« (特集)ヒマワリを撮る(2022年版) | トップページ | (特集)飯豊山を撮る(2022年版) »

2022年9月 3日 (土)

(特集)磐梯山を撮る(2022年版)

撮影ガイドトップへ 

磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 磐梯山を撮る

Dsc_0286x
 2022/5/5 堂島→会津若松 広田街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます 


 会津の象徴である磐梯山は富士山型の独立峰で絵になる山です。磐越西線の会津若松~郡山の区間では綺麗な形で撮れるのですが、ばんえつ物語走行区間では会津若松から離れるにつれて左手に並ぶ雄国山が手前に入り、影に隠れてしまいあまり目立たなくなってしまいます。しかしその形から磐梯山は一目瞭然で絵になります。尚、磐梯山の残雪は意外に早くGWにはほぼなくなります。
 会津若松側から順番に磐梯山を入れて撮影可能なポイントを紹介します。

Dsc_0043_1
 2012/11/25 塩川駅付近

 晩秋から初冬にかけてまれに見られる赤磐梯山です。いつの日にかこの赤磐梯山をバックにギラリのばんえつ物語を撮ってみたいものです!


〇広田街道踏切

 会津若松に一番近く磐梯山が独立して見えますが、障害物も多いです。

131
 2016/8/13 堂島→会津若松 広田街道踏切 

〇十文字

 ここは道路と線路が少し離れています。

Dsc_8585_01_2
 2018/4/1 堂島→会津若松 十文字 クリックすると大画像で見ることができます
 
Dsc_9990
 2014/4/12 堂島→会津若松 十文字 

Dsc_5368_02
 2017/4/29 堂島→会津若松 十文字
 
516_03
 2015/5/30 会津若松→堂島 十文字

Dsc_8592_01_3
 2016/6/18 堂島→会津若松 十文字 

257
 2014/8/17 堂島→会津若松 十文字

Dsc_7760
 2016/10/2 堂島→会津若松 十文字

Dsc_5308
 2015/12/6 堂島→会津若松 十文字 

Dsc_0768
 2017/12/3 堂島→会津若松 十文字

Dsc_6762x
 2020/12/5 堂島→会津若松 十文字 クリックすると大画像で見ることが出来ます  

Dsc_5329_01
 2015/12/6 会津若松→堂島 十文字

〇西屋敷第二、第二学校踏切

 ここは道路と線路の間の水田が狭いです。磐梯山はかなり雄国山に隠れます。

435_01
 2015/5/24 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

281
 2013/6/2  笈川→堂島 第二学校踏切

Dsc_8040
 2017/6/11 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

Dsc_1563x
 2022/7/10 笈川→堂島 西屋敷第二踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

 
Dsc_9437
 2015/8/9 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

257_01
 2014/9/23 笈川→堂島 西屋敷第二踏切

〇舞台田周辺

 この辺りは雄国山の向こうに磐梯山の頂上だけが見えます。舞台田踏切から北の窪築堤まで磐梯山が入ります。

243_2
 2015/5/2 喜多方→山都 舞台田第一踏切

Dsc_3920_01
 2016/12/3 喜多方→山都 舞台田踏切

Dsc_0808
 2014/4/13 喜多方→山都 舞台田の直線

030
 2013/4/14 喜多方→山都 舞台田俯瞰 

Dsc_0104_1
 2012/8/25 喜多方→山都 北の窪築堤

Dsc_0825_01
 2017/12/3 喜多方→山都 慶徳踏切手前

〇一ノ戸橋りょう正面

 ここは望遠で撮ると面白いです。

Dsc_7618
 2018/3/31 クリックすると大画像で見ることができます

〇第四新津街道踏切

 ここは磐梯山は綺麗ですが障害物が多いです。

093
 2013/4/13 山都→荻野 第四新津街道踏切 

Dsc_2634_01x
 2020/10/18 山都→荻野 第四新津街道踏切 クリックすると大画像で見ることが出来ます

〇舘原俯瞰

 磐梯山は綺麗に見える場所です。

363
  2013/10/13 山都→荻野 舘原俯瞰 下り

 やはり磐梯山は独立峰として撮りたいですね。

撮影ガイドトップへ 

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

|

« (特集)ヒマワリを撮る(2022年版) | トップページ | (特集)飯豊山を撮る(2022年版) »

特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« (特集)ヒマワリを撮る(2022年版) | トップページ | (特集)飯豊山を撮る(2022年版) »