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 セフがセラより一回り小さいのがわかります。

1016-4x_20210306195601
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6062 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 単機回送です。

1016-5x_20210306195601
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6062 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 筑豊本線の主はやはり古武士のD60です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

 

| | コメント (0)

2021年3月15日 (月)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その30)

1016-26x_20210315092101
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6057 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 三井鉱山のホキ6800を牽くD60です。D6057は70年10月に大分から直方に来た罐で、72年1月6日に休車、3月に廃車になっていますから、最後の活躍の姿でした。化粧煙突、角型のデフの古武士らしい罐でした。

1016-28x_20210315092101
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6057 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 ホキの専貨はさすがにセフではなくワフがついています。

1016-30x_20210315092101
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6057 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 セメントクリンカー運搬用のホキ6800は最大級のホキで迫力があります。三井グループの所有車でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

C57180試運転(2021/3/12上り大牧対岸)

Dsc_1573x
 2021/03/12 三川→津川 大牧対岸 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 試運転も最後になりました。いつもよりゆっくり走るため、三川通過を撮ってからここで撮ることが出来ました。日の当たる南向きはもう残雪も殆どありません。

Dsc_1579x
 2021/03/12 三川→津川 大牧対岸 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 モノトーンに近い色彩の中、DE10は目立ちます。阿賀野川の水面が鏡のようで、水鏡が美しかったです。

Dsc_1585x
 2021/03/12 三川→津川 大牧対岸 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 棚引く煙の水鏡が面白かったです。

Dsc_1594x
 2021/03/12 三川→津川 大牧対岸 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 鳥居を過ぎて一旦煙が薄くなりましたが、再び京の瀬に向かって煙が出始めました。
 この日は午後用事があり、下りは撮らず帰途に着きました。翌週の若松試運転は行けるかどうかわからないので、単機とはいえ、門鉄デフ、ヘッドマーク無しの姿を三ヶ月ぶりに拝むことが出来、満足な1日でした。
  
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月14日 (日)

C57180試運転(2021/3/12上り三川)

Dsc_1496x
 2021/03/12 三川→津川 三川駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 山間部に入ると残雪があり、三川の発車で雪を絡めて撮りたいと早めにここにきました。ここは思ったより残雪が少なかったですが、C57180は三川駅には停車せずよい煙で走り抜けました。

Dsc_1516x
 2021/03/12 三川→津川 三川駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1528x
 2021/03/12 三川→津川 三川駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1531x
 2021/03/12 三川→津川 三川駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1537x
 2021/03/12 三川→津川 三川駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_1547x
 2021/03/12 三川→津川 三川駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 3シーズン連続で四季を走りませんでしたから、今シーズンはクリトレまで無事に走って欲しいものです。

Dsc_1558x
 2021/03/12 三川→津川 三川駅通過 

 五十島追いかけ組も三川通過で間に合わなかったようで、10年間ではじめて三川駅発車(通過)を一人で撮りました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

C57180試運転(2021/3/12上り陣ケ峰トンネル)

Dsc_1385x_20210312200001
 2021/03/12 馬下→咲花 陣ケ峰トンネル飛び出し

 ドン曇りの空に懲りてここに来ました。今やキハ110系だと撮りたくなってしまいます。

Dsc_1409x
 2021/03/12 馬下→咲花 陣ケ峰トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ドレインはあまりありませんでしたが元気に飛び出してきました。

Dsc_1412x
 2021/03/12 馬下→咲花 陣ケ峰トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます

 この瞬間が幸せです。

Dsc_1423x
 2021/03/12 馬下→咲花 陣ケ峰トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます

 門鉄デフ、ヘッドマーク無しの醍醐味です。

Dsc_1431x
 2021/03/12 馬下→咲花 陣ケ峰トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます

 DE10はいりませんが...

Dsc_1459x
 2021/03/12 馬下→咲花 陣ケ峰トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます

 3年ぶりの春季運転が楽しみです。

Dsc_1472x
 2021/03/12 馬下→咲花 陣ケ峰トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます

 4月も門鉄デフなのでしょうか?

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (2)

2021年3月12日 (金)

C57180試運転(2021/3/12上り草水町・早出川)

Dsc_1286xx
 2021/03/12 東新津→新関 草水町 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 門鉄デフ、ヘッドマーク無しということでC57180の単機試運転に出撃しました。梅を撮りたかったのですが、沿線をロケハンしても線路際に紅梅はなく、咲き始めの白梅を入れてみました。40日ぶりの煙でしたが、なんせ空の色が悪くて...

Dsc_1298x
 2021/03/12 東新津→新関 草水町 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 DE10を連れてゆっくりと走ります。

Dsc_1335x
 2021/03/12 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 一時間近く待ってようやく早出川橋りょうにやってきました。

Dsc_1361x
 2021/03/12 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 雪解け水の激流ですが、やはりそらの色が...

Dsc_1371x_20210312170001
 2021/03/12 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 門鉄デフを空に抜く場所を選びましたが、連続の失敗のスタートでした...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その29)

0215-34x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6034 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D6034の単機回送です。昨日のD6032に比べてデフの点検窓があき、テンダーも新しく更に近代化バージョンです。この罐を見る限りは古武士というイメージはありません。D60もいろいろですね。更に久大線から来た罐はまた一味違います。

0215-35x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6034 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D6034は直方の罐で72年11月に廃車になっています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その28)

0215-10x_20210308145501
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6034 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D60の牽く一般貨物列車です。

0215-11x_20210308135001
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6034 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 昨日のD6022に比べると角が切れたデフ、開閉式の点検窓、曲線のステー、パイプ煙突、スマートな給水温め器と、だいぶ近代化バージョンのD6034です。D6034は直方の罐で72年11月に廃車になっています。

0215-12x
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D6034 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 貨車も新しいワム8です。

0215-36x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6034 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 逆光、苦しいアングルです...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その27)

0215-15x_20210308133901
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6022 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D60の牽くセラの筑豊本線を代表する石炭貨物列車です。

0215-16x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 D6022 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D6022は9984として製造された罐ですが、継ぎ足しのない化粧煙突、リベットだらけの給水温め器、点検窓はあるものの下部が開くタイプの古いデフと好ましいスタイルのD60でした。9900としての新製時はデフ無し、給水温め器の形状も違ったかと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月 9日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その26)

0215-5x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 客736 D6025 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 D51の牽く12系客車と離合してきたD60の牽く客車列車です。筑豊本線の魅力のひとつは蒸気機関車の牽く客車列車が多数あったことで、C55、C57に加えてD60、D51も牽いていました。筑前垣生駅に停車直前なので煙はないですが、D6025は筑豊本線のD60のなかでも最も好きな罐で、継ぎ足しですが化粧煙突、原形デフ、給水温め器の真鍮磨き出しが美しかったです。オハ35系の丸屋根の客車が似合います。

0215-6x
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 客736 D6025 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 リベットの並ぶテンダーが古武士らしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

 

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

北しなの線(2021/03/07川原踏切・黒姫国道オーバークロス)

 いよいよ湘南色5両編成も最後の1往復になりました。天気予報は結局はずれて、晴れマークはない1日となりましたが...

Dsc_1122x
 2021/03/07 古間→黒姫 川原踏切プチ俯瞰 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 プチ俯瞰に来ましたが、雪原のザラザラ感を撮りたくて下に降りました。黒姫山も再び雲がかかり、なんとか山頂が見えている霊仙寺山と雲越しの夕陽を入れて、あえて木越に撮ってみましたが、夕陽の当たる雪原が春近しという感じでよかったです。是非大画像でご覧ください。

Dsc_1175x
 2021/03/07 黒姫→古間 川原踏切

 新型電車はギラリを狙いましたが、夕陽がちょうど厚い雲に入ってしまいました...

Dsc_1191x
 2021/03/07 古間→黒姫 黒姫国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます

 日没と共に黒姫山にかかっていた雲が薄くなりました。

Dsc_1226_01x
 2021/03/07 古間→黒姫 黒姫国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夕陽は厚い雲の中沈みましたが、最後の湘南色5連が来る頃にちょうど僅かに茜色になりました。
 結局1日黒姫山は微笑んでくれませんでしたが、ちょっと寂しい北信の春らしいシーンになって満足でした。湘南色のS25編成40年間の長い間ご苦労さまでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

北しなの線(2021/03/07講和橋・国道オーバークロス)

Dsc_1024x
 2021/03/07 古間→黒姫 講和橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 一旦自宅に帰って昼食後再び出撃です。講和橋は順光でみなこちらを狙っています。

Dsc_1028x
 2021/03/07 古間→黒姫 講和橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 欲張って反対側で雲の上に頭を出す黒姫山を入れてみました。

Dsc_1055x
 2021/03/07 古間→黒姫 黒姫国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます

 お立ち台も昼に比べてだいぶ人が減ったので来てみました。新型電車です。

Dsc_1087x
 2021/03/07 黒姫→古間 黒姫国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます

 かつての信越本線を彷彿するシーンです。湘南色当時は6両編成だったでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ    

| | コメント (0)

北しなの線(2021/03/07信越大橋・戸草)

 今日は湘南色最後の5連運転で混雑が予想されましたが、朝一は曇りだったので霜取り列車はパスして昼からとなりました。

Dsc_0863x
 2021/03/07 黒姫→妙高高原 信越大橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 国道オーバークロスのお立ち台は山が見えないのに100人程いたので、蜜を避けて信越大橋に来ました。ここは雪も多くよい感じでした。
 
Dsc_0986x
 2021/03/07 古間→牟礼 戸草のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます

 戸草ではSカーブの先の築堤で撮ってみました。妙高の天辺だけ見えます。山が出るとお立ち台が...

Dsc_0996x
 2021/03/07 戸草

 戸草ではもう福寿草が咲いてました。今年の春は早いです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ    

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その25)

0215xx
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51918 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 夕方の16時過ぎに思わぬ下り列車がやってきました。慌てて撮っているので場所が悪いです。白煙も空に飛んでいます。
 罐は門司のD51918で、普段は門司の罐は筑豊本線に入らないのですが、臨時列車牽引です。

0215-2x_20210306200101
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51918 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 12系客車も新製直後でピカピカです。お客さんは乗っていないようなので、臨時急行天草52号の客車送り込みあたりでしょうか?天草52号は当時DD51牽引で冷水峠ではD60の後補機がついていたようですが、この列車も冷水峠で本務機D51、後補機D60が実現していたのでしょうか?

0215-3x
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 D51918 客736 D6025 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 ちょっと遠いですが、D60の牽く客車列車と離合です。冬の夕方の垣生公園も人影はありません。 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年3月 6日 (土)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その24)

0215-18x_20210305201101
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 客1735 C5752 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 筑豊本線の旅客列車といえばC55のイメージですが、この当時はC5552,57とC5752が共通運用になっていました。筑前垣生での撮影は何故かC5752が多かったです。他の路線ではC57は夢中になるのですが、ここはガッカリ感がありました。
 この時もDD51763さんに教えていただいたように飯塚まで天草の増結車を2両(スハフ42+ナハ11?)をつなげていました。

0215-19x_20210305201101
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→筑前植木 客1735 C5752 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この日はスハフ42には号車札は入ってますが、急行札は入っていません。

0215-22x_20210305201101
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 C5752 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この時は正面向きは撮りそびれています...

1016x_20210305201201
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 試8752 C5752 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 若松車両センターの貨車の試運転列車の試8752は年末年始のためか荷がなく単機でした。筑豊本線ではC55C57は旅客専門だったので単機は有り得ませんが、試8752の運用だけは有り得ました。

1016-11x_20210305201201
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 試8752 C5752 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この日も試8752は荷がなく単機でした。

1016-12x_20210305201201
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 試8752 C5752 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 C5752は71年7月に豊岡から若松に来た罐で、72年3月に休車になり、5月に廃車になっています。僅か半年間の筑豊本線のC57でした。

1016-31x_20210305201301
 1971/12 筑豊本線 筑前植木→筑前垣生 C5752 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 残念C57でしたが、今や懐かしい思い出です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (2)

2021年3月 5日 (金)

新SL現役時代のアーカイブ(筑豊本線その23)

0215-30x
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生 客1734 C5552 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 伊田線に行った日は午後から筑豊本線の筑前垣生に行ってます。直方から筑前垣生まで乗って来たのがこのC5552の牽く客1734です。貴重なC55の牽く客車列車に乗るなんて貴重だったのか、もったいなかったのか?!残念ながら罐がホームにかかっていますが発車です。

0215-31x
 1971/12 筑豊本線 筑前垣生→中間 客1734 C5552 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 遠賀川の橋りょうに向けて築堤を登ります。C55の牽く客車列車に乗れたことだけで幸せとしましょう。
 筑前垣生ではこの日の夕方と、別の日に一日撮っていますが、罐別に紹介します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

 

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

(特集)水鏡を撮る(河川編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 水鏡を撮る(河川編) 

Dsc_8952
 2017/5/21 猿和田→五泉 早出川橋りょう


 水鏡は線路際の田植え前後の水田が面白いですが、橋りょうが河川の水面に映る水鏡も楽しいものです。河川では水面がざわつくような風雨、あるいは流れがきつい日は条件が揃いません。逆にそんな中、水面に映る列車を撮れた時の喜びはひとしおです。磐越西線では阿賀野川をはじめ、支流の早出川、濁川あたりで狙うことができます。

〇阿賀野川

 阿賀野川での水鏡はダム付近の流れの緩い場所となり、小花地大橋、当麻橋りょう、大巻橋りょう、徳沢橋りょう、大谷川橋りょうあたりで狙うことができます。特に下りは夕陽の光線とあわせて水鏡が出来れば思わぬシーンになることがあります。

261
 2013/4/13 津川→三川 小花地大橋

412
 2013/9/29 日出谷→鹿瀬 当麻橋りょう

Dsc_7641x
 2020/12/6 日出谷→鹿瀬 当麻橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

155
 2013/9/21 日出谷→豊実 豊実トンネル先
 
Dsc_9967_01
 2016/11/5 豊実→徳沢 大巻橋りょう

Dsc_3901_01x
 2020/10/31 豊実→徳沢 大巻橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0705
 2017/6/18 徳沢→豊実 徳沢橋りょう

Dsc_6876_01
 2018/7/7 山都→荻野 大谷川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇濁川

 アカシアが茂って撮りにくいですがギラりと水鏡が撮れます。

Dsc_5635x
 2020/11/14 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇早出川

 早出川橋りょう下には堰があり、上流側は水の流れが緩やかで水鏡が楽しめます。

Dsc_2736_03
 2017/7/30 猿和田→五泉 早出川橋りょう

Dsc_5721
 2016/9/11 猿和田→五泉 早出川橋りょう

038
 2013/9/21 五泉→猿和田 早出川橋りょう

Dsc_3796_02x
 2020/10/31 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 所詮流れる川ですから水田のような完璧な水鏡になりませんが、それだけに思わぬ傑作が撮れるかもしれません?!

撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(直方機関区その2)

0215-10x
 1971/12 直方 69642 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 直方駅での9600シリーズです。まずは門デフの9600です。後ろにC57がいるのに撮ってません。はじめてこの遠征であった9600の虜になっていたようです。

 1016-7x_20210302161201
 1971/12 直方 79657 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 標準デフの9600が転車台に向かっています。

1016-6x_20210302161201
 1971/12 直方 79657 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 直方機関区の転車台はホームの近くにあって撮りやすかったです。

0215-11x
 1971/12 直方 49664 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 デフ無しの9600です。北海道の9600も個性がありますが、九州の9600も負けずにあって楽しいです。筑豊の罐はランボードに白線が入って締まって見えます。
 後ろのかわった形の建物はお寺の納骨堂でいまもあります。

0215-14x
 1971/12 直方 49664 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 跨線橋から見た9600です。構内にはセラもゴロゴロしてました。左奥にDLが見えますが、直方には早くから入換用のDD13が3両配置されていました。それだけ入換作業も多かった駅でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

新SL現役時代のアーカイブ(伊田線その7)

0215-27x
 1971/12 伊田線 中泉 39620 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 伊田線も最後になりました。帰りがけに国道200号線のオーバークロスから撮った中泉駅です。盛期には多くの炭鉱への支線があった中泉駅ですが、この時は既に多くの支線は廃止され、終焉の日は近づいていました。既出の枯れススキの場所もかつての貨物支線の跡地だったようです。複線の本線以外に多くの側線があった 広い構内ですが、現在も線路は撤去されていますが原っぱで残っています。

0215-28x
 1971/12 伊田線 中泉 39620 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 39620は35年にわたって直方で活躍した罐で、73年9月に直方最後の罐の1両として廃車になっています。九州の9600としては少数派の空気タンクがデフの下にあるタイプです。
 伊田線は田川線・後藤寺線と同じく74年末まで9600は残りましたが、72年春でC11の客車や9600の重連がなくなってしまい、再び訪れることはありませんでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ    

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(伊田線その6)

0215-20x
 1971/12 伊田線 直方→中泉 69642 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 門鉄デフの9600が単機で来ました。罐だけブレているので思わぬ速度で来たようです。

0215-21x
 1971/12 伊田線 直方→中泉 69642 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 テンダーのみ形式入りナンバープレートです。鈍足の9600も門鉄デフだと俊足のような雰囲気があります。

0215-25x
 1971/12 伊田線 中泉→直方 39601 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 点検窓付き標準デフ、キャブ下点検窓、化粧煙突延長、白線ランボードと標準的な九州の9600の39601は、30年間にわたり直方で活躍した罐で、73年6月に廃車になっています。

0215-26x
 1971/12 伊田線 中泉→直方 39601 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 珍しくワフがつながっていますが、ワフ22000でしょうか。この辺りではあの車掌さんにとっては極悪環境だったセムフが殆どでしたが、荷室が僅か2tのワフ22000は車掌室が広々としています。
 線路際の枯れススキは今も昔も一緒です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ    

 

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

我が家の餌台のリス

Dsc_0227x
 2021/02/28 我が家

 我が家の餌台に来ているリスは最近すっかり慣れてしまって、全く人間や猫を恐れなくなってしまいました。以前はペアで来て、片方が見張りをしてすごく臆病だったのですが...

Dsc_0586x
 2021/02/28 我が家

 とにかくヒマワリを食べるのに夢中で、窓越しに50cmに近寄ってもビクともしません。おかげで標準レンズで撮れるようになりました。

Dsc_0593x
 2021/02/28 我が家

 毎日30分近くも餌台にいて食べ終わると必ずお隣さんの木の枝で一休みします。尻尾がフサフサです。

Dsc_0571x
 2021/02/28 我が家

 我が家の猫ちゃんも威嚇して飛びついても知らんプリなので、以前のように執拗に追いかけたりしなくなりました。雪の上には食べ散らかしたヒマワリの種のカラと足跡がいっぱいです。
 今年も今のところ例年より積雪は少なく最高80cmぐらいでした。遅い年はGWまで雪の残る我が家ですが、今年の春は早いようですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(伊田線その5)

0215-22x
 1971/12 伊田線 中泉→直方 C11161+C11 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 随分窮屈な場所で撮っていますが、たぶん苅田から来たC11変則重連の客車列車です。田川線の油須原を越える列車はC11重連のこともあり、トンボの逆で頭同士をつけた重連が常のようでした。このような形の変則重連を撮ったのは私はこの時だけですが、その理由は?です。

0215-23x
 1971/12 伊田線 中泉→直方 C11161+C11 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 顔を突き合せたトンボの逆の重連も面白いです。

0215-24x
 1971/12 伊田線 中泉→直方 C11161+C11 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 真冬だというのにオハフ61のドアはみんな開けっ放しです。カーテン代わりの鎧戸も懐かしいです。こうして見ると客車の行先サボは結構つけていなかったのですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ    

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »