« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月31日 (土)

ばんえつ物語(2021/7/18下り馬下)

Dsc_9321x
 2021/7/18 猿和田→馬下 馬下踏切

 新関の予定を変更して33分遅れでやってくるばんえつ物語を馬下踏切で待ちます。通常は五泉交換の馬下折り返しのDCが馬下駅交換になります。踏切付近のギラり側で撮影すると信号から標識まで2両半ぐらいのスペースで撮影することになりますが、ちょうど中間点ぐらいでギラリになっておあつらえ向きです!

Dsc_9337x
 2021/7/18 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 例によって流しでギラリを狙いますが、まずは順光でよい煙で来ました。

Dsc_9355x
 2021/7/18 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 信号を過ぎたあたりから茜色の夕陽を受けてギラります。昨日とギラリの色が違います。

Dsc_9359_01x
 2021/7/18 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 煙、茜色と水鏡を除いてほぼ満点のギラりになりました。 最もC57180が美しいと思える瞬間です! 

Dsc_9365x
 2021/7/18 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 テンダーが輝きます。

Dsc_9378x
 2021/7/18 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 グルーン車が輝きます。33分遅れのアクシデントがくれた素晴らしい茜色のギラりでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

 

| | コメント (0)

2021年7月30日 (金)

ばんえつ物語(2021/7/18下り津川)

Dsc_9309x
 2021/7/18 鹿瀬→津川 津川駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 上野尻の後は津川駅に来て進入を待ちましたが、なかなか来ません。どこトレで調べると急病人看護で徳沢駅に停車中とのことでした。今日は盆前のラストランで新関でのギラリに焦点を合わせていましたが、遅延すると間に合わないので気が気でなりません。
 結局33分遅れで徳沢を出発し、そのままの遅れでやってきました。
 踏切近くには草が茂るなか名残の赤いタチアオイが咲いており、角度的に苦しかったですが夕陽を受けて透明感ある花をいれてギラリを撮ることができました。
 さて津川では罐の整備のため停車時間はつめないので33分遅れでは新関では日没になってしまい、昨日は日が高かった馬下にちょうどよいタイミングになります!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月29日 (木)

ばんえつ物語(2021/7/18下り上野尻)

Dsc_9254_01x
 2021/7/18 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 明神前のミソハギを探しに行ったのですがまだ開花しておらず、久しぶりにお立ち台に来ました。休耕田が増えたのが残念ですが線路の右側は家も無く好きな景色です。

Dsc_9281x
 2021/7/18 野沢→上野尻 上野尻国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 なんとか夏の煙も出てヨシとします。この後列車にアクシデントが...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月28日 (水)

SL現役時代の線区別アーカイブ(石北本線(北見-網走))

戻る

Untitled-3x
 1975/3 石北本線 美幌→緋牛内 C5898 + C58395 クリックすると大画像で見ることが出来ます

1)線区  石北本線(北見ー網走)

2)無煙化 1975年7月

3)罐 

  北見 C58  北見ー網走

  北見 9600 北見ー美幌

  釧路 C58  北見ー網走

4)列車 なんといっても主役はオロハネ10、グリーン車も付けた大雪6号くずれの客1527でした。これを含めて客車列車は2往復ありました。
     貨物列車は4往復ありましたが、相生線に入る9600の貨物列車を含めて冬季は半分が撮影不可時間帯でした。  

5)撮影  

(1)端野駅 1975年3月

0525-6_1
 1975/3 石北本線 端野 C58418 客522  クリックすると大画像で見ることが出来ます

(2)端野-緋牛内 1975年3月

Untitled-17_01
 1975/3 石北本線 端野→緋牛内 客1527 C5898 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(3)美幌ー緋牛内  1975年3月

05204-5
 1975/3/20 石北本線 美幌-緋牛内 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(4)緋牛内駅 1972年12月 1973年3月

0525-23_20190721222401

 1973/3 石北本線 貨577 C5898 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

(5)呼人-網走 1975年3月

Untitled-20_1
 1975/3/20 石北本線 呼人→網走 客1527 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(6)網走駅 1975年3月

Untitled-25x
 1975/3 石北本線 網走駅 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(7)網走機関区

Untitled-11
 1975/3 石北本線 網走機関区 C5833 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

6)コメント

 c58活躍の場として景色では釧網線に負ける石北本線でしたが、煙では勝り、偶然に来たc58重連の貨物列車の感動は忘れられません。
 あまり変化がないc58の中でc5833号機は人気があり、バルブ撮影できたことはラッキーでした。

052022
 1975/3 石北本線 美幌-緋牛内 C5898 クリックすると大画像で見ることが出来ます

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

ばんえつ物語(2021/7/18下り尾登)

Dsc_9231x
 2021/7/18 荻野→尾登 尾登のカーブ 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 尾登の畑はまだジャガイモの花しかなく、昨年もお願いして撮らしていただいたノウゼンカヅラで撮ってみました。正面に夕陽を受けて来ましたが、さすがに30度を越えていると煙が薄くしか写りませんでした...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月26日 (月)

ばんえつ物語(2021/7/18下り姥堂)

Dsc_9166x
 2021/7/18 会津豊川→姥堂 姥堂   

 下りのスタートは姥堂でそろそろ蓮の花が咲いたかと思いましたが全くで、いつもの広い水田で撮ることにしました。

Dsc_9168x_20210725203201
 2021/7/18 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 今日の主役は雄国山ではなく山の上の入道雲です。

Dsc_9205x
 2021/7/18 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 雄国山は煙で隠れてしまいましたが、入道雲の下でギラりました。稲の上に浮くように走ります。

Dsc_9208x
 2021/7/18 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 緑の水田に青空の入道雲、夏のシーンになりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月25日 (日)

ばんえつ物語(2021/7/18上り笈川)

Dsc_9142x
 2021/7/18 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 締めの電化区間は青空の磐梯山と入道雲をバックにノウゼンカヅラで撮ってみました。

Dsc_9146_01x
 2021/7/18 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 角度的に磐梯山がちょうど架線柱のところにきてしまうのが残念ですが、ここはノウゼンカヅラ優先で撮りました。35度にもなった会津盆地でしたが、煙も出て夏らしいシーンに満足でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月24日 (土)

ばんえつ物語(2021/7/18上り山都)

Dsc_9121x
 2021/7/18 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 山都から川吉はあまり花がないので、一の戸橋りょう下のタチアオイで撮ってみました。倒れてしまっていましたが、赤いタチアオイには目が無いです。逆光ですが青空を見上げるようなシーンになりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

ばんえつ物語(2021/7/18上り上野尻・荻野)

Dsc_9059x
 2021/7/18 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 この日の狙いは端村のアジサイでしたが、花は咲いていたものの、ゲートボール場と線路の間に茂みが出来てしまい撮ることができませんでした。踏切付近も草ボウボウで端村を諦め、上野尻で赤いタチアオイを見つけました。

Dsc_9065x
 2021/7/18 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 青空に入道雲と夏の花を盛り上げてくれました。

Dsc_9097x
 2021/7/18 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 荻野には百日紅を狙いに来たのですが、まだ蕾で、線路際のノカンゾウで撮ってみましたが、ちょっと苦しかったです...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

蝉の幼虫を狙うタヌキの親子

Dsc_9477x
 2021/7/22 我が家

 狸おやじではありません、我が家の庭に毎夕タヌキが来ます。まずは17時頃から先発隊のお父さんがきます。

Dsc_9505x
 2021/7/22 我が家

 18時くらいになるとお母さんタヌキが子供を3匹連れてお父さんに合流します。右端がお母さんです。

Dsc_9510x
 2021/7/22 我が家

 正面から見ると怖い顔です。

Dsc_9517x
 2021/7/22 我が家

 お母さんに地面に出てきたセミの幼虫の取り方を習っているようです。

Dsc_9527x
 2021/7/22 我が家

 お母さんにぴったりくっついています。この後、水が溜まっている石に親子で飛び乗って水を飲みました。

Dsc_9539x
 2021/7/22 我が家

 森の縁と芝の間のこのあたりで毎夕蝉の幼虫を探します。リビングから撮ったタヌキの親子でした。
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

ばんえつ物語(2021/7/18上り五十島)

Dsc_8999x
 2021/7/18 三川→五十島 五十島駅先 許可を得て撮影    

 毎年撮影している五十島のアジサイは日陰にあるのでまだまだ綺麗ですが、晴れると列車とのコントラストが...

Dsc_9018x
 2021/7/18 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 下の方まで入れると暗くなるので、今回は上半分だけにしてみました。30度を越える陽気ですが、元気な煙でやってきました。

Dsc_9032x 
 2021/7/18 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 理想的な煙で満足な結果になりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月21日 (水)

SL現役時代の線区別アーカイブ(石北本線(遠軽-北見))

戻る

Untitled-15_1
 1975/3 石北本線 生田原→常紋(信) D511116

1)線区  石北本線(遠軽ー北見)

2)無煙化 1975年4月

3)罐 

  北見 D51  遠軽ー北見

4)列車 貨物列車は上り7本、下り6本、下り旅客列車1本でしたが、冬季撮影可能時間帯では3往復程度でした。
      留辺蘂・金華ー常紋信号場、生田原ー常紋信号場には9600の補機が付きましたが、72年頃にDL化されてました。  

5)撮影  

(1)北見駅 1975年3月

01xxx
 1975/3 石北本線 北見駅 D51444

(2)生田原ー常紋信号場  1975年3月

Untitled-58x
 1975/3 石北本線 生田原→常紋(信) D511153 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

(3)常紋信号場 1975年3月

Untitled-62_1
 1975/3 石北本線 常紋(信) 客1529 D511008 

(4)常紋信号場ー金華 1975年3月

05203-5
 1975/3 石北本線 金華→常紋信号場 D51444 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  

6)コメント

 当時人気のあった常紋も9600の補機がDE10になり人気も陰っていましたが、無煙化一月前に訪れて、なぜ今まで来なかったのか後悔しました。中学生にとってトンネルを歩く常紋信号場は少しキツイという気持ちがあったのでしょうか。
 補機無しの貨物や、コンテナの急行貨物、定期の客車回送の混合列車風貨物など変化もあり、三角山からの俯瞰の感動はいまでも忘れられません。お隣に広田さんがいらっしゃったことを40数年後に知るとは夢にも思いませんでした。

Untitled-60_1
 1975/3 石北本線 生田原→常紋(信) D51150

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月20日 (火)

ばんえつ物語(2021/7/18上り新関・馬下)

 盆前最後のばんえつ物語となり、夏の花を求めてロケハンしましたが、アジサイは既にドライフラワー化しており、なかなかよい題材がありませんでしたが...

Dsc_8897x
 2021/7/18 東新津→新関 新関駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 新関では一月前にも撮ったタチアオイがまだ咲いてました。赤いタチアオイには目がありません!

Dsc_8926x_20210720002401
 2021/7/18 東新津→新関 新関駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 青空に煙も棚引いてくれてヨシとします。

Dsc_8960x
 2021/7/18 猿和田→馬下 猿和田の田園 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 続いてはロケハンで決めていたミソハギです。緑の水田に映える色です。ここは直前でカットされる場所ですが、なんとか煙ももってくれました。

Dsc_8991x
 2021/7/18 馬下→咲花 馬下駅通過   

 馬下駅先では踏切待ちのおまけの1枚です。すでに30度を超えてますがなんとか煙も出てくれています!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月19日 (月)

ばんえつ物語(2021/7/18下り速報版)

 昨日は馬下でギラリは撮れたもののまだ夕陽が高くて茜色が出なかったので、本日は新関を狙ってましたが...


今日の1枚 

Dsc_9359_01x
 2021/7/18 馬下→猿和田 馬下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 33分遅れで日没ギリギリにやってきたばんえつ物語は、昨日とは全く異なる茜色の夕陽を受けて輝きました。


Dsc_9205x

Dsc_9231x

Dsc_9254_01x

Dsc_9309x

Dsc_9337x

Dsc_9355x

Dsc_9365x

Dsc_9378x

Dsc_9432x

 徳沢での急病患者の救援により33分遅れでやってきたばんえつ物語は、茜色の夕陽を受けて最高のギラりでした。夏の花、入道雲、そして夕陽と何年に一度のうれしい夏の日でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

ばんえつ物語(2021/7/18上り速報版)

 7月も後半となり盆前最後のばんえつ物語となりました。撮りそびれていたアジサイとタチアオイを狙いますが...


今日の1枚 

Dsc_9032x 
 2021/7/18 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 日陰のアジサイはまだ咲いてました。既に30度を越える猛暑日ですが元気にやってきました。


Dsc_8897x

Dsc_8960x

Dsc_8991x

Dsc_9065x

Dsc_9097x

Dsc_9121x

Dsc_9142x

 名残のタチアオイ、アジサイに加えてミソハギ、ノウゼンカズラと真夏の花を楽しむことができました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月17日 (土)

ばんえつ物語(2021/7/17下り馬下)

 一か月ぶりの出撃となりました。この間天候不良、体調がもうひとつ、ワクチン接種などがあってタチアオイやアジサイの盛期を逃してしまいました。
 梅雨が明けた今日は猛暑日となり、会津若松が36.5度で日本で一番暑かったとかで、凉を求めて18時からの撮影となりました。


今日の1枚 

Dsc_8781x  
 2021/7/17 猿和田→馬下 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 梅雨明けの今日は完璧な快晴でしたが、夕陽はまだ高く茜色は出ませんでした...


Dsc_8715x
 2021/7/17 猿和田→馬下 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 今日は馬下のギラり一発狙いです。まずは順光で。

Dsc_8762x
 2021/7/17 猿和田→馬下 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 真横は青空が綺麗でしたが、高圧線の鉄塔がうるさいです...

Dsc_8779x
 2021/7/17 猿和田→馬下 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ここからギラリます。

Dsc_8787x
 2021/7/17 猿和田→馬下 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ここはいろんな角度で撮れるので面白いです。馬下一発でしたが満足な1日でした。今晩は久しぶりに五泉に泊ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

(特集)除虫菊を撮る(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 除虫菊を撮る 

Dsc_4100_02
 2018/6/2 新津→東新津 東新津のSカーブ 


 5月下旬から6月の上旬にかけて沿線では除虫菊の花が咲きます。もともと観賞植物ですから山にはありません。群生するので見ごたえがあります。
 
〇東新津
 
 丸新道踏切の前後には除虫菊が何ヶ所か群生しています。住宅街の中なので家や車を工夫する必要があります。 

Dsc_4045
 2018/6/2 新津→東新津 丸新道踏切

Dsc_4046
 2018/6/2 新津→東新津 丸新道踏切

Dsc_4057
 2018/6/2 新津→東新津 東新津のSカーブ 

Dsc_4094
 2018/6/2 新津→東新津 東新津のSカーブ
 

〇京の瀬

 ここもいろんな花がある場所です。

Dsc_9746_02
 2017/6/4 津川→三川 京の瀬

〇舞台田踏切
 
 水田の畦道に咲いてました。田んぼとの組み合わせも良いです。

Dsc_4392
 2018/6/2 喜多方→山都 舞台田踏切

Dsc_4360
 2018/6/2 喜多方→山都 舞台田踏切

〇広田街道踏切

 ここはいろんな花があるので楽しめます。

Dsc_7488x
 2021/5/4 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9324_02
 2017/5/28 堂島→会津若松 広田街道踏切
 

 除虫菊は清楚なイメージがあって絵になりますね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月16日 (金)

(特集)ばんえつ物語爆煙ポイント(新潟下り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 爆煙ポイント(新潟下り編)

Dsc_1522_01
 2015/9/19 津川→三川 75kmポスト


 下りの新潟は基本的には下り勾配が多く、駅発車以外で煙が期待できるのは鹿瀬のストレートと75kmポストぐらいになります。しかし夕暮れのシーンと煙のコンビネーションの素晴らしい写真が時として撮れる区間でもあります。

 ◎から△で煙の期待度をつけましたが、後は気温と諸条件と運次第です?!

○徳沢橋りょう

 ここは白煙のことが多いですが、夕陽を正面に受けたりトワイライトも面白いです。

Dsc_2187x
 2021/3/19 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

237_01
 2013/11/4 

◎日出谷駅発車

 煙もさながら山間にこだまする汽笛が素晴らしい場所です。

Dsc_3425
 2017/4/9 

△日出谷のカーブ

 ここは下り勾配になり、最近は駅発車からここまで煙がもたないこともあります。

329
 2015/7/18 

Dsc_7010x
 2020/12/5 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

◎鹿瀬のストレート 

 鹿瀬駅進入から鹿瀬のストレートは煙がかたい場所です。ブラスト音も素晴らしいです。

Dsc_2066_01
 2017/4/1 

◎津川駅発車

 津川駅発車は草や障害物が多くて意外に撮りにくいですが...
 
422
 2014/6/15 

◎清川高原橋

 津川駅の先のオーバークロスはまだ発車の煙があります。 

530
 2013/8/24 

◎75kmポスト

 ここは煙は出ますが光線が悪い場所なので工夫が必要です。 

Dsc_6179_01
 2016/9/17 

○昭和橋上

 ここは夕陽があたる正面ドカンです。 

436
 2014/9/6 

◎三川駅発車

 駅発車時はのろしの煙もあります! 

Dsc_2154_02
 2017/4/1  

○五十島橋りょう先

 ここは不思議と煙が出る時がある場所です。

Dsc_3929_02
 2017/8/20 

◎咲花駅発車

 咲花駅発車は開けてないので撮りにくいですが煙はよく出ます。 

686_01
 2013/6/22 

△咲花のSカーブ

 霧で見通しが悪いですがC61は良い煙でやってきました。

644
 2015/5/16 

◎馬下踏切

 ギラリも逆光も素晴らしい演出がある場所です。

Dsc_9856_04
 2018/4/8 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4529
 2016/5/8
 
○小山田踏切

 編成を入れるには良い場所ですが煙がもたないことも... 

437
 2013/4/21 

Dsc_7051
 2018/7/7 クリックすると大画像で見ることが出来ます

○新関駅先

 ここは時としてバクバクのこともあります。 

Dsc_5646
 2017/4/29

 新潟の下りは爆煙を夕陽やトワイライトのシーンと組み合わせて撮れれば、効果倍増です!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月15日 (木)

(特集)ばんえつ物語爆煙ポイント(会津下り編その2)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 爆煙ポイント(会津下り編その2)

Dsc_3258
 2016/11/26 野沢→上野尻 芹沼トンネル先


 山都から徳沢の間で爆煙が期待できる区間は、利田→尾登、芹沼→明神前、徳沢駅あたりです。但しあまりサイドに引ける場所はなく、光線もよくなく人気はもうひとつです。

 ◎から△で煙の期待度をつけましたが、後は気温と諸条件と運次第です?!

○第四新津街道踏切

 山都駅発車の煙があります。

Dsc_2634_01x
 2020/10/18 山都→荻野 第四新津街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

△山都のSカーブ
 
 お立ち台から国体踏切まで煙が出る時もあります。

283
 2013/4/21 

Dsc_7979_01
 2017/11/12 

△利田川橋りょう
 
 このあたりから尾登にかけて煙が出ます。 

Dsc_2333
 2016/4/3 

○滝ノ下踏切
 
 上りより煙が期待できます。 

Dsc_7168
 2015/6/22 

○釜の脇橋りょう手前

 煙は出るのですが春先以外は撮りにくい場所です。

Dsc_0018
  2014/4/5 

○釜の脇橋りょう
 
 上りより煙は出ます。いろいろな角度で撮れますので意外に面白い場所です。

278
 2013/7/28  

○尾登駅進入

 駅付近までなかなか煙がもたないです。

Dsc_2563
 2017/7/30 

Dsc_7863_01
 2020/7/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9945
 2020/8/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

◎野沢駅発車

 春先や秋は狙い目です。

Dsc_2754
 2017/4/2 

◎芹沼トンネル

 明神前にかけて力行区間です。

513
 2013/6/1 

◎芹沼トンネル先

 煙は出ますが日が当たらない場所です。

Dsc_3270
 2016/11/26  

○上野尻オーバークロス

 芹沼トンネルからの煙が続くこともあります。

Dsc_9431
 2019/11/17 

○徳沢駅通過

 徳沢駅進入から徳沢橋りょうまで煙が出ます。

397
 2013/6/8 

 この区間は順光で撮れる爆煙の期待できる場所は少なく、曇りの日のほうが良いかもです。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

(特集)ばんえつ物語爆煙ポイント(会津下り編その1)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 爆煙ポイント(会津下り編その1)

Dsc_3371_01
 2020/10/25 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 


 下りの会津若松から山都の間は、上りに比べると煙が出るポイントは少ないですが、夕方の光線を生かして楽しい写真を撮ることもできます。

 ◎から△で煙の期待度をつけましたが、後は気温と諸条件と運次第です?!

○姥堂

 何の変化もない田園地帯ですが、よく煙が出る場所で光線状態も良いです。

Dsc_9663_01
 2017/11/26 
 
319
 2014/8/17

Dsc_4444
 2019/9/8 クリックすると大画像で見ることが出来ます

○濁川橋りょう

 喜多方駅を発車して濁川橋りょうは慶徳トンネルにむjけてダッシュする場所です。
  
111
 2013/11/17 

Dsc_7551x_20201207222701
 2020/12/6 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

○舞台田踏切

 特に秋も深まると夕陽の光線が美しい場所です。 

314
 2013/11/9 

263
 2013/11/23 

Dsc_0195_01
 2017/12/2 

Dsc_3927
 2016/12/3 

Dsc_9053_02
 2017/11/25 

◎松野踏切

 ばんえつ物語走行区間の中でも最も勾配がきつい場所です。

Dsc_2715
 2017/4/2  

Dsc_1752x
 2020/9/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます

◎慶徳の田園

 松野踏切先の遠景です。

Dsc_7845_02
 2016/10/2

○慶徳踏切先
 
 2014年災害があって路肩が流れた場所です。

Dsc_0306
 2012/5/13

△慶徳トンネル入口 

 なかなかここまで煙が続きません。
 
321
 2013/9/7 

△小布瀬原 

 上りのポイントですが何故か下りも煙が出る時があります。

287
 2014/6/15 

 田園風景に爆煙は美しいです。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月13日 (火)

SL現役時代の線区別アーカイブ(名寄本線)

戻る

0525-47
 1973/3 名寄本線 上興部→一の橋  49651 + 69620  貨1690 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

1)線区  名寄本線(名寄ー遠軽)

2)無煙化 1975年5月

3)罐 

  名寄 9600 名寄ー紋別

  遠軽 9600 名寄ー遠軽  

4)列車 貨物列車は名寄ー遠軽で2往復、渚滑線の運用に入り名寄ー紋別、名寄ー興部、名寄ー下川、中湧別ー遠軽で1往復ありました。

     一ノ橋ー上興部の天北峠は名寄の罐の補機が付き、前補機と後補機の列車があり、補機の単機回送もありました。  

5)撮影  

(1)一ノ橋ー上興部 1973年3月

0525-44
 1973/3 名寄本線 上興部→一の橋  49651 + 69620  貨1690 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(2)上興部駅  1973年3月

0525-48

 1973/3 名寄本線 上興部  49651 リックすると大画像で見ることが出来ます

(3)紋別駅 1973年3月

0525-33
 1973/3 名寄本線 紋別駅?  69620 貨1690 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

(4)渚滑駅 1975年3月

16x
 1975/3 渚滑 79642 クリックすると大画像で見ることが出来ます  
 

6)コメント

 今は無き本線であった名寄本線はなんといっても上興部ー一ノ橋の天北峠が見せ場でした。上り下り共に25‰あり、補機が付き、特に午前の下りは前補機が付き9600重連で25‰を上る姿が素晴らしかったです。
 ここも残念ながら1度しか訪れていませんが、重連の煙が流れたもののブラスト音を響かせて遠く天北峠を走る姿は忘れられません。

0525-45

 1973/3 名寄本線 上興部→一の橋  49651 + 69620  貨1690 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月12日 (月)

(特集)ばんえつ物語爆煙ポイント(会津上り編その2)(2021年版)

撮影ガイドトップへ

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 爆煙ポイント(会津上り編その2) 

195
 2013/4/21 山都→喜多方 一の戸橋りょう


 さて会津も釜の脇橋りょうで阿賀野川を渡ると再び勾配区間に入ります。荻野、山都を通り慶徳トンネルまで爆煙ポイントの連続です。私の最も好きな区間です。

 ◎から△で煙の期待度をつけましたが、後は気温と運転士の腕と運次第です?!

○滝ノ下

246
 2014/7/6 

 釜の脇橋りょうを過ぎると煙が出始めます。

○利田

Dsc_4864_03
 2015/12/5

Dsc_0200
 2014/5/18

202_01
 2015/7/18 

Dsc_2540_01
 2017/4/2 
 
201
 2015/7/19 

 利田川橋りょうから利田踏切の間は最も煙が出る区間です。
 
◎荻野駅

Dsc_8400
 2019/11/9 クリックすると大画像で見ることが出来ます

164
 2013/11/23 

 駅の進入シーンとは思えない場所です。

◎一の戸橋りょう

Dsc_4766
 2017/4/23

 山都を発車し一の戸橋りょうは爆々のことが多いです。

◎小布瀬原

Dsc_5264
 2015/12/6 

179
 2013/7/28 

Dsc_6289_02
 2019/10/20 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_7424x
 2020/12/6 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 一の戸橋りょうを渡り終えた小布瀬原も煙が堅い場所です。

◎川吉のSカーブ

229
 2013/4/13 

Dsc_7439x
 2021/5/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_3867
 2015/11/14 

Dsc_0237
 2014/5/18 

Dsc_2423x_20201021215701
 2020/10/18 山都→喜多方 川吉のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます

174
 2016/4/30 

 Sカーブには爆煙が似合います。

○川吉踏切

206
 2013/11/23 

 踏切前後も人気の場所です。

〇川吉第四Sカーブ

Dsc_0143
 2012/11/24

 川吉踏切を過ぎてトンネル手前まで爆々でくる時もあります。

◎塩川駅先

Dsc_3093
 2016/11/26
 

 塩川駅発車から煙が出ます。

○第二学校踏切

Dsc_0728
 2014/4/13 

 電化区間に入りこのあたりは会津若松に向けて最後のダッシュをする場所です。

〇十文字

Dsc_6762x
 2020/12/5 堂島→会津若松 十文字 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_5308
 2015/12/6 

 電化区間についてはスピードを出すので意外に爆煙で来ることが多いです。

◎広田街道踏切

Dsc_7488x
 2021/5/30 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
 皆さんも煙を堪能してください!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2021年7月11日 (日)

(特集)ばんえつ物語爆煙ポイント(会津上り編その1)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 爆煙ポイント(会津上り編その1)

Dsc_2492_01
 2017/4/2 上野尻→野沢 上野尻のカーブ


 会津に入ると徳沢から野沢までの間は爆煙ポイントが連続します。この間は人家も少なく様々な景色も楽しめます。

 ◎から△で煙の期待度をつけましたが、後は気温と運転士の腕と運次第です?!

○徳沢橋りょう

184
 2013/11/24 
 
144
 2014/6/22 

 県境の徳沢橋りょうは爆々の時もあります。

○徳沢駅先
 
101_01
 2013/11/4 

 徳沢駅通過から銚子の口へ向かって阿賀野川沿いに走る区間は撮影が難しいです。

◎銚子の口

Dsc_4325_02
 2015/11/15
 
158_01
 2014/6/8 

Dsc_3538
 2016/4/29

 銚子の口付近は爆煙が期待できます。

◎端村
 
102_01
 2013/4/21

Dsc_2256
 2015/10/25 

 銚子の口から端村踏切まではまずは爆煙です。

○群岡
 
Dsc_9226
  2014/4/6 

 爆煙も群岡の手前でショボクなることが多いですが続くこともあります!

○上野尻駅通過
 
170
 2013/9/14 

 再び上野尻駅進入あたりから爆煙になることが多いです。

○上野尻のカーブ

Dsc_1866x
 2021/3/19 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_2621x
 2021/4/3 クリックすると大画像で見ることが出来ます

123_01
 2014/8/17 

 爆煙は上野尻のカーブ付近までは続くことが多いです。

◎西会津中学校
 
214
 2013/6/2 

Dsc_5961x
 2020/11/21 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2368_01x
 2020/10/18 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 野沢駅を発車して長谷川橋りょうを渡り西会津中学校から下小島踏切までは爆煙が続くことが多いです。

 やはり駅の発車でない風景の中で撮れる爆煙ポイントは魅力的ですね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2021年7月10日 (土)

(特集)ばんえつ物語爆煙ポイント(新潟上り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 爆煙ポイント(新潟上り編)

Dsc_5100_01
 2015/12/6 東新津→新関 能代川橋りょう


 夏になって煙が渋いとおっしゃる方も多いですが、ばんえつ物語出る場所では出ます。やはり汽車は煙があってなんぼのものですけれども、最近あまり煙を追いかけていないのに改めて気づきました...まずは上りの新潟から爆煙のポイントをおさらいしたいと思います。

 ◎から△で煙の期待度をつけましたが、後は気温と運転士さんの腕と運次第です?!

○新津駅発車

022
 2013/9/28 

 スタートの新津駅発車も豪快に出ることがあります。

◎大関道踏切周辺

Dsc_0989_01
 2017/3/17 

Dsc_4487_02x
 2020/11/7 東新津→新関 能代川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_0365
 2016/11/12 

 能代川橋りょうから新関駅進入ぐらいまで最近ちょっと煙が薄いこともありますが、いわゆるバクバクでくることもあります。

△早出川橋りょう

Dsc_0191
 2011/12/11 

 ここはちょっとリスクがあって殆どスカの時もあります。

○馬下駅周辺

064
 2014/9/28 

058
 2013/5/5

Dsc_0380_01
 2016/11/12 

 手前の小山田踏切から馬下駅通過までバクバクのこともありますが、最近はスカも...駅を過ぎてからの方が確実です。

◎咲花駅発車

Dsc_0244
 2015/8/29 

 桜の季節には大混雑になる咲花駅ですが、爆煙で発車することが多いです。

◎東下条駅周辺

Dsc_5240_01
 2016/9/11 

Dsc_5234x
 2020/11/14 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_2942
 2016/11/26 

 東下条駅通過から俯瞰ポイントまでは煙が期待できます。

◎五十島駅先

Dsc_4536x
 2020/11/7 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_9354
 2017/11/26 

 御存知五十島駅通過から五十母川橋りょうまではほぼ爆煙が期待できます。

◎三川駅発車

Dsc_3132_01
 2017/4/9

Dsc_7617
 2016/10/2 

 煙が拝みたかったらここに来てください?!

△鳥居上のSカーブ

075
 2013/11/23 

 ここもバクバクで来ることもありますが徐行の影響で静かに来ることもあります...

〇津川駅発車

Dsc_3213x
 2021/4/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 ここはちょっと控え目な時が多いです。

◎鹿瀬駅付近

Dsc_1223
 2015/9/19 

Dsc_5905x
 2020/11/21 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_3684_01
 2016/12/3 

Dsc_4620_2
 2016/12/4 

 鹿瀬のストレート付近から鹿瀬駅進入、そして深戸橋りょうにかけては煙が堅い場所です。

◎深戸橋りょう

096
 2013/4/13 

Dsc_7285x
 2021/5/30 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

 深戸橋りょうから平瀬トンネルまではスピードをつけて爆進することが多いです。

○日出谷駅発車

081
 2013/9/28 

 上りの日出谷駅発車は何故か下りに負けますが...

○60kmポスト

183
 2013/7/27 

 60kmポスト付近のSカーブは煙が期待できます。

○豊実駅通過

Dsc_1736
 2017/4/1 

 馬取川橋りょうから豊実駅通過は煙が出ます。 

△新渡のSカーブ

263
 2013/3/19 

 ここは当たりはずれがある場所です。徳沢駅交換に向かって徐行がここで解除になると煙が出ます。

 バクバクの煙でくると心臓の鼓動もバクバクしてしまいます!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2021年7月 9日 (金)

(特集)雨の日にお勧めのポイント(下り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 
 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 雨の日にお勧めのポイント(下り編)
 
644
 2015/5/16 咲花→馬下 咲花のSカーブ 


 下りは夕方になるので雨の日の森の中はかなり暗くなります。それを逆に利用して光る線路やヘッドライトを撮るのも面白いですね。
 森の中は晴れると光線が悪い場所が多く、雨の日はしっとりとした陰のないシーンになります。

392
 2013/7/27 山都→荻野 山都のSカーブ 

 このお立ち台は雨の日にお勧めします。陰にならないし煙も出るし、雨で濡れてしっとりとした写真が撮れます。

Dsc_7168
 2015/6/22 荻野→尾登 滝の下踏切
 
 ここも雨の日のしっとりとしたシーンが似合う場所です。 

401
 2015/5/16 野沢→上野尻 芹沼トンネル先 

 皆さんご存知の短いトンネルは雨の日でもOKです。

Dsc_8612
 2017/11/19 野沢→上野尻 芹沼トンネル先

 濡れた線路が輝きこの躍動感がたまりません。

Dsc_6505_01x
 2021/5/8 徳沢→豊実 西川トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 ここはトンネルポータルも良く、雨の日には狙い目です。

544_2
 2013/8/24 津川→三川  清川高原橋オーバークロス

 ここは雨の日でも角度的に撮りやすいです。

Dsc_6154
 2016/9/17 津川→三川 75kmポスト 

 ここも晴れると光線が悪く、雨の日のしっとりとしたシーンが似合います。 

381
 2013/9/1 三川→五十島 御前トンネル

 雨の日はトンネルの中に湿気がたまり、時として幻想的なシーンを作ってくれます。

Dsc_9192
 2016/6/25 五泉→北五泉 北五泉駅進入
 
 アジサイはやはり雨の日が似合いますね。花ピンで撮れば雨はあまり関係ないです。
 
 そもそもこの時期晴れの日は暑過ぎですからね。シトシト雨が待ち遠しいです?!
 
撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

(特集)雨の日にお勧めのポイント(上り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 雨の日にお勧めのポイント(上り編)

Dsc_7185x_20210603223201
 2021/5/30 猿和田→馬下 クリックすると大画像で見ることが出来ます 


 梅雨の最中ですが、私は梅雨から夏にかけての撮影は、むしろ晴れの日よりも薄曇りからしとしと雨ぐらいの天気を望んでいます。SLの場合トップライトがきついと順光でも陰が出来やすく、小雨ぐらいのほうが煙も出るし好都合です。花にもよりアジサイは雨の日が良いですが、ヒマワリの場合は青空が良いです。
 天気の悪い日はお立ち台には行きません。どんなに頑張ってもお立ち台の青空の日の写真にはかないませんので、普段あまり行かないような場所のほうが面白いです。雨の日が面白い場所、晴れの日は撮れない場所をピックアップしてみました。

040_01 
 2015/6/22 東新津→新関 能代川橋りょう 

 ここはかぶりつきの広角で撮るので雨でもOKです。無塗装の橋りょうも濡れていると綺麗です。

Dsc_1423x
 2021/03/12 馬下→咲花 陣ケ峰トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます

 雨の日はトンネル飛び出しは狙い目です。ここは道路端で手軽に傘をさしても撮れます。
 
018_01
 2014/8/17 咲花→東下条 松ケ平トンネル入口 

 ここは晴れの日は陰になってしまい雨の日が面白いです。

090_01
 2015/5/16 咲花→東下条  松ケ平トンネル飛び出し 

 雨の日はトンネル内に湿気がたまりやすくドレインと共に派手に出ることもあり狙い目です。 

049
 2013/9/1 五十島→三川 五十母川橋りょう 

 ここも晴れの日は逆光になるので雨の日が狙い目です。

Dsc_0321
 2015/8/29 日出谷→豊実 馬取川橋りょう 

 ここも晴れると逆光になるので雨の日はチャンスです。

157
 2015/7/18 尾登→荻野 利田踏切手前 

 利田周辺も進行左手から撮るアングルでは雨の日が良いです。 

 

207_01
 2015/7/18 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 

 川吉では特に進行右側から撮るポイントは晴れの日は半逆光になってしまうので、雨の日がチャンスです。

 この時期、罐、路肩も線路も濡れているのも綺麗です。土砂降りは困るけどシトシト雨ぐらいでドレインや煙を期待したいものです!

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月 7日 (水)

SL現役時代の線区別アーカイブ(宗谷本線)

戻る

Img_0003x_20200419233401
 1973/3 宗谷本線 蘭留→塩狩 C5550 客321

1)線区  宗谷本線(旭川ー稚内)

2)無煙化 1975年7月

3)罐 

  稚内 9600 音威子府ー稚内

  名寄 9600 名寄ー稚内

      D51  旭川ー音威子府

  旭川 C55  旭川ー稚内

      D51  旭川ー名寄    

4)列車 C55の牽く客車列車は旭川ー稚内、旭川ー名寄がそれぞれ1往復。

     貨物列車はD51が旭川ー名寄で8往復、旭川ー音威子府で1往復。旭川ー永山で区間貨物多数。

     9600が音威子府ー稚内で4往復、名寄ー音威子府で2往復。(1972年10月)  

5)撮影  

(1)抜海ー南稚内 1972年12月 1973年3月

0525-5x
 1973/3 宗谷本線 南稚内→抜海 39655 貨1396 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(2)豊富―下沼  1973年3月

0525-16_20190820210101
 1973/3 宗谷本線 豊富→下沼 59614 貨372 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(3)日進ー智東 1972年12月

0525-3_20200117222501
 1972/12 宗谷本線 智東→日進 D51574 貨1392 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(4)名寄駅 1973年3月

Img_0002_20190825221901
 1973/3 宗谷本線 名寄 C5547 客321 C5530 客324 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(5)和寒ー塩狩 1973年3月

0525-3_20190826163901
 1973/3 宗谷本線 和寒→塩狩 C5530+DD531 客324 

(6)蘭留ー塩狩 1973年3月

Img_0002_20200420210901 
 1973/3 宗谷本線 蘭留→塩狩 D5114 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(7)旭川駅

0525-16x
 1973/3 宗谷本線 旭川 C5530 客323 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

6)コメント

 C55は北の大地260kmの宗谷本線を8時間近くをかけて走っていました。73年夏にはC57が入り、74年秋には客車列車はDL化されました。抜海、智東、名寄駅交換、塩狩峠あたりが人気の場所でしたが、宗谷ラッセルを追いかけて走ると当時を思い出します。今や現役当時よりローカル化が進み、自然に戻りつつある宗谷本線ですが、抜海の景色は50年前と殆ど変わっていません。

01-6x
 1972/12 宗谷本線 南稚内→抜海 C5550 客324 クリックすると大画像で見ることが出来ます

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月 6日 (火)

(特集)桜を撮る(新潟下り編)(2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 桜を撮る(新潟下り編)

Dsc_4336_01
 2017/4/22 日出谷→鹿瀬 鹿瀬小学校


 桜の時期下りは新潟県に入ると夕暮れの時間になってきます。日出谷からは夕陽の光線になり馬下ではちょうど日没となります。
 
〇豊実駅通過
 
 豊実駅には枝垂桜があります。
 
Dsc_0397
 2018/4/21 豊実駅通過

〇日出谷駅発車

 日出谷駅構内には立派な桜があり、ちょうど夕陽があたる時間となります。

Dsc_3473_01x
 2021/4/10 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4870_01
 2017/4/23 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

Dsc_4928x
 2017/4/23 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

Dsc_1502
 2014/4/26 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

〇鹿瀬小学校

 新潟では一番ファンが集まる場所で上りは混雑しますが、下りも煙がありゆっくり撮れます。

Dsc_5474_2
 2017/4/29 日出谷→鹿瀬 鹿瀬小学校

Dsc_6206_01
 2017/5/3 日出谷→鹿瀬 鹿瀬小学校
 

〇津川駅進入

 ここも上りの発車が人気ですが...

Dsc_2970
 2016/4/16 鹿瀬→津川 津川駅進入  

Dsc_2976
 2016/4/16 鹿瀬→津川 津川駅進入  

Dsc_6000_01
 2017/4/30 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
〇白崎トンネル飛出し

 三川駅手前の白崎トンネルの上には山桜があります。
 
Dsc_1060_01
 2018/4/22 津川→三川 白崎トンネル飛出し  

〇三川駅発車

 三川駅付近に学校付近や駅の外れ御前橋りょう手前にもあります。

Dsc_3039
 2016/4/16 三川→五十島 三川駅発車   

Dsc_3041
 2016/4/16 三川→五十島 三川駅発車 
 
Dsc_3068
 2016/4/16 三川→五十島 三川駅発車  

Dsc_5001_01
 2017/4/23 三川→五十島 三川駅発車

Dsc_4821_01x
 2021/4/24 三川→五十島 三川駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5533_01
 2017/4/29 三川→五十島 三川駅発車

Dsc_5540
 2017/4/29 三川→五十島 三川駅発車

Dsc_6268
 2017/5/3 三川→五十島 三川駅発車

〇咲花駅周辺

 駅手前では夕陽が当たり、駅先では発車シーンで撮ることが出来ます。

Dsc_3556_01x
 2021/4/10 東下条→咲花 小島山トンネル先 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_3573_02x
 2021/4/10 東下条→咲花 小島山トンネル先 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_3615x
 2021/4/10 咲花→馬下 咲花駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_4400_01_2
 2017/4/22 東下条→咲花 小島山トンネル飛出し

Dsc_4424_01
 2017/4/22 咲花→馬下 咲花駅発車

〇馬下踏切

 馬下の一本桜はかなり暗くなってしまいます。

Dsc_0264
 2014/4/12 馬下→猿和田 馬下駅先 

Dsc_3877_01
 2017/4/16 馬下→猿和田 馬下駅先
 
Dsc_9856_04
 2018/4/8 馬下→猿和田 馬下駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます
   
〇新関駅周辺

 このあたりは日没後になりかなり暗くなってしまいます。

Dsc_3078x
 2021/4/3 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_3661x
 2021/4/10 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5646
 2017/4/29 新関→東新津 新関駅先 

Dsc_3955_04
 2017/4/16 新関→東新津 秋葉区草水町
 
 新潟下りは夕陽から日没後になり、時として素晴らしいシーンを演出してくれることもあります。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村 

| | コメント (1)

2021年7月 5日 (月)

(特集)桜を撮る(会津下り編) (2021年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 桜を撮る(会津下り編)

Dsc_4311
 2017/4/22 野沢→上野尻 上野尻駅進入


 会津の下りはなんといっても喜多方から山都の間の桜が被写体になります。枝垂桜を含めあまりにもたくさんあるので絞り切れません?!

〇喜多方から山都

 この区間は濁川桜並木からはじまって、沿線で最も桜が多い北の窪築堤、慶徳、川吉、一の戸と桜の穴場も多いです。

Dsc_3387_01x
 2021/4/10 喜多方→山都 濁川桜並木 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4262
 2017/4/22 喜多方→山都 濁川桜並木

Dsc_4272_01
 2017/4/22 喜多方→山都 濁川桜並木

Dsc_4046x
 2021/4/17 喜多方→山都 北の窪築堤 クリックすると大画像で見ることが出来ます

024_2
 2013/4/20 喜多方→山都 北の窪築堤
  
Dsc_1432
 2014/4/26 喜多方→山都 北の窪築堤

Dsc_1439
 2014/4/26 喜多方→山都 北の窪築堤

Dsc_5426
 2017/4/29 喜多方→山都 慶徳稲荷神社

Dsc_0324
 2018/4/21 喜多方→山都 慶徳稲荷神社
 
Dsc_2914_01
 2016/4/16 喜多方→山都 川吉踏切 

282
 2014/4/29 喜多方→山都 川吉踏切 

〇荻野駅通過

 ここの八重桜は上りが人気ですが下りはゆっくりと撮ることが出来ます。

Dsc_3393
 2016/4/17 荻野→尾登 荻野駅通過 

Dsc_3398
 2016/4/17 荻野→尾登 荻野駅通過 〇

Dsc_4827
 2017/4/23 荻野→尾登 愛宕山トンネル先

〇明神前

 明神前には見事な枝垂れ桜があります。

Dsc_4112x
 2021/4/17 野沢→上野尻 明神前 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_5451
 2017/4/29 野沢→上野尻 明神前

〇上野尻駅進入

 上野尻駅には立派な桜があります。
 
Dsc_2951
 2016/4/16 野沢→上野尻 上野尻駅進入 

Dsc_1484
 2014/4/26 野沢→上野尻 上野尻駅進入

〇上野尻築堤

 築堤の斜面には桜が植えられています。

330
 2013/4/28 上野尻→徳沢 上野尻築堤

〇端村ゲートボール場

 端村には桜と八重桜があります。

Dsc_5976_2
 2017/4/30 上野尻→徳沢 端村ゲートボール場

〇徳沢駅進入

 徳沢駅入り口には桜があります。

D7k_0968
 2014/4/27 上野尻→徳沢

Dsc_4845_02
 2017/4/23 上野尻→徳沢 徳沢駅進入

 下りはバクバクの煙はありませんが、夕陽に照らされる桜も哀愁があります。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月 4日 (日)

北しなの線(2021/07/03黒姫国道オーバークロス)

Dsc_8584x
 2021/07/03 古間→黒姫 黒姫国道オーバークロス クリックすると大画像で見ることが出来ます

 関東は大雨で、熱海では土石流で大変なことになっており、お見舞い申し上げます。長野では雨は降りませんでしたが、新潟では夕陽があったようです。
 長野県も1日には久しぶりに新規コロナ感染者ゼロでありましたが、この週末もおとなしくしています。
 しなの鉄道の最後のスカ色115系は今月いっぱいが来月まで延命になったようですが、18時過ぎに久しぶりにお立ち台に行ってみました。山はすっぽり雲のなかで、大きくなり始めた稲で撮ってみました。どこにでもあった田園のスカ色のシーンですが、稲が色づく頃には廃車となってしまいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月 3日 (土)

ばんえつ物語の1年(2021年6月下り)

戻る 上り  

 4月末から一度もなかった馬下のギラりですが...


今月の1枚

Dsc_8480_01x   
 2021/6/12 馬下→猿和田 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 既に稲がのびて水鏡も不完全、煙もショボく決して及第点ではないですが、とにかくギラりが撮れて満足でした。


Dsc_8317x
 2021/6/12 姥堂→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8371x
 2021/6/12 尾登→野沢 尾登駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8405_03x
 2021/6/12 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8438x
 2021/6/12 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_8550x
 2021/6/12 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 高速の休日割引も無く、出撃意欲も若干下がる今日この頃でした...

戻る 上り 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月 2日 (金)

ばんえつ物語の1年(2021年6月上り)

戻る 下り   

 6月は梅雨入りで当然のことですが、夕陽が期待できる日が少なく1日のみの出撃となりました。


今月の1枚

Dsc_7895x
 2021/6/12 東新津→新関 新関駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 タチアオイが咲くと夏が来たというイメージになります。青空バックで夏の花スタートです。


Dsc_8039x
 2021/6/12 五十島→三川 五十島駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8074x
 2021/6/12 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8125_01x  
 2021/6/12 上野尻→野沢 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8148x
 2021/6/12 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8189_01x
 2021/6/12 山都→喜多方 舞台田第一踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8222x
 2021/6/12 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

 1日だけの出撃でしたが、夏の花のはしりをひととおり楽しむことができました。

戻る 下り 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

新SL現役時代のアーカイブ(日豊本線その41)

Img_20210413_0001x
 1972/07/31 日豊本線 隼人→加治木 C612+C57199 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 72年夏の九州のネガ喪失分です。日豊本線の3重連が都城から帰ってきました。いかにも真夏の南国です。C5557は都城から直接吉松に帰ったようで、C622とC57199の重連の回送です。現役当時はお別れ列車や催事の列車はみなこのような厚化粧でしたけど、ヘッドマークはなかったですね。C612は9月には梅小路に旅立ちました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »