« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月30日 (水)

(特集)桜を撮る(会津上り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 桜を撮る(会津上り編)

Dsc_3287_01
 2016/4/17 尾登→荻野 荻野駅進入


 会津の桜は新潟よりも若干遅く開花します。端村、川吉あたりが一番遅いでしょうか。会津の上りのポイントです。

 上野尻あたりの最近の花つきはこんなところでしょうか?偶数年が良い気がします。

  2013年 ×
  2014年 ◎
  2016年 ◎
  2017年 〇
  2018年 〇
  2021年 ×

○徳沢駅通過

 徳沢駅構内はずれに桜があります。

○端村ゲートボール場

 端村には立派な桜があります。ここは煙、まわりの景色もよく人気の場所です。

Dsc_1345_01
 2014/4/26 

Dsc_1348_01
 2014/4/26 

〇上野尻ダム

 蟹沢橋りょうから踏切までの築堤は桜並木になっています。
  
Dsc_0162
 2018/4/21 

Dsc_4129x
 2017/4/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4731x
 2017/4/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

151
 2013/4/28 

〇上野尻駅通過

 上野尻駅構内には立派な桜があります。 

Dsc_2734x
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_5299_03
 2017/4/29

Dsc_5790
 2017/4/30 
 
〇明神前

 ここは下りの方が煙が出ますが、晴れると下りは逆光になってしまいます。 

Dsc_0788_02
 2018/4/22 
   

〇西会津中学

 西会津中学には校庭に桜があります。

Dsc_4740x
 2017/4/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1384
 2014/4/26 

〇尾登駅進入

 尾登駅手前には立派な桜があります。

Dsc_2759x
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_3897x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_4175x
 2017/4/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇愛宕山トンネル手前

Dsc_3255x
 2021/4/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇荻野駅進入

 荻野駅構内には八重桜が並んでいます。
 
Dsc_0212
 2018/4/21 クリックすると大画像で見ることが出来ます

172
 2014/4/29 

Dsc_5321
 2017/4/29 

Dsc_5822
 2017/4/30 
 
Dsc_0820_01
 2018/4/22  

〇一の戸橋りょう

 橋りょう付近はあちこちに桜があります。

Dsc_2787x
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_3933x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

182
 2014/4/29  

Dsc_4766x
 2017/4/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇川吉踏切

 踏切の手前と先に立派な桜があります。
  
Dsc_3306
 2016/4/17

Dsc_4203
 2017/4/22 

Dsc_1401
 2014/4/26 

Dsc_5352
 2017/4/29 
 
〇阿賀川橋りょう

 塩川駅先の阿賀川の土手には桜並木があります。
 
Dsc_3321 
 2016/4/17  

Dsc_3974x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4228_01
 2017/4/22 

 やはり桜も青空で撮りたいですね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月29日 (火)

(特集)桜を撮る(新潟上り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 桜を撮る(新潟上り編)

Dsc_2498x
 2021/4/3 新津→東新津 クリックすると大画像で見ることが出来ます 


 春の日本の景色=桜を連想する人も多いと思いますが、磐越西線の沿線にも多くの桜が植えられています。まずは新潟県の上りの人気ポイントから紹介します。新潟県側は比較的早く開花しますが八重桜は比較的遅くまで残ります。桜の開花時期、状況は毎年異なりますのでリアルタイムなチェックが必要です。 

〇新津市街
 
 新津市内では住宅地の中ですが沿線に桜の木があり、うまく撮れば家も隠せます。 

Dsc_9247_01
 2018/4/8 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇大関道踏切先
 
 付近の綺麗なお庭の家に八重桜があります。撮影場所は道路ですが許可を得て撮影です。

Dsc_3743x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
Dsc_0082_01
 2018/4/21 
   
〇馬下踏切

 馬下踏切と馬下駅の間にある1本桜です。この桜は開花前のつぼみの時が桜色で綺麗です。青空が欲しい場所ですね。この桜は左半分が伐採されています。

Dsc_0352_02
 2014/4/13

Dsc_0293
 2014/4/13 馬下踏切の一本桜のつぼみ

〇咲花駅発車

 2014年に病気の枝が伐採されましたので以前のような桜の中を走る姿はなくなりましたが、いずれ復活してくれることを願います。

Dsc_3186_01x
 2021/4/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます

050
 2013/4/20 

Dsc_2690x_20210629104101  
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4036_02
 2017/4/22

〇阿賀の里

 ここは八重桜が遅くまで咲いていたのですが、この八重桜は2014年からなくなりました。

054
 2013/4/28 
  
〇東下条駅進入

 ホームの端附近には綺麗な枝垂れ桜があります。

Dsc_3177
 2016/4/17 

Dsc_3774x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

 
Dsc_4632
 2017/4/23 

〇五十母川橋りょう遠景

 国道沿いの桜を入れて撮ることができます。

Dsc_1278
 2014/4/26 

〇三川駅進入

 御前橋りょうの先の土手に立派な桜があります。三川駅は進入も少し煙が出ることが多いです。
 
Dsc_0692_01
 2018/4/22 

〇小花地対岸

 阿賀野川沿いに桜が植えられています。
 
Dsc_3192_01
 2016/4/17 

Dsc_4660
 2017/4/23 

Dsc_1294
 2014/4/26  

〇京の瀬のカーブ

 枝垂桜があります。

Dsc_5735
 2017/4/30

Dsc_0122
 2018/4/21 

〇津川駅発車

 ここの桜はいつも長くもちます?!

Dsc_3213x
 2021/4/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
Dsc_3246_01
 2016/4/17  
 
Dsc_4701
 2017/4/23 

〇鹿瀬小学校

 小学校と線路の間には桜が植えられています。

Dsc_2716x
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます

061_24
 2013/4/27 

Dsc_5278_01
 2017/4/29 

115
 2014/4/29  

Dsc_5768_01
 2017/4/30 

Dsc_5777_05
 2017/4/30 

Dsc_6525_01
 2017/5/4  

〇日出谷駅進入

 駅構内に桜があります。

Dsc_4068
 2017/4/22 

〇豊実のSカーブ

 八重桜の並木があります。沿線で一番最後に咲く桜のひとつです。

Dsc_3826x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます     
 
Dsc_0760_3
 2018/4/22 クリックすると大画面でみることができます 

〇豊実駅通過

 枝垂れ桜があります。

Dsc_4081
 2017/4/22 

Dsc_4096
 2017/4/22 

 新津付近では4月のファーストランから楽しめることもあります。

撮影ガイドトップへ 
 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (2)

2021年6月28日 (月)

SL現役時代の線区別アーカイブ(深名線)

戻る

01-22xxx
 1972/12 深名線 蕗ノ台→湖畔 79642 クリックすると大画像で見ることが出来ます

1)線区  深名線

2)無煙化 1975年4月

3)罐   名寄 9600

4)列車  臨時貨物が1往復設定されていたが、冬季は名寄―朱鞠内でDCにかわり9600の牽く混合列車が運転されていた。
      客車はダルマストーブのスハニ62であった。  

5)撮影  蕗ノ台―湖畔 1972年12月

0525-9xxx
 1972/12 深名線 蕗ノ台→湖畔 79642 クリックすると大画像で見ることが出来ます

6)コメント

 北海道では9600の牽く客車列車は皆無で貴重な列車であったが、交通の便も悪く1度しか訪れなかったのが悔やまれます。
 豪雪地帯で湖畔駅降車の為ドアを開けると、ホームは除雪されておらず窓より高く雪の壁があるだけでした。線路以外に歩ける場所はなく、途中DD14のロータリ除雪車が来て逃げるのが大変でした...
 素晴らしい雪景色の中、9600+スハニ+ワフというミニマムの混合列車は来ました。現役時代の中でも忘れえぬシーンです。

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (1)

2021年6月27日 (日)

(特集)水鏡を撮る(水田編)(2021年版)

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 水鏡を撮る(水田編)
 
Dsc_0419
 2014/5/18 新関→東新津 新関駅先


 水田の水鏡の条件は当然線路際に水田があることで、沿線では新潟の新関~馬下、会津の舘の原、喜多方~会津若松と両端の田園地帯が中心になります。線路と水田の間に道があると離れてしまうので意外にポイントは限られます。
 田植え前の四月下旬から田植え後苗が大きくなる6月上旬ぐらいの間が水鏡のシーズンですが、風があったり、水田の水が少なかったすることもあり、チャンスはそんなにありません。やはり煙が大きく写る姿を撮りたいもので夕陽やギラリの条件が揃って成功した時の感動はひとしおです。また列車だけでなく夕陽の水鏡も旅情を誘います。

〇能代川橋りょう~新関駅

 新関駅手前には線路の脇に水田があり、特に下りは太陽を入れたシルエットの水鏡が実現する貴重な場所です。(線路際の田んぼは3年に一度しか水田になりません。次は2024年?) 

Dsc_6467_01
 2017/5/4 東新津→新関 大関道踏切先 
 
Dsc_6154x
 2021/5/8 東新津→新関 大関道踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます  
 
Dsc_9001_04
 2017/5/21 新関→東新津 新関駅先

025_2
 2015/5/24 東新津→新関 新関進入

Dsc_9638_02
 2017/5/28 新関→東新津 新関駅先

Dsc_6165
 2015/5/31 新関→東新津 新関駅先

Dsc_6182
 2015/5/31 新関→東新津 新関駅先

Dsc_4678_04
 2018/6/2 新関→東新津 新関駅先

〇新関駅~北五泉駅
 
 第二中野踏切付近は線路の際まで水田があり、完璧な水鏡が期待できます。難点は上下ともに煙が...

Dsc_2781_02
 2018/5/6 北五泉→新関 第二中野踏切

028
 2013/5/18 新関→北五泉 第二中野踏切

013
 2013/5/18 新関→北五泉 第二中野踏切

Dsc_3997_01
 2018/5/20 北五泉→新関 第二中野踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇猿和田国道オーバークロス~馬下駅
 
 馬下踏切付近は上下共に煙が望め、特に下りはギラリ側、シルエット側共に大人気の場所です。

599
 2015/4/29 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_5577_01
 2017/4/29 馬下→猿和田 馬下踏切

443_01
 2015/5/2 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_6325_01
 2017/5/3 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_2124_03
 2018/5/4 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_5881x_20210521142901
 2021/5/4 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます

431
 2013/5/12 馬下→猿和田 馬下踏切

465
 2013/5/12 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_5300
 2016/5/21 猿和田→馬下 小山田踏切

Dsc_5009_03
 2015/5/24 馬下→猿和田 馬下踏切

080
 2013/5/26 猿和田→馬下 猿和田の田園

Dsc_6576
 2016/5/28 馬下→猿和田 馬下俯瞰

Dsc_9567
 2017/5/28 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_7187x
 2021/5/30 猿和田→馬下 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7756_01x
 2021/5/30 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

424
 2014/5/31 馬下→猿和田 馬下踏切

457_01
 2013/6/2 馬下→猿和田 馬下踏切

Dsc_4584
 2018/6/2 馬下→猿和田 馬下踏切

〇豊実
 
 豊実駅付近に僅かにある水田では八重桜の水鏡を狙うことが出来ます。

Dsc_1352_02
 2018/4/29 豊実→日出谷 豊実のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇舘の原

 隠れ里的な舘原は林に囲まれているので多少風のある日にも水鏡が狙えます。

Dsc_0025_10003
 2012/5/19 山都→荻野 舘原踏切

Dsc_5440_01
 2016/5/21 荻野→山都 舘原踏切

Dsc_5548
 2016/5/21 山都→荻野 舘原踏切
 
〇喜多方~会津若松
 
  電化区間は線路の脇の水田が続き、水鏡が狙いやすい区間です。あとは磐梯山や煙と組み合わせられる場所をということになります。

226
 2014/5/31 姥堂→会津豊川 姥堂

435_01
 2015/5/24 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

516_03
 2015/5/30 会津若松→堂島 十文字

281
 2013/6/2 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

Dsc_4346
 2018/6/2 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_8222x
 2021/6/12 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

 風があって水面が乱れていたのに、本番直前にピタリと風がやんで素晴らしい水鏡が出来た時など、感動もひとしおです! 

撮影ガイドトップへ 
 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

 

| | コメント (0)

2021年6月26日 (土)

新SL現役時代のアーカイブ(追分機関区その8)

0117-2_20201008164801
 1976/2 追分機関区 79602 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 ネガの状態が非常に悪いですがカラー写真もありました。79602の特徴である門鉄デフを切詰めたデフとキャブ下の切り取りがよくわかります。 

0117-4_20201008164801
 1976/2 追分機関区 79602 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 最後の現役蒸気撮影の日です。そして日帰りでしたけど唯一亡き親父と一緒に行った撮影の旅でした。

0117_20201008164801
 1976/2 追分機関区 79602 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 雪と蒸気機関車と煙は本当に絵になります。

0117-7_20201008164801
 1976/2 追分機関区 79602 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 操車場の信号場にも入れていただきました。私もこれが最初で最後です。 

0117-8_20201008164801
 1976/2 追分機関区 79602 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 ポイントの切り替えも力が要ります。 

0117-9_20201008164801
 1976/2 追分機関区 79602 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 信号場からは眺めが良いです。ダルマストーブで暖をとります。蒸気機関車最後の日まであと一月です。 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2021年6月25日 (金)

(特集)キショウブを撮る(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド キショウブを撮る 

Dsc_8125_01x  
 2021/6/12 上野尻→野沢 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   


 5月末から6月末にかけて沿線ではキショウブの花が咲きます。線路際にはあまりないですが、湿地が好きなので探せば築堤の下とかにひっそりと咲いてます。
 キショウブも外来種で、在来種との競合で分布拡大が危惧されていますが、黄色い花は暗い夕方でも絵になるので被写体としては貴重です?!

〇丸新道踏切

 街道から見えないので気が付きにくいですが住宅街にキショウブが咲きます。

Dsc_7159x
 2021/5/30 新津→東新津 丸新道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇大関道踏切

 野生化しているキショウブが数株あります。築堤の下にあるので見上げるような角度になりますが、うまく撮れば下りはギラリになるのでいつか撮ってみたいです。
 
Dsc_3807_01
 2018/5/19 新関→東新津 大関道踏切

Dsc_9047
 2017/5/28 新関→東新津 大関道踏切

Dsc_9076_01_2
 2017/5/28 東新津→新関 大関道踏切

Dsc_9826_01
 2017/6/4 新関→東新津 大関道踏切

〇細田新田踏切先

 沿線一のキショウブの群生が線路の両側にあります。

Dsc_7653x
 2021/5/30 野沢→上野尻 細田新田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4240
 2018/6/2 上野尻→野沢 細田新田踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_7962
 2017/6/11 上野尻→野沢 細田新田踏切先

Dsc_9959
 2017/6/17 上野尻→野沢 細田新田踏切先

〇芹沼

 線路から程よく離れた水田の隅にキショウブが咲いてます。

Dsc_8405_03x
 2021/6/12 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_1200
 2017/6/25 上野尻→野沢 芹沼
  
 キショウブの花の色は罐に似合いますね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

(特集)ばんえつ物語の四季(春の雪山)(2021年版)

撮影ガイドトップへ  

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ばんえつ物語の四季(春の雪山)

Dsc_2542_01
 2016/4/3 猿和田→五泉 早出川橋りょう手前の築堤


 4月になると沿線の雪もなくなり、草木も芽吹きはじめ春本番を迎えますが、山々にはまだ残雪が残ります。もちろん飯豊山と磐梯山は見ごたえがありますが、名もなき山も春先の残雪がある時期は絵になります。この時期はなかなか青空の日はありませんが、春の残雪の山々の景色は冬の雪景色とまた違った素晴らしさがあります。
  
〇上り

Dsc_1361x
 2021/03/12 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2451_02
 2017/4/2 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう正面

Dsc_1784x_20210319143201
 2021/3/19 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0299_2
 2012/4/7 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ

Dsc_0284_2
 2012/4/1 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ

Dsc_8367_01
 2018/4/1 鹿瀬→日出谷 日出谷のカーブ 

Dsc_1272
 2017/3/17 日出谷→豊実 実川島踏切

Dsc_1423_01
 2017/3/17 尾登→荻野 利田踏切手前

〇下り

Dsc_1919
 2017/4/1 姥堂→会津豊川 姥堂

Dsc_2824x
 2021/4/3 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_2679
 2017/4/2 喜多方→山都 松野踏切

Dsc_2706
 2017/4/2 喜多方→山都 松野踏切

Dsc_1996
 2017/4/1 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス

Dsc_7808
 2018/3/31 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう 

Dsc_9567
 2014/4/6 三川→五十島 三川駅発車

Dsc_8978
 2018/4/1 三川→五十島 五十島橋りょう先

Dsc_2965_02x
 2021/4/3 三川→五十島 五十母川橋りょう先 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
   
Dsc_3639_01
 2017/4/9 新関→東新津 大関道踏切

 雪山は旅情を誘いますね!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (1)

2021年6月23日 (水)

SL現役時代の線区別アーカイブ(天北線)

戻る

0525-4_20190625181901
 1975/3  29675 貨1792  

1)線区  天北線(音威子府ー南稚内)

2)無煙化 1975年4月

3)罐 

  稚内 9600 音威子府ー稚内

  名寄 9600 音威子府ー浜頓別

4)列車  稚内の罐による全区間の1往復の貨物列車と、名寄の罐による興浜北線に入る音威子府から浜頓別間の貨物列車が1往復ありました。  

5)撮影  

(1)曲淵―小石  1975年3月

0525-2_20190625181901
 1975/3 天北線  29675 貨1792 

6)コメント

 150kmの全線を八時間以上かけて貨物列車は走っていました。素晴らしい景色の場所も多かったと思いますが、1日1往復で足の便も悪く、75年の春無煙化直前に訪れたのみとなりました。曲淵―小石はサミットがあり25‰もありましたが、17.7kmという当時の最長駅間距離の区間でした。

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (2)

2021年6月22日 (火)

(特集)ヤマニンジンを撮る(下り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ヤマニンジンを撮る(下り編)

Dsc_6699x
 2021/5/8 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   


 俗称「ヤマニンジン」、正式名「シャク」はセリ科の多年草で湿気のある山地に群生します。沿線でも水路の近くとかによく生えています。
 ヤマニンジンの生息地は上りの爆煙ポイントと重なるので、下りは煙はあまり期待できません...

◎山都のSカーブ付近
 
山都のSカーブから大谷川橋りょう、国体踏切にかけては線路際に沢山咲いてます。ここは煙は出ます。  

Dsc_6477_01x
 2021/5/8 山都→荻野 大谷川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

Dsc_9404_01
 2017/5/28 山都→荻野 山都Sカーブ手前 
 
Dsc_3649_01

 2018/5/19 山都→荻野 国体踏切上 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

◎利田
 
 利田踏切から滝の下踏切の間には線路際に沢山咲きます。サイドは引けない場所です。利田川橋りょう付近からは爆煙の時もあります。 
 
Dsc_3071
 2018/5/13 荻野→尾登 清水利田
 

Dsc_3106_01
 2018/5/13 荻野→尾登 清水利田
 

Dsc_3111
 2018/5/13 荻野→尾登 清水利田
 
Dsc_5019_01

 2016/5/15 荻野→尾登 滝ノ下踏切

Dsc_5053
 2016/5/15 荻野→尾登 滝ノ下踏切

◎新渡
 
 向沢橋りょうの斜面に咲きます。 

Dsc_3699
 2016/4/29 徳沢→豊実 向沢橋りょう

Dsc_6689
 2017/5/4 徳沢→豊実 向沢橋りょう
 

◎鹿瀬
 
 付近はあまりありませんが、鹿瀬駅先に少しあります。この先爆煙になるのですが...

Dsc_3179
 2018/5/13 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過
 
Dsc_3187_01

 2018/5/13 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過
 

◎阿賀の里対岸
 
 釣浜トンネルから松ケ平トンネル先まで咲いてます。煙は期待できません。

Dsc_3773_01
 2018/5/19 東下条→咲花 釣浜トンネル飛出し 

◎早出川橋りょう
 
 この時期夕陽狙いになりますが、早出川橋りょうのバックのシーンは哀愁があります。

Dsc_3775_04
 2016/4/29 猿和田→五泉 早出川橋りょう  

Dsc_6732x
 2021/5/8 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_3303_01
 2018/5/13 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
Dsc_3309_01

 2018/5/13 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_7558_01
 2017/5/14 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

 上りには順光や煙では負けますので、薄暗い寂しめのシーンや夕陽を狙うとよいかもしれません。
 
撮影ガイドトップへ
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月21日 (月)

(特集)ヤマニンジンを撮る(上り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ヤマニンジンを撮る(上り編)

Dsc_3446_01
 2018/5/19 咲花→東下条 松ケ平トンネル飛出し クリックすると大画像で見ることができます


 俗称「ヤマニンジン」、正式名「シャク」はセリ科の多年草で湿気のある山地に群生します。沿線でも水路の近くとかによく生えています。ちょっと暗くても白く目立ちますから、晴れよりもシトシト雨くらいの方が絵になります。
 私にとっては何故かこれで撮ると煙が出るというラッキーな花です。桜も終わってあまり花のない5月にひっそりと咲き、煙を呼ぶ?「ヤマニンジン」捨てたもんじゃないですよ!

◎早出川橋りょう
 
 河川敷には沿線で一番にヤマニンジンが咲きます。

Dsc_1690_01
 2018/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう 

Dsc_1695
 2018/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
   
Dsc_1705
 2018/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう 
 
Dsc_1725
 2018/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう   

Dsc_5344x
 2021/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5347x_20210504142401
 2021/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます    

◎馬下駅付近

 小栗山踏切付近には線路際にヤマニンジンが咲きます。

Dsc_6253_01x
 2021/5/8 猿和田→馬下 小栗山踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

◎松ケ平トンネル付近

 阿賀の里の対岸のこのあたりはうっそうとした森が続き、線路際にヤマニンジンが咲きます。

Dsc_2873_2
 2018/5/13 咲花→東下条 松ケ平トンネル入口

Dsc_2883
 2018/5/13 咲花→東下条 松ケ平トンネル入口 
   

Dsc_2888_01
 2018/5/13 咲花→東下条 松ケ平トンネル入口 
   

Dsc_3400
 2018/5/19 咲花→東下条 松ケ平トンネル飛出し
  
Dsc_3429_01
 2018/5/19 咲花→東下条 松ケ平トンネル飛出し クリックすると大画像で見ることができます

◎鹿瀬駅付近

 この付近は僅かにヤマニンジンがあります。爆煙地帯なので貴重です。

Dsc_2925
 2018/5/13 津川→鹿瀬 赤堀橋りょう
   

Dsc_2932
 2018/5/13 津川→鹿瀬 赤堀橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
   

◎利田
 
 滝の下踏切から利田踏切の間の爆煙区間にはあちこちにヤマニンジンがあります。沿線で一番多い場所です。 

Dsc_2970
 2018/5/13 尾登→荻野 清水利田
 
Dsc_2973
 2018/5/13 尾登→荻野 清水利田
   

Dsc_2979
 2018/5/13 尾登→荻野 清水利田
   

Dsc_0182
 2014/5/18 尾登→荻野 清水利田
 

Dsc_0200
 2014/5/18 尾登→荻野 清水利田 

Dsc_3535
 2018/5/19 尾登→荻野 清水利田 

Dsc_3550_02
 2018/5/19 尾登→荻野 清水利田 
 
Dsc_3555_01
 2018/5/19 尾登→荻野 清水利田 
◎川吉
 
 川吉踏切付近には群生しています。

Dsc_6390x
 2021/5/8 山都→喜多方 川吉踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_6395x
 2021/5/8 山都→喜多方 川吉踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます    

Dsc_3012
 2018/5/13 山都→喜多方 川吉踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_3570_01
 2018/5/19 山都→喜多方 川吉踏切先 クリックすると大画像で見ることができます
 
 上りは爆煙ポイントとヤマニンジン群生地がかぶるので、撮り甲斐がありますね!

撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

ばんえつ物語(2021/6/12下り馬下・新関)

Dsc_8462x
 2021/6/12 猿和田→馬下   

 この日も万全を喫して鹿瀬から馬下に直行しました。東下条までは夕陽の状況がわからないのですが、平野に出てもまだ夕陽は厚い雲の中でした。しかし雲の下は開いていそうなのでギラり狙いです。まずは馬下交換のDCですが、なんとか水鏡も写りOKです。しかしこの後の10分で夕陽が雲に入ったことが2度続いているので...

Dsc_8476_01x
 2021/6/12 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 春に比べ高温で煙も薄く、夕陽もまだ高く、稲も伸びて水鏡もまともに写りませんでしたが、今年馬下ではじめてなんとかギラリが撮れました。 

Dsc_8480_01x   
 2021/6/12 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 決して及第点ではないですが、とにかくギラりが撮れて満足でした。馬下踏切では田植えが遅かった水田で水鏡も撮れたようです。

Dsc_8550x
 2021/6/12 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 いつものように新関に急ぎましたが、この日はいつもと逆で途中で夕陽は再び雲の中に入り、茜色が映る雲で撮ってみました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

ばんえつ物語(2021/6/12下り芹沼・鹿瀬)

Dsc_8405_03x
 2021/6/12 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 芹沼では上りでも撮ったキショウブで撮ってみました。

Dsc_8411_01x
 2021/6/12 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ここはどうしても青屋根の映り込みが発生してしまいます...

Dsc_8438x
 2021/6/12 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 鹿瀬駅付近も花は無く、鹿瀬駅の先津川駅方面は土砂崩れで通行止めでここで撮りましたが煙が...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

ばんえつ物語(2021/6/12下り姥堂・尾登)

Dsc_8317x
 2021/6/12 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 下りのスタートは稲は大きくなったもののなんとか水鏡が撮れないかと姥堂に来ましたが、既に田んぼの水は減っていました。
 まずは稲の目で撮りました。

Dsc_8327x
 2021/6/12 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 夕陽は雲がかかっていたのでギラリは僅かですした。

Dsc_8351x_20210617221301
 2021/6/12 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 罐が浮いているように見える姥堂は何度撮っても好きな場所です。

Dsc_8371x
 2021/6/12 尾登→野沢 尾登駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 尾登付近はジャガイモの花しかなくウロウロしていると中学のT先輩にお会いし、ご一緒させていただきました。毎回同じ場所での順光の編成写真一本の先輩には頭が下がります。しかも列車移動で連写無しの1日2ショットです。残念ながら本番直前に太陽は陰ってしまいましたが...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月17日 (木)

ばんえつ物語(2021/6/12上り荻野・舞台田・堂島)

Dsc_8148x
 2021/6/12 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 この区間は花も無く荻野駅手前で流してみました。

Dsc_8168x
 2021/6/12 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 広角の流しも面白かったですが道が入ってしまいました...

Dsc_8189_01x
 2021/6/12 山都→喜多方 舞台田第一踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 舞台田のタチアオイと思って来ましたが、まだ咲き始めで、しかも31℃の暑さで煙も...

Dsc_8222x
 2021/6/12 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 電化区間は磐梯山を入れて水鏡を狙いましたが、暑さで煙もバテ気味で...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月16日 (水)

SL現役時代の線区別アーカイブ(興浜北線)

 既出の写真になりますが、線区別の撮影記録をまとめてみたいと思います。

戻る

Untitled-12xxx
  1975/3 興浜北線 目梨泊→問牧 39628 クリックすると大画像で見ることが出来ます

1)線区  興浜北線(浜頓別ー北見枝幸)

2)無煙化 1975年4月

3)罐   名寄 9600

4)列車  1往復の貨物列車が設定されていたが、盲腸線にしては枝幸の海産物の貨物が結構ありました。  

5)撮影  

(1)目梨泊問―問牧 1975年3月

0525_20190624205001
  1975/3 興浜北線 目梨泊→問牧 39628

6)コメント

 目梨泊付近の神威岬、目梨泊岬を入れて海が撮れるポイントは貴重でした。1往復の貨物のためなかなか行けなかったですが、無煙化直前に訪れることが出来ました。

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

ばんえつ物語(2021/6/12上り深戸・芹沼)

Dsc_8074x
 2021/6/12 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 深戸では紫色の花が咲いていたので撮ってみました。

Dsc_8101x
 2021/6/12 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 青空バックで気持ち良いシーンになりました。

Dsc_8125_01x  
 2021/6/12 上野尻→野沢 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 先々週はまだ咲いてなかった芹沼のキショウブがまだなんとか咲いてました。

Dsc_8129x
 2021/6/12 上野尻→野沢 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ここも青空バックの高原のイメージで撮ることが出来ました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

ばんえつ物語(2021/6/12上り新関・五十島)

Dsc_7895x
 2021/6/12 東新津→新関 新関駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 新津から馬下までロケハンしましたが、アジサイはまだ開花した程度で、ここのタチアオイで撮ることにしました。タチアオイは下から順番に花が咲くのでまだ撮りにくいですが、青空になってきたので見上げるように撮ってみました。高圧線の鉄塔が3本あるのですが、タチアオイの株と煙で隠れてくれました。

Dsc_7910x
 2021/6/12 東新津→新関 新関駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 こちらは鉄塔をあわせそびれました...煙が棚引いて長閑な初夏のシーンになりました。

Dsc_8039x
 2021/6/12 五十島→三川 五十島駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 五十島では黄色い花のオオキンケイギクで撮りましたが、よい煙が高く上がったのに構図的に入れることができませんでした...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

ばんえつ物語(2021/6/12下り速報版)

 春(4~5月)馬下の夕陽は全滅でしたが6月になると...


今日の1枚 

Dsc_8480_01x   
 2021/6/12 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 馬下に着くと厚い雲の下から夕陽が顔を出しました。春に比べ高温で煙も薄く、夕陽もまだ高く、稲も伸びて水鏡もまともに写りませんでしたが、なんとかギラリが撮れて満足です。


Dsc_8317x
Dsc_8371x
Dsc_8411_01x
Dsc_8438x
Dsc_8476_01x
Dsc_8550x
 今日は春とは逆に馬下を過ぎて10分程で夕陽は雲に隠れました。締めの新関では残念ながら厚い雲の下でした。ということで馬下の夕陽は本当にラッキーでした。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

ばんえつ物語(2021/6/12上り速報版)

 6月はじめての出撃です。会津盆地は31℃の暑さになりましたが、夏の花は...


今日の1枚 

Dsc_8125_01x  
 2021/6/12 上野尻→野沢 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 先々週はまだ咲いてなかった芹沼のキショウブがまだなんとか咲いてました。青空バックで気持ち良いシーンとなりました。


Dsc_7895x
Dsc_8039x
Dsc_8074x
Dsc_8168x
Dsc_8189_01x
Dsc_8222x
 会津に入って暑さの為か煙がバテ気味でしたが、夏の花の季節のスタートでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その40)

0625-12x_20210610092701
 1971/12 日豊本線 宮崎駅 C57196 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 現役時代の最後のネガとなりました。日向沓掛での撮影を終えて宮崎駅に戻り、貨物列車を牽いて待機するC57196です。この後は高千穂52号に名古屋まで乗り、三重の祖母の家に寄りました。
 はじめての日豊本線では特にC57四次形の活躍のシーンを撮ることが出来、すっかりC57、蒸気機関車の魅力にとり付かれた中学1年生でした。

 新SL現役時代のアーカイブは多くの方に参照していただき、誠にありがとうございます。懐かしいシーンを見つけていただければ幸いです。ネガはこれで終了になりますが、ネガ喪失の写真が数枚あり順次アップしたいと思います。また既出の写真になりますが、線区別、形式別の特集をはじめたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 
 

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

(特集)藤の花を撮る(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 藤の花を撮る 

Dsc_6641x
 2021/5/8 三川→五十島 五十島駅進入 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます   


 5月初旬から中旬にかけては、沿線には多くの藤の花が咲きます。しかし藤の花は高い場所で咲くことが多く、意外と列車とのコラボの撮影は難しいです。また見た目より写真にすると新緑に負けて藤色が目立たないこともあります。
 2021年はドカ雪で折れた藤が地面近くで開花しているものがあり貴重なシーンが撮れました。

〇原川橋りょうから川吉

 シーズンには前夜からの置き三脚も立つこともあります。橋りょうが高いのでちょうど藤の花と同じ高さになって撮りやすいです。桐と藤の花の競演も見られます。川吉のSカーブ付近にも立派な藤の花があります。

Dsc_9295_01_2
 2017/5/28 山都→喜多方 

372
 2013/5/26 喜多方→山都

Dsc_9376_01
 2017/5/28 喜多方→山都  
 
Dsc_3035
 2018/5/13 喜多方→山都 川吉のSカーブ下

〇松野踏切

 山のような藤の花が咲きます。

392
 2013/5/18 喜多方→山都

〇利田

 あちこちにありますが撮りにくいです。

Dsc_6348x
 2021/5/8 尾登→荻野 清水利田 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

〇小玉川橋りょう先

 低い位置に花が咲くので撮りやすいです。

Dsc_0169
 2014/5/18 上野尻→野沢 小玉川橋りょう先 

Dsc_9240_01
 2017/5/28 上野尻→野沢  

Dsc_9434_01
 2017/5/28 野沢→上野尻  

〇鹿瀬駅付近

 この辺りには多くの藤が咲きますがなかなか撮りにくいです。

Dsc_6323_01x
 2021/5/8 津川→鹿瀬 赤堀橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_6324x
 2021/5/8 津川→鹿瀬 赤堀橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7406
 2017/5/14 鹿瀬→津川

〇五十島

 お立ち台横のおじさんちには藤の花があります。手入れされているのでやはり美しいです。

Dsc_2381
 2018/5/6 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2740
 2018/5/6 三川→五十島 五十島駅進入 許可を得て撮影

Dsc_6282_01x
 2021/5/8 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 青空バックで藤の花の色を出すのはなかなか難しいです。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 
 

| | コメント (0)

2021年6月10日 (木)

ばんえつ物語(2021/5/30下り新関)

Dsc_7788x
 2021/5/30 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 馬下での夕陽の雲隠れのリベンジをするために新関に急ぎました。西の空は雲一つなく強烈な夕陽がさしてました。ここではあまりギラリを撮ったことがないのでギラリのポイントが分からず流してみたら、結果的に満足なシーンになりました。架線注意の札がやけに輝いています。

Dsc_7790x
 2021/5/30 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 煙まで染まる強烈な夕陽は感動ものでした。晴天日陰で着色したものではありませんよ?!
 春の陣、結局馬下の夕陽は1日も微笑んでくれませんでしたが、最後に有終の美を飾りました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 
 

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

ばんえつ物語(2021/5/30下り馬下)

Dsc_7687x
 2021/5/30 馬下→猿和田 

 馬下は夕陽のギラり+水鏡狙いです。本番40分前の下りDCです。まだ稲が小さいので水鏡もできます。 雲はありますが、西の空は晴れ間が広がってきています。

Dsc_7706x
 2021/5/30 猿和田→馬下 

 馬下交換のDCです。西の空には雲がなくなりギラりいけそうです。

Dsc_7717_20210608090901
 2021/5/30  

 本番10分前、西の空には雲はないのですが、近くに小さな雲が流れてきてちょうど夕陽に....

Dsc_7749x
 2021/5/30 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 本番時は夕陽はなくなりました...

Dsc_7756_01x
 2021/5/30 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 しかも煙も消えて...

Dsc_7766x
 2021/5/30 馬下→猿和田 

 水鏡だけが虚しく...この春の馬下のギラリは尽く振られました。しかしこれでは諦めきれません...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

ばんえつ物語(2021/5/30下り山都・上野尻)

Dsc_7634x
 2021/5/30 山都→荻野 山都のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 この区間は季節物は少ないのでお立ち台で撮ります。

Dsc_7653x
 2021/5/30 野沢→上野尻 細田新田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 細田新田踏切近くのキショウブの群生です。上りは沢山の撮影者がいましたが、下りはゆっくり撮れました。

Dsc_7654x
 2021/5/30 野沢→上野尻 細田新田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 直前で煙が薄くなったのが残念ですが、見ごたえのある花です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

 

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

ばんえつ物語(2021/5/30下り山都)

Dsc_7530x
 2021/5/30 山都→喜多方 第二水路橋 

 下りのスタートは会津盆地をロケハンしましたが、風が強く水鏡は駄目で花もなく、久しぶりに懐かしい小布瀬原の田んぼを上から撮れる第二水路橋に来ました。 しかしここも踏切センサーが出来、田んぼも防草シートが張ってありました。

Dsc_7548
 2021/5/30 喜多方→山都 第二水路橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ここは上りはバクバクの場所ですが、何故か下りも煙が出ることが多いです。 

Dsc_7584_01
 2021/5/30 喜多方→山都 第二水路橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 センサーを列車で隠しました。ここの長閑な田園の風景が好きです。

Dsc_7602_01x
 2021/5/30 喜多方→山都 第二水路橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 手前は晴れた日は罐が陰になっしまって駄目です...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

 

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

ばんえつ物語(2021/5/30上り芹沼・舘原・川吉・会津若松)

Dsc_7360x
 2021/5/30 上野尻→野沢 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 芹沼にはキショウブを狙ってきましたが、草の中に僅かに一輪咲いているのみで上野尻にいけばよかったです。黄色い花を入れようとしたら煙も切れてしまい...

Dsc_7385x
 2021/5/30 荻野→山都 舘原 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 舘原では田んぼの水鏡を狙いましたが、ビューと風が吹きアウトです...

Dsc_7432x
 2021/5/4 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 失敗が続き意気消沈ですが、こんな時は自分の好きな場所でと、季節感はありませんがここに来ました。

Dsc_7439x
 2021/5/4 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ちょっと煙が流れましたが、満足なシーンでした。

Dsc_7445x
 2021/5/4 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 やはり自分の好きな場所で撮ると気持ち良いです。

Dsc_7488x
 2021/5/4 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 締めの電化区間は除虫菊(マーガレット?)とショウブです。

 今日5日も馬下の夕陽は雲の中だったそうです。通り過ぎてから夕陽が出てくるのは毎度ですね?!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月 5日 (土)

我が家でアカショウビン鳴く

 雨上がりの朝、我が家の庭の森ではアカショウビンが鳴いてました。残念ながら写真には納められませんでしたが、影は確認しました。アカショウビンは沖縄では何回か見ましたが、他で姿を見たのは40数年前のサロベツと広瀬川だけです。まさか我が家に現れるとは思いませんでしたが、近くで繁殖すれば写真に納める機会もあると思います。

Dsc_7800x
 2021/6/5 我が家 ノジコ

 アカショウビンとともに我が家の森で鳴く鳥はノジコです。この鳥もかつては何十年前に裏磐梯で見ただけでしたが、まさか我が家の庭で一番鳴く鳥になるとは夢にも思いませんでした。

Dsc_7803x
 2021/6/5 我が家 ノジコ

 アオジに比べて目の周りが広く口元の黒い部分が少ないです。

Dsc_7806x
 2021/6/5 我が家 ノジコ

 元気に胸を張って鳴いています。

 さて、一昨日のオシドリ騒動の後、付近を探しましたがオシドリ親子は影もありません。巣箱を覗くと卵が3つ残っており、9羽巣立ったので計12個と標準的なオシドリの卵の数になります。3つの卵のうち2つは卵の一部が割れ嘴のようなものが見えましたが、息絶えていました。孵化の時に殻を破って出てくる元気がなく、息絶えたのだと思われます。悲しい気分になりました。一方孵化した9羽の卵の殻は残っておらず、お母さんが食べたと思われます。一昨年は卵はみな割れて残ってましたが、昨年は腐った殻が1つだけ残っており、孵化に失敗したかと思ってましたが、たぶん気が付かないうちに孵化して巣立ったのだと思いました。3年連続のオシドリの巣箱利用は驚きましたが、巣立った雛たちもいつか帰ってきてほしいものです。

 早朝からこんなことで今日はばんえつ物語に行きそびれましたが、夕陽はありそうですね...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

ばんえつ物語(2021/5/30上り三川・津川・深戸)

Dsc_7224x
 2021/5/30 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 花は存在感がなく、バックの雲がかかる山と煙が同化してしまいました...

Dsc_7241x
 2021/5/4 三川→津川 清川小学校踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 煙と汽笛の蒸気の流れがよかったです。

Dsc_7285x
 2021/5/30 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 編成の水鏡を狙いにきましたが、線路に近い水田の水が少なく、水が多かったここでは水鏡がはっきりしませんでした...  

Dsc_7330x
 2021/5/30 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

 緑にマッチするよい煙でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月 4日 (金)

ばんえつ物語(2021/5/30上り東新津・馬下)

Dsc_7159x
 2021/5/30 新津→東新津 丸新道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 スタートは大関道踏切のキショウブを狙っていたのですが、既に終期で、丸新道踏切のキショウブで撮りました。住宅街の真ん中ですが、東新津高原の湿原のようです?!確かにここは側溝が埋まって湿地になってキショウブが群生しています。罐で家を隠しましたが電線は...

Dsc_7185x_20210603223201
 2021/5/30 猿和田→馬下 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 水田の稲も大きくなりはじめ水鏡も最後のチャンスです。バックには雲を被る山がよかったのですが、存在感がありませんでした...

Dsc_7187x 
 2021/5/30 猿和田→馬下 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 小雨模様の梅雨のイメージのシーンとなりました。水田の水鏡はやはり良いですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年6月 3日 (木)

我が家でオシドリの雛が生まれる

 6月3日我が家の巣箱からオシドリの雛が飛び出しました。残念ながら私は家にいなかったので見れなかったのですが、最低9羽の雛が飛び出したようです。女房がカラスとカモの大きな鳴き声で気づいてみるとオシドリのお母さんが雛を守ってカラスと戦っていたそうです。
 2019年2020年と我が家の庭のフクロウ用に作った巣箱で産卵したものの孵化しなかったのですが、3年目にして無事に生まれました。

Dsc_9255
 2019/4/29 我が家 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 春先は夫婦で一緒にいますが、雄は巣箱の卵の下にひく羽と雌を置いて出て行ってしまいます。
 しかし今年は先週夫婦で我が家の池にいて不思議でした。

Dsc_0243x
 2020/5/16 我が家 オシドリの巣箱

 巣箱は家から僅か2mほどしか離れていません。3mほどの高さから飛び降りこの階段を下りて川に入りました。

Dscf0221
 2020/5/31

 センサーカメラがとらえた雌です。朝4時頃と夕方7時頃一日2回餌を取りに出かけます。 

Dsc_0239
 2020/5/16 我が家 オシドリの卵

 昨年は13個の卵がありました。今年は覗かなかったので個数はわかりません。まわりの羽は自分で羽を抜いて準備します。

 雛は池にいるのかと思いましたが、お母さんとはじめに飛び出した3羽の雛は川を下り、お隣さんとの間にある土管の中に入ってお隣に抜けました。その後ピヨピヨとお母さんを見失った雛がウロウロしていたので、女房が川を下らせたそうです。

1622683085587_02x
 2021/6/3 我が家 オシドリの雛

 女房もカラスを追い払い、お母さんオシドリに威嚇され、はぐれた雛を川に誘導して写真を撮る暇もなかったそうです。川の中で土管にはいる直前の二羽の雛です。

 我が家の池に留まらなかったのは残念ですが、たぶん400mほど下流にある池にいると思うのでまた探してみます。とりあえず雛が孵化したことはうれしいですが、まだまだこれから試練が待っています。お母さんと雛たちに頑張ってほしいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

ばんえつ物語の1年(2021年5月下り)

戻る 上り   

 5月は晴れてもカンカン照りの暑い日は無く、優しい光線を楽しむことができましたが、春の水鏡+ギラリは来年の宿題となりました。


今月の1枚

Dsc_5881x_20210521142901
 2021/5/4 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ギラリは弱かったですが、田植え前の完璧な水鏡が美しかったです。


Dsc_5629x
 2021/5/4 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7584_01
 2021/5/30 喜多方→山都 第二水路橋 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_7634x
 2021/5/30 山都→荻野 山都のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_6481_01x
 2021/5/8 山都→荻野 大谷川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_5723x
 2021/5/4 荻野→尾登 尾登駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_5748x
 2021/5/4 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_7654x
 2021/5/30 野沢→上野尻 細田新田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_6505_01x
 2021/5/8 徳沢→豊実 西川トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_6607x
 2021/5/8 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5805_01x
 2021/5/4 鹿瀬→津川 鹿瀬のストレート クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_6641x
 2021/5/8 三川→五十島 五十島駅進入 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_6904x
 2021/5/15 馬下→猿和田 小栗山踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7756_01x
 2021/5/30 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_6732x
 2021/5/8 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5958x
 2021/5/4 新関→東新津 新関駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_7788x
 2021/5/30 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 毎回晴天に恵まれて夕陽を期待して馬下に向かったのですが、ことごとく夕陽は沈没しました。8日と30日は本番後雲の下から夕陽が出てきました。

戻る 上り

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (1)

2021年6月 2日 (水)

ばんえつ物語の1年(2021年5月上り)

戻る 下り    

 5月の上りはよく行ったような気がしてましたが3日間だけでした。水の入ったたんぼの景色は日本の風景の原点です。


今月の1枚

Dsc_7187x
 2021/5/30 猿和田→馬下 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

 梅雨空のありふれた水田ですが、飾らぬ日本の風景の美しさがありました。


Dsc_7159x
 2021/5/30 新津→東新津 丸新道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_6154x
 2021/5/8 東新津→新関 大関道踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5347x_20210504142401
 2021/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_6253_01x
 2021/5/8 猿和田→馬下 小栗山踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_6282_01x
 2021/5/8 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5376x
 2021/5/4 三川→津川 京の瀬のカーブ 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7241x
 2021/5/30 三川→津川 清川小学校踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_6323_01x
 2021/5/8 津川→鹿瀬 赤堀橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5393x
 2021/5/4 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_7285x
 2021/5/30 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7330x
 2021/5/30 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5473_01x
 2021/5/4 野沢→尾登 尾野本 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_6348x
 2021/5/8 尾登→荻野 清水利田 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5528x
 2021/5/4 山都→喜多方 小布瀬原 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_7439x
 2021/5/30 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_6390x
 2021/5/8 山都→喜多方 川吉踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5588x
 2021/5/4 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_7488x
 2021/5/30 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 水田に加えて菜の花、藤、ヤマニンジン、キショウブと5月の花を楽しむことができました。

戻る 下り

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (1)

2021年6月 1日 (火)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その39)

0625-8x_20210531215401
 1971/12 日豊本線 清武→日向沓掛 貨1591 C57192 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 日豊本線その38の続きのシーンです。この角度で見るとC57四次形はC59のように見えます。宮崎の四次形が1両も保存されなかったのは不思議です。北の4次形も早いタイミングで廃車になっており、亀山の198号機も保存されたものの解体されており、ラストナンバー以外は解体されています。

0625-9x_20210531215401
 1971/12 日豊本線 清武→日向沓掛 貨1591 C57192 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 日向沓掛駅の進入信号が見えます。貨1591は通過なので全力で走って行きました。
 中学1年の冬休み、福岡のおじの家から足を延ばして来た日豊本線は、C57の美しさに魅了され、その後3年間SL撮影にはまることになります。今のばんえつ物語への執着もC57好きの所以からですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

 

| | コメント (0)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »