« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月31日 (水)

SL現役時代の線区別アーカイブ(後藤寺線)

戻る

1016-5x_20210205091501
 1972/07/27  後藤寺線 船尾→起行 79600+29611 クリックすると大画像で見ることが出来ます

1)線区  後藤寺線(新飯塚-後藤寺)

2)廃止  1974年12月

3)罐   後藤寺 9600
      行橋  9600

4)列車  船尾ー後藤寺から田川線に入る20往復の石灰石を運ぶ貨物列車は半分以上が9600重連、後部補機で、下りの多くはバック運転でした。
      新飯塚からは船尾まで1往復、筑豊本線から来て下籏生から漆生線に入る貨物列車が5往復ありました。

5)撮影  

(1)船尾-起行 1972年7月 1973年12月

0625-2x
 1973/12 後藤寺線 起行→船尾 単588 59681+29608 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(2)船尾ー筑前庄内 1973年12月

1016-28xx
 1973/12 後藤寺線 筑前庄内→船尾 貨583 9600 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
    

6)コメント

 9600重連が沢山走る後藤寺線でしたが、4km程度の区間で撮影ポイントは船尾-起行の中元寺川橋りょうぐらいでした。 
 一方筑前庄内ー船尾にはサミットがあり、下りはバック運転ですが33‰を上りました。当時としては珍しく車掌車も無しの1両のトキを牽いて、自転車くらいのスピードでブラスト音も絶え絶えで山々の間をサミットに向かう姿は忘れられません。  

1016-30
 1973/12 後藤寺線 筑前庄内→船尾 貨583 9600 クリックすると大画像で見ることが出来ます

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月30日 (火)

(特集)ノウゼンカズラを撮る(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ノウゼンカズラを撮る
 
Dsc_7863_01
 2020/7/23 荻野→尾登 尾登のカーブ 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます


 ひときわ目立つオレンジ色の花が鈴なりになるノウゼンカズラは夏らしい花です。庭の花なので許可をいただいて撮らしていただくことになります。

〇五十島駅先

 線路際の撮りやすい場所に咲きます。上りも下りも撮れます。赤味が強い花です。

Dsc_2696_01
 2017/7/30 三川→五十島 五十島駅進入(許可を得て撮影)

〇尾登のカーブ

 道路の反対側の民家に咲きますので、許可を得ることが必要です。花の密度が高くて絵になります。下りは煙も出ます。

Dsc_9231x
 2021/7/18 荻野→尾登 尾登のカーブ 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

〇第二学校踏切

 国道沿いになるので見かけた人も多いと思います。現在は廃屋となっており、草が生い茂って撮りにくいですが、磐梯山も入れて撮ることができます。下りの方が撮りやすいですがスカの可能性が高いです。

Dsc_1563x
 2022/7/10 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9142x
 2021/7/18 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_7814
 2020/7/23 堂島→笈川 第二学校踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月29日 (月)

(特集)アジサイを撮る(下り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 


磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド アジサイを撮る(下り編)
 
Dsc_9192
 2016/6/25 五泉→北五泉 北五泉駅進入




 下りではアジサイを撮るファンはあまりいませんが、トップライトのきつい7月では夕方の優しい光線のほうが綺麗に撮ることができます。


〇舞台田踏切


 濁川橋りょう近くに1株のアジサイがあります。民家の庭にあるので許可を得る必要があります。


Dsc_9481
 2016/7/2 喜多方→山都 舞台田踏切


Dsc_9485
 2016/7/2 喜多方→山都 舞台田踏切  

〇芹沼
 
 国道の線路の反対側に咲いてます。車が来るとアウトというリスクのある場所です。工場の敷地の中にあるので許可を得る必要があります。


Dsc_6066_01
 2018/6/24 野沢→上野尻 芹沼の築堤 


Dsc_6924
 2018/7/7 野沢→上野尻 芹沼の築堤 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇端村ゲートボール場


 端村踏切の先の小高いゲートボール場は桜が有名ですがアジサイも綺麗です。ここのアジサイは桜の日陰になるせいか色が鮮やかでブルーだけです。最近は線路との間に草木が伸びて撮れなくなっています。


319_01
 2014/6/22 上野尻→徳沢 端村ゲートボール場


〇津川駅
 
 麒麟橋踏切に1株あります。


Dsc_2011_02
 2017/7/8 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
〇京の瀬
 
 白いアジサイも美しいです。民家の庭なので許可が必要です。


Dsc_2459_01
 2017/7/22 津川→三川 京の瀬のカーブ


〇御前トンネル先
 
 暗がりに白いアジサイは浮かびます。 


Dsc_7006_01
 2018/7/7 三川→五十島 御前トンネル先 クリックすると大画像で見ることが出来ます


Dsc_7009_01
 2018/7/7 三川→五十島 御前トンネル先 クリックすると大画像で見ることが出来ます


〇五十島


 上りで撮るアジサイより踏切寄りにアジサイがあります。


Dsc_1229x
 2022/7/2 三川→五十島 五十島駅進入 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます


〇猿和田


 猿和田駅の馬下よりには進行右側にアジサイが植えられています。北五泉のように連続して植えられているわけでなく株が離れてあります。そのため花ピントには好都合です。


393_01
 2014/6/22 馬下→猿和田 猿和田駅通過


Dsc_1010
 2017/6/24 馬下→猿和田 猿和田駅進入
 

〇北五泉
 
 かなり暗くなりますが五泉駅覇者の煙があります。
 
Dsc_9566  
 2016/7/2 五泉→北五泉 北五泉進入
 
Dsc_1584_04
 2017/7/2 五泉→北五泉 北五泉進入 


Dsc_7419x
 2020/7/2 五泉→北五泉 北五泉進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
〇新関
 
 かなり暗くなりますが綺麗な花色です。


Dsc_1463_01
 2017/6/25 新関→東新津 新関駅先 
 

 アジサイの花は暗がりのなかでは浮かび上がりますので、夕暮れも狙い目です。


撮影ガイドトップへ 


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

石の水たまりに住み着いたヤマアカガエル

Dsc_3400x_20220828000201
 2022/8/27 我が家 ヤマアカガエル?

 我が家の庭石の水溜まりに一匹の蛙が住み着いています。
 ヤマアカガエルの中供かと思われますが、毎日同じ場所で同じ格好をしています。石にたまった水には虫もやってくるので待ちぼうけにはならないようです。

Dsc_3408x
 2022/8/27 我が家 ヤマアカガエル?

 警戒すると水に入りますが、タヌキもこの水を飲みに来るので食われないとよいのですが...

Dsc_3398x
 2022/8/27 我が家 ヤマアカガエル?

 石の上にはカナヘビもやってきました。今週になって気温が下がりあれほどいた虫が一気にいなくなりました。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村野鳥 

| | コメント (0)

(特集)アジサイを撮る(上り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド アジサイを撮る(上り編)

Dsc_9369_01
 2016/7/2 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場 


 ばんえつ物語では意外に「アジサイ」とのコラボを撮れる場所は多くありません。線路端にあって有名なのが北五泉駅の前後と猿和田駅の馬下より、咲花駅の東下条よりぐらいです。また端村のゲートボール場は少し離れていますが人気があります。あとは個人のお宅とか数株程度の花になります。
 季節的には6月中旬以降7月末までで、雨が少ないと早めにドライフラワーになってしまいます。

〇東新津

 石付製油踏切付近には線路際にアジサイがいくつかあります。このあたりは撮影者は殆どいないので、ゆっくり撮れます。

Dsc_6832_01
 2020/7/2 新津→東新津 東新津のSカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_1650
 2017/7/8 新津→東新津 東新津のSカーブ

Dsc_1360x_20220716230101
 2022/7/10 新津→東新津 丸新道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

〇新関
 
 能代川橋りょうの手前、大関道踏切の先にはアジサイがいくつかあります。ここは煙も期待できます。

Dsc_4789
 2018/6/10 東新津→新関 能代川橋りょう手前

Dsc_5739
 2018/6/24 東新津→新関 大関道踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_6479_02
 2018/7/7 東新津→新関 大関道踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇北五泉

 北五泉の駅の前後は上りの進行右側を中心に線路沿いにかなりのアジサイが植えられています。この付近は進行左手が住宅街になり工夫が必要です。

036
 2013/6/22 北五泉→五泉 白山踏切

050
 2013/6/22 北五泉→五泉 白山踏切

〇早出川
 
 早出川橋りょう手前の築堤の下にはアジサイが植えられています。

Dsc_9243_01
 2016/7/2 五泉→猿和田 川瀬  

〇猿和田

 猿和田駅の馬下よりには進行右側にアジサイが植えられています。北五泉のように連続して植えられているわけでなく株が離れてあります。そのため花ピントには好都合です。

037_01
 2014/6/22 猿和田→馬下 猿和田駅通過

Dsc_1107
 2017/6/25 猿和田→馬下 猿和田駅通過 
 
Dsc_1672_01
 2017/7/8 猿和田→馬下 猿和田駅通過

Dsc_1238_01
  2019/7/12 馬下→猿和田 猿和田駅進入 

018
 2013/7/28 猿和田→馬下 猿和田駅通過
 
〇馬下

 踏切の先に神社のアジサイがありますが柵があります。
  
Dsc_0949_01_20190713212401
 2019/7/12 馬下→咲花 馬下駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇咲花

 咲花の東下条寄りの踏切から小島山トンネルの間、上りの進行左側の築堤の下にアジサイが植えられています。

060_02
 2014/6/22 咲花→東下条 咲花駅発車

Dsc_8897_02
 2016/6/25 咲花→東下条 咲花駅発車

Dsc_0850x
 2022/7/2 咲花→東下条 咲花駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇五十島
 
 五十島駅先には日陰で綺麗に咲くアジサイがあります。個人のお宅に庭なので許可がいります。

Dsc_6519
 2018/7/7 五十島→三川 五十島駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1395x
 2022/7/10 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1033_05
 2019/7/12 五十島→三川 五十島駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 

Dsc_9640_01
 2016/7/23 五十島→三川 五十島駅先 

Dsc_1392
  2019/7/27 五十島→三川 五十島駅先

Dsc_2181
  2019/7/28 五十島→三川 五十島駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇端村ゲートボール場

 端村踏切の先の小高いゲートボール場は桜が有名ですがアジサイも綺麗です。ここのアジサイは桜の日陰になるせいか色が鮮やかでブルーだけです。
 人気の場所でしたが、2021年はゲートボール場と線路の間に茂みが出来てしまい撮影が難しくなっています。またアジサイも手入れされていないので草の下でひっそりと咲いてました。美しい色のアジサイだけに是非整備したいものです。

Dsc_6589_01
 2018/7/7 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2221
 2017/7/22 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場

086
 2013/7/28 徳沢→上野尻 端村ゲートボール場

〇上野尻のカーブ

 目立ちませんが細田新田踏切にもアジサイがあります。踏切付近の撮影者が入ってしまいます。

Dsc_1766_01
 2017/7/8 上野尻→野沢 上野尻のカーブ 
 
Dsc_9755_02
 2016/7/23 上野尻→野沢 上野尻のカーブ  

Dsc_7603
 2020/7/23 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます  

〇荻野駅

 駅手前の民家の脇にあります。

Dsc_1479x
 2022/7/10 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 トップライトがきつくなるこの時期の上りでは、アジサイは晴れない方がよいですね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2022年8月27日 (土)

(特集)立葵(タチアオイ)を撮る(下り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 立葵を撮る(下り編)

Dsc_9106
 2016/6/25 喜多方→山都 舞台田踏切


 日中はトップライトがきつくて撮影が難しい時期ですが、下りの頃になると光線もやわらぎはじめ、タチアオイも撮りやすくなります。また夕陽を浴びると紅の花は美しいです。群生でも一株でも絵になる花です。
 
〇舞台田
 
 ここは沿線でも一番のタチアオイの見せ場でないでしょうか。
 
Dsc_5390_01
 2018/6/17 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
  
Dsc_5403_01
 2018/6/17 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0590x_20220618225701
 2022/6/18 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0605x
 2022/6/18 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
Dsc_9086_01
 2016/6/25 喜多方→山都 舞台田踏切 
    
Dsc_1363_02
 2017/6/25 山都→喜多方 舞台田踏切
 
Dsc_8188
 2016/6/12 喜多方→山都 慶徳町走下り   
 
Photo

 上の咲き始めのタチアオイが天気予報に使われ、梅雨の入りの頃、下から咲き始める解説がありました。
 
Dsc_6010_01
 2018/6/24 喜多方→山都 舞台田の直線 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_1086x
 2022/7/2 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
〇芹沼
 
 ここのタチアオイは他と種類が違うようです。
 
Dsc_9136
 2016/6/25 野沢→上野尻 芹沼  

〇深戸橋りょう先
 
 ここは沢山咲くのですが撮りにくいです。
 
Dsc_0635x
 2022/6/18 日出谷→鹿瀬 寺前踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_6100
 2018/6/24 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう先 
   

Dsc_9504
 2016/7/2 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう先  
   
Dsc_2001
 2017/7/8 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう先
    
Dsc_2651_01
 2017/7/30 日出谷→津川 深戸橋りょう先
 
Dsc_0937
 2017/6/24 日出谷→鹿瀬 寺前踏切
 
Dsc_1519
 2017/7/2 日出谷→鹿瀬 寺前踏切
 
〇鹿瀬駅
 
 駅構内に咲きます。
 
Dsc_9164
 2016/6/25 日出谷→鹿瀬 鹿瀬駅進入
 
Dsc_1871
  2016/8/13 日出谷→鹿瀬 鹿瀬駅進入  
  
〇津川駅
 
 麒麟橋踏切前後に咲きます。 
 
Dsc_8762
 2016/6/18 鹿瀬→津川 津川駅進入  
 
Dsc_6127
 2018/6/24 鹿瀬→津川 津川駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_1528
 2017/7/2 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
Dsc_1762x
 2022/7/10 鹿瀬→津川 津川駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_9309x
 2021/7/18 鹿瀬→津川 津川駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます  
 
Dsc_9957
 2016/7/23 鹿瀬→津川 津川駅進入
  
〇京の瀬
  
 ここも煙があり、夕陽が正面に当たります。
  
Dsc_1554_01
 2017/7/2 津川→三川 京の瀬
  
Dsc_2038_02
 2017/7/8 津川→三川 京の瀬のカーブ
 
Dsc_1797x
 2022/7/10 津川→三川 京の瀬 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
〇五十島
 
 築堤の下に咲くので撮りにくいです。
 
Dsc_0668x
 2022/6/18 三川→五十島 五十島駅進入 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
〇新関
  
 線路から離れていますが夕陽が当たります。
  
Dsc_0277
 2017/6/17 新関→東新津 大関道踏切手前
     
Dsc_8852_02
 2016/6/18 新関→東新津 新関駅先  
  
〇東新津
  
 このあたりは夏至の前後しか撮れません。 
 
Dsc_0915
 2017/6/18 東新津→新津 丸新道踏切
  

 会津若松市の花でもある立葵は、ばんえつ物語にマッチする梅雨の花です。
  
撮影ガイドトップへ 
   

| | コメント (0)

2022年8月26日 (金)

(特集)立葵(タチアオイ)を撮る(上り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 立葵を撮る(上り編)

Dsc_0900x
 2022/7/2 鹿瀬→日出谷 寺前踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 


 昔から立葵の存在は知っていましたが、この時期はアジサイを撮るものだと、あまり気にしていなかったのですが、美しい赤やピンクの花がとても映えるのがわかって、撮り始めたらやみつきになってしまいました。
 立葵は会津若松市の花でもあり、ちょうど梅雨の頃に咲き、畑の隅に植えられていることが多く、多年草なので翌年も同じところで咲きます。背が高くなりますが、下から花が上に咲きあげていくので撮りやすい花です。
 沿線では新関、猿和田、津川、鹿瀬、平瀬、芹沼、荻野、山都、舞台田と、よく見るとあちこちにあります。

〇東新津付近

 沿線にポロポロと咲いています。住宅街ですが工夫すれば家も入りません。この付近が一番早く咲きます、

Dsc_0327 
 2017/6/18 新津→東新津 石付製油踏切
 
 
Dsc_9870_01
 2017/6/17 新津→東新津 丸新道踏切

 
〇新関
   
 駅手前の道路沿いに咲きます。
 
Dsc_7895x
 2021/6/12 東新津→新関 新関駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます  
  
Dsc_0254x
 2022/6/18 東新津→新関 新関駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
〇五十島
  
 煙は確実な場所ですが、築堤の下にあるので撮りにくいです。
  
Dsc_0300x
 2022/6/18 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
〇京の瀬
 
 密生しているので撮り甲斐があります。
 
Dsc_1721_01_2
 2017/7/8 三川→津川 京の瀬
 
〇津川駅
 
 駅先の麒麟橋踏切付近に咲きます。
 
Dsc_9346
 2016/7/2 津川→鹿瀬 津川駅発車 
 
〇鹿瀬駅
 
 駅の構内に咲きます。
 
Dsc_8941
 2016/6/25 鹿瀬 鹿瀬駅通過  

Dsc_8965
 2016/6/25 鹿瀬 鹿瀬駅通過  

〇鹿瀬小学校 

 寺前踏切から鹿瀬小学校にかけて咲きます。
  
Dsc_0356x
 2022/6/18 鹿瀬→日出谷 寺前踏切 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_1172
 2017/6/25 鹿瀬→日出谷 寺前踏切
 
Dsc_1743_01
 2017/7/8 鹿瀬→日出谷 寺前踏切
 
〇平瀬のカーブ

 少し線路から離れたところに咲きます。
 
Dsc_5814
 2018/6/24 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ
 
Dsc_5833
 2018/6/24 鹿瀬→日出谷 平瀬のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
〇上野尻のカーブ
 
 ここも線路から少し離れたところに咲きます。
 
Dsc_0396_01x
 2022/6/18 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_5862
 2018/6/24 上野尻→野沢 上野尻のカーブ 

Dsc_5877
 2018/6/24 上野尻→野沢 上野尻のカーブ 日出谷のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_8979_02
 2016/6/25 上野尻→野沢 上野尻のカーブ  

Dsc_0916x
 2022/7/2 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇荻野駅

 駅構内にも咲きますが撮りにくいです。

Dsc_5903_01_01
 2018/6/24 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_0973x
 2022/7/2 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
〇山都
 
 踏切の先や一の戸橋りょう下に咲きますが撮りにくいです。
   
Dsc_1856_02
 2017/7/8 山都→喜多方 山都駅発車
 
Dsc_9121x
 2021/7/18 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

〇舞台田

 下りで撮る人が多いですが、上りも築堤を登るので煙が出てゆっくり撮れます。 
 
Dsc_6658_01
 2018/7/7 山都→喜多方 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_6676_01
 2018/7/7 山都→喜多方 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
〇広田街道踏切

 電化区間はあまり線路端にありませんが、広田街道踏切の前後には咲きます。

Dsc_5955
 2018/6/24 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_1287_01
 2017/6/25 堂島→会津若松 広田街道踏切
 
Dsc_6718
 2018/7/7 堂島→会津若松 広田街道踏切
 
 
Dsc_1880_01
 2017/7/8 堂島→会津若松 広田街道踏切
 
 アジサイとともにこの時期咲く貴重な花です。下から上へ咲きあがるので比較的長く花が楽しめます。
    

| | コメント (0)

2022年8月25日 (木)

(特集)除虫菊を撮る(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 除虫菊を撮る 

Dsc_4100_02
 2018/6/2 新津→東新津 東新津のSカーブ 


 5月下旬から6月の上旬にかけて沿線では除虫菊の花が咲きます。もともと観賞植物ですから山にはありません。群生するので見ごたえがあります。
 尚、私は未だに除虫菊とマーガレットの識別ができず、両方交じっていると思います。
 
〇東新津
 
 丸新道踏切の前後には除虫菊が何ヶ所か群生しています。住宅街の中なので家や車を工夫する必要があります。 

Dsc_1594x_20220530092701
 2022/5/29 新津→東新津 丸新道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4057
 2018/6/2 新津→東新津 東新津のSカーブ 

Dsc_4094
 2018/6/2 新津→東新津 東新津のSカーブ

〇五十島

 煙は確実な場所で撮り甲斐はあります。

Dsc_1632x
 2022/5/29 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

〇京の瀬

 ここもいろんな花がある場所です。

Dsc_9746_02
 2017/6/4 津川→三川 京の瀬

〇舞台田踏切
 
 水田の畦道に咲いてました。田んぼとの組み合わせも良いです。

Dsc_4392
 2018/6/2 喜多方→山都 舞台田踏切

〇広田街道踏切

 ここはいろんな花があるので楽しめます。

Dsc_7488x
 2021/5/4 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_9324_02
 2017/5/28 堂島→会津若松 広田街道踏切

Dsc_1889x
 2022/5/29 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

 除虫菊は清楚なイメージがあって絵になります。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月24日 (水)

SL現役時代の線区別アーカイブ(室木線)

戻る

0625-29_20200817092901
 1973/12 室木線 室木→八尋 客824 38634 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

1)線区  室木線(遠賀川-室木)

2)廃止  1974年1月

3)罐   若松 8620

4)列車  6往復の客車列車と夜間に1往復の貨物列車がありました。下りはバック運転でした。
      昼前に若松に客車と共に回送で帰って、戻っていました。

5)撮影  

(1)遠賀川-古月 1971年12月

1016-13x_20210216101101
 1971/12 室木線 遠賀川→古月 客825 38629 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(2)八尋-室木 1973年12月

0625-31_20200818195201
 1973/12 室木線 八尋→室木 客825 88622 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(3)室木駅 1973年12月

0625-23x
 1973/12 室木線 室木→八尋 客822 38634  
    

6)コメント

 DCの走らない室木線はハチロク最後の活躍の場でした。田園風景の中、2両の客車をバック運転で牽く姿はまさにローカル線で、長閑な風景でした。
 はじめての九州で真っ先に訪れた室木線ははじめてのハチロクとの対面でした。   

0625_20200818212301
 1973/12 室木線 室木→八尋? 客826 88622 クリックすると大画像で見ることが出来ます

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月23日 (火)

コサメビタキの幼鳥

Dsc_3328x
 2022/8 我が家 コサメビタキ幼鳥 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 我が家のヒタキの集まる木に不明な鳥がいました。
 頭の上の模様も木の枝の保護色になっています。

Dsc_3330x
 2022/8 我が家 コサメビタキ幼鳥 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 川の上の木でカゲロウとかが多くヒタキが特にたくさんくる木です。

Dsc_3332x
 2022/8 我が家 コサメビタキ幼鳥 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 虫をフライキャッチしていましたので、コサメビタキの幼鳥かと思われます。
 渡りの時期はまずはコサメビタキが来ます。

Dsc_3339x
 2022/8 我が家 コサメビタキ幼鳥 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 まだ嘴が黄色いですが、来月になるともう南の国へ海を渡って飛んでいかねばならないのですが、大丈夫でしょうか?
 空を見上げるとサンショウクイが6羽ほど「ピリリ」鳴きながら南に飛んでいきました。
 もう秋の渡りがはじまったようです。今年生まれの幼鳥にとっては大きな試練です。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村野鳥 

 

| | コメント (0)

(特集)ハナショウブを撮る(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ハナショウブを撮る 

Dsc_4460_02
 2018/6/2 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 


 5月下旬から梅雨の前にかけて沿線ではハナショウブの花が咲きます。線路際にはあまりないですが探せばこんなところにもという場所にもひっそり咲いていたりします。背が低いアヤメは雑草の中に隠れ撮りにくいですね。

〇御前トンネル手前

 畑の中にあるので道路から撮りましょう。

116
 2013/6/22 五十島→三川 御前トンネル手前
 
Dsc_1139
 2017/6/25 五十島→三川 御前トンネル手前
 
Dsc_0988
 2017/6/24 三川→五十島 御前トンネル先
 
Dsc_1699
 2017/7/8 五十島→三川 御前トンネル手前

〇深戸橋りょう

 橋りょうの先の車道に面して咲き、橋りょうからはちょっと離れています。青空で撮りたい場所です。

Dsc_4192
 2018/6/2 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう 
 

Dsc_4203
 2018/6/2 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう 

Dsc_4213
 2018/6/2 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4463_02
 2018/6/2 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4472
 2018/6/2 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_7941
 2017/6/11 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう

〇芹沼

 キショウブの間にハナショウブもあります。

Dsc_1135_02x
 2022/7/2 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇広田街道踏切

 ここはいろんな花が咲き、曇りの日の方が良いです。

Dsc_9324_02
 2017/5/28 堂島→会津若松 広田街道踏切

Dsc_7488x
 2021/5/4 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 ハナショウブは地味ですが、独特な花の形は梅雨前の風物詩です。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

(特集)キショウブを撮る(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド キショウブを撮る 

Dsc_8125_01x  
 2021/6/12 上野尻→野沢 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   


 5月末から6月末にかけて沿線ではキショウブの花が咲きます。線路際にはあまりないですが、湿地が好きなので探せば築堤の下とかにひっそりと咲いてます。
 キショウブも外来種で、在来種との競合で分布拡大が危惧されていますが、黄色い花は暗い夕方でも絵になるので被写体としては貴重です?!

〇丸新道踏切

 街道から見えないので気が付きにくいですが住宅街にキショウブが咲きます。

Dsc_7159x
 2021/5/30 新津→東新津 丸新道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇大関道踏切

 野生化しているキショウブが数株あります。築堤の下にあるので見上げるような角度になりますが、うまく撮れば下りはギラリになるのでいつか撮ってみたいです。
 
Dsc_3807_01
 2018/5/19 新関→東新津 大関道踏切

Dsc_9047
 2017/5/28 新関→東新津 大関道踏切

Dsc_9076_01_2
 2017/5/28 東新津→新関 大関道踏切

Dsc_9826_01
 2017/6/4 新関→東新津 大関道踏切

〇細田新田踏切先

 沿線一のキショウブの群生が線路の両側にあります。

Dsc_1710x
 2022/5/29 上野尻→野沢 細田新田踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_7653x
 2021/5/30 野沢→上野尻 細田新田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4240
 2018/6/2 上野尻→野沢 細田新田踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_7962
 2017/6/11 上野尻→野沢 細田新田踏切先

Dsc_9959
 2017/6/17 上野尻→野沢 細田新田踏切先

〇芹沼

 線路から程よく離れた水田の隅にキショウブが咲いてます。

Dsc_8405_03x
 2021/6/12 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_2648_01x
 2022/6/12 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1200
 2017/6/25 上野尻→野沢 芹沼
  
 キショウブの花の色は罐に似合いますね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

2022年8月21日 (日)

SL現役時代の線区別アーカイブ(山陰本線)

戻る

0526-14x
 1973/8 山陰本線 小串→湯玉 客840 D51911  クリックすると大画像で見ることが出来ます

1)線区  山陰本線(米子-下関)

2)廃止  1974年11月

3)罐   米子   D51   
      浜田   D51 C57 C56
      長門   D51

4)列車  1971年10月当時、C57は米子-浜田、浜田ー益田の1往復の客車、浜田ー西浜田の区間貨物、C56は三江北線運用の浜田ー江津の1往復の貨物列車、米子のD51は米子ー浜田、浜田のD51は米子ー長門市、長門市のD51は浜田ー下関で貨物列車、浜田ー下関では7往復の客車も牽いていました。

5)撮影  

(1)直江-出雲市 1973年8月

Kansai-1
 1973/8 山陰本線 出雲市→直江 斐伊川橋りょう 客544 C575 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(2)馬路駅 1973年8月

0526-30_20200605224701
 1973/8 山陰本線 馬路 C57156 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(3)馬路ー仁万 1973年8月

0526-40
 1973/8 山陰本線 仁万→馬路 貨561 D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(4)仁万駅 1973年8月 

0526-15
 1973/8 山陰本線 仁万 C57101 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(5)五十猛-仁万 1973年8月 

0526-6_20200601184801
 1973/8 山陰本線 仁万→五十猛 客544 C575 クリックすると大画像で見ることが出来ます

0526-18
 1973/8 山陰本線 仁万→五十猛 貨1896 D51665 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(6)浜田駅 1973年8月

0526-14
 1973/8 山陰本線 浜田 C56108 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

0526-24
 1973/8 山陰本線 浜田 貨481 C5741 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

(7)折居ー三保三隅 1973年8月

0526-22
 1973/8 山陰本線 三保三隅→折居 貨860 D51  クリックすると大画像で見ることが出来ます

(8)三保三隅駅 1973年8月 

0526-30
 1973/8 山陰本線 三保三隅 客828 D51558 客833 D51409 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

(9)滝部駅 1973年8月

0526-34
 1973/8 山陰本線 滝部? 客844 D51558 客849 D51239 クリックすると大画像で見ることが出来ます

(10)滝部-長門二見 1974年1月

0526-19_20200622232101
 1974/1 山陰本線 長門二見→滝部 客828 D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

0526-23_20200623174301
 1974/1 山陰本線 長門二見→滝部 貨864 D51558

(11)長門二見-宇賀本郷 1973年3月

0526-7_20200619173001
 1974/1 山陰本線 宇賀本郷→長門二見 貨2762 D51720 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

0526-12_20200619204001
 1974/1 山陰本線 長門二見→宇賀本郷 客825 D51612+D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

(12)湯玉ー小串 1973年8月

0526-2_20200606225001
 1974/1 山陰本線 湯玉→小串 客843 D51214  クリックすると大画像で見ることが出来ます

0526-28_20200612102701
 1973/8 山陰本線 湯玉→小串 貨2765 D51435+D51

6)コメント

 山陰本線は僅か4日間しか撮影していませんが、随分沢山の場所で撮影しています。蒸気機関車牽引の列車も多く、移動のための列車も多かったおかげです。
 真夏の美しい日本海を入れたシーンも煙は薄かったですが、今見ると素晴らしいものです。
 D51といえば伯備線の3重連やC57では日豊本線が人気でしたが、この山陰本線ももっと注目されても良かったのではないでしょうか。   

0625-28
 1974/1 山陰本線 貨862 D51+D51 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

戻る

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月20日 (土)

(特集)ヤマニンジンを撮る(下り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ヤマニンジンを撮る(下り編)

Dsc_6699x
 2021/5/8 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   


 俗称「ヤマニンジン」、正式名「シャク」はセリ科の多年草で湿気のある山地に群生します。沿線でも水路の近くとかによく生えています。
 ヤマニンジンの生息地は上りの爆煙ポイントと重なるので、下りは煙はあまり期待できませんが...

◎山都のSカーブ付近
 
山都のSカーブから大谷川橋りょう、国体踏切にかけては線路際に沢山咲いてます。ここは煙は出ます。  

Dsc_6477_01x
 2021/5/8 山都→荻野 大谷川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

Dsc_9404_01
 2017/5/28 山都→荻野 山都Sカーブ手前 
 
Dsc_3649_01

 2018/5/19 山都→荻野 国体踏切上 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

◎利田
 
 利田踏切から滝の下踏切の間には線路際に沢山咲きます。サイドは引けない場所です。利田川橋りょう付近からは爆煙の時もあります。 
 
Dsc_3071
 2018/5/13 荻野→尾登 清水利田
 

Dsc_3106_01
 2018/5/13 荻野→尾登 清水利田
 

Dsc_3111
 2018/5/13 荻野→尾登 清水利田
 
Dsc_5019_01

 2016/5/15 荻野→尾登 滝ノ下踏切

Dsc_1068x
 2022/5/15 荻野→尾登 滝の下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1111x
 2022/5/15 荻野→尾登 滝の下踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

◎新渡
 
 向沢橋りょうの斜面に咲きます。 

Dsc_3699
 2016/4/29 徳沢→豊実 向沢橋りょう
 

◎鹿瀬
 
 付近はあまりありませんが、鹿瀬駅先に少しあります。この先爆煙になるのですが...

Dsc_3179
 2018/5/13 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過
 
Dsc_3187_01

 2018/5/13 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過

Dsc_1156x
 2022/5/15 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1176x
 2022/5/15 鹿瀬→津川 鹿瀬駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
◎阿賀の里対岸
 
 釣浜トンネルから松ケ平トンネル先まで咲いてます。煙は期待できません。

Dsc_3773_01
 2018/5/19 東下条→咲花 釣浜トンネル飛出し 

◎早出川橋りょう
 
 この時期夕陽狙いになりますが、早出川橋りょうのバックのシーンは哀愁があります。

Dsc_3775_04
 2016/4/29 猿和田→五泉 早出川橋りょう  

Dsc_6732x
 2021/5/8 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_3303_01
 2018/5/13 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
Dsc_3309_01

 2018/5/13 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_7558_01
 2017/5/14 猿和田→五泉 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

 上りには順光や煙では負けますので、薄暗い寂しめのシーンや夕陽を狙うとよいかもしれません。
 
撮影ガイドトップへ
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月19日 (金)

御礼1000万アクセス

Dsc_0027_10002
 2012/3/21 喜多方→山都 松野踏切

 お陰様で2012年3月に当ブログを開始してから10年ちょっとで1000万アクセスを頂きました。
 開始当時は会津若松で働いており、夕方会社を早引きをして松野踏切に撮りに行ったこの試運転列車がスタートになりました。この時も次の撮影地の日出谷のカーブに行きましたが、待てど暮らせど列車は来ずに真っ暗になってしまいました。
 思えばこの10年間に多くのトラブル、災害や故障などのハプニングもあり、今回も濁川橋りょう流失となってしまいましたが、「森と水とロマンの鉄道」SLばんえつ物語だけにいろんなことがあります。非常に厳しい状況の日本の鉄道でありますが、なんとか1日も早くまたこのばんえつ物語を走らせていただいて、感動を頂きたいと思います。
 10年の間にばんえつ物語だけで400日以上出撃し、会津若松に転勤になって中古で買ったNikonのD200とPolo GTIからスタートして、今はカメラ、車共に3代目となって、40万km、30万ショット以上酷使しています。そしてこの情熱が仕事も大成功に導いてくれたのは不思議なことです。
 大金はかけましたけど所詮は道楽ですから、私自身の写真は異端児ですけれども 自分のスタイルを大切にして、今後も美しい自然と罐のシーンを撮って行きたいと思います。さすがに「夕陽」と「四季」を見る目は肥えたと思っています。 
 また当ブログや現地での出会いを通して多くの方と接することができ、多くのことを勉強させていただいたことを感謝しております。
 今後とも宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ  

| | コメント (0)

2022年8月18日 (木)

(特集)ヤマニンジンを撮る(上り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド ヤマニンジンを撮る(上り編)

Dsc_3446_01
 2018/5/19 咲花→東下条 松ケ平トンネル飛出し クリックすると大画像で見ることができます


 俗称「ヤマニンジン」、正式名「シャク」はセリ科の多年草で湿気のある山地に群生します。沿線でも水路の近くとかによく生えています。ちょっと暗くても白く目立ちますから、晴れよりもシトシト雨くらいの方が絵になります。
 私にとっては何故かこれで撮ると煙が出るというラッキーな花です。桜も終わってあまり花のない5月にひっそりと咲き、煙を呼ぶ?「ヤマニンジン」捨てたもんじゃないですよ!

◎早出川橋りょう
 
 河川敷には沿線で一番にヤマニンジンが咲きます。

Dsc_1690_01
 2018/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう 

Dsc_1695
 2018/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
   
Dsc_1705
 2018/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう 
 
Dsc_1725
 2018/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう   

Dsc_5344x
 2021/5/4 五泉→猿和田 早出川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます      

◎馬下駅付近

 小栗山踏切付近には線路際にヤマニンジンが咲きます。

Dsc_6253_01x
 2021/5/8 猿和田→馬下 小栗山踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

◎松ケ平トンネル付近

 阿賀の里の対岸のこのあたりはうっそうとした森が続き、線路際にヤマニンジンが咲きます。

Dsc_2883
 2018/5/13 咲花→東下条 松ケ平トンネル入口 
   

Dsc_2888_01
 2018/5/13 咲花→東下条 松ケ平トンネル入口 

Dsc_0882x
 2022/5/15 咲花→東下条 松ケ平トンネル入口 クリックすると大画像で見ることが出来ます
   

Dsc_3400
 2018/5/19 咲花→東下条 松ケ平トンネル飛出し

◎鹿瀬駅付近

 この付近は僅かにヤマニンジンがあります。爆煙地帯なので貴重です。

Dsc_2925
 2018/5/13 津川→鹿瀬 赤堀橋りょう
   

Dsc_2932
 2018/5/13 津川→鹿瀬 赤堀橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます
   

◎利田
 
 滝の下踏切から利田踏切の間の爆煙区間にはあちこちにヤマニンジンがあります。沿線で一番多い場所です。 

Dsc_2970
 2018/5/13 尾登→荻野 清水利田
 
Dsc_2973
 2018/5/13 尾登→荻野 清水利田
   

Dsc_2979
 2018/5/13 尾登→荻野 清水利田

Dsc_0915xx
 2022/5/15 尾登→荻野 清水利田 クリックすると大画像で見ることが出来ます
   

Dsc_0182
 2014/5/18 尾登→荻野 清水利田
 

Dsc_0200
 2014/5/18 尾登→荻野 清水利田 

Dsc_3535
 2018/5/19 尾登→荻野 清水利田 

Dsc_3550_02
 2018/5/19 尾登→荻野 清水利田 
 
Dsc_3555_01
 2018/5/19 尾登→荻野 清水利田 
◎川吉
 
 川吉踏切付近には群生しています。

Dsc_6390x
 2021/5/8 山都→喜多方 川吉踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_6395x
 2021/5/8 山都→喜多方 川吉踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます    

Dsc_3012
 2018/5/13 山都→喜多方 川吉踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_0957x
 2022/5/15 山都→喜多方 川吉踏切先 クリックすると大画像で見ることが出来ます
 
Dsc_3570_01
 2018/5/19 山都→喜多方 川吉踏切先 クリックすると大画像で見ることができます
 
 上りは爆煙ポイントとヤマニンジン群生地がかぶるので、撮り甲斐がありますね!

撮影ガイドトップへ 
 
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月17日 (水)

(特集)桜を撮る(新潟下り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 桜を撮る(新潟下り編)

Dsc_4336_01
 2017/4/22 日出谷→鹿瀬 鹿瀬小学校


 桜の時期下りは新潟県に入ると夕暮れの時間になってきます。日出谷からは夕陽の光線になり馬下ではちょうど日没となります。
 個人的には夕暮れ時の桜は味があって好きです。
 
〇豊実駅通過
 
 豊実駅には枝垂桜があります。
 
Dsc_0397
 2018/4/21 豊実駅通過

〇日出谷駅発車

 日出谷駅構内には立派な桜があり、ちょうど夕陽があたる時間となります。2022年現在構内が荒れて撮りにくくなりました。

Dsc_3473_01x
 2021/4/10 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4870_01
 2017/4/23 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

Dsc_4928x
 2017/4/23 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

Dsc_1502
 2014/4/26 日出谷→鹿瀬 日出谷駅発車

〇鹿瀬小学校

 新潟では一番ファンが集まる場所で上りは混雑しますが、下りも煙がありゆっくり撮れます。

Dsc_5474_2
 2017/4/29 日出谷→鹿瀬 鹿瀬小学校

Dsc_6206_01
 2017/5/3 日出谷→鹿瀬 鹿瀬小学校
 

〇津川駅進入

 ここも上りの発車が人気ですが下りは光線が良いです。

Dsc_2970
 2016/4/16 鹿瀬→津川 津川駅進入  

Dsc_2976
 2016/4/16 鹿瀬→津川 津川駅進入 

Dsc_8506x
 2022/4/16 鹿瀬→津川 津川駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_6000_01
 2017/4/30 鹿瀬→津川 津川駅進入
 
〇白崎トンネル飛出し

 三川駅手前の白崎トンネルの上には山桜があります。
 
Dsc_1060_01
 2018/4/22 津川→三川 白崎トンネル飛出し  

〇三川駅発車

 三川駅付近に学校付近や駅の外れ御前橋りょう手前にもあります。

Dsc_3039
 2016/4/16 三川→五十島 三川駅発車  
 
Dsc_3068
 2016/4/16 三川→五十島 三川駅発車 

Dsc_8595x
 2022/4/16 三川→五十島 三川駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8629x
 2022/4/16 三川→五十島 三川駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5001_01
 2017/4/23 三川→五十島 三川駅発車

Dsc_4821_01x
 2021/4/24 三川→五十島 三川駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_5533_01
 2017/4/29 三川→五十島 三川駅発車

Dsc_5540
 2017/4/29 三川→五十島 三川駅発車

Dsc_6268
 2017/5/3 三川→五十島 三川駅発車

〇咲花駅周辺

 駅手前では夕陽が当たり、駅先では発車シーンで撮ることが出来ます。

Dsc_3556_01x
 2021/4/10 東下条→咲花 小島山トンネル先 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_3573_02x
 2021/4/10 東下条→咲花 小島山トンネル先 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_9212x
 2022/4/17 東下条→咲花 小島山トンネル飛び出し クリックすると大画像で見ることが出来ます
 

Dsc_4400_01_2
 2017/4/22 東下条→咲花 小島山トンネル飛出し

Dsc_3615x
 2021/4/10 咲花→馬下 咲花駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_9277x
 2022/4/17 咲花→馬下 咲花駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4424_01
 2017/4/22 咲花→馬下 咲花駅発車

〇馬下踏切

 馬下の一本桜はかなり暗くなってしまいます。

Dsc_9856_04
 2018/4/8 馬下→猿和田 馬下駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0264
 2014/4/12 馬下→猿和田 馬下駅先 

Dsc_3877_01
 2017/4/16 馬下→猿和田 馬下駅先

Dsc_8654x
 2022/4/16 馬下→猿和田 馬下駅通過 クリックすると大画像で見ることが出来ます
   
〇新関駅周辺

 このあたりは日没後になりかなり暗くなってしまいます。

Dsc_3078x
 2021/4/3 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_3661x
 2021/4/10 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_9366x
 2022/4/17 新関→東新津 新関駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_5646
 2017/4/29 新関→東新津 新関駅先 

Dsc_3955_04
 2017/4/16 新関→東新津 秋葉区草水町
 
 新潟下りは夕陽から日没後になり、時として素晴らしいシーンを演出してくれることもあります。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村 

| | コメント (0)

2022年8月16日 (火)

(特集)桜を撮る(会津下り編) (2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 桜を撮る(会津下り編)

Dsc_8443x
 2022/4/16
 荻野→尾登 愛宕山トンネル先 クリックすると大画像で見ることが出来ます


 会津の下りはなんといっても喜多方から山都の間の桜が被写体になります。枝垂桜を含めあまりにもたくさんあるので絞り切れません?!

〇喜多方から山都

 この区間は濁川桜並木からはじまって、沿線で最も桜が多い北の窪築堤、慶徳、川吉、一の戸と桜の穴場も多いです。

Dsc_3387_01x
 2021/4/10 喜多方→山都 濁川桜並木 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4262
 2017/4/22 喜多方→山都 濁川桜並木

Dsc_4272_01
 2017/4/22 喜多方→山都 濁川桜並木

Dsc_4046x
 2021/4/17 喜多方→山都 北の窪築堤 クリックすると大画像で見ることが出来ます

024_2
 2013/4/20 喜多方→山都 北の窪築堤
  
Dsc_1432
 2014/4/26 喜多方→山都 北の窪築堤

Dsc_1439
 2014/4/26 喜多方→山都 北の窪築堤

Dsc_5426
 2017/4/29 喜多方→山都 慶徳稲荷神社

Dsc_0324
 2018/4/21 喜多方→山都 慶徳稲荷神社

Dsc_9052x
 2022/4/17 喜多方→山都 松野観音 クリックすると大画像で見ることが出来ます
  
 
Dsc_2914_01
 2016/4/16 喜多方→山都 川吉踏切 

282
 2014/4/29 喜多方→山都 川吉踏切 

〇荻野駅通過

 ここの八重桜は上りが人気ですが下りはゆっくりと撮ることが出来ます。

Dsc_3393
 2016/4/17 荻野→尾登 荻野駅通過 

Dsc_3398
 2016/4/17 荻野→尾登 荻野駅通過 

〇愛宕山トンネル先

 トンネル先には立派な老木の桜があります。

Dsc_4827
 2017/4/23 荻野→尾登 愛宕山トンネル先

〇明神前

 明神前には見事な枝垂れ桜があります。

Dsc_4112x
 2021/4/17 野沢→上野尻 明神前 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_5451
 2017/4/29 野沢→上野尻 明神前

〇上野尻駅進入

 上野尻駅には立派な桜があります。
 
Dsc_2951
 2016/4/16 野沢→上野尻 上野尻駅進入 

Dsc_8468x
 2022/4/16 野沢→上野尻 上野尻駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_4311
 2017/4/22 野沢→上野尻 上野尻駅進入

Dsc_1484
 2014/4/26 野沢→上野尻 上野尻駅進入

〇上野尻築堤

 築堤の斜面には桜が植えられています。

330
 2013/4/28 上野尻→徳沢 上野尻築堤

〇端村ゲートボール場

 端村には桜と八重桜があります。

Dsc_5976_2
 2017/4/30 上野尻→徳沢 端村ゲートボール場

〇徳沢駅進入

 徳沢駅入り口には桜がありましたが、2022年にはすべて伐採されました。

D7k_0968
 2014/4/27 上野尻→徳沢

Dsc_4845_02
 2017/4/23 上野尻→徳沢 徳沢駅進入

 下りはバクバクの煙はありませんが、夕陽に照らされる桜も哀愁があります。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月15日 (月)

夏休みの成果

Dsc_0306x
 2022/8/14 我が家

 夏休みは信濃町でも毎日暑い日が続きましたが30℃には届かず、毎日コツコツと意味不明のものを製作していました?!
 先人が作ったピザ窯の土台が壊すことも出来なく邪魔だったのですが、この上にやぐらを作ってみました。
 なんの計画もなく作り始めたのですが、結構凝って釘も殆ど見えなく作り、2mちょっと四方の大きなものになりました。

Dsc_0311x
 2022/8/14 我が家

 盆踊り会場のやぐらかと言われましたが、ハンモックでも張ってのんびりと野鳥の声でも聞きたいと思います。
 もっとも今はアブにたかられるだけですが...

Dsc_0308x
 2022/8/14 我が家

 今年種をまいたタチアオイがようやく咲き始めました。
 酷暑の埼玉に帰るのが辛いです。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村野鳥 

| | コメント (0)

(特集)桜を撮る(会津上り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 桜を撮る(会津上り編)

Dsc_5321
 2017/4/29 尾登→荻野 荻野駅進入


 会津の桜は新潟よりも若干遅く開花します。端村、川吉あたりが一番遅いでしょうか。会津の上りのポイントです。

 上野尻あたりの最近の花つきはこんなところでしょうか?偶数年が良い気がします。

  2013年 ×
  2014年 ◎
  2016年 ◎
  2017年 〇
  2018年 〇
  2021年 ×
  2022年 〇

○徳沢駅通過

 徳沢駅構内はずれに桜がありましたがすべて伐採されました。

○端村ゲートボール場

 端村には立派な桜があります。ここは煙、まわりの景色もよく人気の場所です。

Dsc_1345_01
 2014/4/26 

Dsc_1348_01
 2014/4/26 

〇上野尻ダム

 蟹沢橋りょうから踏切までの築堤は桜並木になっています。
  
Dsc_0162
 2018/4/21 

Dsc_4129x
 2017/4/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4731x
 2017/4/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

151
 2013/4/28 

〇上野尻駅通過

 上野尻駅構内には立派な桜があり、少し先には飯豊山と撮れる桜があります。

Dsc_2734x
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8873x
 2022/4/17
 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
Dsc_5299_03
 2017/4/29

Dsc_5790
 2017/4/30 
 
〇明神前

 ここは下りの方が煙が出ますが、晴れると下りは逆光になってしまいます。 

Dsc_0788_02
 2018/4/22 
   

〇西会津中学

 西会津中学には校庭に桜があります。

Dsc_4740x
 2017/4/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1384
 2014/4/26 

〇尾登駅進入

 尾登駅手前には立派な桜があります。

Dsc_2759x
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8275x
 2022/4/16 野沢→尾登 尾登駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_3897x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_4175x
 2017/4/22 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇愛宕山トンネル手前

Dsc_3255x
 2021/4/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇荻野駅進入

 荻野駅構内には八重桜が並んでいます。

Dsc_3287_01
 2016/4/17
 
Dsc_0212
 2018/4/21 クリックすると大画像で見ることが出来ます

172
 2014/4/29  

Dsc_5822
 2017/4/30 
 
Dsc_0820_01
 2018/4/22  

〇一の戸橋りょう

 橋りょう付近はあちこちに桜があります。

Dsc_2787x
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8308x
 2022/4/16 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます   

Dsc_8947x
 2022/4/17 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます    

Dsc_3933x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます  
 

Dsc_4766x
 2017/4/23 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇川吉踏切

 踏切の手前と先に立派な桜があります。
  
Dsc_3306
 2016/4/17 

Dsc_1401
 2014/4/26 

Dsc_5352
 2017/4/29 
 
〇阿賀川橋りょう

 塩川駅先の阿賀川の土手には桜並木があります。

Dsc_8344x
 2022/4/16 塩川→笈川 阿賀川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_8981x
 2022/4/17 塩川→笈川 阿賀川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます 
  
Dsc_3321 
 2016/4/17  

Dsc_3974x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

Dsc_4228_01
 2017/4/22 

 やはり桜も青空で撮りたいですね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月14日 (日)

(特集)桜を撮る(新潟上り編)(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 桜を撮る(新潟上り編)

Dsc_7050x
 2022/4/9 新津→東新津 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます 


 春の日本の景色=桜を連想する人も多いと思いますが、磐越西線の沿線にも多くの桜が植えられています。まずは新潟県の上りの人気ポイントから紹介します。新潟県側は比較的早く開花しますが八重桜は比較的遅くまで残ります。桜の開花時期、状況は毎年異なりますのでリアルタイムなチェックが必要です。 

〇新津市街
 
 新津市内では住宅地の中ですが沿線に桜の木があり、うまく撮れば家も隠せます。 この桜は2021年末に枝がかなり伐採されてしまいました。

Dsc_2498x
 2021/4/3 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

〇大関道踏切先
 
 付近の綺麗なお庭の家に八重桜があります。撮影場所は道路ですが許可を得て撮影です。

Dsc_3743x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます 
 
Dsc_0082_01
 2018/4/21 
   
〇馬下踏切

 馬下踏切と馬下駅の間にある1本桜です。この桜は開花前のつぼみの時が桜色で綺麗です。青空が欲しい場所ですね。この桜は左半分が伐採されています。

Dsc_0352_02
 2014/4/13

Dsc_0293
 2014/4/13 馬下踏切の一本桜のつぼみ

〇咲花駅発車

 2014年に病気の枝が伐採されましたので以前のような桜の中を走る姿はなくなりましたが、いずれ復活してくれることを願います。

Dsc_3186_01x
 2021/4/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8177x
 2022/4/16
 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
Dsc_4036_02
 2017/4/22

〇阿賀の里

 ここは八重桜が遅くまで咲いていたのですが、この八重桜は2014年からなくなりました。

054
 2013/4/28 
  
〇東下条駅進入

 ホームの端附近には綺麗な枝垂れ桜があります。最近枝が折れて花が少なくなっています。

Dsc_3177
 2016/4/17 

Dsc_3774x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

〇五十母川橋りょう遠景

 国道沿いの桜を入れて撮ることができます。

Dsc_1278
 2014/4/26 

〇三川駅進入

 御前橋りょうの先の土手に立派な桜があります。三川駅は進入も少し煙が出ることが多いです。
 
Dsc_0692_01
 2018/4/22 

〇小花地対岸

 阿賀野川沿いに桜が植えられています。
 
Dsc_3192_01
 2016/4/17 

Dsc_1294
 2014/4/26  

〇京の瀬のカーブ

 枝垂桜があります。

Dsc_5735
 2017/4/30

Dsc_0122
 2018/4/21 

〇津川駅発車

 ここの桜はいつも長くもちます?!

Dsc_3213x
 2021/4/10 クリックすると大画像で見ることが出来ます   
 
Dsc_3246_01
 2016/4/17  

〇鹿瀬小学校

 小学校と線路の間には桜が植えられています。

Dsc_2716x
 2016/4/16 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_8208x
 2022/4/16 鹿瀬→日出谷 鹿瀬小学校 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

061_24
 2013/4/27 

Dsc_5278_01
 2017/4/29  

Dsc_5768_01
 2017/4/30 

Dsc_5777_05
 2017/4/30 

Dsc_6525_01
 2017/5/4  

〇日出谷駅進入

 駅構内に桜があります。最近は構内が荒れて撮りにくくなっています。

Dsc_4068
 2017/4/22 

〇豊実のSカーブ

 八重桜の並木があります。沿線で一番最後に咲く桜のひとつです。

Dsc_3826x
 2021/4/17 クリックすると大画像で見ることが出来ます     
 
Dsc_0760_3
 2018/4/22 クリックすると大画面でみることができます 

〇豊実駅通過

 枝垂れ桜があります。

Dsc_4081
 2017/4/22 

Dsc_4096
 2017/4/22 

 新津付近では4月のファーストランから楽しめることもあります。

撮影ガイドトップへ 
 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

ばんえつ物語の1年(2022年7月下り)

戻る 上り

 7月の下りは茜色にはなりませんが、夕暮れのギラリが夏の花を盛り上げてくれました。


今月の1枚

Dsc_1797x
 2022/7/10 津川→三川 京の瀬 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 罐の正面がギラり夏の夕暮れのシーンを盛り上げてくれました。


Dsc_1615x
 2022/7/10 姥堂川→会津豊川 姥堂 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1086x
 2022/7/2 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2749x
 2022/7/30 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2787x_20220730223801
 2022/7/30 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1673x
 2022/7/10 荻野→尾登 尾登駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1714x
 2022/7/10 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1135_02x
 2022/7/2 野沢→上野尻 芹沼 クリックすると大画像で見ることが出来ま

Dsc_2860x
 2022/7/30 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1762x
 2022/7/10 鹿瀬→津川 津川駅進入 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1229x
 2022/7/2 三川→五十島 五十島駅進入 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_3012x
 2022/7/30 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_3049x
 2022/7/30 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1877x_20220711085501
 2022/7/10 北五泉→新関 第二中野踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1294_01x
 2022/7/2 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 今晩は先ほど行った小野リサのライブコンサートの余韻に浸っています。命日にちなんで坂本九の歌も歌ってくれました。
 コンサート会場の一体感は本当に久しぶりに味わうものでした。
 汽車を撮った後に達成感の余韻が残るような写真を撮りたいものですね。

戻る 上り  

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月12日 (金)

ばんえつ物語の1年(2022年7月上り)

戻る 下り

 7月は3日間の出撃でしたが、梅雨も早くあがり、青空と入道雲をバックに、アジサイ、タチアオイ、ユリ、ノウゼンカズラ、合歓木、ヒマワリ、ハスを入れて、カラフルな構図を楽しむことが出来ました。


今月の1枚

Dsc_1479x
 2022/7/10 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 道端の日陰にひっそりと咲くアジサイですが、主役として十分な花でした。


Dsc_1360x_20220716230101
 2022/7/10 新津→東新津 丸新道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0813x_20220704000101
 2022/7/2 東新津→新関 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2473x
 2022/7/30 東新津→新関 大関道踏切先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0850x
 2022/7/2 咲花→東下条 咲花駅発車 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1395x
 2022/7/10 五十島→三川 五十島駅先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2527x
 2022/7/30 五十島→三川 五十島駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0870x
 2022/7/2 三川→津川 清川小学校踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0900x
 2022/7/2 鹿瀬→日出谷 寺前踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2577x
 2022/7/30 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1431x_20220710141701
 2022/7/10 徳沢→上野尻 端村 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0916x
 2022/7/2 上野尻→野沢 上野尻のカーブ クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_0973x
 2022/7/2 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2621x_20220730142601
 2022/7/30 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2657x
 2022/7/30 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1516x_20220710141701
 2022/7/10 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1006x
 2022/7/2 山都→喜多方 川吉のSカーブ手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_1563x
 2022/7/10 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

Dsc_2702x
 2022/7/30 堂島→会津若松 中前田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夏の花を堪能して、さあこれから夏の後半戦という時にまさかの災害でした。

戻る 下り  

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

ばんえつ物語(2022/7/30下り新関)

Dsc_3117x
 2022/7/30 新関→東新津 大関道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 下りの締めは本来は没になっていた写真ですが、まさかの本年最期の1枚になってしまうかもしれないので、登場させました。
 この時期新関はもう太陽は沈んでしまい、百日紅で撮ってみましたが、最近は下りの新関駅先は煙が薄いことが多いようです。
 なんともショボい絵ですが...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (2)

2022年8月10日 (水)

ばんえつ物語(2022/7/30下り馬下)

Dsc_2989x
 2022/7/30 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 馬下のギラリは八月にはいらないと茜色にならないのですが、待ちきれず狙ってみました。
 煙は馬下踏切付近のほうが出ることが多いのですが、構図が限られるので少し先の小山田踏切手前で狙ってみました。
 この日は何故か駅通過時は煙が薄かったですが、馬下踏切を過ぎて煙が出てきてラッキーでした。

Dsc_3012x
 2022/7/30 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 真横では綺麗な順光になります。

Dsc_3049x
 2022/7/30 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 そしてギラリです。茜色はありませんが、C57の美しいシーンです。

Dsc_3088x
 2022/7/30 馬下→猿和田 小山田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 緑の水田が美しいです。1日も早くまたここにばんえつ物語が戻ってきてくれることを願います。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月 9日 (火)

ばんえつ物語(2022/7/30下り鹿瀬)

Dsc_2860x
 2022/7/30 日出谷→鹿瀬 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 舞台田の次は花を求めて深戸橋りょうまで来てしまいました。
 ここは全く煙は期待できないのですが、ヒマワリに橋りょうとギラリを欲張ったらこんな構図になってしまいました...
 やはりこちら側は手摺がきになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2022年8月 8日 (月)

ばんえつ物語(2022/7/30下り喜多方)

Dsc_2737x_20220804132501
 2022/7/30 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 下りのスタートは濁川橋りょう横の舞台田で緑の水田を撮ってみました。
 前述のように地主さんと濁川の話をしたのですが、数日後にこんなことになるとは夢にも思いませんでした。

Dsc_2749x
 2022/7/30 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 舞台田の築堤は綺麗に草が刈られているので流してみました。

Dsc_2787x_20220730223801
 2022/7/30 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 太陽の当たる角度で微妙に変化します。

Dsc_2806x
 2022/7/30 喜多方→山都 舞台田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 夕陽はまだまだ高いので茜色は全くありませんが、ギラリの位置です。
 まさかの濁川橋りょう流失でした。橋りょうが倒されてというよりか、下がえぐられたようですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月 7日 (日)

北しなの線ご案内(2022/8/6)

Dsc_3252x
 2022/8/6 飯山線 立ヶ花駅

 ばんえつ物語運転中止に伴い暇になってしまった週末ですが、同じく暇になった知人が青春18切符で長野にも来られるというので、我が家に来ていただき、北しなの線をご案内することになりました。
 飯山線の立ヶ花駅までお迎えに行きましたが、飯山線も草が車両に触れるまで伸びています。

Dsc_3264x
 2022/8/6 飯山線 立ヶ花駅

 立ヶ花駅のミラーで撮ってみました。キハ110も煙を出すのですね。

Dsc_3279x
 2022/8/6 北しなの線 古間→牟礼 戸草 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 按排よくすぐに湘南色115系が来るのですが、山は駄目、多くの撮影地は草ボウボウで撮れませんでしたが、戸草だけはどなたかが草刈りをしていただいたようです。戸草では立ち入り禁止の新しい看板があちこちに立っていて、敷地内進入は慎みたいものです。
 この時期はあまり撮らないのですが、湘南色は緑の中でも映えます。

Dsc_3297x_20220806195801
 2022/8/6 北しなの線 古間→黒姫 講和橋

 その後我が家でBBQをして帰り道にお立ち台回りをしました。まずは講和橋ですが、黒姫山方向は酷い草で、古間方向は撮れますが、鳥居川は殆ど草木で見えません。

Dsc_3302x
 2022/8/6 北しなの線 黒姫→古間 黒姫国道オーバークロス

 黒姫山のお立ち台も車は締め出しになっていました。

Dsc_3305x
 2022/8/6 北しなの線 黒姫駅 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 その後黒姫駅でピットに蓋のできるターンテーブルを見学。

Dsc_3318x
 2022/8/6 北しなの線 黒姫駅

 黒姫駅から妙高高原、直江津、長岡、新潟と電車旅を楽しまれました。黒姫から一駅ですが湘南色にも乗っていただきラッキーでした。やはり湘南色の115系は「昔の電車」で懐かしいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ

| | コメント (0)

2022年8月 6日 (土)

ばんえつ物語(2022/7/30上り会津若松)

Dsc_2702x
 2022/7/30 堂島→会津若松 中前田踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 上りの締めは中前田踏切の蓮田に来ました。もう蓮も終期で、草も随分伸びていて構図に悩みましたが、思い切って咲きかけの花をアップにしてみました。
 38度の酷暑の中、ここでは有り得ないような煙でやってきて嬉しかったですが、もしかして罐の調子が悪いのでないかと心配するほどでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

ばんえつ物語(2022/7/30上り山都)

Dsc_2657x
 2022/7/30 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 百日紅シリーズ第三弾は一の戸橋りょう下です。
 橋りょうの一部が工事中で気になりましたが、ばんえつ物語が来るとそれほど気になりませんでした。
 
Dsc_2663x
 2022/7/30 山都→喜多方 一の戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 逆光ですが、ボリューム有る百日紅と煙に満足です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

タヌキならいいですが...

Dsc_2368
 2022/7/29 我が家 タヌキ クリックすると大画像で見ることが出来ます

 昨日夜埼玉から我が家に帰宅すると、なんと雨の中、我が家の前の道に大きなクマがいました。一月ほど前に子熊は出没したそうですが、親熊の話はありませんでした。
 道の真ん中に立ち尽くしているので慌てて写真を撮ろうとしましが、間に合いませんでした。
 タヌキやキツネならいいですが、さすがにクマだけは勘弁して欲しいです。
 今年はキツネが蝉の幼虫を食べに来たり、我が家のまわりではじめてクマとシカを目撃しましたが、森にもなにか異変があるのでしょうか?伐採された国有林は杉なのであまり影響はないと思いますが...
 ちょうどトウモロコシの収穫時期なのでそれを狙っていると思われますが、クマ対策を本気で考えないと...

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村野鳥 

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

(悲報)磐越西線濁川橋りょう流失

Dsc_2737x_20220804132501
 2022/7/30 喜多方→山都 濁川橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 皆様ご存知のように3日午後から続いた豪雨の影響で磐越西線の濁川橋りょうが流失してしまいました。

 あと二ヶ月活躍予定だったC57180はもう全線を走ることなく全般検査になってしまいました。

 先週末の舞台田の写真ですが、没にしていた濁川橋りょうを渡るシーンです。これが最後になってしまうとは...

 先日訪れた際は舞台田の地主の方と、濁川は先人の知恵で氾濫したことがないとお話を聞いたばかりでした。昨今の異常気象は従来の常識で判断できないようなことが起きます。穂が出始めた稲がなんとか収穫できることを願っております。

 JR東日本からは磐越西線の赤字のニュースが流れたばかりですが、再び舞台田の地に列車が走ることを願っています。

Dsc_5635x
 2020/11/14 クリックすると大画像で見ることが出来ます 

 流された橋脚です。この後濁川の河原を埋め尽くしていた柳やニセアカシアは昨年綺麗に伐採されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (2)

ばんえつ物語(2022/7/30上り荻野)

Dsc_2621x_20220730142601
 2022/7/30 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 荻野駅手前ではボリューム感のある百日紅が咲いていました。
 この辺りも最近は煙も戻ってきて狙い通りの絵になりました。

Dsc_2622x_20220802111801
 2022/7/30 尾登→荻野 荻野駅手前 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 これだけ綺麗な百日紅ですから汽車ピンではないですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

ばんえつ物語(2022/7/30上り鹿瀬)

Dsc_2577x
 2022/7/30 鹿瀬→日出谷 深戸橋りょう クリックすると大画像で見ることが出来ます

 深戸橋りょうでは両側にヒマワリが咲いていましたが、順光側で撮ってみました。
 ヒマワリが背丈以上に高いので撮りにくかったですが、電柱を隠しながら、青空と夏の雲バックに気持ち良い構図になりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

ばんえつ物語(2022/7/30上り五十島)

Dsc_2527x
 2022/7/30 五十島→三川 五十島駅先 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 五十島では百日紅が綺麗だったので、あえて逆光で撮ってみましたが、広角で太陽光を拾ってしまいました。
 青空に入道雲があるだけで、真夏のシーンになりますね。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

夏の花が一気に咲きました

Dsc_3130x
 2022/7/31 我が家 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 信濃町の我が家では夏の花が一気に咲きました。ヒマワリ、百日草、マリーゴールド、コスモス、そしてアジサイと同時に満開になりました。
 例年は30℃には滅多にならない我が家ですが、今年は連日30℃近くなっていて、エアコンが欲しくなってきます。
 春も梅、桜、桃、水芭蕉、水仙と一気に咲きますが、夏も集中するのが特徴です。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

2022年8月 1日 (月)

ばんえつ物語(2022/7/30上り新関)

Dsc_2473x
 2022/7/30 東新津→新関 大関道踏切先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 7月最後の週末、新津から馬下までロケハンしましたが、早出川は水が少なく水鏡も駄目で、結局新関まで戻り畑の隅の東北ヒマワリを見つけました。ばんえつ物語は青空によい煙で来てくれ満足なスタートとなりました。

Dsc_2484x
 2022/7/30 東新津→新関 大関道踏切先 許可を得て撮影 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 山の上には入道雲が見えますが、10時のこの時点で既に35度となり、先が思いやられます...

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村SLへ 

| | コメント (0)

スズメさん一家

Dsc_3164_01x
 2022/7/31 我が家 スズメ

 しばらく餌台に来ていなかったスズメがまた頻繁に来るようになりました。
 スズメはヒマワリは食べず、粟と押し麦を食べています。
 どうやら二回目の子育てに入ったようです。チュンチュン鳴きながら来るのですぐわかります。

Dsc_3191x
 2022/7/31 我が家 スズメ

 手前の二羽が親で真ん中が子供のようで、右の親に餌をもらっています。

Dsc_3196x
 2022/7/31 我が家 スズメ

 今度は左の親から餌をもらっています。

Dsc_3197x
 2022/7/31 我が家 スズメ

 もっとちょうだいとねだっているようです。雛は自分でも餌を食べているのですがあまえているようです。

Dsc_3201x
 2022/7/31 我が家 スズメ

 このスズメの一家は実はもう一羽子供がいますが、左端のスズメでちょっと他人行儀で餌はもらえません。たぶん一回目の繁殖の時に生まれたこの雛のお兄さんかお姉さんではないかと思います。親は厳しいです。
 餌台の上にもスズメ一家のドラマがあります。

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村野鳥 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »